カテゴリ:あれこれおつまみ( 62 )

イタリアンコリアンな日

通称「イタコリ」。
ったってうちでしか通じませんが、イタリアンコリアン料理のお夕飯。
気楽に、いつもオリーブオイルを使うところをごま油にしたり、またその逆にしたり、豚キムチをパルメジャーノチーズでコクを出したり、そんな感じで作りました。

前菜は、「鯛のスパイシーカルパッチョ」
a0223786_13414026.jpg


材料(鯛のお刺身1柵分)
鯛(刺身用) 1柵
砂糖、塩 各少々
マリネ液
 酢(大さじ1)、オリーブオイル(大さじ1)、
 黒こしょう、マスタードシード、コリアンダー、バジル、塩各少々
カラーピーマン(細切り) 適量
イタリアンパセリ(みじん切り) 適量
韓国唐辛子(細挽き)適量
ピンクペッパー(あれば)少々

作り方
1お刺身用の鯛はに砂糖と塩それぞれ少々をふってなじまる。
 ピチットシート(なければラップ)をまいて冷蔵庫で半日ねかす。
2ねかせた鯛の水分をふく。
3マリネ液の材料をよく混ぜ合わせる。
 保存容器に2を入れ、マリネ液を注ぐ。
 冷蔵庫で2時間〜一晩マリネする。
4皿に、カラーピーマンをしいて、削ぎ切りにした3をのせる。
 パセリを飾り、唐辛子、ピンクペッパーをふる。

マリネ液に加えるスパイスはおうちにある物で。
ただ、お魚のカルパッチョにはマスタードシード入れるとおいしいと思います。

いつもの豚キムチもチーズ味で。
塩こしょうした豚肉とキムチを炒めて、酒、醤油を加えたら、最後にフライパンにパルメジャーノチーズをたっぷり振り入れます。
ささっと炒め合わせてすぐ火を止めます。
チーズの塩味を考えて豚キムチは少し控えめに味付けしてみました。
a0223786_13414535.jpg


こちらもいつものチャプチェですけど、カラーピーマンを入れて。
仕上げに斜め切りの万能ネギを散らしてイタリアンカラー。
a0223786_1357327.jpg


カラーピーマンがあまったんで、ピーマンたっぷりの醤油だれを作りました。
a0223786_1625156.jpg
にらとししとうとピーマンの万能だれ
日持ちするし、何でも合わせやすいのでよく作ります。
この日は、オリーブオイルを加えてレンジなすにたっぷりかけてみました。


a0223786_14245147.jpg

by mickimchi | 2013-04-26 15:06 | あれこれおつまみ | Comments(2)

塩ささみで明太チーズのお餅ピザ

タイトルどおりの簡単おつまみ。
おかずにもなります。
a0223786_11534635.jpg


まず、ささみを買ってきたら「塩ささみ」にします。
a0223786_11382424.jpg

火が通ってるのに、とりわさみたいにレアな食感です。
たくさん作って冷蔵したり冷凍しとくと、ほぐしてサラダにしたりスープの具にしたりいろいろ使えますよ。
これ、ほぐしてるうちにちょこっとつまみ食いして、結局ささみ1本分くらい下ごしらえの段階で食べちゃってるんですよね。
ささみだしカロリー低いしって事で、ま、いいか。


これを使って「塩ささみで明太チーズのお餅ピザ」。
材料(2人分)
塩ささみ (ささみ3本分)
マヨネーズ 大さじ1
しゃぶしゃぶ用スライス餅 3枚
とろけるチーズ たっぷり
明太子(皮を取ってほぐして)半腹分
万能ネギ(小口切り)適量

作り方
1 オーブン用耐熱皿にオリーブオイルを薄くしき、塩ささみを隙間なく並べます。
a0223786_11414536.jpg


2 ささみの上にマヨネーズを塗りしゃぶしゃぶ用のスライス餅を1/4の大きさに切ってのせて。
a0223786_11422154.jpg


3 ほぐした明太子をひろげ、とろけるチーズをのせて、200度に熱したオーブンかオーブントースターで焼いきます。
a0223786_11425485.jpg


チーズがとけたら、万能ネギをちらしてできあがり。
a0223786_11542680.jpg

a0223786_1213631.jpg












こちらは、とろけるチーズと明太をのっけただけ。
by mickimchi | 2013-04-18 09:23 | あれこれおつまみ | Comments(0)

