カテゴリ:未分類( 69 )

印度の味で、インドの味

本格的バターチキンカレーを作ってみた。
a0223786_15264870.jpg

なんちゃってウソ、ウソ。
マコーミックフーズから出ているカレーペースト缶「印度の味 バターチキンカレーペースト」を使って簡単に作りました。
a0223786_15345697.jpg
「印度の味」シリーズのカレーペースト缶、とっても美味しくて忙しい時重宝してます。
鶏肉を軽く炒めて、カレーペーストとカレーペーストの2倍量の水を加え、15分煮込んだら出来上がり。

今回は鶏肉を炒める代わりに、鶏肉をパイナップルのみじん切りとフルースジュースに漬けて一晩マリネし、マリネ液から引き上げてソテーしました。
これに水を加える代わりに、鶏肉のマリネ液と冷凍しておいた鶏ガラスープを加え、カレーペーストも入れて煮込みました。

缶の説明書きに書いてあるように、仕上げに生クリームとバターを加えて風味アップ!
a0223786_15402759.jpg


おつまみも簡単に、
「いろいろビーンズとフェタチーズ」。
フェタチーズは、羊のフレッシュチーズを塩漬けにしてあるのでサラダに入れたり、おかずやスープに加えると塩味がそのまま活かされて便利もの。

グリンピースを塩ゆでし、仕上げに鍋にレトルトのミックスビーンズも加えて豆が温まったら火を止めて、水気を切って盛り付け、上に増えたチーズを乗せて出来上がり。

なんだかちょっとカレーに合うエキゾチックなおつまみでしょ。
a0223786_15274776.jpg


で、余ったフェタチーズでもう一品。
「きゅうりのフェタチーズロール」。
a0223786_15303329.jpg

フェタチーズをポロポロに手で砕き(すぐポロポロになります)、クミン、カルダモン、コリアンダーなどのスパイスとパセリのみじん切りを加えます。
これをピーラーでリボン状にしたきゅうりにのせてクルクルっと。
上にちょこっとつけた赤いのは赤柚子胡椒です。

これもさっぱりとしててカレーに合いました。
a0223786_15275864.jpg








by mickimchi | 2017-04-30 15:30

休日ののんびりブランチに。 ふわとろオムライス oishii

のんびり三連休中日。
ブランチに作ったふわとろオムライス。

テレビでやってた浜内千波さんのレシピです。
ケチャップライスの上にふわふわ卵がのっかってます。

このふわふわ卵、卵2個に牛乳1と1/2カップ、塩小さじ1/2、コショウ、片栗粉大さじ1と1/2をよく混ぜて底の狭いお鍋に入れ、トロッとするまで泡立て器で混ぜながら中火で加熱するとのこと。
え〜っ、そんなに簡単にできちゃうの?って半信半疑でやってみたら、あ〜ら不思議。
4〜5分でトロントロンなふわふわ卵ができちゃった。

a0223786_13503087.jpg


サラダは、ロメインレタスのシーザーサラダ。
a0223786_13504352.jpg

済州島旅行のおみやげの干しミカン「ボソッキュル」をトッピング。
a0223786_13505098.jpg


スープは新玉ねぎのポタージュ。

a0223786_13512654.jpg

ワインなど飲んでしまって、これからお昼寝です。


by mickimchi | 2017-03-19 14:05 | Comments(2)

ソウルから大邱への旅、番外編。旅のお土産レシピ

ソウルから大邱への旅レポはちょっとお休みで、旅のお土産レシピを。

「茹で豚、エゴマの葉の醤油漬けとキムチ巻き」。

聞慶(ムンギョン)の山菜ビビンバ屋さんで食べたテジスユ(茹で豚)がとってもおいしかったのでちょっと真似っこ。
a0223786_10224336.jpg

この真ん中のお皿が聞慶のお店のテジスユ(茹で豚)。
豚肉がとろーり柔らかく茹でてあって、キムチやエゴマの葉の醤油漬けと一緒に食べるととてもおいしかった。
a0223786_10272389.jpg


で、このお店の茹で豚の作り方はもちろんわかりませんが、どうやったらやわらかい茹で豚を作れるか、って考えて「もしや、塩麹をまぶして漬け込んでみたらどうだろう?」って。

