カテゴリ:ご飯類( 15 )

春野菜のビビンバ、肉味噌と卵味噌がミソ

春野菜のナムルで春色ビビンバを作りました。

a0223786_15365711.jpg
簡単そうでなかなか味が決まらないナムル。
ですんで自分用に覚書。

菜の花は、1分ほどゆでて冷水にとり、水気をしぼって塩とごま油をちょっと加えて。

つぼみ菜は、日本の白味噌に薄口しょうゆとごま油ちょっとで和えました。

にんじんは、スライサーで千切りにしたら塩を振って20分ほど置き、出てきた水気をギュッと絞ります。
ごま油をひいたフライパンでしんなりするまで塩少々を加えて炒めて白すりごまパラリ。

水菜は生のまま酢コチュジャンでさっと和えて。
酢コチュジャンは今回は米酢3:コチュジャン2:白味噌1:きび砂糖1のちょっと和風な感じに。

セリは味噌和え。
韓国のテレビでやってた、ゴマたっぷりの味噌ダレで和えました。
味噌5:すりごま5:おろしにんにく1:砂糖0.5:ごま油2の配合。
2週間ほど日持ちするそうで、多めに作っていろいろ使い回し。
a0223786_15371177.jpg


このゴマたっぷりの味噌ダレを使って作った肉味噌とたまご味噌。
まず肉味噌は、合挽き肉を茹でこぼし、出汁少々と味噌ダレ、ネギのみじん切りと一緒に煮込みました。
最後に青唐辛子のみじん切りをパラリ。
ご飯に合うように味噌ダレは多めにして熱々のところを食卓に。

こういうしょっぱいお味噌汁を韓国ではカンテンジャンと言って、ご飯にのせたり野菜で巻いたりして楽しむんですよ。
具材も、テレビでは鯖缶とか煮干しとか使って作ってました。


たまご味噌は溶き卵に水と片栗粉少々を混ぜ合わせてスクランブルエッグを作り、味噌ダレを加えて炒め合わせたもの。

両方ともご飯に合いますよ。
サニーレタスに乗せて包み、一口でパクッと食べるのもイケます。

a0223786_15374557.jpg

もちろん、ご飯の最強お供、キムチも。
a0223786_15380998.jpg
サラダとメインとご飯と汁物を全部ひっくるめた野菜たっぷりビビンバ、手抜きと知られず手が抜ける?楽チンご飯かも...

by mickimchi | 2017-03-09 13:23 | ご飯類 | Comments(4)

秋の韓国ごはん、きのこの石鍋栄養ごはんに里芋と牛肉のスープ

韓国風の秋の炊き込みご飯を作りました。
石鍋栄養ご飯は、石鍋にお米と高麗人参、ナツメや豆、栗やさつまいも、かぼちゃなどをのせて炊く韓方や根菜たっぷりの韓国の炊き込みご飯です。

今回は石鍋に洗って水気を切ったお米に黒米少々を加え、銀杏、なつめ、栗、にんじんを加え、秋らしくきのこも。
蓋をして普通の水加減でできるので、普通の土鍋や炊飯器でもおいしくできますよ。

a0223786_17224053.jpg


まんなかに鎮座してるのは、例のコウタケ
色が黒っぽいのは味付けしたからでなく、こういう色なんです。
なんだかお肉のようにも見える。
実際、お肉の代わりにチャプチェなんかに入れるらしいです。

コウタケなんぞ手に入るもんかっという方々、しめじやエリンギ、まいたけなどのお好きなきのこを乗せてみて下さいね。

韓国では松茸より珍重されるといわれている、コウタケ。
a0223786_1622812.jpg



とはいえコウタケはアクが強いので、一手間かけて。
干しコウタケは、しばらく水につけては水を何度か換えてアクを抜きます。
このアクを抜いた干しコウタケを水に漬けてしばらくおいてしっかりもどし、もどし汁でご飯を炊きました。
干し椎茸の戻し汁で椀物やご飯を炊くのと同じ要領ですね。

本来の韓国の石鍋栄養ご飯は、ご飯に味をつけずにねぎ醤油ダレを添えて出し、各自がお好みで味付けして食べるのですが、きのこご飯はやっぱりほんのりお醤油の香りがするのがいいのではと思い、味付けご飯にしました。

