「ほっ」と。キャンペーン

塩豚と春野菜のおでん

塩豚と、塩豚を茹でたスープが残っていたので塩豚のおでんを作ってみた。

豚肉の重さ2パーセントの塩を全体にまぶし、ラップでピッチリと包んで冷蔵庫で一晩おいた塩豚。
これを、香味野菜とともにたっぷりの湯とお酒に入れて、弱火でコトコト30〜40分煮ました。

茹で汁は、冷ました後冷蔵庫で冷やして、上に固まった脂を取り除けばおいしい塩豚スープに。

これに、昆布、出汁パックとおでんを加えてシャトルシェフで半日。
途中で塩豚を加え、仕上げに塩こしょうで味を整えてからさっとゆでた春野菜を加えました。
春野菜は蕾菜と菜の花。

お好みで柚子胡椒や辛子を添えて。


a0223786_12335505.jpg


卵は大好きな半熟煮卵。
写真撮り忘れたので、前に撮ったやつ。
半熟はお湯が沸騰してから卵を入れて7分15秒が好みの硬さ。
a0223786_11113623.jpg


合わせるおつまみは、さっぱりしたものがおでんにはいいみたい。

「新玉ねぎのオニオンボート、スモークサーモンとイクラ乗せ」。
新玉ねぎ、縦に半分に切ってラップし、レンジで2分くらいチンすると簡単にバラバラにむけます。
あっという間にクッタクタになっちゃうので、様子を見ながらチンしてください。

冷めたら串型に切ってお皿に敷き詰め、冷蔵庫で冷やしておいたら粗みじんに切って白ワインビネガーとオリーブオイル、塩こしょうで味付けしたキュウリとスモークサーモン、イクラ、ディルをトッピングして出来上がり。
a0223786_12333318.jpg


「切り干し大根と桜エビのナンプラー炒め」
フライパンにごま油を熱してしょうが、にんにくのみじん切り、桜えびを炒め、ナンプラーと塩で味付けし、青唐辛子の小口切り、もどして食べやすい長さに切った切り干し大根を炒め合わせました。
これ、白金のシュシガランスで出てきた付き出しのパクリ。

a0223786_15090250.jpg


お酒は芋焼酎の炭酸割り。
練り物に焼酎って合いますよね。

この日は駒沢の焼肉屋さんの真似っこで、夫には大葉と赤唐辛子入りのスパイシー焼酎ハイボール。
私はミントの葉入りの生ミント焼酎ハイボール。

a0223786_13201470.jpg

# by mickimchi | 2017-02-23 12:27 | たまには和食 | Comments(4)

牛鍋@白金台

夫がインスタで見つけたという白金台の牛鍋屋さんに行ってみた。
プラチナ通りから、例の有名なお蕎麦やさんの先をちょっと入った路地。
a0223786_20190335.jpg

「牛鍋アイロン」。
a0223786_10061994.jpg


オートロック式の入口。
予約名で開錠してもらうと、風情のあるお庭。
その先に日本家屋の隠れ家風のお店。
a0223786_10032775.jpg




このお店の食べ物メニューはひとつ。
5,000円の牛鍋のみ。

まずは先付けのミニミニサイズのごま豆腐のいくらのせと厚切り牛たたき。

a0223786_20215860.jpg


牛鍋の具材は、白菜にキャベツ、ごぼう、豆腐に霜降りの和牛、焼き餅。

薬味は生唐辛子、柚子こしょう、具入りラー油。
a0223786_20221400.jpg

京都の原了郭の黒胡椒と一味も。
a0223786_20220957.jpg

白味噌ベースのスープに野菜と豆腐を入れ、その上に牛肉を広げて4〜5分煮込んでくださいっていうお店の人のアドバイス。
せっかくの霜降り和牛、しゃぶしゃぶするくらいで食べたいけど、煮込んでも柔らかいままだそう。
a0223786_20222550.jpg

