<   2014年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

初秋のソウルから帰ってきました。

韓国ソウル旅行から帰ってきました。
一日は大邱(テグ)まで足を伸ばして。

いろいろ食べて飲んで楽しかった〜。
詳しくはまたブログにのっけるつもりですけど、とりあえずソウルで食べたものをちょっと見せ。
なんて、書いとかないと忘れちゃうもんですから。

初日の夜は到着が遅かったから、宿泊先の近くのクルタンジ(꿀단지)でチョッパル。
a0223786_105134.jpg


2日目のお昼は景福宮(キョンポックン)のボンビョンマッククス(봉평막국수)で、そば粉のビビンククス。
a0223786_105327.jpg


世宗マウルをテクテクして、ヨルジョンカムジャ(열정감자)で生ビールとピリ辛フライドポテトで休憩。
a0223786_10612.jpg



夜は、弘大(ホンデ)ナイト。
若きチングに連れてってもらった、「Base Camp」でコリアンバーベキュー。
a0223786_1062345.jpg

ホンデのマッコリバーで飲み直し。
a0223786_1063847.jpg


おつまみのオジンオスンデ(イカの詰め物焼き)もおいしかった。
a0223786_1065393.jpg



3日目は、WソウルウォーカーヒルホテルのKITHCENで、「バブリーサンデーブランチ」。
バブリーなネーミングですが、贅沢にもヴーヴ・クリコ 飲み放題のヴュッフェでした。
a0223786_1071610.jpg


夜は、イェダムパッサン(예담밥상)で、カンジャンケジャン定食。
ここは大ヒット。
また行きたいです。
a0223786_1074025.jpg


一泊大邱に行った後、最後の夜はコプチャンイヤギ(곱창 이야기)で。
a0223786_1075412.jpg


ああ、おわかりですね。
食べ過ぎてしまいました。

大邱(テグ)への一泊旅行から書こうと思ってます。
多分。
by mickimchi | 2014-09-29 10:41 | 韓国のおいしい所 | Comments(8)

松茸の味お吸い物で、松茸の土瓶蒸し風と牛しぐれ山椒ご飯

韓国に行ってました。
今回はソウルから大邱まで足を伸ばして、ついでに羽根を伸ばしてたのしかった〜!
大邱旅行のついてはそのうちレポしたく思っております。(いつになるか…)

日本に戻って、久々和食で。
とはいえ韓国から帰ったばかり、冷凍庫のストックやなんかでなんちゃって和食ご飯です。

『松茸の土瓶蒸し、ではなくて松茸の土瓶蒸し風」。
a0223786_14382842.jpg

エリンギを薄切りにすると、わりと松茸に。
昆布出汁で霜降りにした鯛と煮て、永谷園の松茸の味お吸い物を入れただけ。
味をみて白だしを加えて下さい。
それ風にぎんなんと三つ葉を入れて、すだちをしぼって。

ご飯にかけるギョーザ(風)の餃子」。
あっ、餃子は和食じゃないか...
a0223786_14384298.jpg

バカバカしいんですが、先日作った、ご飯にのっけるとまるで餃子ライスの味がする(かも?の)ご飯の供を餃子の皮で包んで焼いたら、まるで餃子になるかも、と思って。
わりと餃子です。
おからだし、多少カロリーおさえられるかも。

「ズッキーニのたたき」。
これはお蕎麦屋さんの川上庵で出てきたおつまみのパクリ。
a0223786_14383816.jpg

さしすせそドレッシングで。


「牛しぐれ山椒風味ご飯」。
a0223786_14384611.jpg

牛しぐれが冷凍してあったので、びん詰めの実山椒の佃煮と混ぜました。
牛しぐれは、一回ゆでこぼした牛肉の切り落としを、万能醤油だれとで醤油だれの1/3量のフルーツジュースとともに鍋に入れ、水分が飛んで牛肉がバラバラに細かくなるまで箸でほぐしながら炒めたもの。
山椒の味がピリリとして、これもオツな味、かな?


by mickimchi | 2014-09-26 14:35 | たまには和食 | Comments(8)