400グラムくらいの豚の肩ロース肉を、焼き豚を作る要領でタコ糸でしばって成形し、大さじ2くらいの塩麹をまぶして冷蔵庫で半日から一晩。
これを酒とたっぷりの湯、長ネギの青い部分と生姜1カケ、昆布とともに火にかけ、沸騰したらアクを取りながら弱火で30分ほどとろとろ煮込んでいくだけ。

とってもやわらかな茹で豚ができました。
塩加減もちょうどいい感じ。
塩麹茹で豚、これを作ってからハマってます。

この茹で豚をうちのキムチとアミの塩辛、ソウルのおなじみの食堂で買ってきたエゴマの葉の醤油漬け、大根の梅酢漬けとともにお皿にのせて。

キムチや、大根、エゴマの葉の醤油漬けでくるんだり、アミの塩辛をちょっとのっけて食べたりと。
豚バラ肉を葉野菜でくるんでサムジャンをつけて食べるいつものポッサムもいいけど、こちらのテジスユク、お酒のお供としてもいいおつまみだと思います。

a0223786_10230032.jpg


ナムルは、
「ブロッコリーとアボカドのナムル、すだち風味」。

a0223786_10231797.jpg

大邱のマッコリ屋さんでサービスで出てきたスライスポテトのチヂミがとってもおいしかったので。
スライサーでスライスしたジャガイモで作るので速攻できあがります。
おかずとしてもおつまみとしてでも。
今回は、輪切りの生唐辛子をのせて焼いてみました。
a0223786_10242681.jpg


こちらが大邱の音楽があるチヂムチッでサービスで出していただいたスライスジャガイモのジョン。
ジャガイモの焼けたとこがパリパリと、蒸し焼きされたとこがモチモチとしてマッコリがススム、ススムのおつまみでした。

a0223786_10353738.jpg


by mickimchi | 2016-11-07 09:33 | Comments(6)

ソウルから大邱へ。韓国のおいしい味と美術作家さんたちに会いに。その4 亀尾の韓定食

お昼は、アトリエを訪ねた民画作家さんに教えていただいた、亀尾(クミ)の宮苑(クンウォン)というお店で韓定食を食べました。

久々に韓国でいただく韓定食。
亀尾(クミ)は大邱のお隣。
ここもカラフル大邱のイメージを彷彿とさせるお皿の数々が並びました。

a0223786_19214969.jpg
エイかな?
お魚の味付けもおいしい。
a0223786_19242051.jpg
a0223786_19270546.jpg
a0223786_21263923.jpg

イカソーメンみたいに見えるのが大根のナムル。
面白い食感で、真似っこしてみたい。
a0223786_08113176.jpg

ニラのジョン。
韓国のニラはニラニラしてないとこが好き。
a0223786_08133776.jpg

葉っぱの胡麻和えの味付けが良いです。
a0223786_08190444.jpg

カラフルな2色のご飯。
a0223786_08165391.jpg
テンジャンチゲ!
a0223786_08202063.jpg
a0223786_08341602.jpg
a0223786_12380832.jpg
ここに地図が出ていました。
宮苑(クンウォン)/궁원
住所:慶尚北道亀尾市元坪洞(ウォンピョンドン)421−5 
   경상북도 구미시 원평동 421-5
Tel:054−456−9900

さて、いよいよ大邱到着。
懐かしき薬令市。
前回はこのあたりで韓方ペクスゥを食べたんだった。
薬令市韓医薬博物館を見学して、

a0223786_11160937.jpg

ハヌルホス東城路店へ。
a0223786_11164585.jpg
a0223786_11165929.jpg

売り場の2階で石鹸とシートマスク作りをしました。
最初は大して乗り気でなかった参加者も、「美白に効くこの漢方薬剤に、保湿効果のあるこれと、たるみに効くそれを加えてください。」などと説明を受けながら作ってるうちに、ものすごく真剣になってくるから女性っていうのは面白いですね。

a0223786_11171684.jpg
ハヌルホス東城路店(今、大邱はここ1店舗だけみたいです。)

