<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

たっぷり夏野菜でおいしい晩ご飯

この日のご飯の作り手は、mickimchi家の真打ち登場。
ワタシは?
ビール飲んでまったり。

お得意の「焼きナスのサラダ、新玉ねぎとバジル風味」。
a0223786_1194735.jpg

テフロン加工のフライパンで素焼きした薄切りナスをお皿にならべ、オリーブオイル、レモン汁、塩こしょうで和えた新玉ねぎとバジル、ニンニクのみじん切りをのっけただけ。
食べる時、ナスをクルッと巻きながら食べるとおいしいです。
結構こういうヘルシー系の野菜の一皿、上手なんだよね〜。

「トマトとセロリときゅうりの冷製スープ」。
これも夏の定番。
a0223786_11181399.jpg






さわやか〜な夏にピッタリの冷製スープ。
野菜たっぷり、ヘルシーです。













トマトが1/2個、キュウリ1/2本、セロリ1/4本をざく切りして、水、牛乳各2/3カップと塩、白ワインビネガー、コンソメ顆粒各少々を加え、ミキサーでガーッとやって冷蔵庫で冷やしたおいしい冷製スープです。
私は、牛乳はそのまま飲めないんですが、これは大好き。
豆乳でもいいかもしれません。(豆乳もそのままは飲めないんですけど、スープにすると大好き。)

え〜っとそれから、新玉ねぎの「オニオンリング」。
こんなにたくさん食べられないよ〜!
なんて、サクサクカリッっであっというまに食べちゃった。
このあたりでビールもう一缶プシュッ!
a0223786_1542174.jpg

どうやって作ったんだろう?
衣、何入れたの?って聞いても、「ビールとかマヨネーズとか入れた。」とかなんで詳しい事はわかりません。


「メンチカツ」。
作り過ぎだヨ、って、結局全部食べたんだから、食べ過ぎだヨ、ワタクシ。
でも、炒め玉ねぎといっしょにどっさりキャベツ入れた、キャベツメンチなんで、かる〜い口当たり。
見た目とちがってオナカにドカッときすぎないおいしいメンチでした。

a0223786_15403885.jpg

合挽き肉に野菜と卵、パン粉ドサッ、片栗粉ドサッ(えっ?小麦粉じゃないの?っと思ったけど、片栗粉だそうです。)塩こしょうでタネを作ったんだって。

かかってるソースの作り方、聞くの忘れたけど、赤ワイン風味だったから多分赤ワイン煮詰めて、ケチャップ、ウスターソース、しょうゆとかで作ったんだとみてます。
by mickimchi | 2013-07-29 11:37 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(6)

牛すね肉の醤油煮と韓国風冷麺で、ダイエットは明日から。

a0223786_1045783.jpg

スーパーに牛すね肉が100グラム229円で売っていて、思わず大量に買ってしまいました。

a0223786_9421911.jpg

大根と丸ごと1個の玉ねぎ、長ネギの青い部分とにんにく、酒少々とともにたっぷりの水でじっくりゆでました。





大量にゆでたゆで牛肉は小分けしてとっといて、洋風や和風、韓国風にいろいろ使いたいので、ハーブや、スパイス類を入れずに。
ゆで汁は絶品牛スープですからこちらも小分けにして保存。

この日はこのやわらかゆで牛肉をゆで汁少々に醤油と砂糖、みりんで汁気がなくなるまでゆでた、牛すね肉の醤油煮を。
ししとうも加えて、半熟煮卵を添えて。

本来の韓国の牛肉の醤油煮「チャンジョリム」は、水を一切使わず、最初から牛肉を醤油とお酒で煮込んでいくんですが、私はやわらかい食感に仕上げたいので、下ゆでしてから醤油を加えます。

そしてゆで汁に塩少々を加えて、牛肉と一緒にゆでた丸ごと玉ねぎでオニオンスープ。
a0223786_105364.jpg

玉ねぎトロトロのコンソメスープです。
これは「あっつぅい、あっチャチャチャチャ。」くらい熱くするとウマい。

まだまだゆで汁は使いますよ〜!
〆の韓国風冷麺。
a0223786_1045237.jpg


牛肉のゆで汁に塩と醤油を加えた冷麺のスープ。
今回は、これに自家製の↓水キムチの汁を加えてすっきりさわやかな冷麺スープ。
さっとゆでて氷水でしめた麺に、キムチ、スライスした牛すね肉の醤油煮、半熟煮卵をのせて、カッチカチに冷やしたスープを注げば、スープまで飲みほしちゃいたくなる韓国風冷麺の出来上がり。
で、ダイエットは明日から。

a0223786_12232359.jpg


追伸:なんちゃって、次の日、残ったゆで牛肉とスープと冷凍庫のトマトソースで、さらさらトマトシチュー。
だから、ダイエットはまた未定。
a0223786_20342465.jpg

by mickimchi | 2013-07-25 19:48 | 牛肉がメイン(韓流) | Comments(4)