チキンティカ&ほうれん草のカレー

「チキンティカ」。
先日ネパール料理屋さんで食べてとってもおいしくて、真似してみました。
チキンティカって、ま、平たく言えば一口サイズのタンドリーチキン。

鶏もも肉1枚を一口大に切って、ヨーグルト大さじ1、ケチャップ小さじ2、万能醤油だれ(めんつゆでも)小さじ1、自家製カレーフレーク大さじ1、おろしにんにくとおろししょうが、食紅各少々も漬けだれにつけて、冷蔵庫で一晩ねかせます。
天板にオーブンシートをしいてチキンをのせ、オーブンで200℃で20分くらい焼けばできあがり。
a0223786_16535399.jpg


「エジプト塩豆腐」。
これは、近所のおうどん屋さんのおつまみの真似っこ。
a0223786_1655184.jpg

エジプト塩ってはやってるんですってね。
ハヤリモンに弱い私。
さっそく真似っこ。
ミックスナッツ(おつまみ用)、ピスタチオ(おつまみ用)、クミンシード、コリアンダー、白ごま、塩、黒こしょうをフープロでガーッとやって。
a0223786_10143659.jpg

このエジプト塩を冷や奴と浅漬けにした野菜にかけて食べました。
フムフム、エジプト風のお豆腐だ。

a0223786_1713985.jpg

ほうれん草のカレー。サグカレー。

チキンティカ用の、漬けだれにつけたチキンをちょこっと残しておいて、これを炒めてカレーの具にします。
あとはゆでたガルバンソ豆。

チキンスープ2カップに、自家製カレーフレーク大さじ3、トマトペースト大さじ1、ほうれん草ペースト大さじ2を加えて、炒めたチキンとともに10分くらい煮て、塩こしょうで味付けします。
途中でガルバンソ豆も加えて。
仕上げに生クリームを少し。

ご飯じゃなくて、チーズナンで食べました。
これもネパール料理屋さんの真似。
ポケットパンにとろけるチーズをたっぷりはさんで、レンジでチンしただけ。
ナンを半分の厚さに切ってチーズをはさんでもおいしいだろうなぁ。
結構バクバク食べちゃう、危険極まりない食べ物です。
a0223786_16543447.jpg


あれ?グリーン色のジップロック?
いえいえ、レンジでチンしてハンドミキサーでペーストにしたほうれん草、冷凍しておいたんです。
これを使えば、普通のカレーも速攻ほうれん草カレーに。

a0223786_16551248.jpg

by mickimchi | 2014-09-21 21:04 | ミッキムチ家のエスニック | Comments(8)

モーニングブリトー&パングラタンとレモンサワーサラダ oishii

"Yesterday's recipe"
なんちゃって、平たく言えば残り物総ざらいの晩ご飯。
でも楽しく作んなきゃ、つまんない。

「チーズナチョス コチュジャンフレーバー&ブルーチーズフレーバー。」
a0223786_11334011.jpg

残ってたサワークリームにクリームチーズとコチュジャン、クリームチーズとブルーチーズを混ぜて、コーンチップスの上に塗って。
オーブントースターでチーズが溶けるまで焼いただけ。
まん中の万能ネギを細かく叩いて作ったごまねぎ塩ソースです。

「モーニングブリトー」。
a0223786_1137064.jpg

なんかよくわかりませんけど、スクランブルエッグが入ってるブリトーの事みたいです、モーニングブリトーって。
ま、モーニングブリトーを夜食べたって誰も怒らないだろうと。
あまったトルティーヤにトロトロのスクランブルエッグと、アボカド、サーモン、クリームチーズを巻いて。
ホイルにくるんでこちらもオーブントースターで。
エリカ・アンギャルさんが喜びそう、かな?

a0223786_11422167.jpg


「パングラタン。」
あまったバゲットを、一口大に切って耐熱皿に入れます。
いろんな種類のチーズとプチトマト、アボカドものっけてオーブントースターに。
この間に生クリームにアンチョビペーストを加え、混ぜながら弱火にかけます。
とろみがついたらアンチョビクリームソースのできあがり。
だいたい、生クリーム1カップでアンチョビペーストが50グラムくらいが目安。

これをチーズがグツグツしてきたパングラタンにかけて。
a0223786_11372885.jpg


ちょっと固くなったパンがカリカリに、トマトとアボカドがトロトロです。
a0223786_11415566.jpg


「レモンサワーポテトサラダ」。

いつものマヨネーズ味のポテトサラダをちょっと一工夫。
ゆでたポテトをサワークリームとマヨネーズ、レモン汁と塩こしょうを加えたレモンサワードレッシングであえて、スモークサーモンを細切りしたものを加えました。


a0223786_11373471.jpg


冷蔵庫総ざらいのメニュー。
野菜もいっぱい取れてよかったです。
by mickimchi | 2014-09-19 20:12 | Comments(4)

