<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2015年春ソウル旅レポ 最終回 辛くておいしいチュクミフォンデュをカロスキルの「オチュ」で

さて、キムチ食材の仕入れやらでアチコチ行って、お夕飯はどこにしようと思ったら、夫が「カロスキルでスマホのかわいいケースが買いたい。」と、なんだかティーンエイジャーの乙女のような事を言いだして。

スマホの機種やスマホをデコったりする事に全く何の興味もない私にしてみれば、「はぁ?」みたいなハナシなんですが、お昼は私のリクエストでスンデ屋さんに行ったもんですから、夫に付き合ってカロスキルをウロウロ。

乙女のように何にするかさんざん迷って、やっとお気に入りのスマホケースをゲットでき、うれしがる夫。
私にはよく理解ができません。

で、ついでに歩いてる時見つけた「オチュ カロスキル店」でお夕飯する事にしました。

「オチュ」は、チュクミと呼ばれるイイダコを、辛いソースで炒め煮したチュクミポックムを、チーズにつけてフォンデュみたいに食べるお料理で人気のお店で、大学路や弘大などにもお店があります。

さっきコネストで見たら、「オチュ」という店名は「オーマイゴッドチュクミ」を略したものなんだって。
ま、なんかわかったようなわかんないような店名ですが。

a0223786_1615883.jpg


メニューは、イイダコの辛炒め、「チュクミ」、チュクミとサムギョプサルの「チュサミ」、チュクミと鶏肉の辛いための「チュココ」、全部入りの「チュサムコ」。

それにフォンデュにするチーズ、追加にうどんやトッポギ、ポックンパにするご飯などなど。

a0223786_1621684.jpg

チュサミを頼んで。
a0223786_1614154.jpg

お店の若いお兄さんが炒めてくれます。
豆もやしもたっぷり。
a0223786_1614398.jpg
で、炒まったら食べますよ〜。
うま〜。
でも結構辛いんですよ、これが。

最初は、チーズにフォンデュするのが、チュクミについた真っ赤なソースでチーズまで赤くなるのになんとなく違和感があったんですが、チーズが辛味を抑えてくれるんで、すっかりそんな違和感も忘れ、ドボドボつけつつ食べ進みました。
a0223786_1614874.jpg

大盛りのサラダもサービスでついてきます。
(写真撮り忘れたけど。)
そんな大盛りじゃなくてもいいのに、って思ってたけど、このサラダを一緒に食べると辛味がおさまるので、あっという間に完食。


で、〆のポックンパまで楽しみました。
お鍋にちょっと残ったイイダコのいい出汁が出た旨みたっぷりの煮汁。
それにご飯を入れて、お店の兄さんがささっと炒め合わせてくれます。
これがまたいいお味。
a0223786_1615587.jpg
チュクミポックムって、地元のオヤジたちがソジュ(韓国焼酎)飲みながら、ちょっと古ぼけたなじみのお店で食べる感じの印象がありますが、ここは若い男女がフルーツシャーベットマッコリを飲みながらワイワイ楽しむ感じのお店。
よく混んでるだけあって、おいしかったです。

で、混み始めた店内で、間違いなく最年長の我々夫婦は、シャーベットマッコリではなくオヤジの友、ソジュを飲みながらソウル最後の夜を堪能しました。


by mickimchi | 2015-10-30 15:59 | 韓国のおいしい所 | Comments(8)

2015年春ソウル旅 その5 駅三のおいしいスンデ屋さん

2015年春ソウル旅その4 の続き。
さてソウル最終日。
キムチ素材の買い出しやらなんやらで、大忙し。

で、チャチャッとランチ、とはいえスンデラバーとしてはやはり一回はスンデ食べとかなきゃってことで、駅三(ヨクサン)のペッカムワンスンデへ。
スンデって、韓国式の豚の腸詰めのことでそのインパクトが強い見た目と、少しクセのある味で、好ききらいが大きく分かれる食べ物。
私は、このスンデが意味もなく好きでして。