だいたい、お米1合で、コウタケのもどし汁に昆布を漬けおきしたもの150cc、淡口醤油が大さじ1、酒大さじ1、みりんが小さじ2くらい。
他のキノコでやる場合は昆布だし150ccにして下さい。
石鍋に米とともに入れ、野菜をのせたら蓋をせずに強火にかけ、沸騰したら蓋をして弱火にし10分炊き、そのまま10分ほど蒸らしました。
土鍋でも同じ要領でどうぞ。
炊飯器は普通のご飯を炊く方法で。

なんだか一見本格的に見えますが、ネタばらしをしますと、冷凍保存したナツメ、レトルトパックのギンナンに、コンビニの「甘栗むいちゃいました」を使ってるんですよ。
ただただ、野菜をお米の上に乗っけて炊いただけなんですけど、にんじんがほっこりしておいしい。
さつまいもやかぼちゃを入れてもおいしいだろうなぁ。

もちろんコウタケのいい香りが炊いているときからキッチン全体に広がって、石鍋の蓋を開ける瞬間が待ちどうしかったです。

色々具材を入れましたが、コウタケのいい香りはちょっとやそっとでは薄れないことがわかりました。
逆に、高価な食材、たとえばアワビや牡蛎などと合わせると主役の座をコウタケの香りが横取りしちゃうかも、と思いました。
なにしろコウタケ、おもしろい食材でいろいろ試してみたくなる、不思議な魅力があります。

あわせたスープは里芋と牛肉のスープ。
秋の深まるこの季節、スーパーに並んでるコロッとかわいい里芋見ると、ほっこり里芋料理が食べたくなる。

a0223786_15454234.jpg


ここにレシピが載ってます。
これ作ったのも去年の同じ時期だわ。

ホントはこの里芋汁トランクッ( 토란국 )韓国の秋夕(チュソク)、陰暦8月15日の祝日に食べるメニューだから、9月のモンなんですけどね。

もっと寒い時期もおいしいと思うなぁ。
そういえば韓国のスーパーに里芋ってあんまり出回ってるの見たことないなぁ。

比較的いつの時期も里芋が食べれる日本に感謝です。
by mickimchi | 2015-11-19 11:33 | ご飯類 | Comments(4)

ラムのクミン炒めパクチー盛り&タコキムチご飯

夏だ、ビールだ、韓国おつまみだ!のお夕飯。

で、「切干し大根ときゅうりの胡麻和え、チャンジャのっけ」。
a0223786_7341788.jpg


「ねぎささみの冷や奴」。
a0223786_7335089.jpg

いい味にできたので自分の覚書用に。
ごま油、しょうゆ、みりん、酢、ゴマ、コチュジャン、はちみつを全て同量、キムチヤンニョン(キムチの素)倍量を混ぜたたれで、白髪ねぎとささみをほぐしたのを和えました。
冷や奴にのっけて。

「キムチとお豆腐のさっぱり蒸し餃子」。
a0223786_7332538.jpg

韓国風冷製水餃子を作った時、キュウリを入れずに作ったものを冷凍しておいたの蒸しました。

「ラムのスパイス炒め、香菜(パクチー)テンコ盛り」。
私の頭の中では韓国料理なんですけど、もともと中華料理なのかな?
ソウルでちょっと行きたかったお店見つからず、半泣きで入ったソウルの建大(コンデ)羊串(ヤンコチ)通りで、スパイシーなラム肉と青島(チンタオ)ビール。で食べたヤンコチ(羊串)の味が忘れられなくて、ラム肉は最近スパイスふってシンプルに焼くのが好き。

今回もエキゾチックなスパイスでスパイス炒めしました。
ラムもも肉150グラムを一口大に切って、クミンパウダー、コリアンダーパウダー各少々、オイスターソース小さじ1、酒、シーズニングソース各小さじ2でもみこんで、ごま油で焼いて、万能ネギと香菜をドサッと盛りました。
ラム肉さっと焼くと、やわらか〜い。
a0223786_73321.jpg


「たこキムチご飯」。
a0223786_734044.jpg

2人分の作り方。
米一合を洗う。
ゆでたこ小100グラムを粗みじんに切り、ひたひたの万能醤油だれに数時間漬ておく。
白菜キムチも粗みじんに切り、軽く汁をしぼっておく。
ゆでたこを醤油だれから引きあげ、キムチとともにさっと炒め煮する。
ザルにあけて煮汁をきり、この煮汁大さじ1と水で米の水加減して炊き、炊きあがりにたことキムチをのせて10分ほど蒸らす。
ネギをちらして出来上がり。

