2017年GW スペインバスク地方、ワイナリーと バル巡りの旅 その8 スペインワイン最高峰 コンタドールのワイナリー見学

さて、ホテルをチェックアウトして向かったのは、サン・ビセンテ・デ・ラ・ソンシエラ村。
ここに知る人ぞ知る、スペインワインの最高峰と呼ばれる「コンタドール」というワイナリーがあると聞き、日本から予約してワイナリー見学に行ってみました。

コンタドールというのは、ブドウの出来の良い年にしか醸造されない、生産量の少ない非常に希少なワイン。
2004年と2005年にはなんと、パーカーポイント100点を獲得した、スペインワインの最高峰。

これを造り上げたのが醸造家ベンハミンロメオ。
今でこそ世界的に有名な彼の名ですが、最初は両親のうちのガレージでワイン造りを始めたという苦労人だそうです。

天才醸造家と言われるベンハミン。
1999年にコンタドールの初ビンテージを誕生させてからも延々と続いた並々ならぬ彼の努力を想像すると、天才というより努力の人なのですね。


a0223786_09205135.jpg

思いの外地味な建物が「ボデガコンタドール」の中枢部。
周囲のブドウ畑の景観に溶け込むように作られたそうです。
前日の「マルケス・デ・リスカル」とは好対照。
あちらは豪華絢爛、こちらは質実剛健って感じ。
a0223786_09204682.jpg


10の地質で15の方向を向いた22のブドウ畑。
北部にそびえるカンタブリア山脈が風雨を押しとどめる防御壁のような働きをするため、比較的温暖な気候に恵まれて、ブドウ栽培に適した土壌を育んでいるんですって。
ブドウ畑に使用する肥料、農薬は一切化学的なものは使っていないそうです。

a0223786_09212018.jpg


最高品質のブドウのみ収穫し、さらに厳しく選定、収量を制限し。特別な7種のフレンチオーク小樽の中で1年半樽熟成されて作り上げられるコンタドール。
a0223786_09335869.jpg
a0223786_09350053.jpg


そしてベンハミンが、コンタドールとともに、さらに広く万人にコンタドールの味を楽しめるようにと作ったのが「プレディカドール」。
こちらは味はプレミアムですが、1本4万円を超えるコンタドールに比べ価格帯はエコノミー。

ワインのラベルに帽子が描かれているんですが、プレディカドールの名前は、映画「ペイルライダー」の主人公「プレディカドール」が悪と対決してやっつけていく勇ましい姿に自らのワイン造りに対する思いを重ねて名付けたそう。
映画の中でクリントイーストウッドが扮するブレディカドールのかぶっていた帽子をシンボルマークにしたんですって。
なんだかその名前の由来からして、ベンハミンのワインに対する愛情が感じられますね。

a0223786_09355075.jpg


クリントイーストウッド本人もこのワイナリーに立ち寄ったことがあるそうです。
ワインテイスティングするお部屋に飾ってあった帽子のオブジェ。
a0223786_09214651.jpg

そんなお話を聞きながら、お楽しみのワインテイスティング。
a0223786_09352958.jpg

その、ブレディカドールの赤白をいただきました。
芳醇な赤に、甘美な香りの白。
a0223786_09365085.jpg

ワインを味わいながら窓の外を眺めると、鶏のオブジェが。

ベンハミンロメオの白の最高級ワイン、ケボニートカカレアバ。
スペイン語で「素敵な鳴き声」という意味で、ラベルのモチーフに使われている「歌う鳥」という鶏のオブジェなんですって。
a0223786_09215126.jpg


有名画家が描いた「ケボニートカカレアバ」の絵が玄関ロビーに飾られてました。
かの伝説のレストラン「エルブジ」でも振舞われていたとういう白ワイン。

こちらもいつか飲んでみたいです。
a0223786_09215991.jpg



こちらが案内してくださったスタッフのおじさん。
一見無愛想(失礼!)に見えて、とても親切な方。
英語もお上手です。
a0223786_09370850.jpg

a0223786_09221402.jpg
コンタドールの醸造家、ベンハミン・ロメオの若かりし頃のお写真。
横にいらっしゃるのが彼のお母さんですって。

Bodega Contador
住所:Crta. a Baños de Ebro, Km1, 26338 San Vicenta de la Sonsierra,
La Rioja,
Tel:34 941 33 42 28


by mickimchi | 2017-07-25 14:21 | Comments(0)


<< 2017年GW スペインバスク... 2017年GW スペインバスク... >>