ペッカム(白岩)ワン(王)スンデ、いろいろな所に店舗があるお店。
京義道の白岩発祥の白岩式のスンデのことを「白岩スンデ」と呼ぶそうで、他のスンデより野菜がたっぷり入ったクセのない味だそう。


オルクニタン(辛いスープとご飯)とクッパッ(スンデ入りの豚のお肉のスープとご飯)を頼んで。
a0223786_12341429.jpg



夫が頼んだオルクニタン。
トッペギに入ったスープがグツグツと美味しそう!
これとは別にご飯がついてきます。
a0223786_12341866.jpg

野菜も豚肉もスンデもたっぷり。
スープもしっかり辛いけどウマ〜。
a0223786_12344476.jpg

わたしの頼んだクッパッ。
柔らかく煮込んだ豚のいろいろな部位とスンデがた〜っぷりのクッ(スープ)にご飯が別々についてきます。
ご飯にかけかけ食べると、お箸が、いえいえスッカラ(スプーン)が止まりません。
a0223786_12343854.jpg

我々が注文したあと入ってきたお客さんが、「スンデマンクッ」っていうスンデだけ入ったスープ頼んでる人がいて、内心、ああそっちにすればよかったかな、って思ったけど、柔らかく煮られたいろいろな部位の豚肉もそれはそれはおいしくて大々満足です。

a0223786_12344183.jpg

で、ガツガツと食べ進みハッと我に返って周りを見ると、みなさんスープに入ってるスンデをですね、ご飯の入ってるステンレス製のご飯茶碗の蓋を裏ッ返してちょこんと並べてのせてるんです。

なぜかなぁと思ったら、ほら、いつまでも熱々のスープの中に入れとくと、スンデがいつまでたっても熱すぎて食べられないんで、ちょっと冷ましつつ食べてるわけ。

私?もちろん真似っこして、すっかり地元のスンデ好きおばさんと化して、蓋にのっけつつ食べました。



駅三駅すぐそばにももう一軒、ペッカムワンスンデの店舗があるみたいですね。

a0223786_15060239.jpg
ペッカムワンスンデ 駅三店 (백암왕순대 역삼점)

住所:ソウル特別市 江南区彦州路(カンナムグオンジュロ)97ギル7(강남구 언주로97길 7)
Tel:02-565-4798
ここにもお店情報が載ってました。
地図


a0223786_12353270.jpg
で、スンデ屋さんを出たすぐそばに偶然見つけた「新羅ステイ」。
ソウルナビによると、新羅ホテルよりリーズナブルな価格で上質なステイができるビジネスホテルだそう。
で、ちょっと偵察。

まさかスンデクッパ食べてきた帰りとは思われますまい。
a0223786_12354371.jpg


おしゃれなロビー。

ビジネス客がほとんどみたいです。
ちょっと駅から遠いかな?

by mickimchi | 2015-10-27 14:10 | 韓国のおいしい所 | Comments(6)

アメリカンホームパーティ風メニュー

春のソウル旅レポはまた休憩。
すいません、脱線ばかりで。

近頃作ったお料理のお話。

簡単でおいしいお料理。
身近な食材と市販の調味料や缶詰で作るハッピーなお料理。
アメリカのホームパーティの定番ですよね。
そんな感じでアメリカのホームパーティ風に作ってみました。

アメリカの定番のレシピを、日本で手に入る食材と調味料で代用してアレンジしてます。

まずは、「引っ張って食べる、とろけるチーズパン」。
a0223786_9592354.jpg


ほぼ、説明は必要なしですよね。
「ブール」と呼ばれる丸いフランスパンに格子状に切れ目を入れ、そこに常温で柔らかくしたバターに塩、ガーリックパウダー少々をまぜたもの、チーズ、焼いて粗みじんに切ったベーコン、浅葱の小口切りをはさみます。



a0223786_10382856.jpg





ホイルにくるんでオーブンでチーズがトロリと溶けるまで焼いたらできあがり。

はさむチーズは、クリームチーズやとろける細切りチーズ、パルメザンチーズなどを数種類混ぜるとおいしいです。

これを引っ張ってちぎりながら食べると、おそろしいほどやめられなくなる(かも)。


「スイート&サワーなミートボール」。
a0223786_10402076.jpg


材料は、こちら。

a0223786_1045865.jpg
ハンバーグのたねを丸めて焼いたミートボールに、グレープジャム、チリソースにケチャップのみ。
a0223786_10493589.jpg


