「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

カレー味の新入りメニューと、いつものカレー味の作りおき

「ワタと種ごとゴーヤ炒め、カレー風味」。
食いしん坊の友人曰く、「ゴーヤを太めの輪切りにしてワタも種もそのままで、カレー粉、塩胡椒、小麦粉を振ってオリーブオイルでじっくり焼くとおいしい。」
で、おっかなびっくり作ってみました。
思いつきで砕いたナッツも一緒に振ってあります。
a0223786_17113346.jpg
おっかなびっくり食べてみたら、おいしいの!
ゴーヤの苦味はほんのりマイルドで、何しろワタと種の部分がおいしいです。
できたてのアッツアツで食べてみてくださいね。
これは面白いカレー味新メニューを教えていただきました。

カレー味のお料理って、夏バテ気味の時も食べたくなる。
そんな時役立ちそうなカレー味の作りおきメニューのご紹介。

まとめて作って冷凍しておくと便利です。
もちろんご飯にかけて食べてもイケる。
a0223786_10403277.jpg


豆腐のドライカレーを解凍してカラフル野菜を加えて、一枚ずつ氷水につけてパリッとさせ、水けをきったレタスを添えて。
「豆腐と野菜のドライカレー、レタス包み」。
a0223786_17292732.jpg

耐熱皿にご飯を敷いて豆腐のドラカレーをのせて、チーズを振ってオーブントースターで焼いたら、卵黄をポトリ。
で、「豆腐のドライ焼きカレー」。
a0223786_17293807.jpg


「にんじんとひじきのカレーマヨ炒め」。
フライパンにマヨネーズと生姜のみじん切りを入れて弱火で炒め、水につけて戻したひじきとにんじんの千切り、ベーコンの細切りを加え炒め合わせます。
白ワインをふり、ケチャップとカレー粉、オイスターソース、塩を加えてひと炒めして出来上がり。
a0223786_17224532.jpg
材料(2人分)を書いときます。
ひじき(水につけて戻す) 15グラム
ベーコン(細切り) 50グラム
にんじん(千切り) 1/4本
生姜(みじん切り) 小さじ1
白ワイン 大さじ1
ケチャップ 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
カレー粉 小さじ1
塩 小さじ1
マヨネーズ 大さじ1

にんじんとひじきのカレーマヨ炒めもそのまま食べてもおいしいけど、色々バリエーションで。

例えばワンタンの皮で包んでカラッと揚げて、「カレー風味のひじきの揚げワンタン」。
ビールのお供に。
a0223786_17145731.jpg



# by mickimchi | 2016-08-29 13:04 | ミッキムチ家のエスニック | Trackback | Comments(0)

秘密の階段の先の、自由が丘のタイ料理屋さん

時々ムショ〜に食べたくなるタイ料理。
お休みのお昼に自由が丘のタイ料理屋さんに行ってみました。

トムヤムスープ麺
a0223786_16170528.jpg

ビールを頼んで...
a0223786_14044141.jpg

サイドオーダーの生春巻き
a0223786_14064430.jpg

ソム・タム(青パパイヤのサラダ)
a0223786_16185853.jpg

パクチーを追加注文。
そばに写ってる夫の指が小指が立っててキモいです。
a0223786_16314896.jpg

エビとアボカドのグリーンカレー。
ここのアボカド入りのグリーンカレーは美味しいです。
a0223786_16232528.jpg


パクチーモヒート
a0223786_12444821.jpg

こんな雑居ビルの
a0223786_14003131.jpg

エレベーターなどないので、それほど見目麗しくない階段を上り、
a0223786_16255624.jpg

この扉を開けてさらに登ってくとあります。

店内はカウンター席のみ。
広いカウンター越しに、料理を作ってるタイ人の店員さんたちを見るのも楽しい。
予約のグループのお客さんはさらに上階に。

a0223786_16230799.jpg
自由が丘にあるもう1店舗より混んでないです。
クルン・サイアム ×アティック×
お店HP

# by mickimchi | 2016-08-25 12:52 | 外で一杯 | Trackback | Comments(6)

さっぱり、茹で豚肉ときゅうりのポッサム&ファンテラーメン

韓国に旅行すると、宿泊先のホテルではず〜っとテレビで「クックバン」(料理する、つまり「cook」と「番組」の合成語。)か「モッパン」(食べる、つまり韓国語の「モクタ」と「番組」の合成語)ばかり観て過ごすのが大好き。