ミニおでんとご飯にかけるギョーザ(風)

すっかり秋めいてきた今日この頃。
mkokochikiさんとこで見たミニおでん、おいしそうでおいしそうで、真似して作ってみました。

a0223786_1002932.jpg


「あさりとしめじのおでん」。
a0223786_101017.jpg

おでんのスープで他の具とは別にさっと煮るんですって。
ほんと、おいしいです。

和がらしと、生七味、柚子胡椒をお好みで。
a0223786_101977.jpg


半熟玉子。
a0223786_1012321.jpg


ご飯のお供に作ったのは、今ブームとかの「ご飯にかける餃子(風)」。
a0223786_103116.jpg


テレビでやってたんですよ。
ご飯にかける餃子テイストの調味料なんですけど、ご飯とともに食べるとなぜか餃子ライスの味になるそう。
ネットで大人気で売り切れで入手困難だそうです。

テレビでその会社の紹介をしてて、材料やざっくりした製法も出て来たので、私ながらのやり方で真似して作ってみました。

玉ねぎ、生姜、ニンニクのみじん切りを炒めて、おからと砕いたピーナッツも加えて炒め合わせたところに、調味料を入れて、トロッとするまで炒め煮しました。
万能醤油だれ、フルーツジュース、オイスターソース、ラー油、ごま油で、アドリブで味付けたんですが、わりとイケる。
味見と称して、ビール片手にバクバク食べてしまいました。
おからだからカロリー低いし、なんて言いつつ。
調味料ですんで、わりと濃いめの味付けにして。
ホンモノの「ご飯にかけるギョーザ」は酢も入ってるみたいです。

a0223786_10311353.jpg


ご飯にかけて、おっ、わりと餃子だ。
a0223786_10312275.jpg

by mickimchi | 2014-09-16 16:37 | Comments(4)

おうちで居酒屋さん。和食亭@mickimchi

夫が食事当番のこの日。
和食居酒屋さんみたいなメニューで。

「秋刀魚の甘露煮」。
圧力鍋で10分だそう。
骨までやわやわです。
秋やなぁ。
a0223786_18235981.jpg


「イカの辛いサラダ」。
生の赤唐辛子で爽やかな辛さ。
a0223786_18244233.jpg


「鶏もも肉の治部煮」。
ほっこりする味でした。
a0223786_11465069.jpg


「マグロの赤身ののづけとアボカド」。
a0223786_11471577.jpg



「イカワタの焼き飯」。
おいしゅうございました。
a0223786_11473244.jpg

by mickimchi | 2014-09-13 10:33 | たまには和食 | Comments(11)

自家製サルサでサルサ&チップス。ナチョスとイカゲソセビーチェも。

↓のコリアンメキシカンナイトは続行中。

「3種のディップで、タコチップスを。」
自家製トマトサルサは、玉ねぎ、セロリ、カラーピーマン、トマトの粗みじん切り、にんにくのみじん切りに、生唐辛子の輪切り、ライムの絞り汁、塩と砂糖少々、コーン、枝豆、香菜を混ぜ合わせたもの。
塩加減は味見しつつ作れるから、失敗なしです。
ライムの絞り汁で作るとおいしいですが、なければレモン汁でも。
冷蔵庫の残ってる野菜を粗みじんにしてカラフルに作ると楽しいです。
a0223786_1702164.jpg


右のは、リフライドビーンズ。
スーパーのメキシコ料理食材のコーナーによく、つぶした豆の炒め煮の缶詰め、売ってますよね。
あれを、花豆煮でやってみたんです。
玉ねぎのみじん切りをオリーブオイルで炒めて、トマトソースとコリアンダー、クミン、パプリカ、塩を加えます。
そこに、花豆煮をスプーンの背でつぶして、花豆煮の煮汁ごと入れて煮込んだら出来上がり。
これが思いのほかおいしかった。
ほのかに和風な花豆のリフライドビーンズ。