煮込みますから、ミートボールはしっかり焼き色がついたら中まで火が通ってなくても大丈夫。



それを、チリーソース1:ケチャップ1:グレープジャム3の割合で混ぜたもので煮込むわけ。

煮汁の分量はだいたい、ミートボールが全体につかるくらいっていうアバウトな感じで。

本場だとスロークッカーでつくるんですが、シャトルシェフで代用。
5分ほどシャトルシェフを火にかけたら、蓋をして保温容器にいれて4時間くらい放置。
保温調理器がない場合は調理機能がある炊飯器でもできると思いますよ。
なにしろ煮汁が煮詰まると焦げちゃいますので、普通に火にかける場合は、水を加えつつ様子をみながら煮込んで下さいね。

a0223786_1112148.jpg























グレープジャムは成城石井で売ってました。
本来はグレープジャムとハインツのチリソースで作るんですけど、ハインツのチリソース、なかなか見ないんで李錦記(リキンキ)のチリソースとケチャップで代用しました。

どんな味?
いやぁ、ほんのり甘くてスパイシーな本格的な味なんですよ、これが。
そうそう、本来のレシピは冷凍のミートボールを使うんですよ。
まあ、ソースに手間がかかんないから、ミートボールくらいは作りました。
このテリテリでツヤツヤな肉団子。
フォーチュンクッキーとか出てくるアメリカの中華屋さんで出てきそう。

ソースにパンを浸し食べしてもいいけど、ご飯にも合いそうです。
で、急遽ご飯代わりにリゾーニというお米型のパスタを茹でてバターソテーしたものを作りました。


サラダは「コブサラダ」。
a0223786_10593324.jpg


鶏ハムがやけにおいしくできたので、自分用の覚書。
皮なしの胸肉に塩をまぶし、はちみつを塗って黒胡椒をたっぷりつけてラップでくるむ。
そのまま沸騰したお湯で5分ゆでて火を止め、2時間ほどおいて出来上がり。

a0223786_11192846.jpg











DEAN&DELUCA風「白いんげん豆と野菜の豆乳スープ」。
a0223786_11201411.jpg


茹でてミキサーにかけた玉ねぎ、セロリ、にんじん、白いんげん豆を、粉末のブイヨンを加えた白いんげん豆の煮汁で煮込んで、豆乳を加えて弱火で温め塩胡椒で味を整えました。

トッピングはクルトン代わりにカリッと焼いた油揚げです。

作ってみると、簡単で、下ごしらえさえしておけば温めなおしたりオーブンに入れたりするだけでできる、取り分けやすいお料理、アメリカのパーティ料理ってそんな感じがしました。
食べすぎちゃうけどね。
by mickimchi | 2015-10-22 13:21 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(10)

2015年春ソウル旅その4 東大門のソルロンタンの名店で「チョンゴルスユク」、夕方からチキン&ビール

さて、2015年春ソウルレポの続き、ソウル3日目。

友人家族はこの日の夕方の便で東京に帰るので、早めのお昼ご飯にお連れしたのははとっておき、大好きなソルロンタンの名店、ヌティナム

a0223786_9472477.jpg



私はここのキムチが大好き。
友人には少しニンニクが効きすぎかな。
ちょっとニンニク控えめのmickimchiがお好きなんです。
やだね、さりげなく(いや、わざとらしく)セールストーク。
ま、なにしろおいしいキムチで、また昼ビー、昼ソジュ(韓国焼酎)。
a0223786_9442831.jpg


ここのトガニタンやソルロンタンももちろん美味しいんですが、人数がそろえばこれこれ。
またまた頼んじゃった、チョンゴルスユク、茹で牛肉の寄せ鍋。
a0223786_9443745.jpg

