おうちでテジクッパ定食風、塩豚クッパ定食。豆腐とキムチのチヂミ付き。

テジクッパ定食風、塩豚クッパ定食の夕ご飯。
塩豚を作って、塩豚を茹でたスープでご飯をひたし食べ。
あとはちょこちょこおかずを出して。
a0223786_11121511.jpg


豚肉の重さ2パーセントの塩を全体にまぶし、ラップでピッチリと包んで冷蔵庫で一晩おいた塩豚。
これを、香味野菜とともにたっぷりの湯とお酒に入れて弱火でコトコト30〜40分煮ました。
茹で汁は、冷ました後冷蔵庫で冷やして、上に固まった脂を取り除けばおいしい塩豚スープに。

塩豚スープは薄味のままにして、食卓に美味しい塩とごま油を加えたアミの塩辛を出して各自好きな味付けで食べます。

塩豚はスープに入れたり、そのまま塩を付けて食べたり。
a0223786_11123075.jpg


辛み味噌も。
豚肉につけたり、スープに入れたり。
エシャロットの塩麹漬けにつけたり。
辛み味噌は、すりごま1:ごま油1:にんにくのすりおろし1:コチュジャン6:味噌12:コショウ少々を混ぜ合わせたもの。
a0223786_10024791.jpg


おかずは、
「豆腐とキムチのチヂミ」。
a0223786_11124779.jpg
絹豆腐半丁に、さっとお酒で茹でたあさりのむき身、刻んだ白菜キムチ、片栗粉大さじ4、ごま油小さじ1をボウルに入れて混ぜ合わせ、ごま油を熱したフライパンに流し入れ、両面こんがり焼いたら、耐熱皿に移して溶けるチーズをのせ、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼きました。



お刺身は、コチュジャン醤油で。
お刺身をコチュジャン醤油で食べるの、最近凝ってます。
出汁醤油3:砂糖1:ごま油1:コチュジャン2:粉唐辛子2:にんにくのすりおろし1:生姜のすりおろし1に胡椒少々を混ぜ合わせ、粗みじんの新玉ねぎを加えたコチュジャン醤油。
結構イケます。
お試しを。
a0223786_11125589.jpg


「ズッキーニとあさりの韓国風和え物」。
ズッキーニは軽く塩を振り20分ほど置いて水分をしっかり取ります。
熱したフライパンに油を入れ、ズッキーニと茹であさりを入れます。
この時、水に昆布を入れて半日置いた昆布水も少し加えて炒めると、焦げずに美味しく仕上がります。
a0223786_11320291.jpg


塩豚を茹でたスープに長ネギの小口切りとニラをたっぷり加えて。
a0223786_11130559.jpg


いい感じに漬かったミッキムチの白菜キムチと。
a0223786_11141081.jpg

by mickimchi | 2017-04-15 06:46 | 豚肉がメイン(韓流) | Comments(2)
Commented by ビョン at 2017-04-15 10:41 x
相変わらず見事なラインナップ。
コチュジャン醤油、いいですね。特に白身のお刺身に合いそうです。
まもなく初ガツオの季節ですが、ミョウガや新玉ねぎのスライスなどの香味野菜とともに
醤油、酢、砂糖、しょうが&ニンニクのすりおろし、粉山椒、ラー油、ゴマ油で作った
ソースでいただくのが恒例となっております。
Commented by mickimchi at 2017-04-15 17:13
>ビョンさん、
お〜っ、山椒ですか。
新鮮!
ちょうど京都の粉山椒、買ったばっかりなんですよ。
メモしたので、是非やってみます。

生姜と煎り酒で食べる白身のお刺身もおいしかったし、ちょっとわさび醤油以外の食べ方に凝ってみようかな。


<< 2017年1月 済州島への旅 ... 2017年1月 済州島への旅 ... >>