さてそろそろかな?
ホント!
和牛はトロトロ。
白味噌スープも思いの外甘すぎず、牛肉と野菜の旨味が出ておいしい。
スープがたっぷりなのがうれしい。
a0223786_20223057.jpg

〆の極太手打ちうどん。
a0223786_20223864.jpg

モチモチ、ムチムチとしてこれもイケます。
お肉の追加は2,600円、お野菜の追加は1,200円だそうですけど、この極太うどんでお腹いっぱいになりました。
a0223786_20224499.jpg

デザートは焼酎プリンか豆腐かん。
a0223786_20225238.jpg

トイレに行く道すがら覗いたら、こんなVIPっぽいゴールドなお部屋もありました。
なんか、韓国ドラマだだとこんなとこで財閥のドラ息子が悪ふざけしてそうな感じ。
a0223786_16342636.jpg



「牛鍋アイロン」
住所:港区白金台5/15/10
Tel:02-5420-4551
営業時間:17:00~24:00
定休日:月曜日

隠れ家風のお店で、のんびり牛鍋。
オススメです。


a0223786_10004982.jpg


# by mickimchi | 2017-02-20 12:22 | 外で一杯 | Comments(4)

2017年1月 済州島への旅 その2 まずはソウルで。仁寺洞のディープな居酒屋さん

この記事の続きです。
ソウル到着日。
なんだか午後中途半端な時間のお昼ご飯で、いい感じにスンデつまみに呑んでしまい、お夕飯どきになってもわりかしお腹がいっぱい。

で、とりあえずお腹を減らすため、市庁から仁寺洞(インサドン)までテクテクお散歩。
夜は軽めに、と探しておいた魚介がおいしい仁寺洞の居酒屋さんがクローズしてて、あらまあどうしましょう。

仁寺洞の脇道をウロチョロしてるうち、北村ソンマンドゥっていう餃子屋さんを見つけてお店の看板の写真メニューを見ると、揚げ餃子や蒸し餃子、冷麺など、どれも美味しそうなんですよね。
でもね、お酒を置いてなさそう...
で、斜め向かいにあった民族酒場に入ってしまいました。

「東村(トンチョン)」っていうのがお店の名前。
おつまみセットメニューとお酒を頼みました。

a0223786_17113156.jpg


おつまみ4種類にお酒が出てきて2人前25,000ウォンのセットメニュー。
だいたい日本円で2,500円!
ある意味、屋台より安いかも。

飲み物は、マッコリ2本かドンドン酒(やかん一杯)、韓国焼酎2本か、瓶ビール2本から選べます。
お酒の種類、ミックスでも頼めるようです。
a0223786_09504573.jpg



おつまみは焼きたてチヂミに、
a0223786_17203328.jpg

おでんスープ。
a0223786_09492070.jpg

豚と玉ねぎの甘辛炒め。
a0223786_16512999.jpg

トトリムクのムチム。
どんぐり寒天と青菜の辛い和え物。
a0223786_17113600.jpg


기본 한상と書いてあるのがこの呑兵衛セットメニュー。
韓国語しゃべれなくても頼めますね。
飲み物だけ指差しで。
a0223786_09515049.jpg

店内の様子。
こういうお店によくいるじっちゃんのグループ。
中にひとりふたり、大酔っ払いがいるんですよね。
韓国の人ってお酒強いけど、年齢とともに弱くなるのかしらん。
a0223786_19554144.jpg

東村(トンチョン)/ 동촌
a0223786_09524746.jpg
住所:ソウル特別市鐘路区(チュンノグ)仁寺洞(インサドン)151
   서울특별시 종로구 인사동151
道路住所:鐘路区 仁寺洞キル 3
Tel:02-737-0739

グルメっぽいお店でないので、ブログに載せるの、どうしようかなと思ったんですが、私のようなただの酒好き、あるいは韓国の民族酒場ってどんなとこ?と思ってる方、あるいは韓国の屋台風な感じを楽しみたいと思ってる方がいらっしゃるかもしれないと思い、載せることにしました。




