<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

コグマのグラタンにコグマのケーキ

さつまいもいただいたので、この日はコグマ祭りDayにしました。
いつもじゃがいもで作るグラタンをさつまいもで。
a0223786_17413446.jpg

そしたらさつまいもの方がおいしくできる事を発見。
さつまいもってクリームソースとの相性がいいんですね。
塩を振らずにチーズの塩気だけにしたのが良かったようで、さつまいもってあま〜いんだなと実感しました。



あと、コグマとリンゴのパウンドケーキ。
好きな物オンパレードで、チョコチップとラムレーズンも入れてみました。
a0223786_173965.jpg

スッカスカのりんご買っちゃったけど、こっちも日の目をみました。

おうちに残ってる食材をどうやって使うか頭をヒネると、いつもとちがう食材の使い方を発見できるものですね。
とはいえあんまり忙しいときは、冷蔵庫の残りのアレ使わなきゃ、これ食べちゃわないと...と考えてばかりいると疲れちゃいますから、ホドホドに。
一冊丸ごと美容特集とかのファッション誌、ずーっと見てると途中でくたびれるのと同じで。(これって私だけかな?)
by mickimchi | 2012-10-31 10:31 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(0)

韓国の屋台風にピリ辛骨なしチキン、タッカンジョンと細巻きキンパッ

a0223786_18563079.jpg

骨付きの鶏のから揚げを、甘辛いヤンニョムにからめて作るヤンニョムチキン。
おいしいですよね。
でもおうちで作るなら、ササッと作れる骨なしチキンのピリ辛ソース和え、タッカンジョンはいかがですか。
いつもの半分くらいのミニミニサイズのカリッと揚げたから揚げに、甘辛いたれを絡ませて屋台風に楊枝でつまんでお口にポイッ。
ちちゃいのにパンチのきいた味で、ビールがグイグイいくビーラーのお供。

今回は、鶏肉だけじゃなくて一口フライドポテトも混ぜてあります。

さらなるパンチを求めるなら、本場風にマスタードもつけてね。

材料 2人分
鶏もも肉1枚
片栗粉 適量
じゃがいも 中1個

鶏肉の下味用
 しょうゆ(あれば韓国しょうゆ) 小さじ1/2
 日本酒 小さじ1
 こしょう 少々
 ニンニク(みじん切り)小さじ1/2
 玉ねぎ(みじん切り) 小さじ1/2
 しょうが(みじん切り)小さじ1/2

絡みだれ
 韓国唐辛子 小さじ2(調整して下さい。これだと激辛)
 ごま油 小さじ1
 しょうゆ 大さじ1
 日本酒 大さじ1
 水飴 大さじ1
 コチュジャン 大さじ1

揚げ油用のサラダオイル
お好みで、マスタード

作り方
1 鶏肉を一口大でなく、その半分くらいの大きさに切る。
  下味用の材料をボウルに入れて混ぜ合わせ、鶏肉も加えてよく混ぜる。
2 絡みだれの材料をボウルに入れよく混ぜる。
3 じゃがいもは洗って皮付きのまま濡らしたクッキングシートにくるむ。
  600Wの電子レンジで2分ほど加熱する。
  冷めたら鶏肉と同じくらいの大きさの乱切りにする。
4 フライパンにサラダ油を熱し、じゃがいもを中火でゆっくり炒める。
  いい焼き色がついたら火を止め、取り置く。
5 ビニール袋に1の鶏肉と片栗粉を入れて全体にまぶすように振る。
6 揚げ油を170度くらいに熱し、3の鶏肉を揚げる。
  小さいのですぐ揚がります。
7 揚げた鶏肉が熱いうちに絡みだれの入ったボウルに加える。
  じゃがいもも加え、ゴムベラ等でまんべんなく味を絡めて出来上がり。