夏になるとたこ飯食べたくなるの、私だけでしょうか。
by mickimchi | 2014-07-21 17:35 | ご飯類 | Comments(8)

常備菜で作る根菜ときのこのビビンバと、万願寺とうがらしのジョン

根菜ときのこの盛りだくさんのビビンバ。
a0223786_11485720.jpg

え〜っ?野菜はどこどこ?
実はご飯にのっかてるのが、きのこの佃煮と、れんこんそぼろと、ふきのとうのの肉味噌なんです。
a0223786_11491273.jpg


きのこの佃煮は常備菜あれこれで、あれこれおつまみでものっけてる保存食。
れんこんそぼろは牛ひき肉をさっと下ゆでしてザルにあけ、れんこんとともに万能醤油だれ(砂糖1、水1.5、濃口醤油12.5、みりん2.5の割合で鍋に入れ沸騰直前で火を止めて作ります。)で炒めたもの。
ふきのとうの肉味噌は、炒めた鶏挽き肉と、ふきのとうをゆでて水を切ってからみじん切りにしたものに田舎味噌を加え、ぼってりするまで火にかけたもの。
どれも常備菜で保存が効くので前もって作っときました。

「冷や奴のピーマン醤油がけ」。
a0223786_11492498.jpg


「タコとアボカドとカクテギのマリネ」。
a0223786_11494087.jpg

ごま油と酢、ほんの少し塩を加えてあえただけ。

「万願寺唐辛子のジョン(チヂミ)」。
a0223786_1150866.jpg

これも、キムチのミルフィーユグラタンで残った肉ダネを冷凍しといたのを万願寺唐辛子に詰めて、小麦粉少々と溶いた卵黄を刷毛で塗って焼いた、残り物活用の一品です。

ぜ〜んぶいっぺんに作ろうと思うと大変だけど、常備菜あると気が楽ですよね。
こう見えて、結構プレッシャーに弱いんです。
遊びすぎたGW明けとか...
by mickimchi | 2014-05-07 13:19 | ご飯類 | Comments(2)

簡単に、つぶつぶプチプチ、韓国風雑穀おこわ

プチプチ雑穀おこわ、大好きです。
雑穀ともち米とあずきを半日水に漬けてからせいろで蒸して〜。
なんちゃって、そんな事はやらずに思い立ったらすぐできる簡単韓国風おこわ。
炊飯器でもできます。
a0223786_1153379.jpg

でも味はおいしいんですよ。
a0223786_1151839.jpg

ヒミツは、チャ〜ン!
スーパーで売ってる市販の「こつぶもち」と「蒸しあずき」。
こつぶもちはお好み焼きのコーナー、蒸しあずきはデザート材料のとこあたりにあるかな?
おもちはしゃぶしゃぶ用のスライスもちを切ってもいいし、蒸しあずきの代わりにゆであずきでも大丈夫ですし、黒豆煮とかでもいい感じ。
あとはですね、コンビニの「甘栗むいちゃいました」を加えると、栗おこわに変身します。

a0223786_1155134.jpg

黒米と雑穀ミックス少々を加えた白米にこつぶもちをのっけて普通に炊いたら、蒸しあずきを加えてざっくり混ぜただけ。
あずきは甘くなっちゃうのでちょこっとだけ。
あとは、バニラアイスにのせて食べるとかにして下さい。(コレいけます。)


簡単なんで、トッピングは自家製で。
牛肉のしぐれ煮。
a0223786_14591251.jpg


のりたま。これはもっと大人味にすればよかった。
a0223786_1211939.jpg


キムチ。売るほどあるんで。(ハハッ)
a0223786_14572817.jpg


おこわは俵形のちっさいおむすびにして、韓国海苔をクルッと巻いてお好きなトッピングで。
マシッソヨ。
by mickimchi | 2013-05-30 12:15 | ご飯類 | Comments(4)

牛モツとカクテギのポックンパ

スゴくヘビー級なタイトル。
でもおいしくできましたよ。
「牛モツとカクテギのポックンパ」
a0223786_9443028.jpg

材料(2人分)
カクテギと白菜キムチ(粗みじんに切る) あわせて1.5カップくらい
牛モツ(今回は、コプチャンとミノ、ゆでたトリッパをそれぞれ粗みじん) あわせて150グラム
肉の下味用
 コチュジャン 小さじ1
 しょうゆ 小さじ1/2
 味の素 少々(なくても)
ご飯 3/4合分
韓国のり(ちぎって) 適量
白炒りごま 適量
卵 1個