トロトロに茹でてスライスされたいろいろな部位の牛肉を、ソルロンタンのスープで白菜やえのき茸、にらなどの野菜とともにしゃぶしゃぶしてタレにつけて食べるお鍋です。
ソルロンタンの深みとコクのあるスープに、さっぱりした柔らかい茹で肉と野菜が合うんです、これが。

〆はカルグクス(手打ち麺)で。
黙ってるとお店の人が辛味ソースをスープにドサッと入れてくれるのですが、これを入れずに各自好みに合わせて取り皿にとったスープに混ぜながら食べるのがオススメ。
a0223786_11171761.jpg


さらに、トッカルビも注文。
a0223786_950127.jpg

ここのトッカルビ、上質の牛肉を叩いて味付けし、カルビの骨にくっつけて丸く固めてあぶり焼きしてあるのかな、食べると肉汁がジュワッとすごくジューシーです。

大満足でヌティナムを後にして、光熙市場(クァンヒシジャン)などでお買い物。
いったん宿泊先に戻ってチェックアウトをすませた友人たちと、宿泊先のそばでまだ日も高いうちからチメッ、チキン&メッチュ、つまりチキン&ビール。

「オッパッタッ 建大店」。
a0223786_9484586.jpg


午後4時オープンと同時に入って頼んだのはヤンニョムチキンとクリスピーベイクの半分半分。
ハハッ、チキンの盛りがおっきすぎてカメラがブレブレ。
a0223786_946460.jpg

サイドディッシュのポテトとソーセージ盛り合わせや、チーズ焼きみたいなのも頼み、最後まで盛り上がったのでした。
コネスト地図
これでお友達とはお別れ。
夫と私はもう一日、キムチ素材の買い出し日が残ってます。

でね、最近のmickimchi家のお鍋情報。
ヌティナム風チョンゴルスユクがレギューラー入りです。

よく作る、茹で牛肉のお鍋、さっぱりしてて結構おいしいですよ。a0223786_12194238.jpg

作り方は、ソウルのヌティナムのチョンゴル・スユクを真似て、とろとろゆで牛肉の鍋
by mickimchi | 2015-10-19 14:53 | 韓国のおいしい所 | Comments(11)

近所のイタリアンバールで、おいしい料理で軽く一杯、のつもりが一本。

2015年春のソウル旅レポはちょっと休憩。

うちの近所の駅は急行が止まらない。
そのせいか駅周辺もあんまり発展しない。
両隣の駅は飲食店がたくさんあって、外食するとなるともっぱらそっちへ行ってたんですが、最近ようやく近所の駅の界隈においしいお店がポツポツ出来始め、先月末にもイタリアンバールがOPEN。

で、さっそく行ってみました。

こじんまりした居心地のいい店内。
このあとすぐ満杯に。
イタリアの白ビールを飲みながら、まずは何を頼むか考え中。
a0223786_1014628.jpg


あれもこれも頼みたくなるメニュー。
a0223786_1013946.jpg


ワインもイタリアのオーガニックワインがリーズナブルな価格で揃ってます。
ワインの種類がありすぎるからワインリストなないんだって。
ワイン好きの夫もイタリアワインはわからないので、お店のスタッフと気軽に相談しながら選びました。
「ドッシリ、しっかり系で。」って、奥さんのことじゃないよね。

で、頼んだのが「いんげん豆とラルドのブルスケッタ」。
a0223786_1536568.jpg

ラルドって、豚の背脂をスパイスとともに塩漬けして熟成させたもの。
こんがり焼けたバゲットに、いんげん豆とラルドが乗っかって、バケットの熱さでラルドがトロ〜リ溶け始めたところを頬張ると、三位一体のおいしい味。

