焼き鳥 mickimchi 亭

焼き鳥屋さん、大好き。
ちょこっと真似して、焼き鳥屋さんみたいな「月見つくね」。
香ばしいたれをつけて焼いたつくねを卵の黄身をからめてトロトロで食べます。
「焼鳥屋さんの月見つくね」。
私はフワッとした食感に、コリッとしたなんこつの食感が混ざったのが好きなのでなんこつを入れましたが、もちろん、鶏挽き肉だけでも。
a0223786_17371140.jpg


あと、「ささみの瞬間燻製」。
これも、焼き鳥屋さんで食べたささみの燻製を真似て。
そこの焼き鳥屋さんは、焼き台の上にささみを吊り下げといて、鶏を焼く煙でささみをスモークするんです。
この中まで火がギリギリ通ってるくらいのスモークフレーバーのささみ、ちょっと感激のおいしさでした。
そんなイメージで、マリネしたささみをさっと燻製にしてみました。
a0223786_17431432.jpg

「ささみの瞬間燻製」
材料(2人分 おつまみ用に少量です。)
ささみ(すじを取って)150グラム
塩 小さじ1
砂糖 小さじ1
白こしょう 適量

作り方
1 ささみに塩こしょう、砂糖をふる。
2 ラップに包み冷蔵庫で3時間から1晩ねかせる
3 深めのフライパンに櫻チップを入れ、金網をのせて強火にかける。
4 全体からモクモク煙るが出てきたら金網にささみをのせる。
  すぐにボウル等でフタをする。
5 フタの淵からけむりが出てきたら弱火にする。
  1分弱で火を止めてフタをしたまま10分間置いておく。

あっ、そうそう、うちは瞬間燻製作る時は、南部鉄のフタ付きのフライパンに100円ショップでかったアミをいい加減にペンチでひん曲げて使ってます。
世界で一番簡単な燻製製造機。
a0223786_17232026.jpg














シンプルに柚子こしょうとかで食べるのもいいのですが、今回はサルサ・プッタネスカを添えました。
冷蔵庫にドライトマトのオイル漬けとオリーブがあったんで、それにケイパー、にんにく、玉ねぎ、アンチョビ、イタリアンパセリをそれぞれみじん切りにして、エキストラヴァージンオリーブオイルで和えただけのソース。
魚介にも合う便利ソースですので多めに作っても。

 
  
by mickimchi | 2013-03-15 18:16 | あれこれおつまみ | Comments(2)
Commented by yukiful-xmas at 2013-03-15 18:23
美味しそうだな~。 (^^)

つくねに黄身をトロトロに?
ぐふふ、ビールに! 焼酎に!

ささみもギリでレアな感じがいいですね~。
こっちはワイン? (#^.^#)
Commented by mickimchi at 2013-03-16 10:31
Yuckyさん、
すっかり、私のお酒の好みがバレてますね。
なんせ、全州のコンナムルクッパ屋さんでも朝からソジュ飲んじゃったんですから...
ああ、ソウルに行ってグァッガネ定食でビールが飲みたいっ。


<< またまた、メキシカンナイト 香菜いっぱいサラダとベトナム風... >>