住所:大邱広域市中区公平洞62-10(대구광역시 중구 공평동 62-10)
Tel:
053-253-2380



by mickimchi | 2016-10-27 09:16 | Comments(2)

博多とんこつラーメン風の博多とんこつ豆腐鍋

博多とんこつラーメン!
大好きなんですがカロリーやらいろいろ考えると、ああ、博多とんこつラーメンが食べたいのになかなか食べられない。

で、博多とんこつ豆腐鍋を作りました。
とんこつスープの中に、麺の代わりにお豆腐がたっぷり入ってます。

トッピングはメンマ、キクラゲのごま油醤油あえ、半熟煮たまご、紅生薑に豚の角煮、青ネギ。
博多ラーメンっぽくするとラーメンなくても食べた気になります。
a0223786_16562178.jpg

お豆腐だから罪の意識が少なくていいです。
で、白ご飯に豆腐をスープごとのっけて、汁かけ豆腐ご飯にするとさらにウマい。
あっ、結局こうなるとカロリー増し増しですね。
結構お腹が満足したので、次回はタンメン風タンメン野菜の豆腐鍋を作ってみようっと。

おつまみは海鮮居酒屋さん風に。

明太チーズのきゅうりボート。
ほぐした明太子とマスカルポーネチーズを混ぜ合わせ、マヨをのっけました。
どこで食べたか忘れたけれど、どっかの居酒屋さんのメニューのパクリ。
a0223786_14175224.jpg

「たこと大根のやわらか煮」。
お鮨屋さんで、どうやったらたこをやわらかく炊き上げられるかを聞き出しました。
何しろごくごく弱火でじんわり火を入れるのがコツだそう。

たこ200グラムだったら、大根は100グラムくらいをいちょう切りにします。
小鍋に昆布、たこ、大根を水1.5カップ、酒1/2カップ、砂糖大さじ1とともに入れて火にかけ、煮たったらごくごく弱火で蓋を少しずらして30分くらい煮ます。
醤油大さじ1を加えて蓋を外して落としぶたをし、さらにたこがやわらかくなるまで1時間くらい煮ます。
たこがやわらかくなったら食べやすい大きさに切って出来上がり。

冷めるとたこが硬くなりますが、また弱火で火を入れるとやわらかくなります。

a0223786_14402169.jpg


「揚げナスのいくらとろろがけ」。
幅3センチくらいの輪切りにしてさっと揚げたナス3本を、出汁1カップ、薄口醤油大さじ2、みりん大さじ1、砂糖小さじ1/2を合わせて火にかけてから冷やして作った漬け汁に漬けて冷やし、とろろとイクラをのせて出汁醤油をかけて。
揚げナスのとろろがけは、おうどんやさんでビール頼んだら、お通しで出してもらったののパクリ。
a0223786_14413342.jpg

by mickimchi | 2016-10-13 16:03 | Comments(0)

魯肉飯(ルーローファン)とおいしいおみやげ

台湾のローカルフード、煮込み豚肉のっけご飯、魯肉飯(ルーローファン)を作ってみた。
a0223786_16222253.jpg

と言っても残り物で。
ポッサムで作った塩豚が残っていたので、
a0223786_09072299.jpg

冷凍庫でストックしていた塩豚そぼろと一緒に、
a0223786_09113049.jpg
中華スープに、万能醤油だれとオイスターソース、五香粉を混ぜたもので10分ほど煮ただけ。
ご飯に乗っけて、
味付け煮玉子を添えて。

塩豚(豚肉の重さ2パーセントの塩を全体にまぶし、ラップでピッチリと包んで冷蔵庫で一晩おいた塩豚をアクを取りながら弱火でコトコト30〜40分煮たもの。)と塩豚そぼろを合わせて200グラムくらいでしたので、中華スープ1/2カップ、万能醤油だれ大さじ1、オイスターソース小さじ1、五香粉少々くらいの分量で二人分です。



そうそう、台湾といえば、最近ゲットした美味しい台湾みやげなどなどのお話。

台湾に一泊弾丸食材調達旅行に行ってきたお友達のうちで食べた、「麻辣花生」という中国山椒と唐辛子が効いたピリ辛ピーナッツが美味しかったので、お取り寄せで買ってみました。

a0223786_09552876.jpg

見よ、この山椒と唐辛子まみれのスパイシーピーナッツ。
しびれる辛さで超刺激的なおつまみデス。
これだけでビール大ジョッキくらい飲めちゃいそうな勢いです。
a0223786_16141186.jpg