ベビーリーフなどの上にのせて盛りつけると、野菜もいっしょに食べられていいですよ。

せっかく屋台風の晩ご飯なんで、〆のごはんもキンパッで。
a0223786_1902790.jpg

とはいえ飲ん兵衛仕様に細巻きです。
焼いたスパムと卵焼きにたくあんのキンパッ。
スライスオニオンと貝割れもいっしょに巻いてあるので、ピリッと大人味。
呑みながら食べれるキンパッ。
いかがでしょう。
by mickimchi | 2012-10-27 17:37 | 鶏肉がメイン(韓流) | Comments(4)

干し野菜とセミドライトマトのナムル

a0223786_9405576.jpg

IDEA チヂミいろいろ
で作った簡単セミドライトマト。
作り方は、
1 縦半分に切ったプチトマトを、切り口を下にしてペーパータオルの上にしばらく置いて水気を取る。
2 耐熱皿にペーパータオルを敷いて、プチトマトを並べて600Wで3分チンして取り出す。
3 出てきた水分をふいて、また3分チン。この作業を3回くらい繰り返す。
4 3を140度にあたためたオーブンで20分焼いて出来上がり。
レンジやオーブンの機種によって、焼き加減も変わってきますので様子をみつつどうぞ。

こんな感じでささっとできたセミドライトマト、いつもオリーブオイル漬けにしちゃうんですが、ハタとナムルにしてみようかと思い立ち...

今回は干し野菜のナムルに加えました。

a0223786_15475632.jpg






干しズッキーニとなってるのは、私は韓国のスーパーで買った干し韓国かぼちゃを使いました。











こうやれば、トマトもナムルになるもんですねぇ。
それに、干ししいたけのもどし汁でさっと蒸し煮にした干し野菜、野菜の旨味がスゴく出てびっくりです。

a0223786_9411655.jpg

材料 
干ししいたけ 5〜6枚
干しズッキーニ 20グラム
セミドライトマト 20グラム
ナムルの味付け
 うす口しょうゆ 大さじ1
 にんにく(みじん切り)小さじ1/2
 長ネギ(みじん切り) 小さじ2
 すりゴマ 小さじ2
 ごま油 小さじ2
オリーブオイル 適量
糸唐辛子 少々

a0223786_9412555.jpg


1干しズッキーニ、干ししいたけは水につけてやわらかくなるまでもどす。
 干しズッキーニは20〜30分くらいでもどります。
 干ししいたけはじっくり時間をかけてもどし、もどし汁も捨てずに取リ置く。

2もどした干し野菜は水気をしぼる。
 ズッキーニは半分に、しいたけは細切りにする。

3ナムルの味付け用の材料を全て混ぜ合わせる。
 2の干しズッキーニ、干ししいたけ、セミドライトマトに同量ずつ加える。
 手であえて20分ほどおいて味をなじませる。

4フライパンにオリーブオイルを熱し、干しズッキーニをいためる。
 油がなじんだらしいたけのもどし汁大さじ2も加える。
 弱火でやわらかくなるまで煮る。
 
5同じように干ししいたけもフライパンでいためて、もどし汁大さじ2で煮る。

64と5が冷めたら皿に盛る。
 セミドライトマトも汁気をしぼって盛る。
 糸唐辛子をお好みでちらす。

市販のドライトマトや、自家製の干し野菜でいろいろ試して下さいね。
この味付け材料は、干し野菜でなくてもなすやエリンギなどでもバッチリおいしいです。
by mickimchi | 2012-10-23 15:54 | 野菜がメイン(韓流) | Comments(0)

IDEA チヂミいろいろ

a0223786_16133940.jpg

エゴマの葉のチヂミ。
韓国では、ひき肉と水気を切ってつぶした豆腐を、醤油味に味付けしてエゴマの葉で巻くのがポピュラー。

ですが、もしかしてアジのさんが焼き風に、お刺身用のお魚をたたいてはさんで焼いたらどうかなぁと思い立ち...