作り方
1 卵は半熟の目玉焼きにする。
2 牛モツに下味用の調味料を加え、よく混ぜる
3 フライパンにサラダオイルを熱し、2を炒める。
4 3におおよそ火が通ったら、カクテギと白菜キムチも加える。
  1分ほど炒め合わせる。
5 ご飯も加えて炒める。
6 韓国海苔、白炒りごまも加える。
7 目玉焼きをのせて出来上がり。

牛モツのこってり感をカクテギの味がさっぱりしてくれます。
粗みじんのカクテギのシャキシャキした食感も新鮮。
コツは、キムチをえ〜っ!というほど入れる事。
ご飯の量は控えてお肉たっぷり、野菜はあんまり色々入れない方がこれはおいしいです。
「ザ・肉メシ」って感じで。
牛のホルモン類がなければ、市販のこてっちゃんとか、スーパーに売ってる焼鳥なんかでもいいかも。
その場合は肉の下味用の調味料は除いて下さい。

スープは、さっぱりわかめスープで。
たっぷりのわかめをニンニクのみじん切りとともに炒めて、ムール貝で取った出汁で煮込みます。
今回は素干エビも加えて。
a0223786_1025564.jpg


つけ合わせもさっぱりと「ニンジンのタラコサワー」。
a0223786_10172592.jpg

にんじんはスライサーにかけて塩をふって30分置き、出てきた水分をギュッとしぼりニンジン臭さを抜きます。
それをオリーブオイルで炒めたら、焼きタラコをほぐしたものとサワークリームを混ぜたタラコサワーで和えてできあがり。
by mickimchi | 2013-04-24 13:30 | ご飯類 | Comments(4)

三清洞(サムチョンドン)の韓定食屋さんみたいに、ムール貝の炊き込みご飯。

ソウルの三清洞(サムチョンドン)のムール貝ご飯の韓定食屋さんで食べた、ムール貝の炊き込みご飯。
昨年夏、暑いさなかにえっちらおっちら安国(アングッ)駅から丘を登ってやっとたどりついた青受亭(チョンスジョン)のムール貝定食。
と〜ってもおいしくて忘れられない味。
ということで、真似して作ってみました。
お店で食べたとき、ご飯がしっとりしてコクがあったので多分ごま油加えてるのでは、と思ったんで、今回も炊き込み終わりにごま油を加えてざっくり混ぜ、ご飯に旨味とコクを出してみました。

「韓国風ムール貝の炊き込みご飯」。
a0223786_922880.jpg


日本では、ムール貝結構高いですよね。
今回はお手軽にこんな冷凍ムール貝をスーパーで見つけたのでそれを使って作りました。
a0223786_921085.jpg

袋に殻ごとゆでて冷凍してあるから、解凍後そのままお召し上がり下さいと書いてある。
こんなんで(失礼!)、ちゃんと貝のおいしい出汁が取れるだろうか?と少々不安になりながら、昆布とお酒とお水を入れたお鍋にムール貝を入れて火にかけて数分。
おそるおそる味見してみたら、すごいおいしい!
今さらながら、ムール貝ってものすごくいい出汁が取れるのね〜。

材料(2人分)
ムール貝(殻付きで)300グラム(生でも冷凍でも)
昆布 5センチ角くらい
米 1合
酒 大さじ2と1/2
水 適量
薄口醤油 小さじ1
しょうが(細切り) 適量
ごま油 適量

作り方
1 鍋に、ムール貝と昆布を入れる。
  酒大さじ1と1/2と貝がひたるくらいの量の水を入れる。
2 1にフタをして中火にかけ、煮立ったらアクをすくう。
3 生のムール貝の場合は貝の口が開いたら火を止める。
  冷凍の場合は、貝に火が通ったら火を止める。
3 貝を取り出して、茹で汁を濾す。
  取り出した貝は殻から出しておく。
4 米を洗って、15分浸水させ15分水切りする。
5 酒大さじ1、薄口醤油、3の茹で汁に水を足して米と同量にする。
6 土鍋に米と5を入れ、13分くらい炊く。
7 炊きあがりにムール貝と針しょうがをのせてフタをし、15分ほど蒸らす。
8 ごま油少々を加えて、しゃもじでざっくり混ぜ合わせる。
9 ヤンニョンカンジャンを添えてどうぞ。
(炊飯器の時は水加減を目盛りより少し少なめにして下さい。)