自家製ツナと、なんちゃってオイルサーディン oishii

近所にバケットのおいしいパン屋さんができたんです。
最近のうれしい事柄のひとつ。
ということで、今回はバケットにあうおつまみを。
まず、「自家製ツナ」。
別に手作りしなくてもツナ缶買えばいいわけですが、別に手作りしなくてもいいものって手作りするとおいしい気がする。
作り方もものすごく簡単です。
a0223786_12473035.jpg

材料 
カツオ(マグロでも) 1柵
塩 適量
水 適量
オリーブオイル 適量
お好みのハーブ(今回はローズマリー) 適量
黒こしょう、ローリエ、にんにく

作り方
1 カツオを一口大に切り、塩(魚の重さの3パーセントくらい)をよくすりこみます。
2 ピチットシート(またはラップ)を巻いて冷蔵庫で半日〜一晩おきます。
3 鍋にカツオを入れ、魚がかぶるくらいの水を入れます。
4 中火にかけて沸いてきたらアクをとります。
5 沸騰してから5分くらい中火のまま煮ます。
6 5分したら火を止めて、そのまま冷まします。
7 冷めたら水気を切って保存容器にカツオを入れます。
8 お好みのハーブ、ニンニク、黒こしょう、ローリエを加えます。
9 オリーブオイルをかぶるくらい注ぎます。
10 一晩置いて出来上がり。
 
a0223786_12473551.jpg
しっとりやわらかで、これはイケる。

それから、なんちゃって「オイルサーディン」。
a0223786_1374179.jpg

メザシでオイルサーディンが作れるらしい、とかお知り合いからうかがったもので、それ以上よくわからないけどやってみました。
メザシの頭を取ってやわらかくなるまでゆでてから、ニンニクとハーブミックスとおいしい自然塩といっしょにオリーブオイルでマリネしてみました。
そのまま保存容器に入れて何日か置いといたら、あらら、おいしいしっとりしたメザシのオイルサーディンができちゃった。

自家製ツナもオイルサーディンもどきも保存もきくし、キッチンドリンカーとしてはキッチンでグラス片手につまみぐいができるのがうれしい。

そういうわけで、ピノノワールのチリワインを。
なっつって、何だかわかんないうちにあけたボトルがそうだっただけなのですが..
by mickimchi | 2013-04-11 07:16 | あれこれおつまみ | Comments(4)

またまた,発酵食堂風の夕べ

またまた、おいしい酒粕で作った味噌粕床で、粕漬け。
奧っかわは新ごぼうをさっと煮てから漬けたごぼうの粕漬けです。
とはいえ、やっぱ粕漬けの王道は魚介類かな。
たらこの粕漬けは2腹漬けといたんですが、漬かれば漬かる程おいしかった。
2〜3週間漬けといても大丈夫かと思いました。
a0223786_9422853.jpg


ホタテの粕漬けもおいしくできました。
a0223786_9485854.jpg


次の発酵レシピは塩麹を使って。
「塩麹豆腐とプチトマトのカプレーゼ風」
a0223786_942786.jpg

水切りした豆腐に半日塩麹をまぶしときます。
あとはプチトマトとオリーブオイルで和えれば、いい塩梅に塩麹の塩加減がきいてるので調味料いらずです。

そして、この日も発酵食のキング、キムチファミリーからは白菜キムチが参入。
「豚キムチのクリームパスタ」
a0223786_94123.jpg

いつもの豚キムチに生クリームとバターを加えたソースでパスタを和えるだけなんですけど、なぜかウニクリームパスタの味になる。

材料(2人分)
白菜キムチ(食べやすい大きさにざく切り) 120グラム
豚バラ薄切り肉(キムチと同じくらいの大きさに切る) 100グラム
玉ねぎ(串切り) 1/4個
バター 8グラム
生クリーム 100CC
塩こしょう、醤油 各適量
お好みのパスタ 160グラム
パセリ(みじん切り) 適量
パルメザンチーズ 適量

