<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

韓国のおかず。3品。

ちょっと春色の韓国風のおかず。
a0223786_11443142.jpg


「春色、グリーンナムル」。
毎年この時期作りたくなる、春色ナムル。
今回は、ロマネスクとスナップエンドウ、アボカド。
さっと色鮮やかにゆでた野菜とアボカドを、ごま油2:しょうゆ1:塩0.5:白ごま1.5の割合の和え衣で和えます。
アボカドのねっとり感がちょうどつなぎになってたくさん作ったのにあっという間にたべちゃった。
芽キャベツとかブロッコリーなんか入れても。
a0223786_11444992.jpg


「きゅうりの黄身チャンジャソース和え」
薄切りにしたきゅうりを少量の塩で揉みしんなりさせます。
固ゆで卵の黄身と、チャンジャ、ほんの少し白味噌をフードプロセッサーで撹拌したものをのせて、食べる時に混ぜます。
a0223786_1145076.jpg

これは、焼き鳥屋さんで出てきた「ささみの練り酒盗あえ」っていうメニューの真似っこ。


「豚キムチのクスクス和え」。
豚肉とキムチは一口大に切ってオリーブオイルでいため、トマトソースを加えて少し煮詰め、塩こしょうで味を整えます。
これに戻したクスクスを加えてざっと混ぜてできあがり。
クスクスの戻し方は、熱湯をかけて蓋をして10分蒸らしたクスクスの水気を切って、オリーブオイルで弱火でサラサラになるまで炒めればOK。
a0223786_11451222.jpg


熱々ごはんを用意して。
今日は五穀米。
a0223786_942137.jpg


ごはんのお供は
チョングッチャンチゲ(納豆チゲ)。
具は、キムチと豚ひき肉とアサリに豆腐と野菜。
出汁は煮干し出汁で、ほんのちょっとおろしにんにくと粉唐辛子を加えるとおいしいです。
チョングッチャン(納豆味噌)がなくても、コチュジャンと味噌、納豆で作ってみて下さいね。
a0223786_12271910.jpg


きゅうりのキムちゃんもご飯のお供においしいよ。
a0223786_10362624.jpg

by mickimchi | 2014-02-27 11:44 | 野菜がメイン(韓流) | Comments(8)

明太チーズボールとラブラビ。

変なタイトルのあれこれ洋風おつまみで晩ご飯。
「明太チーズボール」。
a0223786_2059143.jpg

サーモンチーズボールっていうスモークサーモンとクリームチーズをフードプロセッサーでミキシングしてボール型にしたものに、ナッツの砕いたものやハーブをまぶしつけたアメリカのお料理があるんですが、その明太子版。
私は、ダンゼン明太子の方がおいしいと思います。

サワークリームとクリームチーズを半々ぐらいにして、レモン汁、にんにくすりおろしと、ほぐした明太子を混ぜて、ラップで茶巾絞りにして冷蔵庫へ。
十分冷えたらラップを取って、別のラップを広げた上にクルミを砕いたもの、パセリのみじん切り、カラーペッパーをのせて、その上でチーズボールをコロコロします。
このチーズボールをちょこっとずつバケットに塗って食べるとおいしい。

チュニジアの庶民の料理、「ラブラビ」。
a0223786_20584547.jpg

細かく手でちぎったフランスパンを丼にしいて、その上から熱々のひよこ豆のスープをそそいで最後に生卵をポトリ。
アリサというピリ辛ペーストをお好みでプラスして、スプーンでスープと卵とパンをグチャグチャに掻き回して食べるっていうもの。
言わば、パンの卵かけおじやかな?