a0223786_923682.jpg

ヤンニョムカンジャン(薬味醤油)は、醤油5:粗挽き唐辛子2:砂糖、おろしにんにく、ごま油、万能ネギ、炒りごま各1の割合で。
野菜を和えてナムルにしたり、チヂミのたれにしたり、こんな感じでご飯にちょこっとかけたりする万能調味料です。
唐辛子を入れずに作ってもいいし、ギョウザやシュウマイのたれもいいですよ。

a0223786_92037.jpg
ご飯のおともは、オイキムチと、パンチャンのパステルカラーのナムル。

右からクレソン、えのきだけ、ふきのとう、さやえんどうです。

さっとゆでたえのきを↑のヤンニョムカンジャンであえ、クレソンも茎だけさっとゆでて葉の部分はなまのまま、これも↑であえます。

ふきのとうは、マスタードとメイプルシロップを同量で作ったメイプルマスタードソースで。

さやいんげんは斜め細切りにして塩少々とオリーブオイルで炒めてから、素干エビであえてみました。

メイプルマスタードソース、ひらめきで作ったわりにおいしくて、フライドチキンとかにかけてもおいしいかも。
今度やってみよう。
by mickimchi | 2013-04-15 13:09 | ご飯類 | Comments(6)

春野菜のナムルで、春色ビビンバ

待ち遠しい春。
若かりし頃は、知らないうちに来てた春。
なかなか来ませんねぇ。

食卓だけはちょっと春色に、というわけでスーパーで見つけた春野菜をナムルにして春色ビビンバを作りました。

a0223786_15452451.jpg


近頃スーパーの野菜売り場で見かける新顔野菜、ロマネスコ。
ブロッコリーとカリフラワーのミックスみたいですね。
これも入れてみました。

a0223786_8591613.jpg




ロマネスコのゆで時間は1分半ほど。
ごま油、塩、おろしにんにくを加えて和えて白炒りごまをパラリ。


菜の花は1分ほどゆでて冷水にとり、水気をしぼったら、ごま油、塩、おろしにんにくを加えて和えます。仕上げに黒すりごまをパラリとすると、菜の花の緑がより際立ちます。

たらの芽は日本の白味噌に薄口しょうゆとごま油ちょっとで和えて。

にんじんは、スライサーで千切りにしたら、塩を振って20分ほど置き、出てきた水気をギュッと絞ります。
ごま油をひいたフライパンでしんなりするまで塩少々を加えて炒めたら白すりごまパラリ。


ピーラーで切った極細さきがきごぼうを、炒めてキムチヤンニョンであえたゴボウキムチ炒めと、干し椎茸を、もどし汁にしょうゆ、砂糖、おろしにんにくごま油をそれぞれを少し加えてやわらかく煮た椎茸ナムルも。

ナムルは簡単ですが、それぞれの野菜にあった味付けを考えて丁寧に作るとおいしかが全然ちがうような気がします。

これにごま油、しょうゆ、砂糖、おろしにんにくで味付けした牛そぼろを加えて、コチュジャンは各自お好みで加えます。

この日は母も一緒。
生卵が苦手の母には、卵黄の代わりに温泉卵にしました。
a0223786_1545381.jpg


よ〜く、よ〜く具材とご飯を混ぜてね。
日本人は、ビビンバの混ぜ方が足りないと言われますからね。


a0223786_15455671.jpg


残った菜の花は、ホタルイカと辛子酢みそ和えにしました。
よくお寿司屋さんのおつまみで出てくるキリリと辛いホタルイカの酢みそ和えが大好きなので、今回はそんな感じを目指して。

粉のからしを使うのがミソの「男前辛子酢みそ」の作り方
粉からし(小さじ2)をぬるま湯(小さじ1)で溶いて4分ほどラップをして置いておき、溶きがらしを作ります。(すいません、ここ表記間違ってました。3/20に書き直しました。)
西京白みそ(大さじ1と1/3)、みりん(大さじ1)、砂糖(大さじ1)を耐熱容器に入れて
レンジで1分チン。
これに、米酢(大さじ1)と、先程の溶きがらしを混ぜて出来上がり。