この日は、いただきもののまぐろの中落ちのたたきがちょこっとあったのでそれを使ってみました。
しかも豆腐の水切りが面倒ということで、これもほんのちょこっと残ってた厚揚げをざっとつぶしてて、しょうが、細ネギ、ほんのちょっとのコチュジャンとお醤油入れて混ぜ合わせたのが中身。
小麦粉をはたいたえごまの内側の片面にのっけてはさんで、溶き卵にくぐらせてフライパンで焼きました。

a0223786_16135116.jpg


漬けだれは、ぶつ切りの玉ねぎをポン酢に入れてどうぞ。






青魚や白身のお刺身用のお魚でもおいしいと思います。
エゴマの葉が苦手だったり、なかったりしたら大葉でやってみて下さい。


もうひとつは、じゃがいものガレット風チーズチヂミ
a0223786_16304556.jpg

おろしたじゃがいもで作るモッチモチのジャガイモのジョンもとってもおいしいんですが、今回はカッリカリの食感も加わったスライスじゃがいものチヂミにしました。

材料(直径18センチのフライパンで1個作る場合)
じゃがいも 中くらいのもの1個半くらい。
小麦粉 大さじ1
パルメザンチーズ(すりおろして)適量
トッピングはお好きな物、お好きなだけ

作り方
じゃがいもは皮を剥いてスライサーでスライスする。(水にさらさないでね。)
スライサーがなければ、細切りにする。
小麦粉とボウルに入れて混ぜ合わせて、テフロン加工のフライパンに敷き詰め、オリーブオイルを廻しかけ、弱火にかける。
3分半ずつ両面焼いたら出来上がり。

a0223786_14452482.jpg













熱いうちにパルメザンチーズをパラリ。
今回は、さっと作ったセミドライトマトと、ベビーリーフをのっけました。

チヂミのたれはコチュマヨにしました。
作り方は、
コチュジャンマヨネーズ
を見てね。
しょうゆに砂糖と酢をちょっとくわえた、たれでもおいしいです。

a0223786_14514825.jpg

モッチリ感とカリカリ感が両方楽しめて、思ったより成功。

ただし、これは限りなくガレットに近い、というかどこがガレットとちがうのだろうか。
まあ、まあるく焼いたもの全般をガレットというらしいし、ジョンというのも粉をはたいて焼いたものをいうそうですから、大目に見て下さい。
って、誰にあやまってんだろう。
by mickimchi | 2012-10-20 09:36 | 粉もの&軽食 | Comments(4)

カロスキルの大人が行くマッコリバーで、プレミアム焼酎を。

久々にカロスキル。
あんまり自分には似合わないオサレ系のお店へ。
でも、フラッと入りたくなる感じの入り口。
a0223786_11551693.jpg

店内は、照明を落とした大人風の感じ。
メニューをいただくと、おいしそうなお料理がたくさん。
とりあえず、豚キムチ。
a0223786_11581823.jpg

おいしい白菜キムチ使ってるからか、味が深いです。
コチュジャンも入れてるな、多分。

あと、思わず頼んだモッツァレラチーズのチヂミ。
a0223786_1159308.jpg

チヂミが、ミラノピザみたいに端っこまでパリンパリンでおいしいです。
そこにモッツアレラた〜っぷり。


他にも、メニューには骨付きカルビ焼きの柚子風味とか、ポッサム、ヒラメのカルパッチョ、日本式のおにぎりや麺類などなど、魅力的なものがたくさん。
オーナーや料理する方がとってもセンスのある方なんでしょう。

そして、お酒はせっかくすすめていただいた柚子マッコリとかでなく、韓国焼酎「ファヨ」に。
a0223786_11514485.jpg

あら〜、これ全部飲んだんだっけ。

お客さん達も、ちょっとお姉さんのキャリアウーマン同士とか、会社の若い女性にいいとこ見せようと連れ立って来たおじちゃん達とか、わりと年齢層が上の人々。
しかし、ここは韓国。
全然スカした感じはありません。
こういうお店、日本にあったらいいのになぁ。

