スコップコロッケ、作ってみた!マヨパン粉がいい感じ。

流行りもんに弱いもので、ウワサのスコップコロッケを作ってみました。
要はフライパンで具を炒めて、上にマッシュポテトを敷き詰めて、カリカリパン粉をプラスして仕上げる、揚げない、丸めないコロッケなんですね。

a0223786_17252245.jpg

まずは玉ねぎと人参を炒めて合挽き肉も炒め合わせ、同量の酒、醤油、みりんと胡椒少々で味付けし、煮汁がほとんどなくなるまで煮るそうな。
(オレンジページ3月号を参照しました。)
私は(余計なことに)その甘辛そぼろにフォアグラパテをほぐしたのを乗っけました。
フォアグラ入りコロッケにしたいわけ。
カロリー増し増しだわね。
a0223786_14232936.jpg

その上にマッシュポテトを乗せて平らに伸ばして...
私はマッシュポテトにバターたっぷり入れちゃいました。
さらにカロリー増し増し。
a0223786_14251400.jpg

で、フライパンにマヨネーズを入れて中火にかけ、溶けたらパン粉を入れてきつね色になるまで炒めた、マヨパン粉をふりかけて出来上がり。
私はさらに、オーブントースターで数分焼いて、熱々にしてみました。

いやぁ、簡単です。
最後にかけるマヨパン粉がミソなんですね。
カリカリっと香ばしく、コロッケの食感になる。
トロトロ半熟卵をのっけて出来上がり。
a0223786_14303232.jpg

このマヨパン粉は応用が効きそうだとたくさん作って冷凍しておきました。

それを使って後日、カスレを作ってみました。
カスレは、鴨肉、豚肉、鶏肉、ソーセージなどを白いんげん豆と一緒にグツグツ煮込む、フランスの南西部の有名料理。
本来はとんでもなく手間も時間もかかるお料理なんですが、フライパン1個で作りました。

まずは一晩、たっぷりの水に浸して戻した白いんげん豆を柔らかくなるまで一時間ほど茹でておきます。
市販の鴨のコンフィ、塩豚、ソーセージ、ニンニクのみじん切りを鴨のコンフィのオイルで炒めて、塩豚の煮汁、白いんげん豆の茹で汁、トマトソース、ブイヨンを肉がかぶるくらいヒタヒタになるまで注ぎ、コトコトと煮込みます。
白いんげん豆を加えて塩胡椒で味を整え、さらに煮込んで....

a0223786_14274077.jpg


本来はパン粉を振ってオーブンに入れてさらに焼くのですが、その代わりにマヨパン粉をふりかけただけで出来上がり。

腕まくりして作る本格的カスレもいいけど、ガスレンジにかけっぱなしでできる簡単カスレも思いついたらすぐできる、簡単家庭料理って感じで、マヨパン粉にハマりそうです。

お肉の煮込み料理の最後にマヨパン粉をふりかけてグラタン風に仕上げるの、是非オススメです。
a0223786_14282563.jpg



by mickimchi | 2016-07-25 08:59 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(0)


<< 横浜中華街をハシゴ。名物水餃子... 自家製新しょうがの甘酢漬けでう... >>