2017年GW スペインバスク地方、バル巡りの旅その13 サン・セバスチャン2日目のバル巡り

アルサックのランチでお腹いっぱい。
とはいえ、「美食の街」サン・セバスチャンにいるからには夜のバルホッピングははずせません。

そうそうお腹に入らないから、ちょっと覗いてみようかな、と入ったこの日のバル3軒。
こういうシチュエーションの時って、なぜか全部大当たりのお店だったりするんですよね。
お腹具合の都合により一軒一品で。

まず1軒目。
Bar Sport
(バル スポルト)

大盛りカヴァが有名な人気店。
並んだピンチョスも凝ってて美味しそう。
フォアグラやチャングーロの(蟹)の甲羅焼きが美味しいとのことですが...
a0223786_17231980.jpg



頼んだのはウニクリーム。
も〜、ムッチャクチャうまい。
a0223786_17232520.jpg

Bar Sport
(バル スポルト)
朝9:00からやってるようです。
住所:Fermin Calbeton, 10, 20003 San Seastian
Tel:+34 943 42 68 88
google情報
a0223786_12492292.jpg


はい、次のお店。
串焼きで有名なEgosari(エゴサリ)。

串焼きと言っても見て!このバリエーション。
これらは見本で、注文したら厨房で焼いてくれます。
a0223786_12501048.jpg

激しく悩んできのことアンコウのブロチェッタを。
旨いですっ。
a0223786_17242414.jpg


串以外のクラッシックなピンチョスも美味しそう。
イベリコ豚の頬肉の煮込みも有名みたい。
このお店は指差しで頼めるから頼みやすいです。
a0223786_08523324.jpg




Calle Fermin Calbeton Kalea, 15, 20003 San Seastian
+34 943 42 82 10
地下のRestaurant Zumeltzegiがやっているバルです。
レストランのランチも評判がいいみたいでした。
a0223786_12502141.jpg


3軒目。
超人気、Borda Berri (ボルダ・ベリ)。
カウンターにピンチョスが並んでいないお店。
注文はボードにあるカリエンテメニューから選びます。
今の潮流、小皿系ピンチョスのお店で、ひとつひとつ、まるでレストランのような手の込んだ料理が小皿に乗って出てきます。

a0223786_12503199.jpg


注文はこの愛想のないお姉さんに頼みます。
是非食べたかった仔牛の頬肉の煮込みを頼みました。
a0223786_12503719.jpg


歯がなくても食べられる。
とろける美味しさ。
バスクのチーズ、イディアサバルのチーズのパスタリゾットや、タコのプランチャ(鉄板焼き)、ベーコンも名物だそう。
a0223786_17253745.jpg


Borda Berri
(ボルダ・ベリ)
住所:Fermin Calbeton Kalea, 12, 20003 San Sebastian
Tel:+34 943 43 03 42
google情報
a0223786_12504906.jpg

バルホッピングは食べたいものを少しずつ小皿で食べれるから、ちょっとヘビーなランチの後でも楽しめました。



by mickimchi | 2017-08-01 16:31 | Comments(0)


<< 2017年GW スペインバスク... 2017年GW スペインバスク... >>