カテゴリ:魚介がメイン(韓流)( 8 )

釜山式ナクチポックンを真似て、コプチャンとイカの韓国風辛い鍋

秋も深まってくると食べたくなる、韓国風の辛いお鍋。
釜山のナクチポックン屋さん(ここです)で食べた、手長ダコと牛モツの辛い鍋が忘れられずよく作るのが、日本で手に入りにくい手長ダコの代わりにイカを使ったコプチャンとイカの辛い鍋。

そのお店では、낙지(ナクチ、手長ダコのこと)+ 곱창(コプチャン)+ 밥(パプ)という、ナクチポックンにコプチャン(牛もつ)も入ったご飯付きのお鍋という意味でナッコプポックンと呼んでいたから、さしずめこれは오징어(オジンオ)+ 곱창(コプチャン)+ 밥(パプ)でオジコプポックンかな?
ピリ辛の具とスープをご飯にかけながら食べるのがオススメなので、白ご飯を多めに炊くことを激しくオススメします。
お腹にスペースがあれば、食べ終わった後にお鍋に残ったスープでポックンパを作るのもいいですよ。

釜山のお店ではランチにやってきたOLの人たちが、このお鍋にさらにラーメンとうどんを追加して入れてました。
食べるのが好きな人が多いお国柄。
本当かどうか知りませんが、韓国の人たちって朝出勤したらまず、その日に何のお昼ご飯を食べるかの相談で忙しいとか。

話は逸れましたがこのお鍋、ピリ辛ダレさえ作ればあとは手順も簡単だし、材料もイカ、コプチャン、キャベツ、九条ネギ、玉ねぎ、韓国春雨といたってシンプル。
思い立ったら作ってみてくださいね。
作り方はこちら

コプチャンが苦手な方、釜山のお店では낙지(ナクチ)+새우(セウ、エビのこと)+ 밥(パプ)でナクセポックンというメニューもありましたので、イカとエビで作ってみてはいかがですか。

a0223786_10023339.jpg
a0223786_10023846.jpg



また無駄に動画を撮ってみたのでどうぞ。










by mickimchi | 2017-10-06 17:16 | 魚介がメイン(韓流) | Comments(2)

辛〜いトッポッキ鍋、作ったよ。

辛〜い即席トッポッキ(チュクソクトッポッキ/즉석떡볶이)を食べたくなって作ってみました。
即席トッポッキって、つまり韓国の屋台で売られている、コチュジャンと砂糖でトッポッキ餅を炒めた甘辛いおやつのトッポッキじゃなくって、トッポッキをオデンと呼ばれる魚介の練り物や野菜、ソーセージやシーフードと一緒にお鍋でグツグツ煮込んで、甘辛いタレを混ぜ込みながらその場で作っていくスープトッポッキ鍋のこと。

この日はムール貝とイカ、エビも加えた、海鮮トッポッキ鍋にしました。
a0223786_10573688.jpg



串切りにした玉ねぎをお鍋に敷き詰めて、キャベツの乱切りをその上に広げます。
これが具材とお鍋の間のクッションになって、具材がお鍋の底に敷きつくのを防ぎます。
あとはお好きな具材をのせて、出汁を具材が半分隠れるくらいまで注ぎ、トッポッキの辛いタレをちょっとずつ加えながらグツグツ煮込んでいくわけ。

出汁もトッポッキのタレも最初から全部お鍋に入れず、少しずつ味を見ながら加えていくのがコツ。
煮込んでいるうちにスープが煮詰まって味が濃くなり、辛味も増すのでその辺も計算に入れてね。
a0223786_10550196.jpg
今回は、具材は、野菜は玉ねぎとキャベツの他にエノキダケと長ネギ、韓国のオデンを真似てさつま揚げを薄切りにしたもの、ソーセージとスパム、シーフード、ぬるま湯に数時間つけてやわらかく戻した韓国春雨、インスタントラーメンと、さっと洗ったトッポッキ。
細切りのとろけるチーズを添えて。

ムール貝はあらかじめ貝の殻が開くまで水から茹でて、ムール貝の茹で汁も出汁に加えました。

細切りのとろけるチーズは最後に加えて、具材が煮えてチーズがとろっとしたら出来上がり。

a0223786_10551243.jpg



トッポッキ鍋の辛いタレの材料の割合を書いておきますね。
砂糖1:韓国産粉唐辛子(粗挽きと細挽きを混ぜ合わせるとおいしい)1:コチュジャン2/3、濃口醤油1/2:水1におろしニンニクをたっぷり混ぜ合わせたもの。
今回は2人分で砂糖が大さじ2くらいの分量です。
隠し味に甜麺醤とカレー粉を少々加えるとさらに大人の味に。

