飴色玉ねぎで、ピサラディエールとラタトゥイユ

じっくり作った飴色玉ねぎでいろいろご飯。
まずは、
「ピサラディエール」。
飴色玉ねぎとアンチョビー、そしてオリーブをのせた南仏版ピッツア。
チーズやトマトソースが入んないから、ロゼワインなんかが合う軽くてさっくりしたピッツアです。

本来は土台のパン生地から作るんですが、簡単にピタパンで作ってみました。
ピタパンを半分の厚さに切って、綿棒で厚さを半分くらいになるまで伸ばします。
これを数分トースターで下焼きしといて。
切り口に飴色玉ねぎをたっぷりのせて均等に伸ばし、アンチョビーとプチトマト、黒オリーブを飾ってトースターで再度、香ばしい焼き色がつくまで焼いたらできあがり。


a0223786_1648191.jpg


パン生地を作らない代わりに飴色玉ねぎはじっくり作りました。

鍋にオリーブ油を熱し、さらにバターを加えて溶かしたら、薄切りの玉ねぎを加えて全体に油分が行き渡るように木べらで混ぜながら炒めます。
ここで、塩をひとつまみ加えると、玉ねぎの水分が飛んで、40〜50分かかる作業が20分くらいに短縮できちゃう。

a0223786_11162218.jpgこんなのが、

a0223786_11174179.jpg












こんなになっちゃう。














で、いつものタコとトマトのマリネも、下に飴色玉ねぎをしいてみたら、さっぱりマリネがワインに合う濃厚な味になりました。
マリネ液はシンプルに、レモン汁、ケイパーのみじん切りに塩胡椒、オリーブオイルで。
a0223786_16481077.jpg


スープも飴色玉ねぎを使って、フレンチオニオンスープ。

中途半端に残ってたいろんなキノコを半日ベランダで干して、

a0223786_11301418.jpg

飴色玉ねぎとごぼうのさきがき、この半日干しキノコをオリーブオイルでいためてブイヨンスープで15分ほど煮込んみました。
a0223786_1114354.jpg
こんがり焼いたフランスパンをのせるかわりに、車麩をのせてカロリーオフ。
ったってこんなにチーズどっさりのっけたらダメですね。
でもジュワッと野菜のスープの旨みがしみ込んだ車麩がおいしくて、これが結構お腹がふくれます。

お刺身用の鯛の皮目だけ焼いて、ラタトゥイユをのせて。
「鯛のソテー、レア仕立て。ラタトゥイユ添え」。
a0223786_16495649.jpg

グリーンのソースは蕪の葉のジェノベーゼです。

話が長くなりましたので、蕪の葉のジェノベーゼの件はまた次回。
by mickimchi | 2015-11-04 16:46 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(8)
Commented by love-t_k at 2015-11-04 17:10
うん美味しそう、全部
オニオンスープにパンの代わりに車麩・・・いただき!(笑)
韓国からお帰りですか?
Commented by mickimchi at 2015-11-04 17:14
>けいこさん、
お昼の便で帰ってきました。
帰りにね、なめことえのきと生椎茸買ってきました。
あとね、スンデを秘密で韓国からスーツケースに入れて持って帰ってきちゃった。
うふふ、ここだけのハナシ。
Commented by lapie-fr at 2015-11-04 17:41
うっま~ぁ、ミッキムの奥様
手製で、ここまで!!
もう、見慣れちゃってるピッサラデア(こう聞こえまする^^)
で、いいなあ、タコちゃん、さっぱり系に仕上げてるみたい
(ココだと、太るぞって一目で思う濃い油漬け)
お麩もいいな、いいな
マジ、マジ、こっちでレストランをオープンしてお願い♡♡♡
(しっかし、税金高いから儲けなしってことを承知してねえ)
Commented by mickimchi at 2015-11-05 06:56
>らぴさん、
ピサラディエール、いえいえピッサラデア、ホントはパン生地(パイ生地?)の食感がおいしいんですけどね、手抜きです。
あはは、私がレストランなんて、夕方からベロンベロンの料理人のお店みたいになっちゃう。
Commented by lapie-fr at 2015-11-05 16:03
ねっ、ねっ、二人でやんない?
もう仕込みから盛り上がっちゃって愉しい仕事場~
お客さんはね
「お邪魔しま~す、今日は何食べさせてくれます?」って、入って来てくれるの
いいなあ、そんなの
Commented by mickimchi at 2015-11-05 16:57
らぴさん、
魚おろす担当よろしくね。
自家製干物も頼みます。
わたし?
う〜ん、呑み担当。
あ、あと試食担当。
で、気に入らないお客さんには「いいから出てってくれっ!」とか言っちゃって。
Commented by lapie-fr at 2015-11-05 21:22
いい、いい♡
ほんと、追い出し担当はいるw
魚を捌くのは、ごめんにゃ、ごめんにゃって云いつつできますよ^^
その内、頼むのが面倒になって、がはっはっだす~
命、頂きますっキラリイイ~

Commented by mickimchi at 2015-11-06 15:23
らぴさん、
名古屋味噌だれレシピありがとうございます。
ナスの肉詰め作るつもりなんですがトマトソース味のほかに名古屋味噌だれ味も作ってみます。
なすとの相性も良さそうですもん。
わたしは鯵を捌くとき、エラがピラピラ動くのが未だに怖いです。


<< かぶの葉のジェノベーゼと、かぶ... 2015年春ソウル旅レポ 最終... >>