今回は、ピメントパウダー入りのチキンスープにひよこ豆とツナを入れました。

アリサも自家製。
粉唐辛子に、クミン、コリアンダーシード、キャラウェイの粉末とニンニクのすりおろし、オリーブオイルを合わせたピリ辛ペーストです。
a0223786_20583536.jpg


「プチトマトとアボカド、長芋とベビーモッツアレラチーズのオーブン焼き」。
a0223786_20585311.jpg


「ブロッコリーのくたくた煮」。
a0223786_2058269.jpg
やわらかくなるまでゆでたブロッコリーは、半分はフォークの背でつぶしておろしにんにく、アンチョビーといっしょに炒めてソースにします。
残りのブロッコリーはレンジか蒸し器でさらにやわらかく蒸して、熱々のソースをかけて出来上がり。

「ベビーホタテのエスカルゴバター焼き」。
a0223786_16234084.jpg

ワイン飲み過ぎ注意報が発令されたmickimchi亭でした。
by mickimchi | 2014-02-25 12:28 | あれこれおつまみ | Comments(6)

鱈ちりのゆうべ。

おいしそうな真ダラの切り身とアラが売っていたので、鱈ちりにしました。
mickimchi家にはめずらしい、唐辛子色じゃないお鍋。
a0223786_7443892.jpg



なんちゃって、まずはポン酢でスープを楽しんだ後、
タテギを加えて食卓でお好みの辛さにして食べました。
a0223786_7444723.jpg

釜山旅レポ、その8。センタムシティの「クムスッポックッ」でおいしいフグのスープご飯。で食べたふぐちり(ポックッ)がおいしかったので、そんなイメージで。
フグではなくて鱈で作りました。

真ダラは、熱湯でさっと下ゆでしてから、昆布、大根、玉ねぎとともに、少量のお酒を加えた水に入れて、アクを取りながら煮ます。

野菜は、大根と新玉ねぎの細切り、きれいにひげ根を取ったもやしとえのきだけにセリ。
全部、さっと火が通ったシャキシャキの感じにするとおいしいです。

鱈ちりにはほとんど塩を入れずに、アミの塩辛やキムチを入れてお好きな味で。
a0223786_7474076.jpg


炊きたてご飯。
a0223786_744546.jpg

私は、ご飯を少しよそって、スープをちょこっとかけて、いろんな味をためしながら食べるのが好き。

箸休めに、「パクチーサラダ」。
a0223786_745572.jpg

鱈ちり用の大根と新玉ねぎの細切りを多めに作っておいて、パクチーとともに冷水でシャキッとしめて、サラダオイル、塩、ナンプラー、ゴマを加えて和えました。
ナカメの焼肉屋さんのパクチーサラダの真似っこ。

こちらは、正真正銘、釜山で食べたふぐちり(ポックッ)
a0223786_748823.jpg

ま、ビジュアル的にはわりと似てる?かな?!
by mickimchi | 2014-02-21 12:23 | チゲ、スープ | Comments(6)

釜山旅レポその10。海雲台(へウンデ)で貝の蒸し鍋

マリンシティからウェスティン朝鮮釜山を越えて海岸沿いにテクテク歩いて、やっとたどり着いた海雲台(へウンデ)ビーチ。
途中で、マリンシティのおしゃれなワインバーかパブでちょっと一杯飲んで休憩しようと思ったんですが、冬だからか日曜だからか、クローズしてるお店が多かったです。
マリンシティには確か日本人の職人さんが握るお寿司屋さんもあるという事だったけど、どこなのかわからなかったです。

結局、海沿いの屋台村、パダマウルでビール頼んで一休み。
冬でも暖かい日だったので外でも気持ちよかったです。
お店のオバちゃんが、ポンテギ(虫です、蚕です。)おつまみに出してくれたけど、ごめんなさい、これだけは一口も無理。
お腹すかしてお夕飯行きたかったので、おでん1本だけ頼んだ。

a0223786_10384472.jpg
で、一休みしたあと、夕飯食べに行きましたよ。
釜山では老舗の有名店ばかりで食べてたので、最後はたくさんの若い韓国人ブロガーさん達が絶賛してた「海雲台(へウンデ)タポジュヌンチプ」に行ってみました。
a0223786_10403691.jpg

ここで「チョゲチム 小」を頼みました。
貝の蒸し鍋とでもいうのかな。

四角い平べったいお鍋に牡蠣、ホタテ、ハマグリ、タイラ貝、エビ、蟹など、魚介がテンコ盛り。二枚貝アレルギーの方、すいません。
お店の人が食べやすいようにエビなどは殻を取ってくれます。
a0223786_10412612.jpg