番組の内容はそれぞれ違いますが、どれもホントにざっくばらんで、有名シェフはコメディアンみたいに面白いし、大御所女優が自分の指切りそうな包丁さばきでアタフタしてるし、美人女優は大口開けてものすごい食欲で食べてる、それはそれは楽しいものです。

そんなクッックバンの中で料理研究家のビッグママことイ・へジョンさんが夏にぴったりのさっぱりポッサムを作ってらしたので、やってみました。
イ・へジョンさんは日本で言えば小林カツ代さんみたいな存在(かな?)で、簡単で美味しいお料理を数多く紹介なさってる方です。

では早速、「さっぱり茹で豚肉ときゅうりのポッサム」。

豚肉のポッサムは普通はサムジャン(包み味噌)をつけて葉野菜で包んで食べますが、これはさっぱりしたタレをつけてきゅうりとともに食べるという、夏にぴったりのポッサム。

タレの材料の配合さえ覚えれば、あとは茹で豚ときゅうりを用意するだけ。
a0223786_10291750.jpg
 
タレの材料は、みじん切りにんにく1:醤油2:紅酢(ホンチョ)2:ごま油1:豆板醤1:胡椒少々。
これを混ぜ合わせるだけ。
紅酢がなければリンゴ酢にハチミツを加えて代用してもいいとおもいます。

湯、日本酒(焼酎でも)、にんにく、長ネギの青い部分、黒粒コショウとともに茹でた豚バラ肉を薄くスライスしたものときゅうりをピーラーでリボン状にスライスしたものをお皿に盛って、タレをかけて出来上がり。
ほんのり酸っぱくてちょっと辛いタレが食欲をそそります。

テレビではきゅうりを長さ1/3くらいに切ってから包丁で薄くスライスし、このきゅうりの上に茹で豚のスライスをのせ、タレをかけてました。

今回使った紅酢はカルディで見つけた「マッスンブざくろ酢」。
シミが取れるとかで、炭酸割りにして飲んでみてますけど...(まだ効果なし)


a0223786_17543465.jpg


さらにさらに、モッパンの人気番組「Tasty Road」でソウルのファンテラーメンのお店を紹介していたので食べたくなり、作ってみました。

ファンテ(黄太)はスケソウダラを干したもの。
韓国の寒い地域の海岸でスケソウダラを4ヶ月以上自然乾燥させると、夜は凍って昼は溶けるという過程を繰り返し、自然に身が柔らかく黄色見がかった美味しいファンテが出来上がるそう。
いわばブコクの高級版がファンテです。


a0223786_10312178.jpg

まずはファンテのスープ、ファンテクッを作ります。
鍋にごま油をひいて火にかけ、7〜8センチの長さに切り手で細く裂いたファンテを加えて炒め、昆布出汁と拍子切りにした大根を加え15分ほど煮込み、ニンニクのみじん切りを加えて、薄口醤油、塩コショウで味付けします。
このファンテクッはファンテヘジャンクッ(ファンテ酔い覚ましスープ)と呼ばれて、二日酔いの解消に効くと言われてるんです。

今回は少し塩をきつめにして、豆もやし、パプリカ、九条ねぎなどの野菜を山盛り加えて、ラーメンを入れてみました。
干しエビも加えてみたけど、ファンテだけでもいい味になりました。
とんこつラーメンが好きなんですけど、夏にはこういうさっぱりスープのラーメンも美味しいですね。

明洞からもすぐの新世界デパート本店地下のSSG フードマーケット で買ったファンテ。
市場で買えばリーズナブルですけどね、デパ地下をウロウロしてて目に入って思わず買っちゃった。

ブコクならネットや新大久保でなくても、カルデイでも売ってますよね。
是非ブコクで作ってみてね。

a0223786_17514788.jpg
でね、ヘジャンクッ(酔い覚ましスープ)を出す食堂って24時間営業のところが多いんですけど、韓国人に言わせると、明け方まで呑んでて夜が明けたらヘジャンクッ屋さんでヘジャンクッ飲んで、そのまま仕事場に行く人が多いからヘジャンクッ屋さんは24時間営業なんだって。
私もお酒は好きだけど、そりゃ無理だわ。

