<   2014年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

しょうがと鶏の炒め物と、豆腐のイクラとネギソースがけ

昔、「料理バンザイ!」っていうテレビ番組で、アグネスチャンが作ってた「しょうがと鶏の炒め物」。
これ、おいしくて何度も作ってます。
a0223786_15371422.jpg

相当年季の入ったレシピのコピー。
じっくり見たら、平成13年8月放送ですって。

材料も作り方もいたってシンプル。
驚く事にしょうがと鶏肉の分量が同じなんです。
これを、たっぷりのサラダ油で炒めるというより油煮していくんです。
そして、最後にしょうがと鶏を油からすくいあげて、醤油で味付けするっていうフシギな料理なんですけど、おいしくて、ご飯もお酒もススミます。
ですんで、その平成13年にプリントアウトしたアグネスチャンさんのレシピです。
これって、アグネスチャンさんにお断りすべきものなのか?
いいんだよねっ、化学論文じゃないんだから。

材料
しょうが300グラム(3片)
鶏もも肉 300グラム
醤油 大さじ1/2
サラダ油 50CC
  
鶏の下味用に、
 塩こしょう 少々
 醤油 大さじ2強
 サラダ油 大さじ1と1/2
 片栗粉 大さじ1弱

作り方 
1 しょうがは皮をむき薄切りにする。
2 鶏肉は1.5センチ角の角切りにし、下味用の調味料につける。
3 中華鍋にサラダオイルを入れて中火にかける。
  (50CCとなってるけど、たっぷり、材料が泳ぐくらい。)
  しょうがを入れて焦がさないように弱火でじっくり炒める。
  (中火という事でしたけど、弱火の方がいいと思う。)
4 しょうがが透き通ってやわらかくなったら鶏肉を加える。
  弱火のままじっくり炒め続ける。
5 鶏に火が通ったら油からしょうがと鶏をすくいあげる。
  余分な油を捨てて、仕上げに醤油をまわしかけ中火にして一炒めする。

わたしはさっぱり仕上げたいので、5の段階で鶏としょうがを網に取って油を切ります。
残った油は鶏としょうがの風味がついて、別の炒め物等に使うと中華風になっておいしいです。

「豆腐のイクラとネギソースがけ」。
a0223786_15373559.jpg

数分熱湯でゆでた木綿豆腐をつぶして、万能ネギとオリーブオイル、塩をフードプロセッサーでミキシングして作った、イクラとネギソースをかけました。

実は、↓の「春めく食卓」の炊き込みご飯は、このしょうがと鶏の炒め物があまったのを、味噌を加えて炊いたご飯の炊きあがりにのっけて蓋をして蒸らしたもの。
ネギソースも野菜に漬けて食べました。

「もずくのお吸い物」。
a0223786_12564373.jpg

白だしでお吸い物を作って、もずくを入れ、かつお節をのっけて簡単に。
もずくって、あったかくして食べるとおいしいです。
by mickimchi | 2014-03-31 13:01 | ミッキムチ家の中華 | Comments(8)

春めく食卓 oishii

桜の季節。
若き日は、いつの間にか咲いてた桜の花。
最近は咲き始めが待ち遠しくて、咲いたら咲いたでいつ散るのかが心配。
風が強い日なんて、ハラハラしちゃう。
ま、歳をとった証拠ですね。
なんかワタクシ、去年もおんなじような事言ってませんでしたっけ?

ま、そういう事で食卓も春めいて。

「春野菜と魚介のいろいろソース和え」。
a0223786_15491789.jpg

スナップエンドウ、グリンピース、パプリカ、アスパラガス、たらの芽、菜の花に、新じゃが。
大好きなアボカドと、魚介はホタルイカに、タコ。

胡麻酢と男前辛子酢みそであえたり、
a0223786_22513243.jpg


韓国風七味塩とネギソース、芹味噌
白和えソース。
a0223786_22515537.jpg

自分用に覚書き。
胡麻酢は、当り胡麻(練り胡麻)大さじ1、砂糖小さじ1、薄口しょうゆ小さじ1、米酢小さじ2
白和えソースは、豆腐50グラム、当り胡麻、砂糖、薄口しょうゆ、生クリーム各小さじ1、エゴマの粉少々(ナッツでも)

「春野菜と魚介のアヒージョ」。
冷凍庫で眠ってたバケット少々添えて。
a0223786_18524217.jpg


〆の鶏とお味噌の炊き込みご飯。
菜の花のっけて。
a0223786_1563656.jpg

by mickimchi | 2014-03-26 15:33 | たまには和食 | Comments(4)

あれこれおつまみで、おうちビストロ oishii

おうちにあった物であれこれおつまみ。
まずは『明太ウフマヨ」。
a0223786_14264826.jpg

マヨネーズに温玉の黄身と明太子をほぐした物を混ぜたソースに、半熟卵をのっけて。
フランスパンに塗りつつ、卵大好き人間の食べ物。
(コリステロールが気になるけど。)