「フライドポテトとベッキオサンペーリのマヨ」。
a0223786_1013410.jpg

甘口のデザートワイン風味がする自家製マヨで、やめられない止まらない。

「いろいろ野菜のフリット カラスミがけ」。
a0223786_103087.jpg

カラッと揚がったコーンとキノコのフリットに、塩代わりにカラスミパウダーがかかってます。

「トリッパとギアラとカブのグラタン」。
a0223786_1014321.jpg

柔らかく煮込んだ牛の内臓と、これまた柔らかいカブがグラタン仕立てになってます。
自家製パンをた頼んでソースも残らず食べちゃった。
これが、トマトーソースベースじゃないところがいいです。
ちょっとジェノベーゼ風のソースがかかってて、
グラタンに振りかけてこんがり焼けたパン粉の食感ともピッタリ。
「これなにがかかってるの?」って聞いたら、カブの葉っぱだそう。

よし、カブの葉っぱのジェノベーゼのアイディア、いただきました!
今度作ってみよう。

本当は、このお店の名物、ピチアリオーネも食べたかったけど、お腹いっぱいになっちゃった。

予約づらくなっちゃうだろうなぁ。
by mickimchi | 2015-10-15 14:06 | 外で一杯 | Comments(8)

2015年春ソウル旅その3 今さら、実は初!「チンオックァ・ハルメ・ウォンジョ・タッカンマリ」

さて、はしゃぎすぎの夜は明け、次の日の朝。

実は行った事がなかった、「陳玉華(チン・オックァ)ハルメ元祖(ウォンジョ)タッカンマリ」に朝昼兼用のご飯食べに行ってきました。
韓国の事、あれやこれや書いてますが、恥ずかしながらこの有名店に行った事がなかったことをここに告白いたします。

ソウルでタッカンマリを食べたいという友人のリクエスト。
ならば、やっぱりここでしょう、っていいう事で。

a0223786_7263686.jpg


行かなかった最大の理由が激混みっていうこと。

でも開店直後午前10時30分ごろはお客さんがまだ少なく、待つ事なく入れると聞き、朝昼兼用の
タッカンマリブランチという事にしました。

オープン直後に入店するとすぐに2F席に案内され、広い店内はまだ空いてます。
のんびり座って、さあ、ビールとソジュ(韓国焼酎)もいっとくかな?
っということで朝10時台からの朝ビー、朝ソジュ。

ほどなくしてタッカンマリ2羽登場。
5人で丁度良いくらいの分量。
良い感じに鶏が煮えたら、店のアジュンマがチョキチョキと鶏を切り分けてくれ、各自好きなようにスープとともに取り皿に入れ、卓上に置かれたタテギと調味料で、自分で味付けして食べます。

気がつきましたが、タッカンマリも人を無口にする食べ物ですね。
しばし、全員黙々と食べ進め、

ククス(麺)とトック(餅)も、あっ、じゃがいもも追加して。
(じゃがいもは最初から少し入ってます。)

トックは自家製。
おいしかったです。

タテギもしっかり辛い。
韓国の味ですね。

友人(夫)曰く、「ねぇ、僕たちここの店前一緒に来たよね。」
友人(妻)曰く、「あなたは30年前に1度ソウルに来ただけでしょ、来たことあるわけないじゃない。」
友人(夫)、「絶対一緒に来た。」
友人(妻)は無言。

思うに、来たことないのに懐かしい味がするのかな?
むずかしい味でなく、そういう意味で韓国らしいお店のような気がしました。

a0223786_7265116.jpg

想像以上に綺麗な店内。
1Fの状況。

a0223786_727695.jpg


ダダーンと3F建て。
a0223786_7302633.jpg


食べ終わって、広蔵市場(カンジャンシジャン)のモッチャコルモク(うまいもん通り)の屋台街をうろうろ。

友人にはちょっと雰囲気がディープすぎるかなぁと思ったら、
「次回はここで食べたい。」そうです。

a0223786_730036.jpg


「チンオックァ・ハルメ・ウォンジョ・タッカンマリ」のお店のカード、なんかオシャレすぎ。

a0223786_733719.jpg

コネスト記事



















この日は、市場巡りなんぞをして、お夕飯はソウルの進化系モダンコリアンレストラン「ジョンシクタン」で。
昼と夜の食事のセレクションの落差がスゴイ。
でもどちらも大満足でした。
by mickimchi | 2015-10-13 07:25 | 韓国のおいしい所 | Comments(16)

2015年春ソウル旅その2 狎鴎亭のケファオクから、カロスキルのケミチプへ。

さてさて、遅めのランチの後は、江南GO!