# by mickimchi | 2016-08-22 17:00 | 豚肉がメイン(韓流) | Trackback | Comments(4)

夏の海鮮居酒屋さん@おウチ

暑さが続く今日この頃。
さっぱり海鮮居酒屋さん風メニューのお夕飯で暑気払い。

ゴマのアイスクリーム?
a0223786_14241944.jpg

いえいえ、ゴマたっぷりのアジのなめろうです。
ミョウガ、長ネギ、大葉、ショウガのみじん切りと叩いたアジを和えて、味噌、醤油、みりんで味付けしました。
a0223786_17282571.jpg
お皿に盛り付けたら白ごまをたっぷり振りかけます。
大葉や韓国海苔で包んで食べたり、ご飯に乗っけたり。

「鬼おろし大根の海鮮和え」。
鬼おろしにした大根おろしに、いくら、塩辛、オクラ、アサツキの小口切りを乗せて。
出汁醤油をちょこっとかけて。
a0223786_14283418.jpg
思いつきで、いつもの大根おろしでなく粗くおろした大根に冷蔵庫に残ってたものを乗っけてみたんですが、大根のシャキシャキ感と海鮮のねっとり感が妙にぴったりでした。
うちには鬼おろし器なんぞないもんで、チーズ削り器で代用。

「枝豆のすり流し」。
お寿司屋さんで出てきたのの真似っこ。
茹でた枝豆と、薄口醤油ちょこっとと塩で味付けした出汁をミキサーでガーっと。
冷蔵庫でひんやり冷やして。
a0223786_14240626.jpg
お寿司屋さんで食べた時、「このとろみは何なのかしら?葛か何かでとろみを出してるのかな?」などと思っていたんですが、枝豆のとろみだったんですね。
簡単ですけど、夏を感じる汁物。

「海老しんじょう」
余ってしまってた海老と、家にあるもので即席で作りました。
海老を指でボウルに押し付けるようにしてつぶし、片栗粉をまぶしたみじん切りの玉ねぎ、マヨネーズ少々と混ぜ合わせ、丸めて片栗粉をまぶしてゆっくり揚げてみました。
美味しいお塩を添えて。
a0223786_14261437.jpg

「マグロの納豆黄身醤油」。
a0223786_14234085.jpg
リーズナボーに買ったマグロの赤身が、ネットリとした大トロの味に(?!)なるかな?

納豆黄身醤油は、出汁と醤油を半々にしたものと、納豆1パックをミキサーでガーっとやって黄身をポトリ。
半日ほど冷蔵庫で寝かして、黄身がトロッとなったら出来上がり。

マグロと白髪ネギ、オクラをこの特製醤油につけて食べると、コクと旨味が合わさってお酒が進みますよ。


# by mickimchi | 2016-08-18 13:10 | Trackback | Comments(2)

お盆はのんびり おうちで島ごはん

蒸し暑い東京。
せめて島ごはん風お夕飯で、沖縄の南風を感じたく作ってみました。

「アボカドたっぷりタコライス」。
a0223786_15551911.jpg


「ツナとゴーヤサラダ」
学大のおうどん屋さんのおつまみの真似っこ。
そのお店のは甘めのドレッシングがおいしい、おつまみにぴったりのサラダ。
そんな感じを目指して、みりん、薄口醤油、米酢、サラダオイルを混ぜ合わせたドレッシングにしてみました。
ツナ缶のオイルもちょっと加えて。
ゴーヤのほんのりした苦味に甘めの味付けって合うのかも。
a0223786_15563198.jpg


「ガーリックシュリンプ」。
島ごはんとはいえ、このあたりからハワイ風になっちゃった。
ニンニクみじん切り、レモン汁、塩こしょう、白ワイン、オリーブオイルで作ったマリネ液でエビをマリネしました。
ちょっとした手違いで1日漬けておいたら、あはは、これが美味しかった。
マリネ液ごとフライパンに入れてバターを加え、エビがこんがりしてきたらお皿に盛って粉唐辛子パラリ。
これ、ちょっとカレー味でも美味しそう。

a0223786_15565874.jpg


「スパイシーポキ」。
マグロにアボカド、みじん切りの紫タマネギと九条ねきの細切り、マカデミアナッツが入ってます。
思いつきで入れたマカデミアナッツでアロハーな雰囲気が加わりました。
万能醤油だれにマヨネーズ、おろしニンニク、おろしショウガ各少々を加えたたれで和えてみました。
お好みでライムをギュッと絞って。

暑い東京。
島ごはん食べたら、三線の音色がどこからか聞こえてくるかな。
いやいや、ウクレレかな?

a0223786_15561260.jpg

# by mickimchi | 2016-08-15 14:16 | Trackback | Comments(8)