「オイルサーディンとパプリカのマリネ」。
ま、並べただけですが。
a0223786_14272836.jpg


「プチトマトのジャムと、自家製レバーパテ」。
鶏レバーの塩麹漬けをフープロでガーッとやったら、なんかおいしかった。
a0223786_14295642.jpg


「菜の花とスナップエンドウと牛そぼろ炒め」。
a0223786_14301099.jpg


「白菜キムチと長ネギのグラタン」。
キムチをバター炒めして細切りした長ネギも加えて和え、耐熱容器に入れます。
生クリームをまわしかけて、パルメジャーノチーズをふってオーブントースターで。
a0223786_14293637.jpg


この日も飲み過ぎ注意報が発令されたmickimchi家でした。
なんかこのフレーズ、しょっちゅう使ってる気がする。
by mickimchi | 2014-03-24 14:26 | あれこれおつまみ | Comments(8)

11種盛り納豆ばくだんと、白子のグラタン

居酒屋メニュー、納豆ばくだん。
五色納豆とかいろんなネーミングがあるけど、つまりいろんな食感の漬け物や野菜、刺身と納豆を混ぜて、海苔でくるんで食べるおつまみ。

これをちょっと豪華にして、本日のメイン料理に。
豪華11種盛り納豆ばくだん。

まぐろ、長芋、万能ネギ、イカ、たくあん、オクラ、みょうが、エシャロット、きゅうり、納豆に卵黄の11種の具材をお皿に並べて、海苔だけでなくトレビスやサラダ菜などの巻き野菜も添えました。
食べると時は具材を目一杯かき混ぜて、醤油をたらして。
a0223786_10214598.jpg


「鱈の白子のグラタン」。
バターを塗った耐熱皿に白子を入れて、上にもバターをのっけて塩こしょうパラリ。
ご飯少々もちょこっと置いて、オーブントースターで白子の表面がグツグツいうまで焼いたもの。
一味と青ネギをのせて、食べる時すこしお醤油たらすとおいしいです。
a0223786_10143639.jpg


「鯛のスモークの押し寿司」。
a0223786_10135964.jpg

鯛のスモークは市販品。
寿司飯じゃなくて、ご飯をジェノベーゼソースで和えた洋風押し寿司です。
バジル余ったとき作っといたジェノベーゼソース、この使い方、結構いいかも。
by mickimchi | 2014-03-21 10:13 | たまには和食 | Comments(6)

特製タテギで濃厚スンドゥブチゲ

スンドゥブチゲが食べたくなり、作りました(夫が…)。
なわけでこの日のお料理番は夫。

スンドゥブチゲはさっぱりと魚介の出汁で作るのが一番と思ってたのですが、この日のスンドブチゲは魚介+ヒミツのタテギで濃厚スンドゥプチゲ、との事。
a0223786_8313623.jpg


卵をおとして。
しょっぱすぎず、辛すぎず、でもふか〜い味のスープです。
a0223786_8312617.jpg


この特製タテギが濃厚スープの秘密らしい。
a0223786_8444621.jpg


タコのマリネに、
a0223786_837468.jpg


イクラカマンベール。
a0223786_839442.jpg


レンコンと豚バラ肉の塩炒め。
a0223786_8393749.jpg



鶏レバーでレバニラ炒め。
a0223786_1053591.jpg



おいしかった。
コマスムニダ。
by mickimchi | 2014-03-18 19:50 | チゲ、スープ | Comments(6)

セマウル食堂 coming soon @ 三軒茶屋だって!

さっき、三軒茶屋に行ったらセマウル食堂(セマウルシクタン) coming soon でっすって。
駅前のビルです。
うれしいな。
a0223786_14243681.jpg

by mickimchi | 2014-03-16 14:27 | Comments(6)

韓国のおかず。パンチャン。

韓国でご飯食べにお店に行くと、なにか注文すると必ず出てくるおかず、パンチャン。
基本これは、メインのお料理にくっついてくるサービスです。
席に座って注文をすませ、メインのお料理がくるのを待ちながら、店のおばちゃんがズラッと並べてくれるパンチャンがおいしそうだと、「おっ!この店、正解だ。」と思っちゃいます。
写真を整理してたら、おいしそうなパンチャンの写真が色々出て来たので、一挙公開。
前にも載せた写真ばかりなので、ダブってしまってすいませんが...