鼻の奥がつーんとくるくらい辛い辛子酢みそ和え、辛口の日本酒の冷酒とかにも合いそうですね。
この日以来、この男前辛子酢みそ、たこやわかめ、やりイカとなんでも和えてマイブームです。
by mickimchi | 2013-02-19 13:48 | ご飯類 | Comments(2)

おうちでマグロ祭り。炙りトロのキンパッ(韓国風のり巻き)と、マグロとサラダ玉ねぎのさっぱり和え

a0223786_16451795.jpg

キムチと同じくらい好きな食べ物、マグロ。
お知り合いからいただく機会があって、贅沢におうちでマグロ祭り!
もちろん、韓国風に。

炙りトロのキンパッ(韓国風のり巻き)
材料
中トロサク
ごはん 1合分 
A 
 ごま油 小さじ1
 塩 小さじ1
 いりごま 適量

焼きのり 1枚半

白菜キムチ 適量

オイキムチ(きゅうりのキムチ)4~5センチ

イクラ(あれば)適量

貝割れ大根(あれば)少々

作り方
1 ご飯を普通の水分量で炊く。
  炊きあがったら熱いうちにAを加えしゃもじで切るようにまぜる。
 
2 中トロサクの片面をクッキングバーナーでかるく炙り、
  角棒のような形に切る。
  
3 白菜キムチは大きければざく切りにし汁気を取る。
  オイキムチは縦に4つに切る。

4 のりを縦半分に切り、巻きすに置いて1/3量の1のご飯をしく。
  2の1/3量と白菜キムチをのせ巻く。これを2本作る。
  残りの1本はオイキムチと2の中トロ1/3量をのせ巻く。
  食べやすい大きさに切り、イクラ、貝割れ大根を飾る。

イクラはなくても。(あれば少々不格好な巻き寿司も隠せますので、うちは巻き寿司を作るときは必須。)
クッキングバーナーで炙りましたが、テフロン加工のフライパンでオイルをひかずにさっと焼いてもいいと思います。
もちろん炙らなくても。


づけマグロとサラダ玉ねぎのさっぱり和え
a0223786_16452745.jpg


材料 (2人分)
鮪のお刺身 1パック
しょうゆ6:酒2:みりん2を沸騰から10秒煮て冷ました漬けだれ 適量
サラダ玉ねぎ(新玉ねぎ) 1/2個(うす切り)
貝割れ大根 1/2パック(根元を切り落とす)
黒こしょう 適量

鮪のお刺身は適当な大きさにそぎ切りし、漬けだれに漬けておく。
ボウルにサラダ玉ねぎと貝割れ大根を入れてよくかき混ぜ、冷蔵庫で冷やしておく。
食べる直前に、解凍したづけ鮪をボウルに加え、黒こしょうをふりざっくりかきまぜて器に盛る。
(黒こしょうは多めに入れるとおいしいです。玉ねぎを使う場合は冷水にさらして辛みを取って下さい。)
ホントは卵黄のせて、かきまわすとさらにおいしい。

この日は、いただいた冷凍づけ鮪を解凍して使いました。

なんでマグロってテンションあがるんでしょ?
デパ地下でマグロの解体ショーとかやってると必ず一番前行って観ちゃいます。

でもあれ、魚を生で食べる習慣のあまりない欧米の方にはどう見えるのかな。
あ、でも築地のマグロのセリとか一生懸命写真撮ってるもん、大丈夫かも。
以前、知り合いのカナダ人とボーッとテレビを観てたら、蟹の名産地の話題で活き蟹を浜茹でして食べる映像が目に飛び込んできて、大きなすくい網ですくったその朱色に染まった蟹を観て、「おいしそ〜!」という私の声と、「かわいそ〜!」という彼女の声が同時に発せられて、えらくばつの悪い思いをした事があったのを思い出しました。
by mickimchi | 2012-09-28 21:42 | ご飯類 | Comments(0)

フライパンで、炊き込みビビンバご飯

a0223786_9512050.jpg

ビビンバはビビム(混ぜる)パプ(ご飯)ですから、ご飯と具材をよ〜くよ〜く混ぜて食べるご飯ですよね。
これは、フライパンでお米から具材と混ぜながらご飯を炊いた、フライパンで作る炊き込みご飯。
もともと、栗原はるみさんの沖縄のジューシー風ご飯の作り方を見て、韓国風にビビンバ味で作ったらどうかなと思って。