こんなにふたりで食べれるの〜?
a0223786_10532114.jpg

しかし、うまい。
魚介のエキスが出たスープ、あんまり辛すぎずさっぱりしてます。
a0223786_10522356.jpg

で、結局完食。
貝の殻入れはこんな感じに。
a0223786_10524888.jpg

しっかり〆のおうどんも。
これがまたおいしかった。
a0223786_11335379.jpg
a0223786_11352131.jpg


へウンデ タポジュヌンチプ 해운대다퍼주는집
TEL 051-744-9494
釜山市海雲台区海雲台区佑1洞654-4
부산광역시 해운대구 우1동 654-4
by mickimchi | 2014-02-19 20:03 | 韓国のおいしい所 | Comments(4)

釜山旅レポその9。マリンシティをお散歩。SSGマーケットでお買い物。

センタムシティを後にして、地下鉄2号線に乗って2つ目の冬柏(ドンベク)駅で降りました。
この駅から徒歩10分くらいで、パークハイアット釜山があるというので、お散歩がてらのぞきに行くのが目的です。
海沿いにできた超近代的な建物だとかで、もし今度泊まる機会があれば、なんて思いながら。

駅を降りたら、すぐどこに向かって歩けばいいかわかります。
なにせ、こんなような摩天楼が見えますから。
超高層のマンション群。
ここはドバイか?(行ったことないけど。)
a0223786_12201672.jpg


ト、ト、ト、トランプタワー?
a0223786_12262172.jpg


ございました。パークハイアット。
超近代的。
ちょっとフラフラ入るの気が引けるけど、せっかくなので入ってみました。
無論、写真録るなんぞハズカシクテ…
1Fがロビーじゃないんですね。
トイレだけ拝借。
宿泊客だけのためのホテルって感じでした。
リゾートをのんびり楽しむ人にはいいのかな。
a0223786_12262494.jpg


a0223786_10295127.jpg

海沿いでのんびりしてる、地元の家族連れ。
おリッチな雰囲気。

a0223786_10253289.jpg

この豪華マンション群の中に「SSG FOOD MARKET」があるというので、ここに寄ってみました。
スーパーマーケット、ウロウロするの大好き。

SSG フードマーケット マリンシティ店
02-1588-1234
釜山広域市 海雲台区 佑洞 1408 Iパーク C1棟 2F

ちょっと高価ですけど、おもしろい食材や調味料を調達。

a0223786_10284380.jpg

タッポクンタン(鶏とじゃがいもの辛い鍋)の素と、ピリ辛のオイスターソース!
どっちも使い勝手が良さそうで。

干しムール貝に、干しホタルイカ。
a0223786_1027162.jpg

これも戻し汁がものすごくいい出汁がでて重宝してます。

最近作ったものは、戻し汁とともに干しホタルイカをのせて炊いた炊き込み御飯。
ほとんど味付けなしで、素材の旨味と塩味だけで作りました。
a0223786_10225360.jpg

by mickimchi | 2014-02-17 10:18 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Comments(6)

寒い日に、鍋焼き鴨南蛮うどん

寒い、寒いといいつつ、寒いのに飽きた感の今日この頃。
ただし、鍋焼きうどんはこういう日がおいしい。
おいしそうな鴨ロース肉とスープ用のリーズナブルな鴨肉をスーパーで発見。

で、「鍋焼き鴨南蛮うどん」。

a0223786_21113236.jpg

まず、ネギの青い部分とスープ用の鴨肉をじっくり弱火で煮込んでおいしい鴨汁を作ります。
この鴨汁に、水1:グラニュー糖1.5:しょうゆ10:みりん2を沸騰直前まで火を入れたうちの万能だれ(かえし)で味付けしてうどんスープができあがり。
スープ用の鴨肉もトロントロンにやわらかくなってるから、是非そのままおつゆに入れておいて下さい。

