牛肉とにんじんのフランス風煮込み

ムズカシイことぬきのフランスの家庭料理、ブッフ・オ・キャロット。
にんじんをたくさん使った、牛肉のさっぱり煮込みです。
a0223786_12302846.jpg


牛すね肉のかたまりを、玉ねぎ、昆布、大根、粒胡椒とともに酒を加えたたっぷりの水でじっくり2時間以上弱火で煮込んだやわらかゆで牛すね肉。
大量に作ったゆで牛すね肉を小分けにしてスープと別々に保存しておいて、こんな洋風煮込みにしたり、韓国料理のユッケジャンスープやカルビチム、カルビスープにしたりしてます。

このやわらかゆで牛すね肉があれば、ブッフ・オ・キャロットは、にんじんと玉ねぎ、ホールトマト缶とともに煮込むだけです。

a0223786_16372333.jpg


ブッフ・オ・キャロット
材料 2人分
ゆで牛すね肉 300グラム(一口大に切る)
ゆで肉の茹で汁 500ml
白ワイン 100ml
にんじん 小1本(輪切り)
玉ねぎ 1/4本 (繊維にそって薄切り)
にんにく ⒈/2カケ(みじん切り)
タイム 2〜3本
ローリエ 1枚
ホールトマト(缶詰) 1/2缶
塩、こしょう 各適量

作り方
1 フライパンにオリーブオイルをひき、にんじん、玉ねぎをしんなりするまで炒める。
  これらを煮込み用の鍋に移したらフライパンにオリーブオイルを足し、にんにくを弱火で炒める。
  にんにくも煮込み鍋に移す。
2 煮込み鍋にゆで牛すね肉とスープを加え、タイム、ローリエ、手でつぶしたホールトマトを加え火にかける。
  沸騰したらアクを取り、弱火で2時間煮込む。
  途中、水気が足りなくなったら水を足しながら、塩、こしょうで味をととのえる。

めずらしく牛肉を白ワインで煮る煮込み。
色も味も、こってり濃厚なシチューと違ってさっぱりとしたポトフに近い煮込み料理でお気に入りです。
ほら、揃える材料も少なくていいし。
うちはシャトルシェフで作るので、お鍋にポンで半日置いとくだけ。

本当はお皿に移してマッシュポテトなんかを添えるとおしゃれなんですが、うちは熱々をお鍋ごと食卓へ。

この煮込みは、パンを浸して食べてもおしいいんですが、私は断然バターライス。
炊きたてにレモンの輪切りをのっけて、レモンバターライスにしてみました。
レモン絞っちゃうと酸っぱすぎるからのっけただけ。
食べる時はレモンをのぞいて下さいね。
で、ごはんをお茶碗によそって、ブッフ・オ・キャロットをかけて、ブッフ・オ・キャロットのぶっかけご飯にするわけ。
絶対フランス人には見せられませんけど。
a0223786_12324123.jpg


「ホタテのソテー、ラタトゥイユ添え」。
ホタテのバターソテーの上に乗っかってるのは、韓国のおこげご飯、ヌルンジを細かく砕いたもの。
a0223786_17114578.jpg


これが、そのヌルンジの正体。
韓国へ行くとスーパーで買ってきます。
釜や鍋でご飯を炊いたときにお鍋の底ににできるおこげ、ヌルンジ。
韓国では、このおこげにお湯や お茶を注ぎ、ふやかして食べるんですけど、カリカリポリポリってした食感で、魚介のソテーの上にかけたりするとおもしろいんです。

って、自分のアイディアみたいに言ってますけど、ソウルのモダンコリアンレストランで出てきた一皿の真似っこです。

ま、これもフランス人が見たら不思議がるかも。
a0223786_1711657.jpg

by mickimchi | 2015-12-08 12:29 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(6)
Commented by lapie-fr at 2015-12-08 17:19
冬のムニュっでしねえ^^
温まりそうなラインナップ
おこげのおセンべ・クレープみたいなの美味しそう(便利そう)

12月も8日だって、お風邪など召しませぬように~
Commented by ビョン at 2015-12-08 19:31 x
ちゃんと面取りした人参たっぷりの煮込みに目が釘づけ。
子供の頃からカレーでも酢豚でもシチューでも、肉<<<<<人参が大好きなので
まるで人参が主役のように見える煮込みをごはんにぶっかけてガツガツいってみたいですね。
レモンバターライスですと?
爽やかなバターライスとは、糖質ダイエッターには危険すぎますよ!
Commented by mickimchi at 2015-12-08 22:06
>らぴさん、
あったかいコメントメルし〜。
今年は日本は暖冬だそうですけど、すっかり寒がりになった私にはユニクロのヒートテックくらいあったかいです。
らぴさんも自転車でユニクロ行ったのかにゃ?
らぴさんちのあのコンロで、南仏野菜でコトコトシチュ〜でも作って食べたいなぁ
Commented by mickimchi at 2015-12-08 22:15
>ビョンさん、
ほんんとは野菜ザクザクっと切ってお肉と一緒にドカッとお鍋入れて、みたいな言わばカルビタン風な煮込みなんですよ。
面取りするの恥ずかしいから、ちょこっとだけしたのにビョンさんにはバレてる。
食べた夫は気がつかなかったのに。
Commented by lapie-fr at 2015-12-09 17:11
きゃっ、そうですよ
あれ、電気コンロっていうのよね♡
コンロ~、忘れていた名称
調理のね、一番最初から③って温度表示に合わせると低温料理OK
(フツフツしてくるのに30分はかかるのだ)
でもね、トップだと温度下がらないの。。
OFFにして~、鍋持ち上げて調整だよん、楽しいクッキング~♪
Commented by mickimchi at 2015-12-10 15:23
>らぴさん、
③使いたい〜!
コンフィとか、鶏の胸肉なんかもしっとり茹でられそう。
おでんもいいなぁ。
温泉卵もできるんちゃう?
コンロの前に座って、コンロに鍋かけたまま一人鍋とか...
あの、急に鶏胸肉低温調理してみたくなったので、やってみることにしました。


<< ビール党に捧ぐ、ビーラーのため... レインボカラーの生春巻き、オレ... >>