カテゴリ:麺類( 9 )

あのお店のタッカルクッス(韓国風鶏スープ麺)を真似て

麻布十番の韓国料理屋さんの看板メニュー、韓国風鶏スープ麺、「タッカルクッス」を真似っこして作ってみました。
そのお店のタッカルクッスは、鶏出汁と牛骨スープの白濁スープで、鶏肉、ジャガイモとシコシコモチモチの麺、ネギがドバッと入ってて、黒胡椒がこれでもかっていうくらいかかってる。
シンプルなんですけど、コクのあるスープが美味しい。

あの味に近づけたくて、スープは鶏ガラと鶏皮、香味野菜をアクを取りながら強火で煮込んだ鶏スープに、牛骨スープを加えて塩だけで味付けしてみました。

a0223786_09280818.jpg


で、一口大に切った鶏もも肉とジャガイモ(メイクイーン)をスープに入れて煮込んだら、
a0223786_09384521.jpg

固めに茹でて流水で締めたのアオキのうどんを加え、九条ネギのぶつ切りをドバッとのせて黒胡椒をこれでもかっというくらいかけて完成。
a0223786_09414271.jpg
食べてる途中、キムチを入れたりすると味が変わってまたおいしいです。


箸休めに「ナムル盛り合わせ」も作りましたヨ。

イタリア料理のワインバーで出てきた野菜の前菜の盛り合わせを食べてる時、思いついたんです。
ナムルもイタリアンの前菜みたいな感じでお皿に盛り合わせたらいいんじゃないかと。

手前から右回りに、アボカドのナムル、セミドライトマトのナムル、ズッキーニのナムル、国産ゼンマイのナムルに、黄ニラのナムル。
(ゼンマイは断然国産のがおいしいですね...)
真ん中がエノキダケのナムルです。

今回はズッキーニのナムルとゼンマイのナムルが美味しくできたかな。
覚書に作り方、書いときます。
a0223786_09434731.jpg
ズッキーニのナムル(2人分)
作り方
ズッキーニ1本は、3ミリくらいの輪切りにし、軽く塩をふって20分ほどおく。
ズッキーニから出た水分をしっかりしぼり水気を取る。
熱したフライパンにごま油を入れ、ズッキーニを炒める。
途中、水大さじ2ほど加えながら焦げ付かないように炒め、ズッキーニに火が通ったら塩少々で味付けし、火をとめる。
バットなどに広げて冷ます。
冷めたら味をみて、足りなければ塩をする。

ゼンマイのナムル(2人分)
作り方
ザルに入れ水気をとった水煮ゼンマイ(100グラム)は、食べやすい大きさに切り、半分に裂いておく。
フライパンにごま油とニンニクのみじん切り少々を入れて弱火で炒め、ゼンマイを加える。
みりん、醤油各大さじ1と1/2、酒小さじ2、砂糖少々も入れて弱火で5〜6分煮る。

by mickimchi | 2016-10-06 09:26 | 麺類 | Comments(2)

プチトマトのビビン麺風!?冷製パスタ&チキンのパイナップル煮 oishii

カッペリーニで冷製パスタ。
と言っても韓国のビビン麺風に。

a0223786_10123390.jpg

ビビン麺のタレさえ作っとけば、茹でて冷水にさらして水気を切ったカッペリーニをタレで和え、野菜をトッピングして出来上がりです。
今回は皮を湯むきしたプチトマトとブルーベリーに三つ葉。

ビビン麺のタレ、これ、材料は色々入るんですが、野菜と果物と調味料をミキサーでガーっとやるだけなのでオススメです。
で、1回分ずつ小分けして冷凍保存しておけば、食べたい時にすぐビビン麺が食べれるというスグレモノ。


ビビン麺のタレ 6人分くらい

玉ねぎ 1/4個
りんご 1/4個
缶詰めのパイナップル 2枚
パイナップルの缶詰めの汁 1/8カップ
粗塩 大さじ1
酒 小さじ2
醤油 大さじ1と1/3〜(味見して足りなければ増やしてください)
はちみつ大さじ2
砂糖 小さじ1
米酢 50cc
コチュジャン 大さじ1と2/3
粉唐辛子 大さじ1と2/3

まず、果物と野菜、パイナップル缶の汁をミキサーでガーっとやって、後の調味料を加えてさらにミキサーで撹拌して出来上がり。
で、冷蔵庫で4〜5日寝かすんです。
そうでないと玉ねぎの辛さが立っちゃって辛くて美味しくないんです。
日に日に味がマイルドになって4〜5日目が一番おいしい気がします。
それ以降は冷凍庫保存がオススメです。

a0223786_16225200.jpg
フルーティなタレなので、夏野菜もいいんですがフルーツをトッピングしてもおいしいです。
もしかして桃とかもいいかな?