久々のカロスキル、実はお店にたどりつくのに迷いまして...
南大門の金物屋さんの場所はだいたい覚えたのに。

たまらず、オープンカフェで働いているアガシ達に道を聞いたらとっても親切に教えて下さいました。
かわいいゴールデンレトリバーの看板犬がいるそのカフェ。
お店の名前を見たら、「自由が丘8丁目」ですって。
私には、「カロスキル8丁目」の方がかっこよく思えますが...

a0223786_1152464.jpg












ケミチプ
ソウル市江南区新沙洞528−4
Tel:02−541−5955
営業時間:18:00〜2:00
by mickimchi | 2012-10-16 10:44 | 韓国のおいしい所 | Comments(6)

ナカメのビストロで内臓料理。モツフレンチな夜

a0223786_16442335.jpg

鰯が食べたくなるような、東京の空。
しかし、この日はフレンチに。

なぜにフレンチ?
三軒茶屋のホルモン焼き屋さんに行くつもりが、フラれまして...
でもホルモン焼きでもう頭の中は一杯に。
そんな日はなにがなんでもホルモンということで。
フレンチ?
あまり自分らしくない。
しかし、ビストロですしね。
聞くところによると内臓料理が抜群においしいとかで。
で、行ってみました。

スマホ写真ですいません。
さらに店内、照明が薄暗く...
全然撮る気なかったのですが、思いのほかおいしかったんで記念に。


まず、「アバジュレ」。a0223786_1392530.jpg

センマイとか豚耳とかコリコリした内臓をジュレで固めたオードブル。
それをアラブっぽいスパイシーポテトソースや、マスタード風味のソースをつけて。

この時点でフランスパンをおかわり。



















トリッパのカツ、ブルーチーズのせ。ポテトのピュレとバルサミコソースで。
なんか、この一文書くだけでまたヨダレが出そう。

a0223786_1365238.jpg





































イイダコのバスク風。
ちょっとピリッと唐辛子が効いてる。
a0223786_1422986.jpg


a0223786_1364717.jpg
牛マルチョウのキノコソテー。
エキゾチックなカレー風味でした。
奇想天外でおもしろい。
























牛ハツのレア焼きサラダ。
超レア。うんまい。
a0223786_1371427.jpg


アイスクリームにいちじくのホットソースがかかったデザート。
a0223786_137829.jpg


他にも、リードヴォーの爆弾とか牛タンのブルーチーズリゾットとか魅力的なメニューが黒板いっぱいに。
豚セルベル(多分脳みそ)の春巻きのようなものや、豚のしっぽのカスレとか。
たどりつければ、〆のパスタやチャーハンもモツ系。

a0223786_13562497.jpg

また行ってみたいと思うお店。
ホルモン焼き屋さんより、ちょっと出費。
でも全体的に良心的な価格設定だと思います。
お箸も置いてあります。




フツーの町の商店街に、ポツポツと小さいおいしそうなお店が点在してて、この界隈おもしろい。

お店の並びには、フツーの蕎麦屋(ショーウィンドウにサンプルの丼が並んでる)、柔道の道場(胴衣姿の子供が出て来た)、八百屋さん(激安)がフツーにありました。



八百屋さんで100円で買ったライム。
一個じゃなくて一袋。プチトマトも買えばよかった。
a0223786_14165969.jpg
by mickimchi | 2012-10-13 22:34 | 外で一杯 | Comments(0)

主役は、茹で豚?いえいえ野菜?おうちでポッサム、野菜で巻き巻きパーティ

a0223786_12261579.jpg

ポッサムは、いろんな葉野菜で豚肉などを巻いて包んで食べる、優しい味の韓国料理です。
手のひらに葉っぱをひろげて、お肉をのせて、特製のサムジャン(包むときにのっけるお味噌)やキムチヤンニョン、アミの塩辛などお好きなものをちょこっとのっけて、お口へパクッ。

サムジャンは、この日は韓国味噌か米麹味噌に半分量のコチュジャンといりごま、ごま油、にんにくのみじん切りをそれぞれ少々混ぜたもの。
お好みで酢を加えたり、醤油を加えたり色々試して下さい。

