たけのこご飯と金目鯛の木の芽焼き

近所の、家庭菜園の無人野菜販売所で見つけた木の芽。
こんだけたくさんで百円。
a0223786_1453968.jpg


いつもはローズマリーやオレガノでやる金目鯛のオーブン焼きを、和風ハーブの木の芽を使ってやってみました。

a0223786_14122188.jpg





金目鯛の切り身に塩をふって20分くらい置いて、水分をふきとります。


オリーブオイルを金目の表面に塗って、ピチットシートで巻いて数時間寝かせます。
ピチットシートがなければ、ラップをピチッと巻いて下さい。
a0223786_17225290.jpg

これを200度にあたためたオーブンで10分くらい焼いてできあがり。

たけのこも買ったので、
a0223786_141787.jpg


「たけのこご飯」!
具は、たけのことみじん切りの油揚げと木の芽だけ。
あらかじめ、たけのこをみりんと醤油と出汁で煮て、ごはんの炊き上がりにのせて蒸すので、簡単で失敗なしだけど、たけのこの風味満載の炊き込みご飯に仕上がります。

a0223786_172259100.jpg

旬のたけのことあさりの茶碗蒸し&筑前煮ごはんでお話したように、大根おろしと同量の水、塩少々に1時間程つけてアクをとったたけのこを、20〜30分やわらかくなるまでゆでた、ゆでたけのこを使って簡単に。

材料
ゆでたけのこ 100グラム
A 出汁、みりん、しょうゆ 各大さじ1

米 1合
油揚げ 1/2枚
出汁 180CC
みりん 大さじ1/2
薄口しょうゆ 大さじ1/2
木の芽 適量

作り方
1 研いだ米を、水に15分つけてからざるにあげて15分水を切る。
2 油揚げは細かいみじん切りにして、熱湯をかけて油抜きして水気を絞る。
3 土鍋に米と出汁、みりん、薄口しょうゆを加えてフタをする。
  13分ほど弱目の中火で炊く。
4 フライパンにサラダオイルを熱し、ゆでたけのこをさっと炒める。
5 フライパンにAを加えて汁気がなくなるまで煮詰める。
6 ご飯が炊きあがる直前に土鍋に5を加えてフタをする。
  15分ほど蒸らしたら、木の芽をのせてできあがり。

うちでは、こんな和食でもヤンニョムを添えて。
左からチョコチュジャン(酢コチュジャン)、ヤンニョムカンジャン(薬味醤油)、ニラジャンです。
これを各自、ご飯やお魚にちょこっとのっけて食べるのがウマい。
ヤンニョムとスッカラ(韓国スプーン)は、どんなお料理の日も食卓に登場します。
a0223786_10473149.jpg

by mickimchi | 2013-04-05 09:01 | たまには和食 | Comments(0)


<< またまた,発酵食堂風の夕べ 発酵レシピの夕べ >>