清潭洞(チョンダムドン)で食器屋さんと高級スーパーをのぞいて、狎鴎亭(アックジョン)でお夕飯。
そのあとカロスキルのマッコリバーで飲みなおすっていう、やけに気取ったプランです。

韓国では、酔っ払ったアジョッシ(おじさん)達にまみれて、ちょっと古ぼけた食堂で韓国焼酎を飲みながら安くてウマい韓国料理を食べるっていうのが大好きなパターンなんですが、ま、たまにはこういうスカしたプランもいいんではないかと。

まず、清潭洞駅から歩いてチョン・ソヨンの食器匠、チョンソヨンエ シッキジャン / 정소영의 식기장に行きました。

店内撮影禁止だから外から撮っちゃったけど、これもNGかしら?

a0223786_11563958.jpg


ここの食器はとってもセンスが良くて大好き。
もう見ると欲しくなる器ばかりなのですが、私にはちょっと値がはるものが多いので、行くたびにマグカップや、お皿など気に入ったのを1、2個づつ買い足すのが楽しみです。


そのあと高級スーパー、SSG フードマーケット 清潭店に寄って、友人共々なんだかんだとお買い物。
コネスト紹介記事
レジで、支払い額にちょっと頭がクラクラしましたけど。
ここは、商品の値段をじっくり考えながらお買い物するべきでしたが、後の祭り。

日も暮れて、ウロウロ歩いたのでお腹も減り、さあ、お夕飯の時間。

以前ランチに行っておいしかったケファオクで、お友達の娘さんの留学友達の韓国人カップルと待ち合わせ。
人数が多かったので予約を取ってもらっていたんです。
この若き韓国人カップルには、我々夫婦もソウルに行くたびにお世話になり、おいしい食べ処、飲み処に
連れてってもらい、最終的には飲み処を連れ回してしまってます。

a0223786_1156542.jpg


さて、再会を祝して、ポッサム食べながら乾杯!
ここのお店は器もステキ。
相変わらずのおいしさのポッサム。
a0223786_11564435.jpg



a0223786_11564942.jpg

プルコギも。

写真撮り忘れたけど、〆に食べた、韓国味噌味のちょっとピリ辛おうどん、テンジャンククスもむちゃおいしかった。

さて、こちらも以前訪れて大のお気に入りになったカロスキルの大人が行くマッコリバー、ケミチプへ。

と、タクシーで行ってみたら、満席でウェイティングだそうです。

で、偶然にもケミチプの前に、ご一緒した若き韓国人男子の友達がやってるバーがあって、そこで一杯やりながら席があくのを待とうということになりまして。
a0223786_11535480.jpg

