旬のたけのことあさりの茶碗蒸し&筑前煮ごはん

生のたけのこがスーパーに並び始めましたね。
この季節になると作る、「たけのことあさりの茶碗蒸し」。
a0223786_13454649.jpg

たけのこはのアク抜きって、えーっとえっと、米ぬかと唐辛子を入れた水で大鍋に入れて煮る、とかなんとかものすごく面倒というかハードルが高くってね、でっかいたけのこ、すっぽり入る鍋用意するだけでハーハー言ってたんですけど...

それが何年か前、テレビで分とく山の野崎さんが、大根おろしと同量の水と塩少々にたけのこを1時間くらいつけとくと、アクもえぐみもとれるっていうのやってて、しかもしかも、たけのこは最初っから料理の用途によって、薄切りや一口大に切ってから漬ければいいという、うわぁ、簡単!
あとはアクが抜けたたけのこをやわらかくなるまで煮るだけというもので、旬のたけのこ料理を作る回数が増えました。
この茶碗蒸しは、溶き卵にあさりのゆで汁と、ゆでたけのこをミキサーでポタージュ状にしたものを混ぜこんでますので、あさりのうまみとたけのこの香りをあますところなくいただけます。

タジン鍋じゃなくて普通も蒸し器でも同じようにできます。

あとは、「筑前煮の炊き込みご飯」。
a0223786_1347244.jpg

最近は、コッテリ甘いより、お砂糖を入れずに醤油と塩少々で煮たキリッとした味の筑前煮が好き。この筑前煮ごはんは、文字通り、筑前煮の煮汁を少し足して炊いたご飯に筑前煮をのっけて蒸らすだけという、大胆かつお手軽なもの。

材料(2人分)
筑前煮 
 トリもも肉 1/2枚
 ニンジン 70グラム
 蓮根 100グラム
 ゴボウ 70グラム
 生しいたけ 2枚
 酒 大さじ1と1/2
 しょうゆ 大さじ1と1/2
 塩 少々
 水 100CC〜120CC

米 1合
水 185CC
筑前煮の煮汁 大さじ1

作り方
1 米を洗い30分ほど浸水させる。
2 材料を一口大に切る。
3 鍋にサラダ油をあたためる。
  鶏肉を入れて表面の色が変わるまで炒めて取り出す。
4 油を少し足して、野菜を入れて炒める。
  野菜が炒まったら鶏肉を戻し入れる。
5 水と酒を入れて落としぶたをして具材がやわらかくなるまで煮る。
  (途中、水が足りなくなれば追加して下さい。)
6 しょうゆを加えて強火にして煮詰める。
7 味をみて塩少々で味を引き締める。
8 土鍋に米、水185CC、筑前煮の煮汁大さじ1を入れてフタをする。
9 弱めの中火で13分炊き、筑前煮をのせてさらに30秒ほど炊く。
  (炊飯器の場合は炊きあがりに筑前煮を加えて蒸らして下さい。)

a0223786_13473250.jpg


この、具ゴロゴロ系の炊き込みご飯、おかずばっかりつまんでる呑ん兵衛がいる時も、お酒飲みながら食べれるご飯ものって事でウケがいいですよ。

肉じゃがの炊き込みご飯もおいしいので、今度載っけますね。
by mickimchi | 2013-03-31 21:57 | たまには和食 | Comments(2)
Commented by ビョン at 2013-04-01 23:43 x
筍のあく抜き方法に、目から鱗です!
確かに米ぬか入れて茹でるのは超メンドーで、年に1回くらいしかやってませんでしたが、この方法なら、躊躇することなく筍を買えますね。
いつも春の京都の最終日に、京都塚原産の筍を買うんですが、今回はオフ会があり買えなかったのが残念。
ワンパになりがちな茶わん蒸しのアイディアも、素晴らしいわぁ。
ミキサーがないから、包丁で叩いてみようかしら。
Commented by mickimchi at 2013-04-02 14:04
ビョンさん、
こんにちは。
ミキサーじゃなくて包丁でたたいた方が食感が残っていいかも、っていうかわざわざミキサー出してきてやるより、そっちの方がラクですよね。
今度からそうしてみよっと。
なんか、便利そうな調理器具ばっか揃えたはいいが、逆に面倒な事やってる気がしてきました。
家中が台所と物置みたいになってるんですよ。
困ったもんです。


<< 発酵レシピの夕べ うちのタンドリーチキンとサモサ >>