水キムチとキムチトマトソース丼

水キムチが作りたくなる季節になりました。
パリパリポリポリ、サラダ感覚でいただきます。
a0223786_175418.jpg

水キムチ作ると、昔行ったソウルのタッカルビのお店を思い出します。

まだ、全然韓国の事を知らない頃、言葉もわからずに入ったお店で、まずテーブルに出て来た大根の拍子切りが数本浮いた水みたいな物。
「一体全体これはなんなのだろう?もしかしてフィンガーボウルなのだろうか?」とまわりをキョロキョロ。
ああ皆さん、食前やなんかにちょっと口をさっぱりするためにすすってらっしゃる。
今思えば、大根の水キムチ、トンチミだったんですね。
よかった、もう少しで器に手をつっこむとこだった、っていう...

新玉ねぎの丸ごと焼きも作りました。
よく行く近所の焼き鳥屋さんの人気メニューの真似っこです。
a0223786_174646.jpg

そこのお店のは、アルミホイルにくるんだ丸ごとの新玉ねぎ(淡路産のだって)をじっくり炭で焼いて、ホクホクトロトロになったところにブワッとかつお節をふりかけて、お醤油がすこしかかってるんです。
そんな事はできませんし、ちょっとオーブン長くつけとくと暑いのでレンジで数分チン。
やわらかくなったのを半分に切ってフライパンにのせて、表面にオリーブオイルで焼き色をつけただけですけど、結構おいしいです。
かつお節ぱらり、しょうゆちょこっと。

ご飯は、キムチトマトソース丼。
a0223786_1742990.jpg

キムチとベーコンを炒めて、自家製のトマトソースで少し煮込みました。
前回のサラダ同様、プチトマトをオーブントースターで低温でプチッと爆発するまで数分焼いてオリーブオイルでからめた、即席セミドライトマトもコクを加えるためにソースに入れました。
上にのってるのは、半熟卵の天ぷらです。
パルメザンチーズをたっぷりかけて。
by mickimchi | 2013-07-22 10:17 | キムチとキムチを使ったレシピ | Comments(6)

5分でできるレバーパテ2013とライスサラダ

5分でできるレバーパテ。
a0223786_15384475.jpg

なぜか?

a0223786_15394892.jpgそれはまず、市販の焼き鶏のレバー串とつくね串を買って来て、

a0223786_15395471.jpg










クリームチーズとともにつぶして、黒こしょうをたっぷり。
フランスパンとどうぞ。






以前は、レバー串だけで作ってたんですが、2013版はつくねと半々のマイルドバージョン。

こちらがオリジナルバージョンa0223786_9263351.jpg















ライスサラダ
コレも簡単。
雑穀や黒米、玄米をマカロニみたいにゆでて作ります。
玄米は20分、黒米は10分、雑穀は7〜8分くらい。
お好きなドレッシングでマリネして下さい。
a0223786_15381017.jpg


黒米をワインビネガーでマリネするときれいなワインレッドになるので、野菜も西洋エシャロットやトレビスなどワインレッドやピンクのものを使いました。
紫玉ねぎや紫キャベツでもきれい。
生ハムを加えましたが、スモークサーモンとイクラとかでもおいしいとおもいます。
最後に加えた粗く砕いたクルミのカリカリ感と雑穀米のプチプチ食感がおもしろいサラダです。

プチトマトは、オーブントースターで低温でプチッと爆発するまで数分焼いて、オリーブオイルでからめた、即席セミドライトマトです。
なんか、生よりものすごく甘くなるんですよ。
是非お試しを。

この日のご飯、フライパンも出さずに作ってますね。
米ゆでただけだ、火を使ったの...
by mickimchi | 2013-07-18 14:56 | あれこれおつまみ | Comments(2)

マッコリ漬けとアボカドのキムチ oishii

マッコリ漬け、ワタシの事ではございません。
お肉やお魚、野菜などの味噌漬けはよくありますが。味噌床を味噌とコチュジャン、マッコリを合わせたものにして、それに漬けるんです。
お魚を漬けるのももちろん最高においしいんですが、今回は牛肉で。
a0223786_9502879.jpg


味噌床は、味噌200グラムだったらコチュジャン50グラムとマッコリ大さじ1と1/2くらいを加えてよくまぜます。
ニンニク1カケを加えて出来上がり。
それに漬けたいものをガーゼにくるんで漬け込みます。

牛肉はまず、1日味噌床に漬け込んでからミディアムレアにソテーし、さめたらもう1日味噌床に漬けたものをうす〜くスライスしました。

以前、マッコリを飲んでいる時に思いついたこのマッコリ漬け、イケる口の方、結構イケますよ。
どうぞお試しを。


こちらは、うちの定番、カマンベールチーズと生ゆばのマッコリ漬け。
2日くらい漬込めばいいかな。
味噌とチーズ、発酵食品同士で相性ぴったり。
バケットを添えてどうぞ。
a0223786_9511230.jpg

味噌床は生湯葉を漬けたもの以外は何度も使えますから、たっぷり漬込むものにかぶせるのがミソかな?