今回は、塩漬けにした白菜をドカッとメインに置きました。
これを一枚一枚手でちぎりつつ、お肉をクルクル。a0223786_12423756.jpg

a0223786_12543690.jpg


切干し大根のキムチものせて。

a0223786_124642100.jpg














私は、アツアツの茹で豚が好きなので、いったん茹でて冷やしてから薄く切った豚肉を(こうしないときれいに切れないんです。)蒸し器で蒸し直してそのまま食卓へ。
2人分で、豚バラブロック300グラムくらいかな?
圧力鍋で15分くらい茹でました。
a0223786_12415626.jpg

お肉以外にも、ご飯も葉っぱにのっけて巻いちゃうのも楽しいです。

a0223786_13341460.jpg
今日は、秋らしくさつまいもの黒米ごはん。a0223786_13354566.jpg








さつまいもの黄色に、黒米を混ぜた桃色ご飯が秋でしょ。


いろんな野菜や、サムジャンを用意すると味のバリエーションができてエンドレスで食べられる。
人数が増えても、作るのが楽な料理ですのでパーティにもどうぞ。

もっとう〜んと簡単に、1/4株に切ってお酒をふりかけて、レンジで数分チンしたキャベツで茹で豚を巻いて、白菜キムチとコチュジャンをのっけて食べるだけでもおいしいです。
by mickimchi | 2012-10-11 18:04 | 豚肉がメイン(韓流) | Comments(4)

築地市場で買ったもの

朝一番で、築地市場にキムチ用の白菜やら大根やらを調達に。
いいものが買えて一安心。
で、ちょっと市場をうろうろして、
あっ、松茸!
目の毒、目の毒と、通り過ぎようとしたら、あれ?
国産なのに思いのほかリーズナボーなお値段。
まっ、たまにはいいか?
季節ものだしね。
a0223786_10411295.jpg


そしてマグロ屋さんにはおいしそうな生の本マグロのブツ。
ああ、素通りするのは無理。
で、こっちも購入。
a0223786_1042408.jpg


心はずみ、足取り軽くたのしい築地市場でのお買い物。
お財布も軽くなっちゃいました。

まぐろは漬けにしてわさびでパクリ。
松茸は、松茸ご飯に。
炊きあがって土鍋のふたをあけると、食卓に松茸の香りがひろがります。
a0223786_10404485.jpg


おいし〜い!しゃーわせ。
ワレながら単純ですね。
a0223786_1042226.jpg

by mickimchi | 2012-10-07 09:45 | おいしいお買い物 in Japan | Comments(2)

粉食店(ブンシクチプ)風に韓国風ちゃんぽんと、ペッタンコギョウザ。それから...

時々無性に食べたくなるもののひとつに長崎ちゃんぽんがあります。
a0223786_1448142.jpg

というわけで、ちゃんぽん。
最初は普通のを作る予定が、ちょっと辛めに韓国風に。
トッポギも入れて、ボリューミィに。
いつものシーフードミックスの変わりに、ムール貝を入れてみたら貝のお出汁でとってもおいしくできました。
ムール貝がなければあさりでどうぞ。

本場の韓国のはスープももっとマッカッカで、日本のそれを期待してるとビックリしますよ。
新大久保にもこの韓国式チャンポンとチャジャンミョン(ジャージャー麺)を出すお店があるようですね。

ペッタンコギョウザも焼いて。
ギョウザの皮にタネをのせて半月型にペッタンコギョウザを作り、オリーブオイルを熱したフライパンで焼きました。
このタネは↓のスパイシー豚つくねの残り。
a0223786_14483012.jpg


それから、蒸し器のフタをとったら、
a0223786_1543548.jpg

a0223786_1544338.jpg











おいしそ〜な湯気がフワ〜の






久々に作ったシュウマイ。
a0223786_14504427.jpg

こちらは、お友達のシュウマイ作り名人に教えていただいたレシピで。

コツは、豚挽き肉でなく、面倒でも豚肉を包丁で刻んだものを使う事。
片栗粉をドバッと入れて混ぜる事。
「ドバッと入れるってどのくらい?」って聞いても、「だから、ドバッとだよ。」っというお答えだったので、シュウマイを作るときは、いつも計量スプーンでなく、片栗粉を手でつまんで呪文のように、「ドバッと!」とと言いながら入れます。
そうするとなぜかうまくいく。
a0223786_12392574.jpg
ハラペーニョマスタードと醤油で。










