韓国風納豆チゲ(チョングッチャン)と、麦ご飯(ポリパッ)

大好きな韓国のチゲのひとつ、チョングッチャン。
韓国の味噌チゲなのですが、そのチョングッチャン味噌が日本の納豆に似た独特の香りがある事から、好き嫌いが分かれる味です。
言わば韓国版納豆汁といえばいいのでしょうか。
私はこれが大好き。
チョングッチャンに目覚めたお店に行ってからハマって、韓国に行くとよく食べます。
ただ、なかなかおいしいチョングッチャンに遭遇できない。
やっぱり使うチョングッチャン味噌によっておいししが決まるんですね。
有名店は、お店独自にお味噌を作るんですよ。
とはいえ、チョングッチャン味噌を自分で作るわけにはいきませんから、私は韓国に行く機会にこのお味噌を買って帰ります。
独特の匂いとはいえ、少量づつパックになったものとかもスーパーに売ってますし、デパ地下とかだと売り場のオバちゃんが丁寧にパッキングしてくれるので、あんまり匂いも気にせず持って帰れます。
今回買って帰ったのは少量ずつパッキングしてある便利もの。
a0223786_8245418.jpg


市販品もおいしいのと、う〜んどうかな?っていうのがあって結構値がはってもおいしそうなのを買うのをオススメします。
納豆好きなら、おいしさにハマりますよ。

今日は、チョングッチャンと麦ご飯(ポリパッ)定食。
a0223786_1093497.jpg

豚挽き肉と、短冊に切った大根、ニンニクのすりおろし、ざく切りキムチをごま油で炒めて、煮干し出汁を入れ、チョングッチャンと豆腐、長ネギ、ズッキーニを入れて火を通してできあがり。
辛いのがお好きなら、生唐辛子の輪切りも入れるといいです。
チョングッチャン味噌の代わりに日本の田舎味噌と納豆で作ってもおいしいです。

麦ご飯に、
a0223786_109413.jpg




いろいろナムルも作って。
a0223786_1092048.jpg

この日のナムルは、ナスのナムルがおいしくできました。
自分の覚書用に。
砂糖1、水1.5、濃口醤油12.5、みりん2.5の割合で鍋に入れ沸騰直前で火を止めて作る万能醤油だれを用意する。(たくさん作って作り置きしてます。)
ナスをさっとごま油で炒めたら、万能だれに擂り下ろしニンニク少々を混ぜたものを、ナスが1/3くらいひたるくらい加えてナスをコーティングするように混ぜ、落としぶたをして2分蒸し煮し、火を止める。

さきがきにしたゴボウも同じ要領でナムルにしました。

他のニンジンナムル、切干しとトビコのナムル、三つ葉ナムル、ワカメのナムルは薄味で。
アルファルファはそのまま。

ナムルをご飯にのっけて、さらにチョングッチャンをちょっとスプーンですくってかけて、チョングッチャンビビンバにするとおいしい。


チャプチェは、春雨の代わりに葛切りで作ってみました。
具も、ゴボウとニンジンのナムルに、牛そぼろ、三つ葉をたっぷりで和風仕立て。
実山椒の有馬煮もちょっと入れて。

a0223786_1094550.jpg



クリームチーズと同じ大きさに切った水切り豆腐を、チャンジャとごま油で和えて、箸休めに。
っとおもったけど、箸が止まらないおつまみでした。
a0223786_1092683.jpg

by mickimchi | 2013-12-17 08:45 | チゲ、スープ | Comments(2)
Commented by ラピ at 2013-12-17 17:20 x

ちわっです。
今週、アジア食材のスーパーへ出かける予定。
目を皿のようにして、何だか分かんないけど「美味しそうに見えるもの」を買ってこようと思います。
ココへくると、食べたくなるもんね。
きっと、似て非なるものになりそうだけれど、
いっつも「ナンチャッテ和食」なので、「ナンチャッテ mickimchi 風」もいいでしょ?
Commented by mickimchi at 2013-12-18 17:30
ラピさん、
こんばんは。
今日私は、等々力の紀伊国屋にまあるいズッキーニを探し求めて行ってきましたが、残念、置いてなかった。
夏頃はあったような気がしたんですけどねぇ。
ウイキョウもなかった。
ラピさんのブログで見つけて、興味あったのに。
そんでもって、京都産のブロッコリーが450円で、poireauネギが1/2本980円だった。
結局スーパーで胡椒かって出て来ちゃいました。
うぇ〜ん。
でも、ラピさんにグチって少し気が晴れましたです。


<< ドライカレービビンバと、バーニ... そば粉のクレープと揚げビーフン... >>