作り方
1 豚肉に塩こしょうをふる。
2 鍋にサラダオイルを熱し、豚肉と玉ねぎを炒める。
  肉に焼き色がついたらキムチも加えて炒め合わせる。
3 生クリームを加えて、弱火にする。
  煮立ったらバターを加える。
  味をみて醤油少々を加える。
  バターが溶けたら火を止める。
4 アルデンテにゆであげたパスタに3をからめる。
  パセリとパルメザンチーズをふりかける。
  
なぜウニクリームパスタの味になるのかわかりませんが、うっそ〜と思われたら作ってみてね。
by mickimchi | 2013-04-08 12:34 | あれこれおつまみ | Comments(2)

発酵レシピの夕べ

先月長野の老舗の酒蔵を見学に行った際購入した酒粕があるので、ここのところ酒粕レシピに凝ってます。
この日も酒粕はじめ、発酵レシピの晩ご飯。
とはいっても、バケットといっしょにワインに合う感じにしてみました。

まず、酒粕を使って『鶏もも肉の粕漬け」
a0223786_21275096.jpg


まず、味噌粕床を作ります。
酒粕200グラムに酒少々をふってレンジでチンしてやわらかくしておきます。
それに、味噌150グラム、酒50CC、みりん40CC、砂糖大さじ2を加えて、フープロかハンドミキサーでガーッと混ぜて出来上がり。
この味噌粕床に色々漬けて楽しんでる今日この頃ですが、今回はこれには鶏もも肉を3日ほど漬けときました。

鶏もも肉は、粕を手でぬぐってまずフライパンで焼き目をつけてから、クッキングシートとホイルを重ねたものに包んで蒸し器で15分蒸しました。
冷凍庫の残り物のマッシュルームもいっしょにくるんであげて。

粕漬けってや焼いてるうちに焦げちゃうのが難点ですが、こうすると焦げすぎちゃうのも防げるし、鶏もも肉もしっとりふっくら仕上がります。

味はもうついてますから、食べる時ちょこっとポン酢とかニンニク醤油とかたらすくらいで十分。

a0223786_21274397.jpg


つけ合わせにマッシュポテト。
バターを罪深いほど入れるのがコツ。
バケットにマッシュポテトをたっぷりのせて、チキンと交互にお口へ。
a0223786_21275725.jpg

あ〜罪深い味だ。

あと、ここ最近定番化してきたアボカドラバーのための「アボカドの醤油漬け」
a0223786_21403322.jpg



そして、発酵食品のキング、キムチファミリーからの今宵の参加者はカクテギ。
ワインにピッタリ、ちょっとオサレに「カクテギとクリームチーズの和え物」。
ただ和えただけなんですけど、この組み合わせイケますよ。
a0223786_21284821.jpg


というわけで、いつもに増して赤ワインのボトルのあく時間が短かったこの日の晩ご飯でした。
by mickimchi | 2013-04-03 17:52 | あれこれおつまみ | Comments(4)

焼き鳥 mickimchi 亭

焼き鳥屋さん、大好き。
ちょこっと真似して、焼き鳥屋さんみたいな「月見つくね」。
香ばしいたれをつけて焼いたつくねを卵の黄身をからめてトロトロで食べます。
「焼鳥屋さんの月見つくね」。
私はフワッとした食感に、コリッとしたなんこつの食感が混ざったのが好きなのでなんこつを入れましたが、もちろん、鶏挽き肉だけでも。
a0223786_17371140.jpg


あと、「ささみの瞬間燻製」。
これも、焼き鳥屋さんで食べたささみの燻製を真似て。
そこの焼き鳥屋さんは、焼き台の上にささみを吊り下げといて、鶏を焼く煙でささみをスモークするんです。
この中まで火がギリギリ通ってるくらいのスモークフレーバーのささみ、ちょっと感激のおいしさでした。
そんなイメージで、マリネしたささみをさっと燻製にしてみました。
a0223786_17431432.jpg

