スペイン料理の味の素で、たけのこのパエリアと春野菜のメネストラ

スペイン料理の味の素。
ま、私が勝手に呼んでるんですけど。
これを作っておくと、パエリアやスペイン風の野菜の煮込み、スペイン風スープがすぐ作れます。

玉ねぎとにんにくをみじん切りにして、フライパンにオリーブオイルとともに入れ、中火で炒めて玉ねぎがしんなりしてきたところで赤パプリカを1センチくらいの角切りにしたものを加えて弱火でじっくり20分くらい炒め、塩少々とパプリカパウダーで味を整えたもの。

スーパーにおいしそうなたけのこが並んでいたので、スペイン料理の味の素でたけのこのパエリアを作りました。

何年か前、テレビで分とく山の野崎さんが、大根おろしと同量の水と塩少々にたけのこを1時間くらいつけとくと、アクもえぐみもとれるっていうのやってて、しかもたけのこは最初っから料理の用途によって、薄切りや一口大に切ってから漬ければいいっていうのを聞いて、春にたけのこを買う頻度が増えました。

こうやってアクを抜いたたけのこを洗って、やわらかくなるまで20〜30分煮るだけでおいしい茹でたけのこができるっていうわけです。

たけのこのパエリア (2人分)
米     3/4合
チキンブイヨン 125ml
スペインの素 大さじ1
トマトペースト 小さじ2
塩 少々
ウインナー(輪切り) 50g
豚バラ薄切り肉 50g
茹でたけのこ お好きなだけ
グリンピース (茹でておく) 適宜
レモン 1/4個
オリーブオイル 適宜

a0223786_15472025.jpg


作り方
1 一口大に切った茹でたけのこをオリーブオイルで炒め、塩で味をととのえ取り置く。
2 スペインの味の素、トマトペースト、チキンブイヨンを小鍋に入れて混ぜながら一煮立ちさせる。
  味をみながら塩を加えて、ちょっとしょっぱいお吸い物くらいのスープを作っておく。
3 蓋がピッチリ閉まるストウブ鍋やル・クルーゼ鍋、スキレットなどの鍋を用意する。
   蓋つきのフライパンでもできますよ。
  その鍋にオリーブオイルを熱し、一口大に切った豚肉、ソーセージを中火で炒める。
4 洗って水気を切った米も加えて中火で炒め、2のスープを注ぐ。
  弱火にして蓋をしめる。
5 13分ほど煮たら蓋を開けてたけのこをのせ、すぐまた蓋をして30秒ほどそのまま弱火で煮る。
  30秒たったら火を止め、蓋をしたまま10分以上蒸らす。
6グリンピースをちらし、お好みでレモンを絞ってどうぞ。

「春野菜のメネストラ」。
a0223786_1550631.jpg

これも、スペインの味の素とチキンブイヨンで、春野菜とウインナーを蒸し煮しました。
シェリー酒もちょっと加えて。
温泉卵を崩しながら食べるのが好き。


「紫キャベツとチキンのコールスロー」。
a0223786_1550594.jpg

茹でて裂いた鶏肉と、紫キャベツ、にんじん、くるみが入ったコールスロー。
ちょっと甘めのマヨネーズドレッシングであえました。

ちょと甘めのマヨネーズドレッシングは、
はちみつ 小さじ1
ライムの絞り汁(レモンでも) 小さじ2
白ワインビネガー 小さじ1
マヨネーズ 30g
を和えたものです。

あったかくなるとコールスロー食べたくなるのはなぜだろう?
by mickimchi | 2015-04-06 08:27 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(6)
Commented by love-t_k at 2015-04-06 12:53
スペインの素ですね、メモ、メモ(^o^)
また私が作りたいけど作っていないパエリアが
登場しましたね。
それも竹の子で!
食べたい。
Commented by lapie-fr at 2015-04-06 14:50
おお、今日はまた、ひねりの効いた料理の品々~
ふうむ、ふうむっです

しっかし、春ですなあ
美しい食卓~♡
ご相伴にあずかりたいです、ハイ^^
Commented by mickimchi at 2015-04-06 15:46
>けいこさん、
ホントはパエリアってパエリア鍋でオーブンに入れて作るじゃないですか。
ただ水加減や塩加減がむずかしいので、私は洋風炊き込みご飯みたいに作る簡単バージョンです。
でも、ニンニクとパプリカ入れるとブワッとスペイン風の香りがする、気がします...
時期のたけのこ、おいしいですよね。
Commented by mickimchi at 2015-04-06 15:59
>La pieさん、
東京は桜も葉っぱばっかりになっちゃったし、薄曇りの変なお天気です。
ラピさんとこの近所は、今月末あたりから海岸にキャタピラーが出てくるころかな。
いいなぁ。
Commented by ビョン at 2015-04-07 05:30 x
旬の筍を惜しげもなくどっさり入れちゃうパエリアは、
見るからに美味しそうです。
分とく山さんの筍のアク取りのお話は、目から鱗の
嬉しい情報!
面倒な下処理ともおさらばできると思うと、俄然
やる気が出てきます(笑)
そうそう、3月末に京都長岡京へ行った家族が現地から
送ってくれた神崎屋の焼筍が絶品でしたよ。
結構いいお値段しますけど(汗)
http://www.kanzakiya.co.jp/
Commented by mickimchi at 2015-04-07 14:09
>ビョンさん、
神崎屋さん、おいしそうですね。
なんだかあれもこれも注文しちゃいそう。
ここまで筍にこだわるとこ、あったんですね。
おまけに松茸の昆布巻きまである。
こんなとこから焼筍お土産になさるご家族って、やっぱビョンさんの食いしん坊はDNAのなせる技だったわけですね。


<< ソウルにて、バブリーサンデー ... ワインによく合うバルサミコ醤油 >>