今夜はmickimchi家のブンシクチプで。
あ、ここのブンシクチプ、お酒もありますよ。
本場はお酒置いてないお店が多いですけど。
そうそう、「明洞餃子」も置いてなかった。
おいしいんですけどね、あのお店。
ビール頼んで、ありませんと言われて嘆いていた日本からの観光客のファミリーにも明洞餃子で遭遇しました。
やっぱ、飲む時は飲む。食べる時は食べる。というメリハリが効いてるのかしら。
ダラダラと休日は昼から飲んでるのは私を代表とする日本人だけか?

そういえば、新幹線のホームの売店の朝8時台の売り上げ1位の商品は缶ビールなんだって。
テレビで観た事があります。
by mickimchi | 2012-10-04 09:59 | ギョウザ、マンドゥ | Comments(2)

今宵はオサレに。おうちでワインバー

赤ワインも好き!
a0223786_11304637.jpg

三軒茶屋の大好きな焼き鳥屋さんで食べたアボカドの醤油漬け、とってもおいしかったのでちょっと真似して。
いい感じに熟したおいしいアボカドがあれば、もう失敗なしのおつまみです。
醤油漬けといっても、うちの万能だれ(かえし)を使ってすこ〜し甘じょっぱいたれに漬けました。
水1:グラニュー糖1.5:しょうゆ10:みりん2を沸騰直前まで火を入れたのがこの万能だれ。
これを同量の出汁と合わせて漬けだれにしました。
1日この漬けだれにアボカドに漬かっていただき、ていねいに薄切りに。

おいしいフランスパンも調達したので、フォアグラパテ、なんちゃって、コンビーフ缶で作ったフォアグラ風パテです。
a0223786_1130578.jpg

作り方はこちら
コンビーフ缶がフランス人になった感じの味です。

砂肝のキムチ風味。これはイケナイ。ワインが進むおつまみです。
砂肝をアボカドの醤油漬けと同じ配合のたれに漬けて、こちらも昨晩冷蔵庫で寝ていただき、薄切りにして、食べる直前にキムチヤンニョンで和えました。
砂肝は3分ゆでたら鍋にフタをして火を止めて2分。
このゆで方が一番おいしいと思う。
これがやけにバケットと合う感じ。
a0223786_11311159.jpg


それから、スパイシーな豚つくね串。
a0223786_11313398.jpg

作り方は、
1 しゃぶしゃぶ用の豚ロース薄切り肉をあらみじんする。
  つくねをぐるっと巻く分の枚数のお肉は取り置く。
2 1を片栗粉をまぶしたみじん切りの玉ねぎとともに、ボウルに入れる。
  味付けのキムチヤンニョン少々も加えてねばりがでるまでよ〜くこねる。
3 2をつくね型に成形し、取っておいたお肉で巻いて片栗粉を水に溶いた液にくぐらせる。
  5〜6分蒸し器で蒸します。
4 食べる前にフライパンで3を焼きます。

キムチヤンニョンのかわりに、オイスターソースや五香粉を加えて中華風にしたり、パプリカやチリパウダーを加えてスペインのタパス風にしたり。
蒸すまでの行程までやっておけば、ささっと焼いて出せるおつまみです。
たねが残ったらギョウザにしても。

他にもアレやコレや作って食べたような...
いずれにしても次の日の朝見ると、居た人間の数よりはるかに多い本数のワインの空き瓶が残ってるのはいつもの事。
資源ゴミの日、ゴミ出すの恥ずかしいんですよね。
空き缶、空き瓶多すぎて。
by mickimchi | 2012-10-02 10:50 | あれこれおつまみ | Comments(4)