あとは大好きなワカモレ。
a0223786_17112946.jpg



トマトサルサでナチョスも。
ゆで卵のみじん切りとチーズを加えて、オーブンでチーズがとけるまで焼きます。
サワークリームをトッピングして。
a0223786_1723739.jpg


「イカゲソのセビーチェ」。
a0223786_1725872.jpg

これも、トマトサルサで。
紫玉ねぎのマリネと、イカゲソとトマトサルサで簡単に。

トマトサルサを使って3品作ったわけですけど、チーズを加えたり、マリネや魚介と合わせるとそれぞれ味が変わって、まさか手抜きじゃない?っとはバレません(デシタ、今回)。
by mickimchi | 2014-09-10 16:53 | あれこれおつまみ | Comments(2)

キムチ味の牛しぐれ入り。韓国風ブリトーで、コリアンメキシカン。

コリアンメキシカン。
最近恒例の晩ご飯のメニューです。

韓国風ブリトー。
ブリトーは、トルティーヤに具をのせて、クルクルッと巻いて焼いたもの。
この具に、キムチ味の牛しぐれを入れてみたんです。

フレッシュサルサに、豆のディップ、ワカモレを添えて。
タコチップスにつけてね。
a0223786_10221994.jpg


フラワートルティーヤは、お皿にのっけて水でぬらしたキッチンペーパーで覆ってレンジで15秒チン。
それに、キムチ味の牛しぐれをのせました。

「キムチ味の牛しぐれ」の作り方
1 みじん切りのキムチをさっと炒めてさます。
  キムチと牛しぐれの分量の割合はお好みで。
2 牛の切り落としを鍋に入れて、水をひたひたに入れ火にかける。
  沸騰したらザルにあけて水気を切る。
3 鍋に2の牛肉200グラムと万能醤油だれ大さじ3、フルーツジュース大さじ1を入れて火にかける。
  フルーツジュースは、リンゴジュースでも代用可。
  水分が飛んで牛肉がバラバラに細かくなるまで箸でほぐしながら炒める。
4 3をバットに広げて冷ます。
  冷めたら1と混ぜ合わせる。

トルティーヤに、このキムチ味の牛しぐれとゆで卵のみじん切り、チーズと枝豆ののっけて。

a0223786_13312046.jpg


春巻きみたいにクルクル。
少々不格好でも、具がはみだしてても、焼いてるうちにチーズが溶けて糊の代わりになるので大丈夫。
これをホイルで包んで、オーブントースターで焼くだけ。
a0223786_1540523.jpg


半分に切ってどうぞ。
a0223786_10231416.jpg


お話が長くなってきましたね。
なにしろ、コロナビール飲みつつ、なんかちょこちょこおつまみ作ってたんで。

3種のディップで食べるタコチップスのお話からはまた次回という事で。
ナチョスとセビーチェも作ったよ。
乞うご期待。
by mickimchi | 2014-09-09 09:31 | あれこれおつまみ | Comments(4)

おうちでスペインバル その2。豚キムチとタコのパエリア

前日に続き、スペインバル風おつまみの晩ご飯。

「豚キムチとタコのパエリア」。
なんか、うまくできてしまいました。
a0223786_1024191.jpg


ので、覚書。

材料(2人分)
米 1合(研いで水をしっかりきっておく)
豚バラ薄切り肉(2センチくらいに切る)80グラム
キムチ(2センチくらいに切る)50グラム
ゆでたこ(ぶつ切り)50グラム
玉ねぎ(みじん切り)大さじ2
にんにく(みじん切り)小さじ1
ベイリーフ 1枚
パプリカパウダー(あればピメントパウダー) 小さじ1/3
トマトソース 大さじ1
チキンスープ(鶏ガラスープの素と塩を湯でといだものでOK)185CC
イタリアンパセリ(パセリでも)(みじん切り)適量
季節の彩り野菜 お好きなだけ