「ささみの瞬間燻製」
材料(2人分 おつまみ用に少量です。)
ささみ(すじを取って)150グラム
塩 小さじ1
砂糖 小さじ1
白こしょう 適量

作り方
1 ささみに塩こしょう、砂糖をふる。
2 ラップに包み冷蔵庫で3時間から1晩ねかせる
3 深めのフライパンに櫻チップを入れ、金網をのせて強火にかける。
4 全体からモクモク煙るが出てきたら金網にささみをのせる。
  すぐにボウル等でフタをする。
5 フタの淵からけむりが出てきたら弱火にする。
  1分弱で火を止めてフタをしたまま10分間置いておく。

あっ、そうそう、うちは瞬間燻製作る時は、南部鉄のフタ付きのフライパンに100円ショップでかったアミをいい加減にペンチでひん曲げて使ってます。
世界で一番簡単な燻製製造機。
a0223786_17232026.jpg














シンプルに柚子こしょうとかで食べるのもいいのですが、今回はサルサ・プッタネスカを添えました。
冷蔵庫にドライトマトのオイル漬けとオリーブがあったんで、それにケイパー、にんにく、玉ねぎ、アンチョビ、イタリアンパセリをそれぞれみじん切りにして、エキストラヴァージンオリーブオイルで和えただけのソース。
魚介にも合う便利ソースですので多めに作っても。

 
  
by mickimchi | 2013-03-15 18:16 | あれこれおつまみ | Comments(2)

料理名が料理法のレシピ

料理名が料理法。
ま、ワイン片手にチャチャッと作れるおつまみです。
飲みながら作って、作りながら飲んで、お料理が出来上がるころには、自分もできあがっちゃう感じです。

まず、「じゃがタコのガーリックバタポン」!
略さずにいうと、「いんげんとじゃがいいもとタコのガーリックバターポン酢炒め、ローズマリー風味」
a0223786_15152650.jpg

フライパンに、オリーブオイルとにんにくのみじん切りを入れて弱火にかける。
香りがたってきたら、さやいんげんを入れてじっくり炒め、皮付きのままレンジで1分半チンして一口大に切ったじゃがいもも投入。
じゃがいもがいい色に炒まったら、ローズマリー、タコを入れてササッと炒め合わせ、最後にバターとポン酢を加えて出来上がり。


「春野菜とイカゲソのオイル煮、オイスターソースがけ」
a0223786_15164091.jpg

鍋にごま油少々と包丁の背でつぶしたニンニク、お湯を入れて沸騰させ、春野菜とイカを茹でます。
今回使った春野菜は、スナップエンドウとグリンピースは2分くらい、菜の花とアスパラガスは1分くらい、イカゲソは30秒くらいの茹で具合が好きなので、時間差で加えてってザルにあけます。
すぐにお皿に盛って、オイスターソースをタラ〜リとまわしかけて出来上がり。

「一口厚揚げの七味塩焼き」
a0223786_15151047.jpg

自家製の洋風七味塩を一口大に切った厚揚げにふりかけて、オーブントースターで焼きました。
自家製洋風七味塩は、うちの冷蔵庫には必ず入ってます。
乾燥ハーブのバジル、オレガノ、パセリ、ガーリックパウダー、ポピーシード、陳皮、黒胡椒、韓国産の粉唐辛子、韓国産の粗塩をフードプロセッサーでガーッとやった物なんですがとっても便利です。


「生しいたけとしらすのガーリックオイル焼き」
a0223786_15173642.jpg

オリーブオイルに塩少々とみじんぎりのニンニクを加えたガーリックオイルをしらすにまぶして、軸をとったしいたけをウラッ返したものにのっけて、上からもガーリックオイルをたっぷりかけ、
オーブントースターで10分ほど焼きます。
出来上がりに韓国唐辛子と、パセリをパラリ。
しらすの塩気があるから、塩はほんの少し。