あっ、そういえばトマトって韓国では野菜じゃなくて果物っていう認識なんですって。
だから売っているのは八百屋さんじゃなくて果物屋さん。
果物屋さんでオレンジの隣にプチトマトがずらっと並んでるの、少々不思議に感じました。

さて、パイナップルの缶開けたものの、あとパイナップルが2枚残っちゃった。
それで久々に鶏の手羽元のパイナップル煮にしました。

これもむっちゃ簡単。
手羽元をフライパンで全面こんがり焼いて、水4に対し1の分量の万能醤油だれを混ぜたものをチキンがひたひたになるくらい加え、パイナップルを乗っけて落とし蓋をし、お鍋でコトコト弱火で1時間くらい煮ただけ。

こってりつやつやに仕上がります。
付け合わせはさっぱりと野菜の和風マリネにしました。
a0223786_10151778.jpg



でね、このビビン麺風パスタ、実は韓国ソウル、弘大(ホンデ)にあるモダン韓国料理のお店のフツーツビビン麺風カッペリーニパスタの真似っこ。
こちらが本家本元のイチゴのビビンパスタです。
っということで、次回はこのお店のことを書こうかな。
a0223786_10013553.jpg

by mickimchi | 2016-07-15 10:43 | 麺類 | Comments(2)

トマト三昧と、カラフル野菜の晩ご飯

野菜の価格が高騰してますね。
そんな時期にありがたい事に、またまたたくさん長野の野菜をいただき、

トマトで、
a0223786_7472266.jpg


「トマト100パーセントジュース」
a0223786_12125569.jpg

おいしいのよ、これが。
トマトいただくと必ず作る。
でも500グラムで、400CCくらいしかできないので、自分でトマト買っては作れないなぁ。
でもおいしのよ、これが。




「トマトとカニのサラダ、赤ピーマンのソースで」。
くり抜いたプチトマトに、カニをマヨネーズで和えてのせて、とびっこを飾りました。
a0223786_1214918.jpg

下にしいたのは赤ピーマンのソース。
赤ピーマンをレンジで5、6分チン。
スープ(コンソメ顆粒少々を湯で溶いたもの)とともにミキサーで撹拌したものと、同量のトマトソース、半量の生クリームで作りました。
トマトソースもいただいたトマトで。
ニンニクのみじん切りをオリーブオイルで香りが出るまでいため、ざく切りトマトを加えて煮詰めました。
最近の日本のトマト、煮込んでトマトソースにしてもものすごくおいしい気がします。
そんなわけで、トマト缶、最近買ってないなぁ。

紫玉ねぎもいただいたので、
「ワインレッドのサラダ」。
玉置浩二が好きそう、なんちゃって。
a0223786_178214.jpg

ま、紫玉ねぎを赤ワインビネガー、水、砂糖、塩で作ったピクルス液に漬けとくと、それはそれはワインレッドになるんですよ。
その液に白色の野菜やらを入れるとみんなみんな、ワインレッドになる。
今回はうずら卵やタコも入れてみました。
あ、余ってたクスクスも。

「豚キムチのクスクス、夏野菜とアボカドのグリーンナムル。」
a0223786_1744840.jpg

春に作った韓国のおかず。3品。を夏野菜で作ってみました。
アボカドに、モロッコインゲン、オクラに枝豆。

キムチクスクスにナムルのっけて食べるとおいしいです。
何料理かわかりませんが。


by mickimchi | 2014-08-29 12:00 | 麺類 | Comments(10)