あとは、しっかり焼き色がつくまで焼いた長ネギと、しめじに豆腐、油揚げを入れて煮込みます
鴨ロース肉を入れるのは最後。
そぎ切りにした鴨ロース肉の両面に片栗粉をまぶしてスープに入れて、さっと火が通ればできあがりです。
おうどんにスープごとのっけて、三つ葉とゆずの皮のみじん切りをちらしてさあどうぞ。
お好みで七味を添えて。

「タコの香菜和え」。
a0223786_12444379.jpg

香菜と同量の三つ葉、新玉ねぎをにみじん切りにして、ごま油とナンプラーを加えたものでタコを和えました。
これはね、ホントは夫が作ったんです。
「自分で作った事にして書いていい?」って聞いたら、「それじゃまるで佐村河内守氏だ。」と言われたので正直に告白します。
三つ葉があまったのでササッと作ってくれたんですが、非常においしかった。

前回↓の記事でフグの話してるうちにフグが無性にたべたくなったんですが、お財布の事情で安売りのフグの皮で、もう一品さっぱり和え物。
a0223786_1247167.jpg

フグのテッサの薬味を思い出して、大根、あさつきとともに、粉唐辛子、ポン酢で和えてみました。
ごまもパラリ。
あっ、ごま油もちょろり、だった。

「エリンギのタラコ和え」と、「こってり豚バラと切干し大根煮」。

a0223786_1239522.jpg

「豚バラと切り干し大根煮」、うまくいったので自分の覚書用に。

切干し大根は、表示通りにもどしておく。
豚バラ肉はさっと湯にくぐらせておく。
サラダオイルで、切り干し大根、豚肉、油揚げ、ちくわをいためて水分がとんだら、出汁、調味料を加えて15分くらい煮て。

材料
切り干し大根 25グラム
豚バラ肉 50グラム
ちくわ 1/4本
油揚げ 1/4枚
出汁と切り干し大根の戻し汁をあわせて 180CC
酒 小さじ2
砂糖 小さじ1
みりん 小さじ2
しょうゆ 小さじ2
オイスターソース 小さじ1/2

よく行くとんかつ屋さんで、ビールを頼んだらつきだしで出してくれた切り干し大根の煮物がものすごくおいしくて、なんか久々に切り干し大根の煮物、作ってみました。
いつも薄味で作ってたんですけど、豚肉を入れてオイスターソースを隠し味で加えたら、これは吞ん兵衛仕様の味。

このとんかつ屋さん、とんかつ以外のお酒のおつまみになるような一品もおいしくて、行くといつも飲み過ぎ。
とんかつ頼むの忘れるくらいです。
一緒に行ったお友達、類は友を呼ぶというけれど、いい気分になって「ウイスキー、1本ください。」なんてシェフに言ってた。
ウイスキー1本なんて、お酒屋さんで頼むもんでしょ。
とんかつ屋さんですよっ!
by mickimchi | 2014-02-13 15:51 | たまには和食 | Comments(10)

釜山旅レポ、その8。センタムシティの「クムスッポックッ」でおいしいフグのスープご飯。

釜山最終日は、海雲台(へウンデ)界隈で。
まず向かったのが、センタムシティ。
世界最大のデパートという事で、ギネスにのってる新世界百貨店の話を夫がどこかで聞いて来て行きたいと申したので。
私?あんまり興味はなかったんですけど、という事で、せっかく行くならおいしいランチを食べる事にしました。
フグ料理専門店の超有名店「クムスポックッ」。
海雲台(へウンデ)本店の味が一番とは聞いているものの、きれいなデパートの中の支店でゆったり食べるのもいいのではないかと。
レストランフロアの屋上庭園からの眺め。
a0223786_1723235.jpg


有名店ですから混むのを避けて早めに入店。
きれいな店内です。
a0223786_17232892.jpg



フグの天ぷらとかがつく定食もあるのね。
a0223786_17233721.jpg


頼んだのは、辛くないフグのスープと辛いフグのスープ。   

おいしいパンチャンをつまみながらビールを飲みつつ主役の登場を待ちます。

a0223786_17231234.jpg



出ました。フグのスープ。
うまそ〜!
a0223786_17241747.jpg


両方ともおいしいです。
a0223786_1724843.jpg

a0223786_172346100.jpg


フグの種類によってお値段が4種類。
一番高いのは頼みませんでしたけど、それでも身がプリップリのフグがたっぷり。
シャキシャキ食感のもやしがものすごくおいしい。
a0223786_17233319.jpg