あとはバケットを用意して、出来上がり。
by mickimchi | 2013-02-01 21:53 | あれこれおつまみ | Comments(4)

今宵はオサレに。おうちでワインバー

赤ワインも好き!
a0223786_11304637.jpg

三軒茶屋の大好きな焼き鳥屋さんで食べたアボカドの醤油漬け、とってもおいしかったのでちょっと真似して。
いい感じに熟したおいしいアボカドがあれば、もう失敗なしのおつまみです。
醤油漬けといっても、うちの万能だれ(かえし)を使ってすこ〜し甘じょっぱいたれに漬けました。
水1:グラニュー糖1.5:しょうゆ10:みりん2を沸騰直前まで火を入れたのがこの万能だれ。
これを同量の出汁と合わせて漬けだれにしました。
1日この漬けだれにアボカドに漬かっていただき、ていねいに薄切りに。

おいしいフランスパンも調達したので、フォアグラパテ、なんちゃって、コンビーフ缶で作ったフォアグラ風パテです。
a0223786_1130578.jpg

作り方はこちら
コンビーフ缶がフランス人になった感じの味です。

砂肝のキムチ風味。これはイケナイ。ワインが進むおつまみです。
砂肝をアボカドの醤油漬けと同じ配合のたれに漬けて、こちらも昨晩冷蔵庫で寝ていただき、薄切りにして、食べる直前にキムチヤンニョンで和えました。
砂肝は3分ゆでたら鍋にフタをして火を止めて2分。
このゆで方が一番おいしいと思う。
これがやけにバケットと合う感じ。
a0223786_11311159.jpg


それから、スパイシーな豚つくね串。
a0223786_11313398.jpg

作り方は、
1 しゃぶしゃぶ用の豚ロース薄切り肉をあらみじんする。
  つくねをぐるっと巻く分の枚数のお肉は取り置く。
2 1を片栗粉をまぶしたみじん切りの玉ねぎとともに、ボウルに入れる。
  味付けのキムチヤンニョン少々も加えてねばりがでるまでよ〜くこねる。
3 2をつくね型に成形し、取っておいたお肉で巻いて片栗粉を水に溶いた液にくぐらせる。
  5〜6分蒸し器で蒸します。
4 食べる前にフライパンで3を焼きます。

キムチヤンニョンのかわりに、オイスターソースや五香粉を加えて中華風にしたり、パプリカやチリパウダーを加えてスペインのタパス風にしたり。
蒸すまでの行程までやっておけば、ささっと焼いて出せるおつまみです。
たねが残ったらギョウザにしても。

他にもアレやコレや作って食べたような...
いずれにしても次の日の朝見ると、居た人間の数よりはるかに多い本数のワインの空き瓶が残ってるのはいつもの事。
資源ゴミの日、ゴミ出すの恥ずかしいんですよね。
空き缶、空き瓶多すぎて。
by mickimchi | 2012-10-02 10:50 | あれこれおつまみ | Comments(4)

夏の疲れを癒す、簡単さっぱりおつまみ

9月ですねぇ。
なんか全く夏痩せもしてないのに、まだまだ続きそうな暑さにゲッソリのこの時期、簡単さっぱりおつまみはいかがですか。

まず、自家製の一口厚揚げ、わさび塩添え。
重しをしてよく水気を取った豆腐を一口大にして揚げます。
ポイントは、少しごま油を足したサラダ油を豆腐がかぶるくらい熱して、豆腐を入れたら豆腐が油の中で泳ぐまで豆腐に触らない事。
あとは、厚揚げっぽくなるまでじっくり揚げて出来上がり。
しょうが醤油でもいいですが、できたてを塩で食べるのがおいしい。
a0223786_16162147.jpg