出汁は昆布と煮干しで取った出汁。
でね、韓国の屋台のトッポッキがなぜおいしいかっていうとオデンの汁が入っているからって以前聞いたことがあって、今回はヒガシマルのうどんスープも少し出汁に加えてみました。

最後にお鍋に残ったスープでポックンパ(炒めご飯)を作るとおいしいんですけど、いっつもお腹いっぱいになっちゃう。
このトッポッキ鍋、人呼んで食べても楽しいと思います。
具材は、揚げ餃子やゆで卵なんかもいいですよ。



by mickimchi | 2017-09-20 14:05 | 魚介がメイン(韓流) | Comments(6)

レンジで簡単。ウマ辛韓国料理。

ちょっとバスク旅行レポはお休み。

暑い日に、エアコンの効いたお部屋でキーンと冷えたビールに、辛くて熱い韓国料理。
食べたいのは山々だけど、どうも作るのがね...暑すぎるじゃないですか。
そこで考えました。

レンジで作る「海鮮と豆もやしのチム(蒸し炒め)」。

材料(2人分)
イカ 1/2杯分(今回は小イカ4杯)ぶつ切り
エビ 4~5匹(背ワタを取る)
ベビーホタテ 3~4個
真ダラ 1切れ(一口大に切る)
豆もやし 一袋(ひげ根を取って洗う)
長ネギ 1/3本(斜め切り)
クレソン 1束 (半分の長さに切る)
生姜 小1かけ(みじん切り)
ニンニク 1かけ(みじん切り)


A
 昆布出汁 大さじ4
 醤油 大さじ3
 砂糖、みりん 各大さじ1と1/2
 酒 大さじ1
 粉唐辛子 大さじ1と1/2
 コチュジャン 小さじ1と1/2

水溶き片栗粉(片栗粉を水で溶いておく)
 片栗粉 大さじ1
 水 大さじ1と1/2

作り方
1 真ダラは軽く塩をして約5分おき、水気を拭きます。
2 深さのある耐熱皿に真ダラ、イカ、エビ、ベビーホタテを置きます。
3 その上に生姜とニンニクのみじん切り、長ネギ、豆もやしを乗せます。
4 Aの調味料を混ぜ合わせ、3の上にまわしかけます。
5 ラップをふわっとかけ、電子レンジで5分くらい加熱します。
6 5をレンジから取り出して、具だけ皿に盛ります。
7 具を取り除いた5に水溶き片栗粉を加えてかき混ぜ、すぐに電子レンジで1分加熱します。
8 具を盛った皿に7のタレをかけ、熱々のうちにクレソンを乗せ出来上がり。

ラップをふんわりかけて、蒸気の逃げ道を作るようにするのがコツかな?
a0223786_11443881.jpg
本来の海鮮チムは、鍋に具材を入れ、出汁スープとヤンニョム(合わせ調味料)を加えて蒸し炒めしたものなんですが、レンジ蒸しでも魚介がふっくら仕上がりますよ。

セリを入れると美味しいのですが、この季節、なかなか見かけないので代わりにクレソンで。
仕上がりに乗せると、余熱でシャッキリフンワリ(変な日本語)な感じ。

魚貝類も簡単にシーフードミックスでもいいし、豪華にカニやホタテをたくさん入れてもおいしいと思います。


こんな感じで具材を乗っけていって調味料を混ぜた出汁をかけるだけ。
簡単です。
a0223786_11460155.jpg


ついでに豆苗のナムルもレンジで。
洗って水気を切り、3センチくらいに切った豆苗をレンジで20秒ほどチン。
ザルにあけて冷まし、水気を絞ってボウルに入れ、青ネギの小口切り、ニンニクのすりおろし、糸唐辛子、醤油、いりごまを加えて手でよく混ぜます。
最後にごま油を加えて全体を和えたら出来上がり。
a0223786_11462486.jpg


取っておいた、夫が作った豚キムチと春雨炒めとともに。
こちらはレンチンじゃなくて真面目に作ったようです。
a0223786_12141781.jpg

by mickimchi | 2017-07-28 10:12 | 魚介がメイン(韓流) | Comments(4)