打って変わって、こちらはその弾丸一泊台湾旅行に行ってきたお友達からいただいたお土産、パイナップルケーキ。
台湾一美味しいって言われてる「微熱山荘(Sunny Hills)」というお店のだそうです。
南青山にも店舗ができてるらしいっす。
しっとりホロホロの生地にパイナップルの甘い餡が包まれてて美味しいです。
a0223786_09545952.jpg

台湾スイーツといえばエッグタルトも有名ですが、こちらは自由が丘のBAKEのチーズタルト。
いつも店の前を通ると長蛇の列でお客さんが並んでいたのが、最近は混雑もひと段落したようで、すんなり店内に入ることができました。

6個入りを買って「買いすぎたかな?」と思ったら、びっくりするほど美味しくて「ああ、もっと買えばよかった!」
これもハマりそうな恐ろしい予感です。
大きさが、ちっさすぎずおっきすぎず、「ま、一個くらいならいっか。」ていう罪なサイズなんです。

a0223786_09544947.jpg
話が長くなったので、魯肉飯を作った日の中華風おかずのお話はまた今度。




by mickimchi | 2016-09-23 21:00 | Comments(2)

学大のお店のおつまみを真似て


居酒屋さんでおいしいおつまみを食べると真似して作ってみたくなります。
こちらで食べた「ポテトサラダ いくらのせ」がおいしかったので、早速真似っこ。
a0223786_10263897.jpg



これも同じく学大のお店。
焼き鳥屋さんの「ささみ シラチャー パクチー増し増し」の真似っこ。
なんだか呪文みたいなこの”ササミシラチャーパクチーマシマシ”とは、ササミの焼き鳥にタイのチリソース「シラチャーソース」を乗せて、パクチーを添えたもの。

限りなくレアに近い感じでササミを焼いて、シラチャーソースを乗っけました。
ピリ辛ソースとパクチーで一気にエスニックな味に。
a0223786_10292708.jpg

カルディで見つけたシラチャーソース。
マヨネーズと混ぜてシラチャーマヨとかもおいしいし、結構使い勝手がよくって最近のお気に入り。
シラチャーソースレシピをいろいろ研究中です。
a0223786_10331355.jpg



「貝割れ大根としらすのサラダ」は学大のうどん屋さんの「つまみ菜としらすのサラダ」の真似っこ。
おうどん屋さんのは、つまみ菜+ミョウガの千切り+大根の千切り+しらすに甘めの和風ドレッシングがかかってたんですけど、スーパーにつまみ菜が見当たらず、貝割れ大根+ミョウガの千切り+大根の千切り+しらすにしてみました。
ハチミツと塩、レモン汁に梅肉、サラダオイルを混ぜ合わせたドレッシングで和えました。

a0223786_10285251.jpg


これは都立大のおうどん屋さんのおつまみ、「クリームチーズのわさび和え」の真似っこ。
クリームチーズをチューブの粗切りわさびで和えたものをクラッカーに乗せて。

a0223786_10290836.jpg

というわけで、こおうちでも居酒屋さんの気分で、この日も芋焼酎の炭酸割りを限りなく飲んでしまった夜なのでした。


by mickimchi | 2016-09-21 15:01 | Comments(4)

夏の海鮮居酒屋さん@おウチ

暑さが続く今日この頃。
さっぱり海鮮居酒屋さん風メニューのお夕飯で暑気払い。

ゴマのアイスクリーム?
a0223786_14241944.jpg

いえいえ、ゴマたっぷりのアジのなめろうです。
ミョウガ、長ネギ、大葉、ショウガのみじん切りと叩いたアジを和えて、味噌、醤油、みりんで味付けしました。
a0223786_17282571.jpg
お皿に盛り付けたら白ごまをたっぷり振りかけます。
大葉や韓国海苔で包んで食べたり、ご飯に乗っけたり。