次は、塩揉み野菜のキムチ和え。
きゅうりは、2〜3ミリの小口切り、ナスも2〜3ミリのいちょう切り。
それぞれ、塩少々をふってまな板の上で透明な感じになるまで手できゅっきゅっと揉みます。
最後にぎゅっと両手で絞って水気をしっかり取ったら、少量のキムチヤンニョン
ミッキムチで和えてできあがり。
キムチの素でも出来ると思います。
最近のナスってアクがでないんですねぇ。
みょうばん水にひたさなくてもきれいな色のままです。
a0223786_16161041.jpg


それから、イカゲソのネバネバ和え。
ワカメっぽく見えるのはモロヘイヤ。
モロヘイヤは、葉っぱだけ使います。
塩を加えた熱湯で2分くらいゆでて冷水にとり、水気を切ります。
オクラは板ずりしてから熱湯で1分半くらい。
みょうがも加えて、温泉卵をのっけて。
食べる時は全体をよ〜く混ぜてわさび醤油でどうぞ。
a0223786_1616333.jpg

モロヘイヤは最近ちょっとお気に入りの野菜です。
ちょっとクセもの風ですが、案外クセがなくネバネバ度(グニュグニュ度?)もちょうどいい。
他の素材の味も邪魔しないので、ゆでて和風の和え物にしてもいろいろ楽しめます。
後は、そのまま炒めてもおいしい。
クミンシードなどのインド風のスパイスでインド風、オイスターソースで炒めて中華風にも。

あと、レンチンナスとトマトのごまだれ和え。
ナスは半分に切ってお皿にのっけてフワッとラップし、レンジ3〜4分チンします。
竹串を刺してみてやわらかかったら火が通ってますので取り出して食べよい大きさに切ります。
お皿にのせて冷蔵庫で冷やして、串切りトマトと大葉やミョウガ等の薬味野菜をのっけて、市販のしゃぶしゃぶのゴマだれとポン酢をあえたゴマポンをかけてできあがり。
a0223786_17514038.jpg


この日はの半自家製棒棒鶏ソースがまだあったのでそれをかけました。

「夏の疲れを癒す」ってタイトルどおり、料理する人の労力も押さえて作り手の疲れも癒しましょう。
とか言ってのんびりビール飲んでるから夏痩せしないんですね。
by mickimchi | 2012-09-03 13:43 | あれこれおつまみ | Comments(2)

気分は南イタリア

白菜の事をうかがいに、長野県北佐久郡の農家さんを訪ねてみました。
お友達のご紹介、持つべき物は友ですねぇ。
馴染み深い道をちょっと入っていくと、うわぁ、別世界です。
a0223786_1045506.jpg

梅雨の合間の晴れた日で、見渡す限り青空と畑がひろがってまるで南イタリアみたいです。
なんて、私の頭の中のイメージだけですが...

いろいろ白菜の事うかがって、レタスまでたくさんおみやげにいただいちゃって感謝感激です。
そのままの気分で、お夕飯は南ヨーロッパの食堂風。
バケットを買って帰って、まずは、劇的に簡単なレバーペースト。
5分でできます。
a0223786_1111531.jpg

作り方はこちら→Cpicon 5分でできる♡簡単絶品♡レバーペースト by ドミニクニック

貝と野菜のカポナータ。
なんちゃって、カポナータにはまぐりのワイン蒸しをスープごとかけただけなんですけど。
a0223786_1151071.jpg



あと、かぼちゃと生しいたけのマリネ、クスクス添え。
a0223786_1122948.jpg

これは、ソウルの新羅ホテルのラウンジのTTP(徹底的にパクるの略)。
我ながら、わりとそっくりにパクれてると...

かぼちゃも生しいたけも、刻みにんにくとともにオリーブオイルでじっくりソテーして、ケイパーと白ワインビネガー、塩こしょうとオリーブオイルをあわせたマリネ液でマリネし、蒸したクスクスをトッピングしただけです。
クスクスのプチプチした食感と、かぼちゃのカリッ、生しいたけのチュルンとした感じがクセになります。

おまけ画像。
a0223786_1503747.jpg
畑に並んだおいしそうな白菜たちのアップ。
いいキムチができそうです。
by mickimchi | 2012-06-19 15:04 | あれこれおつまみ | Comments(0)