韓国風 金目鯛とキムチの煮付け

金目鯛とキムチの韓国風煮付けを作ってみました。
韓国のテレビ番組で鯖の韓国風煮付けをやっていておいしそうだったので、参考にしてます。
大根の下茹でをするとか、魚にさっと熱湯をかけて臭みを取るとか、そのあたりは和食の料理法も取り入れて。

a0223786_08525429.jpg

材料(2人分)
金目鯛 2切れ
大根 1/6本(皮をむき、2センチくらいの輪切りにして縦半分に切り面取りする。)
長ネギ 1/2本(斜め切りにする。)
玉ねぎ 1/3個(串切りにする。)
キムチ 50グラム(ざく切りにする。)
昆布出汁 250CC〜(昆布を水に半日〜1日つけておいたもの。つけておいた昆布も使います。)
砂糖 小さじ2
酒 小さじ1
味噌 小さじ1
濃口醤油 大さじ1
おろし生姜 小さじ1/2
おろしニンニク 小さじ1/2
エゴマ油 小さじ1/2
粉唐辛子 適宜

作り方 
1 20分ほど下茹でした大根を鍋に敷き詰める。
2 魚はさっと熱湯をかけて臭みを取り、大根の上に乗せる。
3 玉ねぎ、ネギを魚を覆うようにのせる。
  砂糖、昆布を加え昆布出汁を魚が半分浸かるくらいまで鍋に入れる。
4 火をつけて、出汁が沸いてきたらおろし生姜、おろしニンニクを加える。
5 中火のまま煮ながら、味噌、エゴマ油、粉唐辛子を順番に加える。
  調味料を入れるたび、調味料が材料に満遍なく行き渡るようにかき混ぜる。
6 最後に醤油を加えてキムチを落し蓋のように材料の上に乗せる。
7 20分ほど煮たら出来上がり。

a0223786_08531934.jpg


ご飯を多めに炊いてね。
トロトロに煮込んだ大根とキムチだけでもお茶碗一杯分、ご飯が食べれます、多分。
鯖を使うのもおいしいと思います。
(残念ながら鯖アレルギーなので...)

by mickimchi | 2017-07-09 19:35 | 魚介がメイン(韓流) | Comments(2)

東大門の食堂みたいに、韓国風焼き魚定食

東大門の食堂で食べた焼き魚、とってもおいしかったのでそんなイメージで作ってみました。
「さばの韓国風焼き魚定食」

a0223786_12501026.jpg

とはいっても、炭火焼きなんて本格的なものでなく、テフロン加工のフライパンで。
表面はパリッと身はふっくら、臭みのないおいしい焼き魚ができますよ。

材料(2人分)
魚(今回はサバ)の切り身 2切れ(200グラム)
塩こしょう 適量
焼き油用の食用油(今回は、オリーブオイルとバター)

漬けだれ用しょうゆだれ
しょうゆ、ごま油、おろしニンニク、粉唐辛子 各適量
おろしわさび(本場風はドバッと)

作り方
1 魚の皮が焼いた時反らない様に、皮目に切れ目を2か所くらい入れる。
  魚の両面に塩こしょうをふり、15〜20分おく。
  塩は、気持ちきつめにふる。
2 魚から水分が出たらキチンペーパーで水分を取る。
  小麦粉も両面にふる。
3 テフロン加工のフライパンにオリーブオイルを中火で熱する。
  2を皮目を下にして入れ、時々軽くおさえながら焼く。
4 魚から出てきた油はキッチンペーパーに吸わせて捨てる。
  油が足りなければ、オリーブオイルを足す。
  なるべく魚を動かさずにじっくり7〜8分焼く
5 裏返してバターを加え、2〜3分焼いて取り出す。

たっぷりのおろしわさびとしょうゆだれで食べるのが本場風。
さわらや、ムツ、タイなどでも。

フワフワケランチム。
a0223786_1251985.jpg

これは、二日酔いの朝、アワビ粥を食べた南大門の食堂のアジュンマに、その場で作り方を聞いたもの。


おいしいキムチと、
a0223786_1258574.jpg



a0223786_15154790.jpg

ニンジンのナムル。
ごぽうチップスをのっけて。


a0223786_1305364.jpg

今月は、マイバースデー月なのでわかめスープ。
ちっともメデタイわけではないんですが、タイのお刺身をお椀に置いてアツアツのわかめスープをそそぎました。
菜の花とグリンピースで初春ぽく。
by mickimchi | 2013-01-19 19:57 | 魚介がメイン(韓流) | Comments(2)

