お鍋一回も振らずに、簡単ヘルシー中華

中華料理、おいしいですけど2〜3品作るとやたらお鍋何個も使って、段取りやら後かたずけやらに追われますよね。
今回は、「基本、炒めない中華定食」という事で、4品ささっと作りました。
炒めるのが基本の中華料理を、基本、炒めないで作るというズボラな?いえいえ斬新なメニュー。

まず、「ホタテ缶とレタスの油ゆで、オイスターソースがけ。」
フライパンにごま油とにんにくのみじん切りを入れて中火にかけ、いい香りがたってきたら汁気を切ったホタテ缶投入。
ホタテを混ぜ合わせながらささっと炒めて、(スイマセン、ここまでの行程だけ炒めます。)お湯をたっぷり入れます。
沸騰したら、適当に切ったレタスを入れて15秒ほど煮たて、ざるにあけます。
これを、お皿にうつしてオイスターソースをたらりとまわしかけ、グリンピースを飾って出来上がり。
出来上がりにオイスターソースかけただけなんですけどイケます。
a0223786_16253833.jpg


お肉料理は、「調味料は、焼酎と醤油だけのトンポーロー」
a0223786_16313918.jpg

豚バラの塊肉(400グラムぐらい)を4センチくらいの幅に切ります。
長ネギを適当な長さに切ってお鍋に敷き詰め、その上にお肉をのっけて、ヒタヒタの水(100CCくらい)とお水の半分量の醤油と焼酎を加え、ふたをして火にかけて煮立ったら弱火にして1時間半くらい煮てできあがり。
お砂糖入れないのに、クッション代わりに鍋に敷いたおネギのおかげでお肉がトロトロ、あま〜くなります。

a0223786_1703442.jpg







魅惑の三段腹、じゃなくて三枚肉。






「炒めない、なんちゃってチャーハン」
a0223786_16385027.jpg

チャーハンの具になりそうな物を冷蔵庫からさがして、みじん切りに。
野菜だったら、長ネギやショウガ、生しいたけや水煮のたけのこなんかがいいかな。
お肉は、ハムとか焼豚の端っことか。
あとは卵と、あればエビなんか。
この日は、野菜はピーマンとニンジンとしめじ、お肉は豚挽きしかなかったのでそれで。
まず、卵を溶いて、サラダオイルをしいたフライパンでやわらかめのスクランブルエッグを作って取り出します。
同じフライパンにサラダオイルを足して、エビを炒めてこれも取り出したら、みじん切りにした野菜やらお肉やらを炒め合わせ、塩こしょうで味付けします。(スイマセン、ここまでの行程だけ炒めます。)
炊き上がりのご飯に顆粒の鶏ガラスープの素少々、炒めたチャーハンの具、エビ、スクランブルエッグを加えて混ぜ合わせて出来上がり。
塩加減は、お米1合で、塩小さじ1/2、鶏ガラスープの素が小さじ1弱くらいです。
今回はザーサイのみじん切りも入れたので塩は少なめにしました。

食べてびっくり、ただ混ぜただけなのに、炒めたチャーハンの味になりますよ。
さっぱりしてるので、ヤバい、いくらでも食べられちゃう。

スープは、「コーンスープで、なんちゃって中華風コーンスープ」
a0223786_1640862.jpg

レトルトでも缶詰めでも市販のコーンスープを同量の水と鍋に入れて火にかけて、煮立ったらスープをうすめた分、ウェイパーで味付けします。
今回は「ホタテ缶とレタスの油ゆで、オイスターソースがけ。」で残った、ホタテ缶の汁も入れました。
豆腐を入れて水溶き片栗粉でとろみをつけ再びスープが煮立ったら、溶き卵をたら〜りとまわし入れてすぐ火を止めます。
卵がとろりのかきたま中華スープ。
キャンベルスープが中国人になった感じ。

手がかからないから、mickimchi家で何度も作ってる中華メニューのご紹介でした。
by mickimchi | 2013-01-30 16:24 | ミッキムチ家の中華 | Comments(0)


<< 料理名が料理法のレシピ ソウルの「ハノッチッ」でキムチ... >>