大岡山の台湾まぜそばを真似て、韓国まぜそば

名古屋から東京に進出してきた台湾まぜそばのお店、大田区大岡山の「麺屋こころ」。
写真は、こちらのお店の「汁なし台湾まぜそば味玉トッピング」です。
a0223786_13431739.jpg

ゆであがりの太麺にたれをからめてうつわに盛り、ちょっとピリ辛の挽き肉そぼろに、九条ネギの小口切り、ニラ、にんにく、魚粉、卵黄をのっけてくれます。
これをぐっちゃぐちゃにかきまぜて、う〜んおいしい。
a0223786_1347649.jpg

さらにさらに、「追飯」っていうサービスも。
たれと具をすこ〜し残しておいて、お店の人にちょこっとどんぶりに白飯をのっけてもらって坦々ご飯にするんです。
これまた、いいお味。

麺屋こころ、今や長蛇の列ができる程の人気店になったそう。
高田馬場にも支店ができてるんですね。
私はまだ肌寒い春先にうかがいました。
また、ちょっとブームが落ち着いたら行ってみたいです。
a0223786_13465172.jpg


さて、そんな汁なし台湾まぜそばを真似て。
ったって作り方わかりませんから、うちは韓国風。
ラーメンの生麺(私はお気に入りの西山製麺の硬質麺)を1玉ゆでて湯切りしたら丼に。
万能醤油だれ大さじ1と、フルーツジュース(りんごの絞り汁でも)小さじ1、ごま油小さじ1、ニンニクのすりおろし、粉唐辛子各少々をあえた特製だれでよく和えます。
韓国風牛そぼろと野菜をトッピング。
卵黄をポトリ。
あればカツオ粉ものせて、ラー油を添えて。

a0223786_13524499.jpg

香菜やメンマもあったのでのっけました。
ニラのみじん切りがおいしいです。
by mickimchi | 2014-08-22 17:21 | 麺類 | Comments(9)

えごまのスジェビ(韓国風すいとん)とイカワタキムチ炒め

韓国風すいとん、スジェビ。
小麦粉と水で作るお団子ですから、すごく簡単にできてほんとにおいしい。
日本のすいとんは、根菜なんかといっしょに醤油味や味噌味の汁で煮る,どちらかといえば具沢山の冬の郷土料理みたいな感じですけど、スジェビは一口でつるっと食べれる平べったいニョッキみたいな感じ。
スープも、昆布と煮干しの出汁やあさりやタコなんかの海鮮とか、ピリッと辛いキムチ入りとか、出汁の効いたスープでつるつるっとしたスジェビの喉越しを楽しむ感じです。

この日は今ハマりにハマってる、えごまの粉末もたっぷり入れたスープのえごまのスジェビ、トゥルケスジェビにしました。

トロッと濃厚なスープで、えごまのスジェビ、まるでチーズクリームソースのニョッキみたいです。
a0223786_19274726.jpg

網焼きプルコギと2色のチヂミ、えごまのスジェビの大満足定食。狎鴎亭のチャンサランではまったえごまのスジェビ。
韓国のすいとん、スジェビがおいしい仁寺洞(インサドン)のスジェビ屋さんもおいしかった。

この日の具は、はまぐりと春野菜たっぷりで。
えごまの粉末とお米を粉砕してとろみを出してますので乳製品が入ったようなおいしさですが、植物性食品だからさっぱり食べられます。
(あっ、はまぐりは動物性食品ですね。すんません。)

スジェビは小麦粉1カップに塩小さじ1/2、水が大さじ4くらい、サラダ油少々をよく練り混ぜて、ひとつにまとめてラップでくるみ、30分以上冷蔵庫で寝かせたもの。
これを一口大くらいずつちぎって平べったくしてスープに入れて、3分程煮込みます。
この行程は、結構おもしろい。
a0223786_19304310.jpg


えごまの粉、韓国行くたび買ってるんですけど、日本でもネットで買えるみたいですよ。
(楽天とかに出てました。)
スープに入れるとトロトロっとして、ポタージュみたいに。

そしてこの、ニュルニュルしてるのがスジェビです。
a0223786_7171128.jpg


この日は、えごまの粉三昧で、春野菜もえごまの粉に砂糖、にんにくのすりおろし、味噌とマヨネーズを加えたえごまディップで食べました。
ウドや菜の花のほろ苦さと相性が良かったです。
a0223786_19301446.jpg