「鬼おろし大根の海鮮和え」。
鬼おろしにした大根おろしに、いくら、塩辛、オクラ、アサツキの小口切りを乗せて。
出汁醤油をちょこっとかけて。
a0223786_14283418.jpg
思いつきで、いつもの大根おろしでなく粗くおろした大根に冷蔵庫に残ってたものを乗っけてみたんですが、大根のシャキシャキ感と海鮮のねっとり感が妙にぴったりでした。
うちには鬼おろし器なんぞないもんで、チーズ削り器で代用。

「枝豆のすり流し」。
お寿司屋さんで出てきたのの真似っこ。
茹でた枝豆と、薄口醤油ちょこっとと塩で味付けした出汁をミキサーでガーっと。
冷蔵庫でひんやり冷やして。
a0223786_14240626.jpg
お寿司屋さんで食べた時、「このとろみは何なのかしら?葛か何かでとろみを出してるのかな?」などと思っていたんですが、枝豆のとろみだったんですね。
簡単ですけど、夏を感じる汁物。

「海老しんじょう」
余ってしまってた海老と、家にあるもので即席で作りました。
海老を指でボウルに押し付けるようにしてつぶし、片栗粉をまぶしたみじん切りの玉ねぎ、マヨネーズ少々と混ぜ合わせ、丸めて片栗粉をまぶしてゆっくり揚げてみました。
美味しいお塩を添えて。
a0223786_14261437.jpg

「マグロの納豆黄身醤油」。
a0223786_14234085.jpg
リーズナボーに買ったマグロの赤身が、ネットリとした大トロの味に(?!)なるかな?

納豆黄身醤油は、出汁と醤油を半々にしたものと、納豆1パックをミキサーでガーっとやって黄身をポトリ。
半日ほど冷蔵庫で寝かして、黄身がトロッとなったら出来上がり。

マグロと白髪ネギ、オクラをこの特製醤油につけて食べると、コクと旨味が合わさってお酒が進みますよ。


by mickimchi | 2016-08-18 13:10 | Comments(2)

お盆はのんびり おうちで島ごはん

蒸し暑い東京。
せめて島ごはん風お夕飯で、沖縄の南風を感じたく作ってみました。

「アボカドたっぷりタコライス」。
a0223786_15551911.jpg


「ツナとゴーヤサラダ」
学大のおうどん屋さんのおつまみの真似っこ。
そのお店のは甘めのドレッシングがおいしい、おつまみにぴったりのサラダ。
そんな感じを目指して、みりん、薄口醤油、米酢、サラダオイルを混ぜ合わせたドレッシングにしてみました。
ツナ缶のオイルもちょっと加えて。
ゴーヤのほんのりした苦味に甘めの味付けって合うのかも。
a0223786_15563198.jpg


「ガーリックシュリンプ」。
島ごはんとはいえ、このあたりからハワイ風になっちゃった。
ニンニクみじん切り、レモン汁、塩こしょう、白ワイン、オリーブオイルで作ったマリネ液でエビをマリネしました。
ちょっとした手違いで1日漬けておいたら、あはは、これが美味しかった。
マリネ液ごとフライパンに入れてバターを加え、エビがこんがりしてきたらお皿に盛って粉唐辛子パラリ。
これ、ちょっとカレー味でも美味しそう。

a0223786_15565874.jpg


「スパイシーポキ」。
マグロにアボカド、みじん切りの紫タマネギと九条ねきの細切り、マカデミアナッツが入ってます。
思いつきで入れたマカデミアナッツでアロハーな雰囲気が加わりました。
万能醤油だれにマヨネーズ、おろしニンニク、おろしショウガ各少々を加えたたれで和えてみました。
お好みでライムをギュッと絞って。

暑い東京。
島ごはん食べたら、三線の音色がどこからか聞こえてくるかな。
いやいや、ウクレレかな?

a0223786_15561260.jpg

by mickimchi | 2016-08-15 14:16 | Comments(8)

夏の野菜の作りおきと常備菜

夏バテなのに食欲アリ。
その上暑いから、なるべく外を歩く距離を短くすることばっかり考えてる今日この頃。
というわけで、冷蔵庫の野菜室の中身と自身のオナカのスリム化のため、野菜を使って作りおきと常備菜を色々作りました。