クムスポックッ(금수복국) 新世界百貨店 センタムシティ店(신세계백화점 센텀시티점)
釜山広域市 海雲台区 佑洞 1495 新世界百貨店 9F
(부산광역시 해운대구 우동 1495)

新世界百貨店は、地下のEマートがやっている"Fresh Mart"っていう生鮮、食品雑貨が揃ってるスーパーがおもしろかったです。

お昼ご飯のあと、センタムシティにあるハンセムインテリアというインテリアショップのビルに行ってみました。
韓国ブランドの台所用品色々調達できて楽しかった。

そうそう、このハンセムインテリアのビルにあるGrand Appleっていうビュッフェ、ちょっとのぞいてみたんですけど、すごいおいしそうだった。
店内の雰囲気はとってもゴージャス、高級ホテルみたい。
ビュッフェは、お刺身やらお寿司やら、ステーキからケーキまで。
もうお昼時はとうに過ぎていたのに、席を待つ地元のお客さんでお店の入口はごった返してました。
すんごい人気なのね。
是非次回、予約してから行ってみたいです。
by mickimchi | 2014-02-11 16:42 | 韓国のおいしい所 | Comments(6)

簡単だけどあったまる、海鮮トマト鍋

海鮮トマト鍋。
a0223786_14585545.jpg

ハマグリに、牡蠣、エビにホタテ、イカに春野菜たっぷり。
ハーブも入れて。
トマトのスープが見えないくらいこんもり具材をお鍋に入れました。

スープは、トマトソースと海鮮をさっとゆでた時のゆで汁半々くらい加えて塩こしょうした簡単な物で簡単です。
この日はもう少し海鮮の濃い出汁にしたかったので、安く売ってたしじみで出汁をとったものも加えたんですけど、これが大正解。
しじみってお味噌汁だけに使うもんじゃないんですね。
出汁をとったしじみは殻を取って佃煮に。

うちはこのスープに隠し味のコチュジャンと、キムチヤンニョン(キムチの素で代用可)少々を入れるんですよ。
トマトとコチュジャン、キムチの味は結構相性いいんで是非お試し下さいね。

a0223786_17323713.jpg



海鮮トマト鍋はパスタにかけてもいいし、バケットひたしてもおいしいですが、白いご飯にかけてもおいしいです。
この日はクスクスで。
パルメジャーノチーズたっぷりふりかけて。
a0223786_14583453.jpg



サラダもこんもり盛りサラダ。

1/4に切ったレタスの葉の間に、パプリカやキュウリ、アボカド、ゆでエビの粗みじん切りを詰めこんで、ブルーチーズを細かくちぎってふりかけたもの。
a0223786_1459952.jpg

海鮮鍋であまったゆでた春野菜もちりばめて。
オリーブオイルと塩こしょう、レモン汁のドレッシングでシンプルに。
by mickimchi | 2014-02-08 21:36 | フュージョン | Comments(4)

コプチャンチョンゴルとトマトキムチのサラダ

また、釜山旅レポお休み。
いつ終わるのだろう、釜山レポ。
この日のmickimchi家のお夕飯は韓国風牛モツ鍋、コプチャンチョンゴル。
釜山旅レポ、その7。テヨンヤンコプチャンでホルモン。の記事書いてたら、なんか食べたくなって作りました。

新鮮な牛のコプチャン(小腸)さえ手に入ればおいしく出来る事、確実です。

コプチャンチョンゴル(2人分)

たれ
コチュジャン 大さじ3と1/3
味噌 大さじ2と1/3
しょうゆ、みりん、酒 各大さじ1
さとう 大さじ1/2
にんにく 1個
しょうが 1カケ
長ネギ 5センチくらい
玉ねぎ 1/5個
リンゴ 1/5個