華麗なパーフォーマンスでカクテルを作るバーテンダー氏。
かっこいいんだけど、不良中年たちは、内心(さっさと作ってよ。)ってか。

さてさて、一杯飲んだところでお目当てのケミチプから「席が空いたよ。」っていう連絡が。
目の前ですから、すぐに入店。

ケミチプの店内の様子。
気取りすぎてなくて、肩の力が抜けてる感じがしていい雰囲気です。
a0223786_11535927.jpg


マッコリのセレクションは、若き韓国人男子に任せて、
まだまだ、食べるわよ〜、ってことで、

「モッツアレラチーズのチヂミ(모짜랟라김치전)」。
これはここに来たら必食です。
a0223786_1154569.jpg


柚子カルビ焼き(유자갈비구이 ) 。
さっきお夕飯食べたばっかしなのにネ。
a0223786_11551148.jpg




a0223786_1203941.jpg

タコの炒め物(산낙지꾸리)まで頼んじゃってる〜。

ヒラメのお刺身でカッキムチや葉野菜をくるんで食べる和食風お刺身のポッサム、日本式のおにぎりなど、大いに食指がそそられるおつまみメニューがそろってました。

一緒に行った友人も喜んで下さり、「次回は開店と同時に来て、いろいろ食べまくりたい。」そうです。

お店の外観を撮り忘れ。
前回の写真でお許しを。
a0223786_1255523.jpg


ケミチプ(개미집)
Tel:02-541-5955
住所:ソウル特別市江南区(カンナムグ)新沙洞(シンサドン)528-4
서울특별시 강남구 신사동 528-4

営業時間: 11:30~02:00 (14:30~17:00はクローズ)
                土曜日は17:30~02:00
定休日:日曜日? (ブログによっては夜は17:30-01:00営業となっているものもあります。日曜にいらっしゃるおつもりの方、申し訳ありませんが電話で確認してから行って下さいませ。)
コネスト地図
by mickimchi | 2015-10-10 16:48 | 韓国のおいしい所 | Comments(4)

2015年春ソウル旅その1 建大(コンデ)のスターシティモールでランチ

今年のゴールデンウィーク、お友達家族と我々夫婦でソウルに行きました。
その時の旅レポを、遅ればせながらのんびり書いていくつもりです。

去年もソウルにご一緒したメンバー。
食べるの大好き、飲むのも大好きな気のおけないお友達家族なので、少々ハメを外してベルトも緩めて、お財布の紐もちょっと緩めてとっても楽しい旅になりました。

我々夫婦はこの日の前日の夜到着でしたが、お友達家族が昼の便で金浦到着でしたので、お昼は遅いランチを宿泊先の近くでサクサクっとすませようと。
この日はこの後、お友達の娘さんの留学友達とそのガールフレンドの若き韓国人カップルと、夜ご飯をご一緒する予定でしたので。

で、地下鉄2号船建大入り口(コンデイック))駅に直結している、大型ショッピングモール「スターシティモール(스타시티몰)」の3Fのフードコート「OVER THE DISH」に。

a0223786_105219.jpgすいません、外観撮り忘れたので、韓国ブロガーさんのお写真拝借。















ま、正直あんまり期待せずに行ってみたら、な、な、なんと大好きなチャンサラン(장사랑 )も出店してる、スグレモノのフードコート。

こちらには他にもピンスが有名なROYS、おしゃれキムパッのSCOOL FOOD、チャンポン屋さんのキョドンチャンポンの他、メキシカンやトンカツ屋さん、ケーキ屋さんなどが入っている、スグレモノのフードコートでした。


総勢5名ですから、各自好きなものをいろいろ頼もうってことで。

ま、日本からの駆けつけ一杯の生ビール、って特大ピッチャーで頼んでますね。
あらま、ソジュ(韓国焼酎)もいっときますってか。

a0223786_1115640.jpg


チャンサランの大好きなパサップルコギにエゴマのスジェビははずせないでしょ。
a0223786_112327.jpg


SCHOOL FOODのトビッコ、スパムハム、イカ入りイカ墨と3種類のキムパッも。
イカ墨のがおいしかった。

トッポギも。
これは、韓国ドラマ観ててよく出てくるからって、アガシが食べたかったんだ。
a0223786_1102090.jpg


韓国ドラマって言えば、チャジャン麺もね。
a0223786_1161944.jpg


やっぱりチャンサランのパサップルコギはウマい。
柔らかい肉質の牛肉をたたいて広げて焼いたパサップルコギ。
口の中でジュワーっと肉汁があふれるのに、油っこくないんです。

a0223786_117059.jpg


夫とお友達の旦那さん、アジョッシ2名が頼んだ、マンゴーピンス。
大の辛党で甘党な仲良しふたり。
「甘いものは別腹。」って我々女子より女子っぽい。
a0223786_1173319.jpg




サクサクっと軽いランチどころか、飲んで食べての大盛り上がりの昼下がりのブランチになりました。

スターシティモールのコネスト紹介記事

さらにさらに、建大のスターシティーモールの道をへだてて向かい側に可愛いお店があるんですよ。

bongjashop(ボンジャショップ/봉자샵)のオフラインショップ(路面店)。
bongjashop(ボンジャショップ)のサイトによると、10代〜20代の女の子のデイリーなおしゃれスタイルを提供するファッション通販の実店舗なんだそうだけど、これが安くて可愛い。

