2017年GW スペインバスク地方、ワイナリーと バル巡りの旅 その6 ログローニョのパエジャ屋さんでランチ

さて、ホテルからリオハの州都ログローニョまでは車ですぐなので、ワイナリーツアーの後はこの町にお昼を食べに行きました。

バスク地方はフランスと近いせいもあり、お米というよりはパンが主流で、スペインと言ってもなかなかパエジャにお目にかかることがないんです。
しかし、ご一緒したお友達のアガシは大のパエジャ好き。

こちらのログローニョにおいしいパエジャ屋さんがあると知り、じゃあ旅行中、せっかくだから一食はパエジャ、食べましょうということになり、この日のランチはこの店に行きました。

パエジャ以外にも魅力的なメニューがたくさん。
あれこれ頼んじゃいました。

カリッと焼いたパンに、ニンニクと完熟トマトのソース&アイオリソース。
a0223786_09073780.jpg


トマトとツナのサラダ。
このトマトがめっちゃおいしい。
a0223786_09072281.jpg

小イカのグリル。
身がプリプリ。
a0223786_09073228.jpg

ホワイトアスパラガスのソテー。
a0223786_09072707.jpg


さっ、お待ちかねのパエジャ。
魚貝のスープのパエジャに、エビのパエジャ。
ちょっと頼みすぎたかなぁ?と思ったらあっという間に完食。
a0223786_09071784.jpg
a0223786_11420163.jpg


お店の手前は立ち飲みのバル、奥が座って食事するレストランになってます。
さすが人気店。

お店を出る頃にはお店はお客さんで満杯。
a0223786_09052199.jpg

やっぱり日本人、お米料理はホッとしますね。
リオハでパエジャ食べたくなったらオススメのお店です。

ラ アブエラ エンカルナ
La Abuela Encarna
住所:Callle San Agustin9 | ZONA LAUREL, 26001 Logroño, España
Tel:+34 941 10 07 00
定休日:火曜日
Google Map

a0223786_09062402.jpg

ログローニョといえばピンチョスを出すバルが軒を連ねるラウレル通りが有名。
名物料理を出す、人気バルもたくさんあるとか。

せっかくだし、ちょうどお店のすぐそば。
腹ごなしにちょっとウロウロしてみましょうか。
っと思ったら、ご覧の通りの人、人、人。
ちょうど5月1日のメーデーの祝日だったこともあるのか、大混雑。
こりゃま、ゆっくり座って食べれたパエジャランチ、正解でしたね。
a0223786_09070983.jpg

話は変わりますが、ログローニョでどっかおいしい食べ物屋さんがないか調べてた時、
「Kiro Sushi」っていうお寿司屋さんを発見。
スペインの方が握ってるんですけどね、HP見たら超本格的なの。
とっても興味が湧いて日本からメールしたんですけど、残念、ちょうどこの時期に日本に来日してらしたとのこと。

次回、もしリオハに舞い戻ることができたら是非行ってみたいです。



by mickimchi | 2017-07-22 09:05 | Comments(2)
Commented by love-t_k at 2017-07-22 12:14
本場のパエリアですね
って、パエジャって言うんですか?
私は海老のパエジャが食べたい~~(笑)
Commented by mickimchi at 2017-07-23 08:13
>けいこさん、
私はスペイン語はさっぱりわかりませんが、Lの発音がJになるらしく、パエリアはパエジャなんだそうです。
なんだかチンプンカンプンですが、ともかくご飯やタコ、イカ、お芋料理など、日本人の舌にも合う美味しいものが多かったです。


<< 2017年GW スペインバスク... 富山に「鮨人」のお鮨を食べに行く >>