作り方
1 しっかりフタがしまる、ルクルーゼ鍋とかフライパン等の平たい鍋にオリーブオイルをしく。
  玉ねぎとニンニクを弱火で3分ほど炒める。
2 豚肉も加えてひと炒めしたら、キムチも入れて炒め合わせる。
3 米を加えて、米を傷つけないように他の具材とさっと混ぜ合るように軽く炒める。
4 チキンスープは、飲んでみてちょっとしょっぱいお吸い物くらいの味付けにして用意しておく。
  このチキンスープと、トマトソース、ベイリーフ、パプリカも3の鍋に加える。
5 鍋を中火にかける。 
  タイマーを13分にセットして、スープが沸騰するまではフタをあけておく。
  グラグラして来たら弱火にしてフタをしめる。
  そのまま弱火で、火にかけてから13分煮る。
6 この間のトッピングの野菜の下準備。
  カラーピーマンと獅子唐は乱切りにしてレンジで2分ほどチン。
  枝豆は塩ゆで、ヤングコーンはフライパンで焼いておきました。
  他にも色々季節の野菜を使ってみて下さい。
7 13分たったらフタをあけて、タコと野菜をのせる。
  再度フタをして火を強め30秒炊いたら火を消す。
  10分ほどそのまま蒸らす。
8 蒸らし終わったらフタを取り、パセリをちらす。 
  
タコじゃなくて、有頭エビやムール貝なんかで作っても豪華ですね。

「焼き野菜のアイオリソース」。
a0223786_1043283.jpg


あまった↓のスペインオムレツ、2日目はお醤油をつけて食べるのがなんかうちの恒例なんです。
今回は自家製のにんにく醤油で。
a0223786_10442753.jpg


ちょっと前、無印良品のにんにく醤油キットが大流行りで売り切れ続出ってテレビでやってて、そんならという事で、材料をそっくり真似て作ってみました。
a0223786_10443095.jpg

ステーキに大根おろしと一緒にかけたり、かつおのたたきにかけたり、なかなか重宝します。
a0223786_10443236.jpg


「ミートボール」。
a0223786_1037598.jpg

ハンバーグのタネにクミンを入れてちょっとエキゾチックな味にしてみました。
洋風の挽き肉メニューの中で一番作る頻度が多いのがミートボール。
理由は?
ハンバーグより作るの楽だし、ミートボールの方がおつまみっぽい、という事で。
by mickimchi | 2014-09-05 12:05 | あれこれおつまみ | Comments(6)

タパス風おつまみで、おうちでスペインバル その1 oishii

思わぬ用事で、バタバタと忙しく過ぎた1週間。
そんな時の週末のストレス解消法はといえば、ビールグラス片手にお料理作って、ご飯ができたら食べながら飲みながら、溜まった韓国ドラマ観ながらさらに柿ピーでカンパーイ。(ってこの時点でまでくると、ひとりでです。)

っていう事で、2夜連チャン、スペインバル風おつまみの晩ご飯。

今回は初日の模様。
「ピーマンのポテトサラダ詰めのパンタパス」。
a0223786_17221072.jpg

レンジで数分チンしたピーマンにアンチョビポテトサラダを詰めて。

新しくできたおうちの近所のパン屋さんで買ったパン。
近くにパン屋さんが増えるのはうれしいけど、駅から遠くて駐車場もなくてダイジョブだろうか。
a0223786_13272759.jpg


「マッシュルームとタコのアヒージョ」。
a0223786_17222279.jpg

いっつもアヒージョ作る時思うんですけど、確かスペインで食べた、陶板で作るニンニクオイル焼きって、具材が一種類だったような。
マッシュルームならマッシュルームだけ、エビならエビだけ、鰻の稚魚はそれだけで作るもんだったと思うんです。
ま、魚介と野菜両方入れるとおいしいのは確かだから、ウルサい事は言わないでいいのかな。

「明太子入りスペインオムレツ」。
これもスペインの人から見たら邪道かな?
a0223786_17214443.jpg

明太子入るから焦げないように、と思ったけどやっぱ焦げてます。

「オリーブのニンニクオイル漬け」。
a0223786_17223230.jpg

作ってから数日後の方が断然おいしい。

「イベリコ豚のスパイスソテー」。
a0223786_13301068.jpg

お肉、もっと買っとけばよかったなぁ。
イベリコ豚、おいしいですね。
どんぐり食べてるからかな。

全然話がちがうけど、SPFポークもおいしいですね。
SPFポークのトンカツ、トンカツ屋さんで食べた時、ほんのりお肉がピンク色のとこかぶりつくと、やわらかい肉質と良質の脂が口の中にジュワ〜っとして感動モノでした。
もうそれ以来トンカツはSPF一辺倒。
なんかトンカツ食べたくなってきた。
by mickimchi | 2014-09-02 11:11 | あれこれおつまみ | Comments(6)