即攻レンジミートローフとカラフルオープンサンド。

暑すぎる.
料理するのには暑すぎる。

こういう日は、回転しない頭をフル回転して、なるべく火を使わずにできる料理を悪だくみいたします。

で、「野菜たっぷり、速攻レンジミートローフ」。
市販の生ハンバーグに野菜のみじん切りを加えてレンチンし、オーブントースターで焼き色をつける、という簡単なもの。
a0223786_1282536.jpg

まずスーパーに行って市販の生ハンバーグを買ってきます。
ひとり1個分で人数分ね。

それから冷蔵庫に残った野菜をみじん切りして、生ハンバーグとともにボウルに入れて混ぜ合わせます。
この日は人参、玉ねぎ、赤ピーマンを入れました。
野菜をたくさん入れるとふんわりやわらかになります。
レンジまかせだからたねが崩れる心配もないし。

耐熱皿にこのハンバーグだねをのせてドーナツ型に手で成型し、ふんわりラップをかけてレンジでチンします。

3分くらいづつ様子を見つつレンジにかけて、合計7〜9分ほど加熱したらレンジの中に置いておきます。
こうしないと熱すぎて持てないです。
こして蒸らし終わったらレンジから取り出しグラタン皿などにのせます。
この時点で万一生焼けでも、オーブントースターに入れますから大丈夫。

この時、ドーナツ型の穴の中にたまった美味しい肉汁をスプーンで掘り出してソースを作ります。
肉汁にトンカツソース、トマトケチャップを加え、醤油とオイスターソースも少し加えて、辛いのがお好きな方はここにチリペッパーを加えてください。

このソースをグラタン皿にのせたミートローフに塗って、オーブントースターで3分ほど焼いてできあがり。
この日はドーナツ型の穴の中に冷凍卵もポトリと入れて一緒にオーブントースターで焼きました。

「カラフル、アドリブ、オープンサンド」。
a0223786_1212413.jpg

冷凍庫をガサ入れし、発見したのがえぼ鯛の干物、明太子、ツナマヨソース

えぼ鯛の干物は、干物のリエットに。
干物を焼いて(フライパンで焼いちゃいました。)身をほぐし、玉ねぎのみじん切りとともにオリーブオイルで炒め、シェリー酒(白ワインでも)を加え、水気がなくなったら生クリームを加え半分量になったら塩胡椒し、ケイパーの粗みじん切りを加えたもの。
小さめの干物1枚で、シェリー酒が大さじ1、生クリームが大さじ3くらいです。
これを冷やしてリエットの出来上がり。
写真の右側、ローズマリーをのせたのが、この「干物のリエットのオープンサンド」です。

真ん中は明太子をほぐしマヨネーズと和え、ガーリックパウダーをふった明太パテを塗った「明太パテのオープンサンド」。
トッピングは干しエビ。

左がツナマヨソースのオープンサンド。
野菜をトッピングして。

「シラスオイルのカプレーゼ」。
シラスオイルが冷蔵庫になったので、それをドレッシング代わりにプチトマトとモッツアレラチーズにかけました。
固めにゆでた枝豆もちらして。
a0223786_163150100.jpg


台所で汗かきたくないし、お腹は減るし、で、真夏の悪だくみレシピでした。
by mickimchi | 2015-07-28 12:07 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(4)
Commented by love-t_k at 2015-07-28 21:14
汗かきたくない、お腹は減る、よーく分かる(笑)
でも、ちゃんと美味しそうなのがズラリで感心です。
しらすオイル、良いですね!
Commented by mickimchi at 2015-07-28 22:00
>けいこさん、
今日から民画の先生達と韓国です。
夫とワンコはお留守番。

ソウルも暑いけど東京よりはマシかな?
明日はコチュジャンの里に行くんですって。
楽しみです。
Commented by ビョン at 2015-07-30 08:11 x
えぼ鯛の干物が、まさかこんなにオシャレなオープンサンドに変身するとは!
魚嫌いの方も、これなら騙されちゃいますね(笑)
月曜の夜帰国しました。
東京も灼熱地獄ですが、そちらもすごいでしょ?
淳昌にいらっしゃるんですね。
どーもあそこでは美味しいものに巡り合ったことがないので、
レポを楽しみにしていますね。
Commented by mickimchi at 2015-07-31 05:35
ビョンさん、
テンプルステイでご連絡遅れました。
今朝は朝4時起きで、朝の礼仏に参加しました。
あはは、アルコール抜いたせいかいつもよりよっぽど寝起きが良かったです。
でも今晩ソウルに帰って飲むメッチュうまいだろうなぁ。


<< 2015年、お正月釜山旅 海雲... カラフル夏野菜と自家製サルシッ... >>