カンジャンケジャン風に ! 韓国風ピリ辛卵かけご飯、カニとカニ味噌入り

a0223786_17185885.jpg

活きわたり蟹のしょうゆ漬け、カンジャンケジャンっておいしいですよね。
なんで、日本の海で活きわたり蟹が捕れないんでしょ。
ああ、食べたい食べたいと思っているうちに、いろいろ頭の中でカンジャンケジャン風に別の食材で作れないか妄想してしまいました。

鮭のルイベといくらとか、ホタテ貝のお刺身にトビコとか...
でもまず、カニ缶とカニ味噌缶でやってみましたよ〜。
前回↓の(真味食堂(チンミシクタン))に続き、またまたケジャンネタですいません。
a0223786_11302833.jpg















韓国では、ケジャンを漬ける特製しょうゆはそれぞれのお店に伝わる秘伝があるみたいなんで、まあそれを真似できる訳はありませんが、何度か作ってこれが今のお気に入り。

特製のケジャンソースにカニ味噌を混ぜて、カニ缶のカニをほぐしたのにトロ〜リとかけ、ご飯にたっぷりのっけて卵黄をポトリ。
貝割れと香菜をアクセントにします。
食べる時は、ビビンバみたいに全体をまぜまぜして下さい。

目をつぶると、遠くのほうからカンジャンケジャンが近づいてきますよ。
(多分)


「ケジャン風カニの卵かけご飯」(2人分)

材料
ケジャン風ヤンニョン(作りやすい量)
 薄口しょうゆ 大さじ5〜
 韓国産粉唐辛子 (できれば粗挽きと細挽き半々で)大さじ3
 玉ねぎ 1/6個
 りんご 串切りにして3センチくらい
 しょうが 半カケ
 ごま油 大さじ1
 酒 大さじ1
 砂糖 小さじ2
 いりごま 大さじ1

カニ缶 小1缶
カニ味噌缶 小1缶
ご飯 2膳分
卵黄 2個分
貝割れ大根 適量
香菜 適量

1 ケジャン風ヤンニョンの材料のうち、いりごま以外を全部フードプロセッサ  ーに入れてスイッチオン。
  とろっと混ざったら容器にうつす。
  いりごまも加え混ぜ合わせる。

2 1のうち1/3カップくらいをボウルに入れ、カニ味噌缶の中身と混ぜる。
  味をみて、薄口しょうゆを足す。

3 皿にごはんをよそって、カニのほぐし身をのせ、2をかけて卵黄を落とす。

4 貝割れと香菜をのせる。

5 食べるときに全体をよく混ぜる。


このケジャン風ヤンニョン、ごまを加えずにおくと冷蔵庫でとっても日持ちしますのでストック調味料にしても。
食べる分だけ取ってごまを加えてどうぞ。
いろんな魚介にあいます。

a0223786_1140135.jpg








そんなわけで、これを使って後日、



鮭のルイベといくらでケジャン風。
a0223786_22313896.jpg


ホタテのケジャン風サラダ。
a0223786_22322933.jpg

醤油とバルサミコ酢を煮詰めたバルサミコ醤油をまわりにかけました。

オッテヨ?
なんか、もっとカンジャンケジャン風なアイディア教えていただけますか。
by mickimchi | 2012-08-09 19:43 | 魚介がメイン(韓流) | Comments(0)

鮭とカマンベールチーズのマッコリ漬け焼き

ある日、マッコリを飲みながらハタと思いました。
いつも味噌を酒、みりん、砂糖でのばした味噌床に漬けてる味噌漬け焼きを、マッコリでやったらどうだろう?
おいしそうな生鮭のハラスがスーパーにあったので、それで実験。

今回は味噌+コチュジャン+マッコリ、ミッキムチのキムチヤンニョン+マッコリ、塩麹+マッコリの3種類。

a0223786_10253643.jpg


ラップをひろげて、3種の漬け床を塗り広げ、キッチンペーパーにくるんだ生鮭をのせてラップにくるみ冷蔵庫でねかせます。


グリルでいい感じに焼いて、ウ〜ン大成功です。3種類ともそれぞれおいしいです。マッコリのほのかな甘みで思いのほか上品な風味。
a0223786_10234230.jpg