フライパンでお米と具材を混ぜてはフタをし、またまた混ぜてはフタをしを繰り返しながらご飯を炊き、水が足りなくなったらテキトーに足すというざっくりした作り方なんですが、これ、失敗なしで簡単です。

材料(2人分)
米 1カップ
牛肉(焼肉用かステーキ用) 120グラム
にんじん(みじん切り) 1/4本
干ししいたけ 2〜3枚
A
 しょうゆ 大さじ1
 砂糖 大さじ1
 ごま油 大さじ1/2
 酒 大さじ1/2
 にんにく(おろして)少々

豆もやし 1/4パック
水菜 1/4パック(小松菜、ほうれんそうなど他の青菜でも)
B 
 塩 適量
 ごま油 適量
 にんにく(おろして)少々

作り方
1  干ししいたけは水でもどして水気をしぼりみじん切りにする。
   もどし汁も使うので捨てずに。

2  米はといでざるに上げ、15分くらい置く。

3  牛肉は大きめの拍子切りにする。

4  2つのボウルを用意する。
   それぞれ干ししいたけとにんじん、牛肉を入れる。

5  4の2つのボウルにAを分け入れ、30分置く。
   30分置いたら手でもむ。

6  フライパンにオリーブオイルを熱する。
   味付けした干ししいたけとにんじんを炒める。
   野菜がしんなりしたらざるにあけ、野菜と煮汁に分ける。

7  同じ様に味付けした牛肉もさっと炒め、ざるにあけ牛肉と煮汁に分ける。

8  6と7の煮汁としいたけのもどし汁をあわせて225CC分を用意する。

9  フライパンに8と米を入れてフタをし、強火にかける。

10 2分くらいして沸騰してきたら弱火にする。
   全体をまぜてふたをする。

11 2分くらい間隔でまぜてはフタをしの動作を繰り返す。 
   10分程たったところで、6のしいたけとにんじんも加えて混ぜる。
   全体で13分くらい炊く。  
   途中、水分がなくなってしまったら、そのたびに大さじ1の水を足す。

12 ご飯を食べてみてふっくらたけていたら、出来上がり間近。
   最後に30秒ほど強火にしてから牛肉を加える。

13 全体を混ぜ合わせたら火を止める。
   10分以上そのまま蒸らす。

14 蒸らしている間に、豆もやしと水菜のナムルを作る。

15 鍋にたっぷりの湯をわかし、豆もやしを入れ塩少々も加えさっとゆでる。
   ざるにあけて、冷水に放ち水気をぎゅっと絞る。

16 Bの材料のうち、まず塩少々をふり、ごま油少々を加える。
   にんにくしょうしょうも最後に加えて手で混ぜる。

17 水菜は半分に切り、根の方のみ16の要領でさっとゆでて水気を取る。

18 ゆでた水菜も葉先部分も3センチくらいに切り分ける。

19 18をボウルにあわせ入れ、16の要領でBで味付けする。

20 蒸し終わったご飯にもやしと水菜のナムルを加えて混ぜる。

ここまで書いて気がついたんですが、このレシピ、作るのは簡単なのに説明がたいへ〜ん。
長い事読んでいただいてすいません。
要するに、チャプチェの要領で、具材を別々に炒めて食感を残しつつご飯を炊き上げるという事です。
多めに作って、もやしと水菜のナムルを加える前の段階で取っておくと、おにぎりにしたりしてもおいしいですよ。
何よりも、赤子泣いてもフタ取るなというご飯炊きですが、フタをあけて味見しつつ作れるので心配性の方にもいいですよ。
なんか芯が残ってるなぁと思ったら、お水ちょろりと足しながら、もすこし味付けしてみようかなと思ったら、お醤油ちょろり。
このざっくりした作り方、結構楽しい。

この日は、この炊き込みビビンバがメイン。
あとは、多めに作った水菜のナムルと、
a0223786_9445961.jpg


ミッキムチの白菜キムチ。mickimchi
a0223786_945954.jpg


余った豆もやしでコンナムルクッ(もやしスープ)を作りました。

しばらくは炊き込みご飯、このフライパン仕様にハマりそうです。

a0223786_9443829.jpg

by mickimchi | 2012-09-17 17:12 | ご飯類 | Comments(0)