フレンチおでんと、ちょっと和テイストな洋風おつまみ

大阪にあるフレンチおでんを出すお店が流行っていて毎日行列ができている、っていうのをテレビで観ました。
行ってみたいけど、もちろん行けないので真似して作ってみましたよ。

「大根のポルチーニ茸ソース」。
もちろんそのお店のレシピなんぞ知る由もないのでオリジナルレシピです。
あしからず。
a0223786_06275451.jpg

材料(2人分)
大根4センチ(2センチ幅の輪切りにして皮を剥き面取りする。)
乾燥ポルチーニ茸 8グラム (水につけて戻す。戻し汁はソースに使うので捨てずに。)
ニンニク1/2かけ(みじん切り)
オリーブオイル 適宜
バター 10グラム
生クリーム 150ml
サワークリーム 30ml
ポルチーニ茸の戻し汁 20ml
塩胡椒 適宜
パセリ (飾り用に刻む。)

作り方
1 鍋に大根と大根が浸るくらいの水を入れ、中火で30~40分下茹でする。
2 鍋に下茹でした大根と野菜ブイヨン(市販の顆粒のもの。なければ普通のブイヨンでも)、水を入れて中火にかけ、煮たったら弱火にして5~6分、竹串を刺してみてすっと通るくらいまで煮てそのまま鍋の中に置いておく。
3 鍋にオリーブオイルとバター半分量、ニンニクを入れて火にかける。
4 香りが出てきたらポルチーニ茸を入れて少し炒め、生クリーム、ポルチーニ茸の戻し汁を加えて少し煮詰める。
5 仕上げにサワークリーム、残りのバターを加え塩胡椒で味を整えて火を止める。
6 大根を入れた鍋を再び火にかけ、大根が温まったらザルに取り、器に盛って5のソースをかけ、パセリをふる。

そんな感じで、最近作ったちょっと和テイストの野菜メインの洋風おつまみをご紹介。



「フルーツトマトのフルーツポン酢ジュレ」。
フルーツポン酢と出汁醤油を合わせて温め、水につけてふやかした板ゼラチンを溶かし、冷蔵庫で冷やして作ったジュレを細かく切って器に敷いて、湯むきしたフルーツトマトを乗せ、細切りにした大葉をかけて出来上がり。
a0223786_06280338.jpg


「にんじんとオレンジのラペ」。
これもフルーツポン酢で味付けしました。
a0223786_17204176.jpg


「アボカドのチーズ焼き、海苔風味」。
夫が作った海苔の佃煮。
味がまろやかで色々使えて便利。
これを半分に切って実をくりぬいたアボカドの側面に塗ります。
くりぬいた実をスプーンでつぶし、塩少々で味付けしたら、アボカドの器に戻します。
真ん中の種があった辺りにくぼみをつけて、その部分に卵黄をそっと乗せます。
とろけるチーズを振りかけて、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼いて出来上がり。

海苔風味とアボカドって合うんですね。
これは繰り返し作りたいな。
a0223786_12212600.jpg

by mickimchi | 2017-07-12 13:07 | あれこれおつまみ | Comments(2)
Commented by love-t_k at 2017-07-12 14:50
トマト、私はだし醤油とか甘酢で漬けちゃう事が多いです
アボカドのチーズ焼き美味しそうですね!
Commented by mickimchi at 2017-07-12 16:46
>けいこさん、
今日みたいな暑い日は断然トマトの甘酢漬けですね。
アボカドのチーズ焼き、海苔の佃煮とチーズ、卵のトロトロ感が新鮮でした。
外国の人が見たらウへッっていう取り合わせですけどね。


<< 都立大の秘密の2Fのビストロ ... 韓国風 金目鯛とキムチの煮付け >>