お店は入り口はちっさいものの、フロアが地下1Fから3Fまであって、若い韓国女子に混じってオバハンひとり、興奮状態でお買い物しました。

思うに、40代以上(わたしもここに属します。)の女性にもイケそうな服や靴、アクセサリーもたくさんあるんですよ。
結構デカいサイズ(わたしもここに属します。)もあったりして。
bongjashopのサイトでは日本からも商品を購入できますが、試着してから購入できるのも実店舗のメリット。
なにしろプチプライスなので、少々気を大きくして楽しめます。

また建大に行く機会があったら寄りたいな。
10代から90代の女子の皆さん、是非オススメです。

ココに地図が出てました。
by mickimchi | 2015-10-07 11:00 | 韓国のおいしい所 | Comments(8)

まだ呑んでるよ、続「本日の前菜盛り合わせ」的お夕飯

「本日の前菜盛り合わせ」的お夕飯の続き。

まだまだ前菜ばっかしのこの日のお夕飯は続行中。
実りの秋らしく根菜なんぞをたくさん使った前菜で。

「根野菜のロースト、アイオリソース添え」。
a0223786_185467.jpg

冷蔵庫の残りものの根野菜を色々使って。
特にニンジンはローストするとあま〜くなってオススメです。

オリーブオイルに塩、黒胡椒、はちみつ、ガーリックパウダー、チリパウダーをそれぞれ少しづつ加えて混ぜ合わせてマリネ液を作っといて。

そんでもって、根野菜をマリネ液にひたして数時間置いといて、マリネ液ごとオーブンに入れて30分くらい焼いただけ。

上に市販の野菜チップス(ほら、スーパーのおつまみスナックの棚に置いてあるヤツ)をのせました。
a0223786_1741938.jpg


野菜ローストだけで食べてもおいしいいんだけど、アイオリソースつけて食べるとまた格別。


ウエイトウォッチャーの方は、このことはお忘れになっていただいて。
私はつけて食べたのに、つけなかったことにして。
a0223786_193354.jpg














「ひっくり返さない、長芋とニラのふわとろオープンオムレツ」
a0223786_17565564.jpg

ホントは長芋とニラのチヂミを作ろうかなぁと思っていたのです。
が、長芋を混ぜた卵液があまりにも柔らかくて、こりゃフライパン返しでひっくり返すの大変だぞということで、急遽、ひっくり返さないオープンオムレツに。

作り方は簡単。
溶き卵に溶き卵と同じくらいの量の長芋のすり流し、マヨと生クリーム、塩胡椒をそれぞれ少しづつ加えてかき混ぜ、卵液を作っておきます。
ニラは細かいみじん切りにしておきます。
100均のスキレットのフライパンにオリーブオイルを熱して卵液を流し込み、すぐ火を止めてトロントロンのオープンオムレツを作ったら、刻んだニラとパルメザンチーズをのせてがチーズが溶けるまでオーブントースターで焼いたもの。

これがもう、歯がなくても食べられるほどフンワフワ、長芋恐るべし。



じゃがいもの冷製スープ。
以前ポテトサラダを作った時、ゆでてつぶしたじゃがいもを冷凍していたので、それを解凍して牛乳とチキンブイヨン、塩を加えて作りました。
冷蔵庫で冷やして冷製スープにしましたが、あったかいのもいいかも。
a0223786_17571776.jpg


でもね、ライザップ行って劇的にスマートになった友人が言うには、ダイエットには根菜類の多量摂取はNGなんだそう。
糖質を多く含んでるからでしょうね。
葉野菜と一緒に満遍なく摂りましょうって事ですね。
はいはい、ワカリマシタ。
でも、焼き芋、おいしいですよね〜
by mickimchi | 2015-10-05 10:50 | Comments(4)