和風ジャージャー麺とすっぱくないお酢の物

見た目は韓国のジャージャー麺、でも味は和風仕立て。

豚ひき肉と赤味噌で肉味噌を作っておけば、麺を茹で、出汁でのばした肉味噌をかけてキュウリをのせるだけ。

a0223786_17033626.jpg

肉味噌の作り方だけ書いときますね。
肉味噌
材料(4人分)
豚ひき肉 200グラム
生姜(みじん切り)小さじ2
赤味噌 40グラム
砂糖 大さじ1
醤油小さじ1
オイスターソース 小さじ1
豆板醤 小さじ1

作り方 
フライパンにサラダオイルを熱し、ひき肉と生姜を入れて炒め、調味料を加えてなじませるように炒め合わせれば出来上がり。

ジャージャー麺一人分は、この肉味噌1/4分を出汁150CCでのばしたものを麺一玉にかけました。

麺はうどんでもいいんですけど例の極太麺で。

最近気がついたんですけど、夫は美味しいものを食べた時、低い声で「フム」って言うんです。
絶対本人は気がついていないんですけど、このたまに発する「フム」で出したものが気に入ったかどうかがすぐわかる。
なかなかこの「フム」、出ないんですよね。
そんでもってこの例の極太麺を出すと必ず「フム」って言う。
これ、やっぱ美味しいんだわ。

a0223786_15103525.jpg

おかずもさっぱり和風のお酢の物。
て言っても、どういうわけか私は、もずくとかところてんって食べてる最中にすぐむせ返っちゃうんです。
大好きなんですけどね、外食なんかの時は慎重に、慎重に、もずくを数本ずつすすらないと大変なことになる。

なので「酸っぱさほどほどのもずくサラダ」。

塩蔵もずくを塩抜きしてタコとカラフル野菜をのっけたら、フルーツポン酢をまわしかけて。
a0223786_17050586.jpg

もいっちょ、さっぱりひんやりの一品。
「帆立てのヅケ、山形だし添え」。
山形のだしは、夏野菜(もう秋だわね)と香味野菜を薄口醤油2:煮切りみりん2:酢1の割合のタレに加えて混ぜました。

帆立てのヅケの他に、さっと茹でたささみとかに添えても美味しいかも。
a0223786_17054667.jpg


そうそう、↑の肉味噌はたくさん作っておくと冷奴にかけたり、温かいご飯にかけたりと重宝しますよ。

もともとは、ナカメのお蕎麦屋さんの肉味噌豆腐の真似っこしてこの肉味噌作ってみたのがそもそもの始まりです。
a0223786_17074594.jpg

by mickimchi | 2016-09-08 07:32 | たまには和食 | Comments(2)
Commented by ビョン at 2016-09-09 08:23 x
韓国のチャヂャンミョンは、小麦粉でとろみをつけたあんかけばかりで不得意なんですが、盛岡のジャージャー麺に似たこちらはとても美味しそう!
これなら灰貝のコースを食べた後でも、〆にいけそうです(笑)
Commented by mickimchi at 2016-09-09 10:25
>ビョンさん、
同感です。
ソウルで初めてチャジャンミョン食べた時、期待していただけに「こんなもんなんだ?!」って思いました。
あれ、韓国の人にとっては子供の頃食べた思い出とかいろいろ入って美味しく感じるんじゃないかしら。
(トッポギも)
でもいつぞやビョンさんが仁川で食べてたカンチャジャン、美味しそうでしたね。
あのお店のチャーハンにジャージャー麺のタレがかかってるのも魅力的でした。
あはは、きのう何食べたかも忘れてるのに、そういうことだけ記憶力がいいんです。


<< お箸で食べる、和風イタリアン@おうち 紀ノ国屋のポケットブレッド >>