まずは「きゅうりと枝豆の中華風前菜」。
a0223786_09470098.jpg


先日行った横浜中華街の「萬来亭(ばんらいてい)の「きゅうりと枝豆の前菜」の真似っこです。
味見件、毒味係の夫曰く「当たらずとも遠からずの味です。」だそう。
こちら↓が本家本元。
a0223786_10591799.jpg


みじん切りにしたニンニクを太白ごま油で色づくまで揚げた揚げニンニクとニンニクを揚げたオイルを別々に保存しておきます。

叩いて包丁で一口大に切ったきゅうりと茹でた枝豆をボウルに入れ、揚げニンニクとニンニクを揚げたオイル、塩、胡椒で和えて出来上がり。

この揚げニンニクとオイルはチャーハンや焼いたお肉のトッピングに重宝します。
a0223786_10124252.jpg

「ナスの揚げ浸し、エスニック風」。
作りおきのナスの揚げ浸しと塩豚そぼろを合わせて、パクチーと赤唐辛子をトッピングしました。
a0223786_09250449.jpg

まずはナスの揚げ浸し。
ごま油でみじん切りにしたニンニクと生姜を炒め、出汁醤油に黒酢を加えた漬けダレに加えます。
ぬるま湯に30〜40分浸した干しエビを粗く刻み、もどし汁少々とともにこの漬け誰に加え、このタレにさっと揚げたナスを漬けて冷蔵庫で保存しておきます。
これね、冷蔵庫開けるたびつまみ食いしちゃうので、最初から多めに作ってます。
a0223786_09313826.jpg

塩豚そぼろ。
鍋に豚ひき肉を入れて水をひたひたに入れ、火にかけます。
沸騰したらザルにあけ、水気を切ります。
もう一度鍋にひき肉を加え水分が飛んでひき肉がバラバラになったら塩胡椒します。
いろいろな料理に応用したいので、塩は若干少なめにして、使うたびに味を加えるようにしてます。

冷凍しておいてもパラパラですので、使いたい分だけ使って残りはまた冷凍できる便利モノですよ。
a0223786_09353726.jpg


「焼きとうもろこしと焼き枝豆のナムル」。
とうもろこしと枝豆を茹でずにフライパンで蒸し焼きしてナムルにしました。
a0223786_09385426.jpg

とうもろこしは包丁でそぎ切りにしてフライパンで蓋をして弱火で3分ほど焼き、枝豆は塩をして鞘ごと蓋をして3分、蓋を取って3分焼きます。
いつもは茹でる夏野菜を焼いてみると、さらに野菜の風味が濃く出るような気がします。

塩を振ってごま油をかけ、冷蔵庫で保存します。
食べる時に白炒りごまを振ってどうぞ。
a0223786_09421698.jpg


「紫キャベツの中華風マリネ」。

a0223786_09431250.jpg

砂糖、塩、酢、サラダオイルを混ぜあわせて、生姜のみじん切りと花椒を砕いたものを加えたマリネ液に紫キャベツの細切りをつけておきます。

一週間ほど日持ちしますよ。
夏の暑い時は、中華風の甘酸っぱい味が美味しく感じる気がします。

a0223786_09460094.jpg


「中華風お刺身サラダ」。
紫キャベツのマリネを彩りに、マリネ液をドレッシングにして作りました。
お刺身少々でもお腹は満足。
a0223786_10212491.jpg

「半日干し大根とニンジンの醤油漬け」。
冷蔵庫でしょんぼりしてた大根とニンジンたちの救済に。

a0223786_09492385.jpg
拍子切りにしてベランダで半日干した大根と野菜を醤油3:水3:紹興酒3:酢1:砂糖1を合わせて一煮立ちさせ、花椒少々を加えた漬けだれに2日以上漬け込んだもの。

a0223786_09483131.jpg


これを角切りにして ↑の塩豚そぼろと豆板醤、甜麵醬、醤油、酒、胡椒少々で味付けしながら炒め合わせたら、「醤油漬け野菜とひき肉の中華風炒め」に。

a0223786_10213651.jpg

by mickimchi | 2016-08-11 10:40 | Comments(2)