「イカワタのキムチバター炒め」。
お酒が進むヤバい一品。
a0223786_1930623.jpg


韓国風チキンサラダ
豆苗と白髪ネギ、細かく裂いたゆで鶏をイワシエキスと、特製タテギのドレッシングで。
イワシエキスもタテギも普通のお宅はないと思うので、ナンプラーにごま油、にんにくのすりおろしと粉唐辛子、すりごまと酢少々で代用しても相当おいしいと思います。
a0223786_19312742.jpg


豆苗は、自家製。
なんちゃって、豆苗食べたあとの根っこの部分をお水につけとくとまた豆苗が生えてくるって知ってました?
私、全然知らずに今まで捨ててたンですけど、「愛と怒濤のけいこ飯」のけいこさんのブログ見て、真似してやったら、ほら!すごい、生えてきた。
これは、一番最初、半分根っこ捨ててから育てたヤツですんで、ちょっとイレギュラーな形になっちゃってますけど。
けいこさん、教えて下さってありがとうございます。

a0223786_15253582.jpg

by mickimchi | 2014-05-13 12:29 | 麺類 | Comments(6)

自家製甜麺醤(テンメンジャン)で和風ジャージャー麺

和風ジャージャー麺、作ってみました。
a0223786_1165398.jpg

韓国式のジャージャー麺、つまりチャジャン麺、しょっちゅう韓国ドラマに出てきますよね。
主人公が失恋して泣きながらチャジャン麺、上司に怒られてムカつきながらチャジャン麺、刑事が犯人探しで忙しくて出前でチャジャン麺。
いつでも誰かがチャジャン麺。

日本でも大久保などに行くと、このチャジャン麺用の味噌、チュンジャンを購入する事ができます。
チュンジャンを買うとチャジャン麺の作り方もお味噌の袋に書いてありますから、興味のある方トライして下さいね。

とはいえ、このお味噌、そのままだと固くてしょっぱいので、オイルで揚げてオイルを切ってから使わなきゃならない、わりと本格的に立ち向かうべき調味料です。
というわけで、私はもっぱら京都の赤みそを使った自家製甜麺醤(テンメンジャン)を使った和風のジャージャー麺を。

自家製甜麺醤
材料
 赤みそ 大さじ2
 砂糖 小さじ2
 酒 大さじ1と1/3
 みりん 大さじ1と1/3

作り方
 材料を鍋に入れて、スプーンなどでよくかき混ぜる。
 なめらかになったら弱火にかける。
 フツフツしてきてから数分間、焦げない様にかき混ぜながら煮詰める。

a0223786_1171412.jpg
これを使って肉みそを作って、ゆでた中華麺にのせました。
肉味噌は、豚挽き肉150グラム、ナスの粗みじん切り1本分、ショウガ、ニンニクのみじん切り少々をごま油で炒めて、酒小さじ2、しょうゆ大さじ1、自家製甜麺醤大さじ1、豆板醤少々を加えて炒め合わせたものです。

甜麺醤は、麻婆豆腐、回鍋肉などにももちろん、蒸し鶏のソースにしたり、
a0223786_1173062.jpg


北京ダック風のパリパリチキンのクレープ巻きに塗ったり、色々使えて楽しいです。
a0223786_1112610.jpg

by mickimchi | 2013-09-16 10:57 | 麺類 | Comments(2)

イカのフェとプルコギうどん

とってもおいしそうな生ワカメがスーパーに売ってたので、板状に切って、イカのフェ(刺身)をくるんで食べました。
イカのフェといっても、今回はイカゲソをさっとゆでたもの。
チョコチュジャンと、ヤンニョムカンジャンの二つのたれを添えました。
a0223786_11181648.jpg

