発酵レシピの夕べ

先月長野の老舗の酒蔵を見学に行った際購入した酒粕があるので、ここのところ酒粕レシピに凝ってます。
この日も酒粕はじめ、発酵レシピの晩ご飯。
とはいっても、バケットといっしょにワインに合う感じにしてみました。

まず、酒粕を使って『鶏もも肉の粕漬け」
a0223786_21275096.jpg


まず、味噌粕床を作ります。
酒粕200グラムに酒少々をふってレンジでチンしてやわらかくしておきます。
それに、味噌150グラム、酒50CC、みりん40CC、砂糖大さじ2を加えて、フープロかハンドミキサーでガーッと混ぜて出来上がり。
この味噌粕床に色々漬けて楽しんでる今日この頃ですが、今回はこれには鶏もも肉を3日ほど漬けときました。

鶏もも肉は、粕を手でぬぐってまずフライパンで焼き目をつけてから、クッキングシートとホイルを重ねたものに包んで蒸し器で15分蒸しました。
冷凍庫の残り物のマッシュルームもいっしょにくるんであげて。

粕漬けってや焼いてるうちに焦げちゃうのが難点ですが、こうすると焦げすぎちゃうのも防げるし、鶏もも肉もしっとりふっくら仕上がります。

味はもうついてますから、食べる時ちょこっとポン酢とかニンニク醤油とかたらすくらいで十分。

a0223786_21274397.jpg


つけ合わせにマッシュポテト。
バターを罪深いほど入れるのがコツ。
バケットにマッシュポテトをたっぷりのせて、チキンと交互にお口へ。
a0223786_21275725.jpg

あ〜罪深い味だ。

あと、ここ最近定番化してきたアボカドラバーのための「アボカドの醤油漬け」
a0223786_21403322.jpg



そして、発酵食品のキング、キムチファミリーからの今宵の参加者はカクテギ。
ワインにピッタリ、ちょっとオサレに「カクテギとクリームチーズの和え物」。
ただ和えただけなんですけど、この組み合わせイケますよ。
a0223786_21284821.jpg


というわけで、いつもに増して赤ワインのボトルのあく時間が短かったこの日の晩ご飯でした。
by mickimchi | 2013-04-03 17:52 | あれこれおつまみ | Comments(4)
Commented by yukiful-xmas at 2013-04-03 23:34
あら~、なんか今夜のお料理、私好み~!
しかも、そんなに手間がかからないみたいだし、作ってみます!

ところで、来週のオフ会@全州は、参加されないのですか? (^^)
Commented by ビョン at 2013-04-03 23:40 x
毎年京都の知り合いから酒粕が送られてくるんですが、どーやって使ったらいいかわからず、他の方に差し上げていました。
な~るほど、味噌漬けは作ったことあったのに、そこに酒粕を入れるとは、全く思いつきませんでした。
このメニューは間違いなくお酒が進みますね~。
Commented by mickimchi at 2013-04-04 12:15
Yuckyさん、
年寄りの家族が体調崩してしまい、ここんところ韓国全然行けてないんです。
んなわけでビョンさんのオフ会@全州は、ビョンさんのブログでず〜っと心引かれつつうかがえないんです。
全州行ったつもりで鬱憤ばらしに家でマッコリ、やかんに入れてひとりで飲んでやる〜って感じです。
Commented by mickimchi at 2013-04-04 12:21
ビョンさん、
長野の酒蔵の社長に聞いたお勧め酒粕レシピは、板状の酒粕を小さく切って、瓶詰めのウニをのっけて炙るというのです。
私は面倒だったのでテフロンのフライパンでやってみましたが、ご想像どおり困る程にお酒がすすみまくりました。


<< たけのこご飯と金目鯛の木の芽焼き 旬のたけのことあさりの茶碗蒸し... >>