ついでに、カマンベールチーズと生湯葉も味噌+マッコリの味噌床に漬けておいて、カマンベールはキッチンバーナーで表面を炙りました。
バケットとともに。
a0223786_10264762.jpg


これは、実はナカメのお蕎麦屋さんのTTP。(徹底的にパクるの略。)
このお店、お蕎麦もおいしいしおつまみ系もいいんですが、何しろこのカマンベールと生湯葉の味噌漬けの盛りつけがマイクロミニ。

文句言ってるんじゃないんですよ。
でももちょっと食べたかっただけです。でTTP。

スマホに撮ってあったそのお店のスダチ蕎麦の一枚。a0223786_10365542.jpg

蕎麦は真似られません。
by mickimchi | 2012-07-01 10:44 | 魚介がメイン(韓流) | Comments(2)

つまめるおつまみで、おうちでマッコリバー、パート3

写真を整理していると自分の作ったお料理、丸く丸めるお料理ばっかりでビックリ。
多分、飲ん兵衛としてはつまめるおつまみがうれしいというのと、少々ブキッチョでもクルッと丸めるとわりとおいしそうに出来上がるからなのでしょう。

おうちでマッコリバーもパート3ですが、これはいつまで続くか?
基本、年中無休ですからね。ミッキムチシクタン。
(こんなことを書いてわたしのかかりつけの内科の先生が見たら、ものすごい大 目玉です。)

ま、彼女はご覧になってないことを祈りつつ、まず玉コンニャクの甘辛煮。

a0223786_11414727.jpg


お醤油とみりん、コチュジャンで炒め煮しました。粉唐辛子をまぶしてピリ辛に。
a0223786_11433057.jpg







こちらは、ひとくち伊達巻き。

みじん切りの切干し大根のキムチを入れてちょっとピンク色にしてみました。

作り方はこちら→Cpicon 卵1個とはんぺんでピンクのミニ♡伊達巻き by ドミニクニック
エビのかわりにキムチで。

あと、とっても簡単なミニチヂミ、ボイルホタテのジョン。
スーパーの鮮魚売り場でウロウロしていると、かならず買い物かごに入れたくなるボイルホタテ。
リーズナブルでおいしいですよね。
これは、小麦粉をまぶして卵液にひたしてフライパンで焼くだけですから一番作るのにハードルが低いチヂミかも。
ボイルホタテはあらかじめ火が通してあるから、生焼けの心配もないし。
a0223786_1262176.jpg

Cpicon ボイルホタテのジョン♡ピカタ風チヂミ  by ドミニクニック


最後に「オジンオスンデ」。
a0223786_127444.jpg

イカに、豚挽き肉と野菜を炒めてイカゲソと混ぜたものを詰めて蒸したお料理です。
これも労力をかけずに、食卓に出した時の皆のワォー感が大きいおつまみです。
小さく切った春雨がおいしい。

材料
イカ1杯に対し、
 長ネギ(みじん切り) 大さじ1
 白菜キムチ(汁気をしぼってみじん切りで) 大さじ1
 豚挽き肉 30グラム前後
 豚味付け用
   (おろしにんにく 少々、しょうゆ 小さじ2、胡椒 少々)

 豆腐 30グラム前後(ペーパータオルにくるんで重しをし、水切りしてから 手でつぶしておく。)
 春雨(乾燥)30グラム前後 (調理ばさみで3〜4ミリに切っておく。)

片栗粉 小さじ1
 卵(溶いて)1/2個分
 コチュジャン 小さじ1

イカはワタごと足を抜き、軟骨を取って胴の部分をよく洗い水気を拭く。
足は目の下で切り、くちばしを取り除き、洗って水気を拭きみじん切りにする。

豚挽き肉をボウルに入れ、味付け用の調味料を加えて下味をつけておく。
フライパンにごま油をひき、豚肉とネギ、キムチを炒め、豆腐も加えて豆腐がポロポロになるまで炒め合わせたらバットなどにひろげて冷ます。

冷めたら、春雨、イカの足のみじん切り、片栗粉、卵、コチュジャンを加えて混ぜ合わせ、これをイカの胴に詰めて楊枝で止める。(あまりパンパンに入れず、7分目くらいにしないと破裂します。)

蒸し器にいれて20分弱蒸す。a0223786_15434848.jpg


少し冷めてから輪切りにする。
酢コチュジャンやポン酢でどうぞ。
by mickimchi | 2012-04-29 15:53 | 魚介がメイン(韓流) | Comments(0)