マッコリにももちろんあうけど、キーンと冷えた日本酒とか、あっそうだ、冷え冷えのロゼワインとかでもイケそうです。

アボカドのキムチ。
アボカド好き、キムチ好きならこれは最高!。
a0223786_950569.jpg


〆のご飯は、テジクッパ(豚クッパ)風クッパ。
a0223786_951797.jpg


ニラとアミの塩辛をのっけて、本場風に。
a0223786_951213.jpg

by mickimchi | 2013-07-14 09:50 | あれこれおつまみ | Comments(2)

夏だ、ビールだ、おつまみだ。

a0223786_1340412.jpg
夏のいろいろおつまみ。
和の居酒屋さん風に作ってみました。
まず、「ゴーヤとカニの夏サラダ」。
自由が丘のしぶ〜い居酒屋さん「金田」で食べたのを真似て。
この居酒屋さん、四季折々うかがいますけど、夏にここのスキッとした魚介系のおつまみ食べながらお酒飲むのが一番好き。
「金田」に行くと、自分がまだまだ若輩者に思えてくる。
おつまみも粋ですけど、お客さんも粋。
おつまみを数品頼んで、お酒を楽しんだらさっと席をたつかっくいい初老の男性やら、キャリアウーマンのハシリみたいな女性がシックなスーツ着てクッと熱燗飲んでたり、イカしてるんです。
そんな中でガツガツ食べてガバガバ飲んじゃってるのうちだけ...
だって、お隣さん方の食べてるの全部おいしそうなんです。



キュウリのわさび漬け
a0223786_13402775.jpg
これは、築地の場外のお漬け物屋さんを真似て。
華にツンと抜けるほどわさびきかせてみました。

あと、「焼きなすのちょいのせ」。
焼きなすに大根おろしと、明太子や、とんぶり、からすみ(もどき)パウダーをのっけて、生姜醤油で食べました。
ちょうどからすみパウダーのっけてる時電話が鳴って、アタフタしてトッピングがこぼれてる...
ははっ。
a0223786_1431696.jpg


「厚揚げトースター焼き」。
黒こしょうたっぷりふって、わさびマヨとかつお節加えたお醤油で。
a0223786_14302831.jpg

なんてことないんですけど、厚揚げは包丁で切り込みだけ入れて、手でちぎるようにして切ると断面がでこぼこになり、お醤油つけた時味がしみやすくておいしいです。
by mickimchi | 2013-07-10 23:30 | あれこれおつまみ | Comments(9)

マイルドなココナッツカレー

写真の整理をしていたら、毎年7月に撮ってる料理の写真って、カレーが多くて自分でもびっくり。
多分太陽がサンサンとして暑〜くなったら食べたくなるんでしょうね。

この時期、うちのイチオシがマイルドなココナッツカレー。
そんなに材料も手順も大変じゃないので、よく作ります。
もともと、テレビでフランス人のシェフがココナッツミルクでカレーを作ってておいしそうだなあと思い、こんな感じかなと想像しながら作ったのがうまくいって、それ以来この作り方一辺倒です。
とはいえ、フランス人の方の作ったカレーってまだ食べた事ないかもしれない...
a0223786_1112533.jpg



なぜ2人暮らしなのに4人分作るのか?
それは半分冷凍して、後日エビとチキンのココナッツカレーを作るからなんです。
本当はこっちが食べたいから、↑を作るのかもしれません。
a0223786_11115864.jpg


有頭エビの身とチキンはさっと火を通して、エビの頭と殻で出汁を取るんですけど、手間の分だけおいしいです。
もうルーは出来てるしね、余裕です。
a0223786_11122098.jpg


エビの頭と殻を香ばしく焼いて臭みをとり、エビの味噌がスープにとけ込むようにガシガシしゃもじでつぶしながら煮るの、わりとおもしろいですよ。
詳しくはこちら
by mickimchi | 2013-07-08 09:43 | ミッキムチ家のエスニック | Comments(5)

豆もやしの韓国風スープご飯、コンナムルクッパと、なんにもない日のチヂミ。

二日酔いの朝に韓国で食べるものの代表選手といったら、韓国の豆もやし(コンナムル)がいっぱい入ったスープご飯、コンナムルクッパ。
去年、全州(チョンジュ)に行ったときにとってもおいしい本場のコンナムルクッパを食べて、それ以来よく真似して作ります。
a0223786_21393229.jpg

辛みを入れずに作れば、辛いの苦手な方でもOKなホントにさっぱりスープなので是非お試しを。
デトックス効果もあるし...