チョコチュジャンは、コチュジャン6:酢3:しょうゆ2:すりごま1:砂糖1:おろしにんにく1をあわせて作ります。

こうやって食べるとワカメってウマっ!
きれいにお皿に整列させたとこ以外のワカメはワカメスープにして食べました。

ささっとプルコギうどんも作りました。
ま、プルコギ味の焼うどんです。
プルコギ作って、冷凍うどんをレンジであたためたのにのっけて生卵ポトリとしただけ。

「プルコギうどん」
a0223786_11175883.jpg

材料(2人分)
冷凍うどん 1玉
卵の黄身 1個分
牛切り落とし肉 150グラム
九条ネギ(わけぎでも) 1〜2本
玉ねぎ 1/4個
生しいたけ 2個

たれ
 コチュジャン 大さじ3
 しょうゆ、酒 各大さじ1
 砂糖、酢 各小さじ2
 にんにく(すりおろして) 1/2カケ分
 白いりごま 大さじ1

作り方
1 牛肉は食べやすい大きさに切る。
  たれの材料を合わせてボウルに入れる。
  牛肉も入れて手でよくたれをからめる。
2 玉ねぎは串切り、生しいたけは3ミリの厚さに切る。
  九条ネギは斜め切りにする。
3 フライパンにごま油を熱し、玉ねぎ、椎茸を炒める。
  牛肉も加えてほぐしながら炒める。
4 冷凍うどんは袋の表示どおりにレンジでチンする。
5 4のうどんを3に加えて煮汁をうどんにからめながら炒める。
6 九条ネギも加えて火を止める。
7 器に盛って、卵黄を落とす。

卵黄をからめて食べて下さいね。
それにしても、うどんに九条ネギって合いますね。
ちょっと高めですが、おうどんの日は買いたくなっちゃう。
東京でも最近は四季を問わずスーパーに並ぶ様になって、うれしいような困ったような、でもうれしい!
by mickimchi | 2013-04-29 18:08 | 麺類 | Comments(2)

さっぱりつるり。ランチにも、おうち居酒屋の〆ごはんにも。韓国風そうめん、キムチマリククス

a0223786_912391.jpg

韓国で、よくおうちで作って食べる冷やし麺は冷麺でなくこのキムチマリククス、キムチのスープそうめんです。
なぜって、冷麺の麺のあのツルツルシコシコッとした麺は専門店の手作りのものを楽しむものだからだとか。
その点、このキムチマリククスは、市販のそうめんでササッと作れるので日本のご家庭でもオススメの一品です。

作り方は色々ですが、本場では、キムチのざく切りとキムチの汁、牛肉のスープで作るのが一般的。
でも、今回は簡単に茹で鶏を作ってに茹で汁をスープにしました。

キンキンに冷やして表面がかき氷みたいになったスープと、これまた手がかじかむくらいの氷水でしめたそうめんがおいしいですよ。
作り方はこちら→


この茹で鶏、ホントは鶏もも肉をピチットにはさんで一晩置くと劇的においしくなります。
先日、お料理上手のお友達のバーベキューパーティで出していただいたのがものすごくおいしくて作り方をうかがったところ、ピチットにはさんで置いといて、土鍋に湯をわかして、鶏入れてフタして火を止め20分という事。
半信半疑でやってみたらこれが、普通の鶏肉が比内地鶏になっちゃうくらいおいしいです。
スープもとりたかったので、今回は土鍋に鶏肉と一緒にショウガと長ネギの青い部分も一緒に入れました。

茹で鶏は日持ちもしますんで、後日お豆腐にのっけて、棒棒鶏に。
a0223786_929796.jpg


棒棒鶏ソースも韓国風にコチュジャンきかせて。
a0223786_9154612.jpg

これは、
市販のしゃぶしゃぶのゴマだれ
ポン酢
空煎りしてすりつぶしたカシューナッツ
玉ねぎのすりおろし
コチュジャン
を混ぜたもの。
自家製、おっと半自家製韓国風棒棒鶏ソース。
サラダドレッシングにもどうぞ。
by mickimchi | 2012-08-28 09:28 | 麺類 | Comments(0)

まだまだ暑いので、ビビン麺

まだまだ暑いです。ビビン麺いかがですか。お好きな麺を酢コチュジャンであえて、たくさん野菜をのっけてどうぞ。たれには、細切りした手作り白菜キムチが入ってます。思いっきり混ぜてから食べてね。レシピはこちらから。Cpicon つるつるっと♡韓国風冷やし麺♪ビビン麺 by ドミニクニックa0223786_14154415.jpg
by mickimchi | 2011-09-14 14:21 | 麺類 | Comments(0)