# by mickimchi | 2017-02-18 10:12 | 韓国のおいしい所 | Comments(2)

2017年1月 済州島への旅 その1 まずはソウルで。アレックスのスンデ屋さん

先月行った韓国の済州島がとっても楽しかったのでレポ開始します。
またまたのんびり更新するので、どうぞご了承くださいませ。

成田→済州島の直行便でもよかったのですが、やっぱりちょこっとソウルも寄りたかったので羽田→ソウルでソウルに一泊し、次の日に国内線で済州島に行きました。

で、昼過ぎに着いたソウル。
ホテルにチェックインしたらもうお昼には遅すぎのような時間になっちゃたんで、前回の旅行で見つけた宿泊先の目と鼻の先の「タムソ ソサゴルスンデ」っていうスンデック屋さんに行きました。

ここは俳優で歌手でもあるアレックスさんがオーナーのスンデックのチェーン店。

スンデは豚の腸にソンジと呼ばれる牛の血や色々な野菜、豚肉、場合によってはもち米や春雨など、をいろんな薬味とともに混ぜて入れた、韓国風のソーセージ。
スンデといろんな豚肉の部分を茹でたスープでスンデを食べるのがスンデックです。

ご飯と一緒に食べればスンデクッパ。

ただし、昼からビールの呑兵衛としては、まずはスンデをつまみに飲みたいと夫と二人、 トゥンジョンシク/든 정식 、つまり豚スンデ定食とウジョンシク/우 정식、つまり牛スンデ定食を頼みました。
定食は、スンデと茹で肉が別皿で、スンデックに加えてついてきます。

一口食べたら、あらおいしい。
スンデも茹で肉もにおいもクセも全然ない。
これならスンデ初心者でも大丈夫。
a0223786_09534470.jpg
スンデックは3種類
イルバン スンデック/ 일반 순대국
が普通のスンデック。

ウ(牛)サゴル トゥン(豚) スンデック/ 우(牛)사골 돈(豚)순대국
っていうのが牛肉のスープにスンデ、モリコギ(豚の頭のお肉)、サルコギ(豚肉)、オソリ(豚の内臓)、コプチャンが入ってるんだそう。

サゴルっていうのは牛の四脚の骨だそうで、牛骨を煮込んでとったスープのようです、ってこれ、Yuckyさんのブログで偶然見て知ったんです。
オソリっていうのが豚の胃腸の一部でシコシコしたおいしい部分っていうのもYuckyさんに教わりいました。
オソリって辞書で調べたら「アナグマ」って出てきてあれれ?って思ったんです。
ありがとうございます!Yuckyさま。


もう一種、ウ(牛)サゴル ウ(牛) スンデック/ 우(牛)사골 우(牛)순대국
が牛肉のスープにスンデと牛肉が入ってるスンデック。

a0223786_09530371.jpg


こんな感じでスンデや茹で肉に辛味噌をちょっとつけたり、アミの塩辛だれをつけたりと、いろんな味付けで楽しめます。
a0223786_09540410.jpg



こちらがウ(牛)サゴル トゥン(豚) スンデック。
ピリッと辛い味付け。
a0223786_09551606.jpg



こちらがウ(牛)サゴル ウ(牛) スンデック。
どちらも甲乙つけがたいおいしさです。
a0223786_09553703.jpg


会社の昼休みにドドッと食べに来ていたビジネスマン、OLさんが帰った後、空いた時間に店内をパチリ。
地元の女性のお一人様も来てたし、ここだったら一人で来ても全然問題なさそう。
お店の若いスタッフもキビキビとした働きぶり。
a0223786_09560176.jpg


ソウルの江南に本店があり、蚕室、鐘路、梨水、アックジョン、新設洞、良才などいろんなところに店舗があるんですって。
ソウル以外でもた〜くさん。
a0223786_09562252.jpg

