自家製ツナと、なんちゃってオイルサーディン oishii

近所にバケットのおいしいパン屋さんができたんです。
最近のうれしい事柄のひとつ。
ということで、今回はバケットにあうおつまみを。
まず、「自家製ツナ」。
別に手作りしなくてもツナ缶買えばいいわけですが、別に手作りしなくてもいいものって手作りするとおいしい気がする。
作り方もものすごく簡単です。
a0223786_12473035.jpg

材料 
カツオ(マグロでも) 1柵
塩 適量
水 適量
オリーブオイル 適量
お好みのハーブ(今回はローズマリー) 適量
黒こしょう、ローリエ、にんにく

作り方
1 カツオを一口大に切り、塩(魚の重さの3パーセントくらい)をよくすりこみます。
2 ピチットシート(またはラップ)を巻いて冷蔵庫で半日〜一晩おきます。
3 鍋にカツオを入れ、魚がかぶるくらいの水を入れます。
4 中火にかけて沸いてきたらアクをとります。
5 沸騰してから5分くらい中火のまま煮ます。
6 5分したら火を止めて、そのまま冷まします。
7 冷めたら水気を切って保存容器にカツオを入れます。
8 お好みのハーブ、ニンニク、黒こしょう、ローリエを加えます。
9 オリーブオイルをかぶるくらい注ぎます。
10 一晩置いて出来上がり。
 
a0223786_12473551.jpg
しっとりやわらかで、これはイケる。

それから、なんちゃって「オイルサーディン」。
a0223786_1374179.jpg

メザシでオイルサーディンが作れるらしい、とかお知り合いからうかがったもので、それ以上よくわからないけどやってみました。
メザシの頭を取ってやわらかくなるまでゆでてから、ニンニクとハーブミックスとおいしい自然塩といっしょにオリーブオイルでマリネしてみました。
そのまま保存容器に入れて何日か置いといたら、あらら、おいしいしっとりしたメザシのオイルサーディンができちゃった。

自家製ツナもオイルサーディンもどきも保存もきくし、キッチンドリンカーとしてはキッチンでグラス片手につまみぐいができるのがうれしい。

そういうわけで、ピノノワールのチリワインを。
なっつって、何だかわかんないうちにあけたボトルがそうだっただけなのですが..
by mickimchi | 2013-04-11 07:16 | あれこれおつまみ | Comments(4)
Commented by mrs-jasmine2 at 2013-04-11 15:52
こんにちは♪

わたしも数年前にお料理教室で自家製ツナを習って以来、
圧倒的に自家製ツナ派です!
ちょっぴり贅沢なんですけどね。^^
自分で作れるんだーと、驚きでもありました。

あ、自家製オイルサーディンはまだ作ったことありません!!
Commented by mimilani at 2013-04-11 20:23
ええ!!
お家でツナが作れるんですか(@_@。
本当にびっくりです!!(無知でお恥ずかしいですが^^;)
とっても美味しそうです!!

早速明日作ってみようと材料をメモさせて頂きました<m(__)m>
ツナ缶で好き嫌いがあって、ファンシーという缶しか
食べられないんです。なんとなくそのファンシーに
近い感じかしら~とお写真見ながら思っております!
楽しみですーー!!
Commented by mickimchi at 2013-04-12 12:56
jasmineさん、こんにちは。
メザシのオイルサーディン、見た目洋風なんですが食べるとなんとなく日本海の潮風を感じます。(何と大袈裟な...)
ところで、自家製ツナ、自己流で作ってしまいましたがホントの作り方はどんなのだろう。
jasmineさん、すごい腕前なのにそれでも色々お料理教室行ってお勉強してらして、いつまでも学ぶ姿勢、見習いたいです。
Commented by mickimchi at 2013-04-12 13:04
mimiさん、こんにちは。
自家製だと、ツナ缶から缶詰めくささと、油ギッシュさをのぞいたような味がします。
もしかしてファンシー缶に近いかもしれません。

ジャガイモと一緒にポテトサラダにしたり、サンドイッチの具にしたりわりと重宝しますが、今回の残りは激辛ツナキムチチゲにして汗びっしょりで食べました。(これは全然ファンシーではないですね ...)




<< 三清洞(サムチョンドン)の韓定... またまた,発酵食堂風の夕べ >>