作り方はいたってシンプル。
まず、頭と内臓を取った煮干しと昆布、大根を水に入れて火にかけアクをすくいながら煮てスープを作ります。
そこにていねいにひげ根をとった豆もやしを加え、もやしがシャキシャキのうちにおろしにんにくと塩を加えます。
薄口しょうゆ少々で味をととのえて長ネギの小口切りを入れて卵をポトリ。
グラッときたら火を止めます。

アミの塩辛があれば、塩の代わりにアミの塩辛で味付けするともう最高です。
写真は、一人分の直径10センチくらいのホントにちっさいトッペギ(韓国式のチゲ用の鍋)で作ったもの。
辛いの好きなんで、粉唐辛子を入れて。

本場のコンナムルクッパのスープには牛骨の出汁も入っていて、それがそこはかとないコクを出してるようです。
そこまではおうちでできませんから、豚挽き肉を炒めたのとかをスープにほんのちょっと入れたりするとさらに旨味倍増です。
うちは豚挽き肉で作った味付けなしのそぼろを冷蔵庫に小分けして入れといて、それを使います。


これ、さんざん飲んだあと〆のスープご飯にもいいんですよ。

ね、豆もやししゃっきしゃき。
a0223786_21391810.jpg

多分、韓国の豆もやしは日本産より火を入れてもシャキシャキしてるんだと思います。
ですんで、日本では豆もやし入れたらシナッとする前に火を止めてね。
a0223786_21394094.jpg


この日はお一人様のお夕飯。
おつまみはチヂミ。
雨の日は、チヂミが食べたくなると韓国の人は言うけれど、雨の日はチヂミが作りたくなる。
だって、お買い物行きたくないので、おうちにあるもので作れちゃうし...

a0223786_142342.jpg


a0223786_147455.jpg

キムチのチヂミと、a0223786_1475115.jpg














刻みパセリのチヂミ。








あれこれ、はりきって具をいっぱい入れちゃういつものチヂミよりおいしい。
天ぷら粉入れてパリッとさせるのが好きなのですが、これもきらしてて小麦粉で。
やだ〜、わりとおいしかったので自分の覚え書き用に。

「何にもない日のチヂミ」
キムチチヂミ
材料(直径12センチくらいのちっこいの1枚分)
卵1/2個
小麦粉 1/4カップ
キムチヤンニョン(市販のキムチの汁でいいです) 大さじ2
水 大さじ1と1/2
ベーキングパウダー(あればサクッと仕上がります) 小さじ1/4

パセリのチヂミ
材料(直径12センチくらいのちっこいの1枚分)
卵1/2個
小麦粉1/4カップ
パセリのみじん切り 適量
水 大さじ3と1/2
塩 少々
ベーキングパウダー(あれば) 小さじ1/4

作り方
それぞれ、材料を合わせてフライパンで焼くだけ。
オリーブオイルで焼くとさっぱりします。

チヂミのたれはポン酢でもいいです。
ホントの事言うと、お一人様の時はこんな脱力系お夕飯がワリに好きです。
by mickimchi | 2013-07-06 12:39 | チゲ、スープ | Comments(4)

豚薄切り肉の肉団子で黒酢の酢豚

そんなに酢豚って特別好きじゃなかったんです。
ケチャップ味のやつ、パイナップルと入ってたりすると?って感じで。
でも黒酢の酢豚は大好き。
つやっつやの黒々としたソースがからんだ、ムチムチっとした豚肉。
見た目と違いさっぱりした味。
特に麻布の富麗華で食べたのがおいしかったなぁ。
ということで、ま、富麗華とは似ても似つきませんが、気分だけはそんな感じをイメージして。
簡単に薄切り肉をクルクルっと団子にした肉団子作る黒酢の酢豚を久々作りました。

作り方はこちら
a0223786_16304214.jpg


切り落としや、しゃぶしゃぶ用の豚薄切り肉って、結構クルクルするとうまく丸まります。


a0223786_16305733.jpg














あとは蒸し鶏の濃厚棒棒鶏ソースかけ。
ソースがおいしくできたので自分の覚え書き用に。
砂糖小さじ1と、白ごま60グラムをすりばちですりつぶし、ごま油大さじ1、サラダオイル大さじ3をあわせます。マヨネーズ、豆板醤、醤油各小さじ1、にんにくとしょうがのすりおろし各少々に出汁大さじ2を加えたもの。
a0223786_1643469.jpg


ご飯はさっぱりと桜えびとえのきの炊き込みご飯。
a0223786_924655.jpg

by mickimchi | 2013-07-03 12:25 | ミッキムチ家の中華 | Comments(6)