牛骨スープ(なければコンソメ顆粒少々を湯でといたもの) 150CC〜

コプチャン(牛の小腸) 300グラム
玉ねぎ(串型に切る) 1/3個
しめじ(石づきをとってほぐす)1/2パック
キャベツ(ざく切り) 1/4個
ニラ(4センチくらいに切る) 1/2束
豆腐(一口大に切る)1/2丁

塩適量

作り方
1 コプチャンはたっぷりの湯で一煮たちさせてザルにあけておく。
2 たれの材料をミキサーにかける。
3 2のたれを適量取り、1のコプチャンにまぶしつける。
  30分ほど漬けこむ。
  残りのたれは、鍋に入れるのでいったん取り置く。
4 浅めの鍋にサラダオイルをひき、ニラ以外の野菜をさっといためる。
5 4の鍋にコプチャンをのせ、牛骨スープを注ぐ。
  取り置いた残りのたれも加えて火にかける。
6 コプチャンに火がとおるまで10分ほど煮る。
  スープの味をみて塩で味を整える。
  仕上げに豆腐、ニラをのせて火が通れば出来上がり。
a0223786_15131418.jpg


コプチャンチョンゴルが男料理だったので(私は男ではありませんが…)、サラダはおしゃれに。

「トマトのキムチサラダ」。
最近凝ってます。
a0223786_1231233.jpg

トマト2個を湯むきにして、1個分は串切り、もう1個分は細かく切ります。
細かく切ったトマトをキムチヤンニョン(キムチの素で代用可能)、コチュジャン、はちみつで和えて串切りのトマトにのっけてちょっとレモンしぼっただけ。
ギンギンに冷やすとおいしいです。

もう一品、「トリコロールサラダ」。
葉野菜も、トレビスの赤、アンディーブ(ベルギーチコリ)の白、ロメインレタスの緑とそろえると色が鮮やかで楽しいサラダに。
a0223786_12334683.jpg

クルミとブルーチーズを細かくちぎったのと、オリーブオイル、特製バルサミコ醤油をかけました。
by mickimchi | 2014-02-06 20:38 | チゲ、スープ | Comments(2)

釜山旅レポ、その7。テヨンヤンコプチャンでホルモン。

この日の午後は、キムチ食材の調達でバタバタ。
さ、一仕事終えて向かったのはチャガルチ駅そばのホルモン焼き屋さん街にある、「テヨンヤンコプチャン」。
a0223786_14205650.jpg

地元の人が行く、ディープなお店も行ってみたかったんで。
まだ早い時間だったんで入ったすぐはわりと空いてた席。
1フロアにテヨンヤンコプチャン1号店から5か6号店くらいまでがズラッと一緒に入ってる、フシギな空間。
この後、どこも席はすぐいっぱいになりました。

ヤンコプチャン2皿頼んでもよかったんですが、「特ヤン」と「コプチャン」一皿づつ頼みました。
チョンゴル(モツ鍋)っていうのも書いてあって、それも興味あったんですけど。
a0223786_126446.jpg


まず、特ヤン、ミノです。
a0223786_17312442.jpg


野菜たっぷりとコプチャン。
a0223786_17313371.jpg


エリンギも焼いて。
a0223786_17314031.jpg


ポックンパも頼みました。
ケチャップ味とは想定外でしたがおいしかった。
他のお客さんも全員注文してました。
a0223786_1753037.jpg



お店の外観を撮るのを忘れてしまった。
韓国の方のブログから拝借。(スイマセン。)
a0223786_15343317.png

a0223786_11433255.jpg


テヨンヤンコプチャン1号店
051-257-8565
釜山広域市 中区 南浦洞5街 74-2
Biff広場からチャガルチ市場の方に歩いて行って、市場のゲートをくぐったらひとつめの角にPARIS BAGUETTEがあります。
その角を左に入った路地の右すぐです。

食べ終わったあと、街をフラフラと。
a0223786_14204925.jpg


いい気分で、PIFF広場でこんなん食べちゃいました。
おやつ系あんまり興味ないんですよね、なんつって、このホットッ、ものすごくおいしかった。

a0223786_14204192.jpg

by mickimchi | 2014-02-04 10:22 | 韓国のおいしい所 | Comments(4)