ソウルの安国(アングッ)駅そばのチョングッチャン(納豆汁)屋さんのパンチャン。
a0223786_20181115.jpg


新沙洞(シンサドン)のお店のパンチャン。
a0223786_2018824.jpg


ソウルの郊外の鶏鍋(タッペッスッ)のレストランのパンチャン。
a0223786_20181535.jpg


パンチャンがずらっとならぶ韓定食。
三清洞(サムチョンドン)のカンジャンケジャン屋さん。
a0223786_20181982.jpg




これも三清洞(サムチョンドン)。ムール貝ご飯屋さん。
a0223786_2018210.jpg


日本にも出来ないかな?
こんなお店。
by mickimchi | 2014-03-16 10:12 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Comments(4)

トムヤムつけ麺と、餃子の皮で作る即席小籠包 oishii

トムヤムクンつけ麺。
a0223786_1425028.jpg

この冬、何回も楽しんだトムヤンクン鍋。
こちらの方のブログにインスパイアされまして。
ありがとうここちきさん。

ちょっと春めいてきたので、今日は極太麺で、トムヤンつけ麺。
a0223786_143098.jpg


豚挽き肉とニンニクのみじん切りをサラダオイルで炒めてチキンスープを注ぎ、市販のトムヤンクンペースト加えて。
さらに、最近スーパーでよく見かけるハーブ、フレッシュのレモングラス、カフェライムリーフ(こぶみかんの葉)、香菜(シャンツァイ)の根をお茶パックに入れるたのを加えたら、結構本場風な味になりました。
a0223786_1434464.jpg


具材はエビとプチトマトに、フクロタケに香菜。
なんか変化球で、ココナッツミルクの代わりに今回はエバミルクでやってみました。
結構エバミルクもイケます。
a0223786_1432333.jpg


自家製小籠包。
a0223786_14373.jpg


なんて、市販のぎょうざの皮に餡をのっけて、その上からチキンスープをゼラチンで固めたのをのっけて包んだだけ。
餡は、豚挽き肉に、塩麹、こしょう、しょうゆ、酒、しょうが、ネギ、ごま油をフープロでガーッとやって。
a0223786_1433293.jpg
包む時は、こんな感じのゼリー状のスープが、蒸してる間に溶けて熱々スープに早変わり。

出来たて熱々をレンゲにのっけて酢醤油たらりで頬張れば、スープがジュワッ、餡がツルリ。

a0223786_1431784.jpg

香菜(シャンツァイ)があまったので、バジルのかわりに香菜を使った、香菜ジェノベーゼソースを作りました。
アボカドと和えて、スモークサーモンとイクラをのっけてみました。
by mickimchi | 2014-03-14 10:11 | ミッキムチ家のエスニック | Comments(4)

春色チャプチェと新玉ねぎのご飯

春色チャプチェ。
a0223786_9524981.jpg
いつものチャプチェに芹(せり)とスナップエンドウを加えて。

あまった芹の根っこと茎の白い部分で「芹味噌」を作りました。
この時期、ふきのとうで作る「ふきのとう味噌」はよく作るんですが、
芹味噌は初めて。
芹の根をきれいに水洗いして、茎とともにみじん切り。
ごま油で炒めて酒と味噌を加えてぼってりするまで火にかければ出来上がり。
ほろ苦い春の兆しと土の香りがする。(ちとオーバーですけど。)
a0223786_9243829.jpg


新玉ねぎのご飯。
まさかまさかの一個丸ごと。
a0223786_9255420.jpg
いつもより若干少なめの水加減で、お米の上に新玉ねぎをのっけて炊きました。
土鍋のフタをとるとブワッと新玉ねぎのいい香り。
芹味噌をのせたら口の中が春めきます。

a0223786_9293136.jpg
キムチや、干しえび、天かす、青のり、塩も添えて。
by mickimchi | 2014-03-11 09:57 | 野菜がメイン(韓流) | Comments(4)

自家製豆腐でアボカドピータン豆腐&中華風卵かけご飯

手作り豆腐。
a0223786_14232467.jpg

なんて、無調整豆乳を70度くらいにあたためて、たっぷりの水でふやかした板ゼラチンを加えて溶かして冷蔵庫で冷やしただけ。
豆腐買ってくるより簡単です。
これに、ピータンとアボカドの角切り、ザーサイともどした干しえびのみじん切り、香菜をトッピング。

ソースは、 XO醤と、2種の四川風ピリ辛だれ。

a0223786_14233799.jpg

右は、冷蔵庫に常備してる、うちの万能しょうゆだれ(水1:グラニュー糖1.5:しょうゆ10:みりん2を沸騰直前まで火を入れたもの)に五香粉とラー油を混ぜた四川風しょうゆだれ。
まん中が、そのしょうゆだれに当り胡麻とニンニクを加えた四川風ごまだれです。
左が、残ってた自家製XO醤

このたれで、メインの水餃子も、〆の卵かけご飯も食べました。
a0223786_14235063.jpg


水菜たっぷりの水餃子。
水餃子の具にもみじん切りの水菜を入れました。
a0223786_1424143.jpg



〆は、卵かけご飯を作って。
土鍋で炊いたご飯に溶き卵をかけて混ぜ合わせ、30秒程フタをして蒸らしました。
炊飯器でも同様に。
a0223786_14252132.jpg


残ってたチャーシューと、水菜、パクチーに、ザーサイと干しえびのみじん切りをのっけて。

a0223786_14241393.jpg

by mickimchi | 2014-03-07 09:36 | ミッキムチ家の中華 | Comments(4)