「タムソ ソサゴルスンデ ブッチャン店/담소 소사골순대 북창점」
住所:ソウル特別市中区(チュング)太平路2街(テピョンイーガ)54
   서울시 중구 태평로 2가 54번지
Tel;02-3789-1821
営業時間:10:30~23:00
お店HP

コネスト地図
1番のところ


P.S. インスタも始めてみましたです。





# by mickimchi | 2017-02-15 09:48 | 韓国のおいしい所 | Comments(0)

豚キムチと豆腐の炒め煮、豆腐トゥルチギ

「なんかムショーに辛いものが食べたい!」と言ってた夫。
私までそんな気になり、豚キムチと豆腐の炒め煮、豆腐トゥルチギ(トゥブトゥルチギ)を作ってみました。

ちょっと前に韓国のテレビ番組「三食ごはん」でチャ・スンウォンさんが作ってたトゥルチギがものすごくおいしそうだったので、彼の作り方を参考に。

まずざく切りした豚バラ薄切り肉に塩とニンニクのすりおろしを揉み込みます。
次によく漬かったキムチもざく切りしてキムチの漬け汁、粉唐辛子、砂糖、ラー油を加えて和えます。
この下味をつけた豚肉とキムチをそれぞれ冷蔵庫で1時間以上寝かせておきます。

で、油をひいてよく熱したフライパンで寝かせた豚肉を炒め、寝かせたキムチを炒め合わせます。
砂糖少々とゴマもたっぷり加えてひと炒め。
私はキムチを入れる前に、長ネギのみじん切りを入れ、キムチと一緒に串切りの玉ねぎも加えました。


テレビでは、お皿に温めた豆腐を円を描くように置いて、真ん中にこの豚キムチを盛ってましたが、私はつゆだくでご飯にかけて食べたかったので、材料を炒めたところに昆布出汁をひたひたくらい加え、薄口しょうゆ、コチュジャン、塩をちょっと加えて炒め煮にしました。

a0223786_12573611.jpg

熱くて辛いつゆだく豚キムチにトロトロ豆腐が乗っかってる感じ。
これを炊き立てご飯に汁ごとかけて。
で、お豆腐をくずしながらご飯をスプーンですくって食べる。
a0223786_12572251.jpg


おつまみは「サーモンのなめろう、韓国風」。
お刺身用のサーモントラウトを包丁で細かくたたいて、長ネギのみじん切り、酒と塩、それぞれほんの少々ずつと塩麹適量を加えてさらになめらかになるまでたたきます。
で、細かい拍子切りにしたカクテギを混ぜ入れ、お皿に盛っていくらをのせました。

カクテギを加えたのはアドリブでしたが、コリコリした大根の食感が、なめらかななめろうのいいアクセントになりました。

お酒が止まらないのが玉に瑕?
ご飯にのせてもいいかもしれません。
a0223786_12570991.jpg


豚肉と菜の花の炒め和え。
細かい拍子切りにした豚バラ肉を炒めて、ヒタヒタの水、おろしにんにく、砂糖を加えて煮立ったら、薄口しょうゆを加えてさっと煮込んで最後に菜の花を入れます。
1分煮たらできあがり。
ちょっとほろ苦の菜の花が、春の味です。
私は菜の花と一緒にちょっと青唐辛子の小口切りを加えてピリ辛にしました。

a0223786_12575849.jpg



サニーレタスと一緒に食べるのもよし、ご飯にお汁ごとのせて食べても。
ということでわざとお汁たっぷりにしてみました。

a0223786_12580124.jpg
ご飯がいつもより進んでしまいましたです。
最近ダイエットに励み、着々と体重を落としてる夫。
次の日の早朝ウォーキング、距離がいつもより長かったです。


# by mickimchi | 2017-02-12 09:58 | キムチとキムチを使ったレシピ | Comments(4)