フライパンで、炊き込みビビンバご飯

a0223786_9512050.jpg

ビビンバはビビム(混ぜる)パプ(ご飯)ですから、ご飯と具材をよ〜くよ〜く混ぜて食べるご飯ですよね。
これは、フライパンでお米から具材と混ぜながらご飯を炊いた、フライパンで作る炊き込みご飯。
もともと、栗原はるみさんの沖縄のジューシー風ご飯の作り方を見て、韓国風にビビンバ味で作ったらどうかなと思って。

フライパンでお米と具材を混ぜてはフタをし、またまた混ぜてはフタをしを繰り返しながらご飯を炊き、水が足りなくなったらテキトーに足すというざっくりした作り方なんですが、これ、失敗なしで簡単です。

材料(2人分)
米 1カップ
牛肉(焼肉用かステーキ用) 120グラム
にんじん(みじん切り) 1/4本
干ししいたけ 2〜3枚
A
 しょうゆ 大さじ1
 砂糖 大さじ1
 ごま油 大さじ1/2
 酒 大さじ1/2
 にんにく(おろして)少々

豆もやし 1/4パック
水菜 1/4パック(小松菜、ほうれんそうなど他の青菜でも)
B 
 塩 適量
 ごま油 適量
 にんにく(おろして)少々

作り方
1  干ししいたけは水でもどして水気をしぼりみじん切りにする。
   もどし汁も使うので捨てずに。

2  米はといでざるに上げ、15分くらい置く。

3  牛肉は大きめの拍子切りにする。

4  2つのボウルを用意する。
   それぞれ干ししいたけとにんじん、牛肉を入れる。

5  4の2つのボウルにAを分け入れ、30分置く。
   30分置いたら手でもむ。

6  フライパンにオリーブオイルを熱する。
   味付けした干ししいたけとにんじんを炒める。
   野菜がしんなりしたらざるにあけ、野菜と煮汁に分ける。

7  同じ様に味付けした牛肉もさっと炒め、ざるにあけ牛肉と煮汁に分ける。

8  6と7の煮汁としいたけのもどし汁をあわせて225CC分を用意する。

9  フライパンに8と米を入れてフタをし、強火にかける。

10 2分くらいして沸騰してきたら弱火にする。
   全体をまぜてふたをする。

11 2分くらい間隔でまぜてはフタをしの動作を繰り返す。 
   10分程たったところで、6のしいたけとにんじんも加えて混ぜる。
   全体で13分くらい炊く。  
   途中、水分がなくなってしまったら、そのたびに大さじ1の水を足す。

12 ご飯を食べてみてふっくらたけていたら、出来上がり間近。
   最後に30秒ほど強火にしてから牛肉を加える。

13 全体を混ぜ合わせたら火を止める。
   10分以上そのまま蒸らす。

14 蒸らしている間に、豆もやしと水菜のナムルを作る。

15 鍋にたっぷりの湯をわかし、豆もやしを入れ塩少々も加えさっとゆでる。
   ざるにあけて、冷水に放ち水気をぎゅっと絞る。

16 Bの材料のうち、まず塩少々をふり、ごま油少々を加える。
   にんにくしょうしょうも最後に加えて手で混ぜる。

17 水菜は半分に切り、根の方のみ16の要領でさっとゆでて水気を取る。

18 ゆでた水菜も葉先部分も3センチくらいに切り分ける。

19 18をボウルにあわせ入れ、16の要領でBで味付けする。

20 蒸し終わったご飯にもやしと水菜のナムルを加えて混ぜる。

ここまで書いて気がついたんですが、このレシピ、作るのは簡単なのに説明がたいへ〜ん。
長い事読んでいただいてすいません。
要するに、チャプチェの要領で、具材を別々に炒めて食感を残しつつご飯を炊き上げるという事です。
多めに作って、もやしと水菜のナムルを加える前の段階で取っておくと、おにぎりにしたりしてもおいしいですよ。
何よりも、赤子泣いてもフタ取るなというご飯炊きですが、フタをあけて味見しつつ作れるので心配性の方にもいいですよ。
なんか芯が残ってるなぁと思ったら、お水ちょろりと足しながら、もすこし味付けしてみようかなと思ったら、お醤油ちょろり。
このざっくりした作り方、結構楽しい。

この日は、この炊き込みビビンバがメイン。
あとは、多めに作った水菜のナムルと、
a0223786_9445961.jpg


ミッキムチの白菜キムチ。mickimchi
a0223786_945954.jpg


余った豆もやしでコンナムルクッ(もやしスープ)を作りました。

しばらくは炊き込みご飯、このフライパン仕様にハマりそうです。

a0223786_9443829.jpg

by mickimchi | 2012-09-17 17:12 | ご飯類 | Comments(0)


<< 三清洞(サムチョンドン)のムー... 今だ夏バテにさっぱり水キムチと... >>