<   2016年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

オージービーフで春待ちポトフ、あまったらコンビーフになってもらいます。

春待ちポトフ、まぁ我ながらスカしたタイトルですね。

まだまだ冬の寒さは厳しいけど、スーパーに春野菜が並んでると「ああ、春はすぐそこまで来てるんだなあ。」って実感します。

で、冬の滋味たっぷりの根野菜で作るポトフもいいけれど、春先取りの春野菜でポトフを作りました。
a0223786_16301151.jpg


リーズナブルなオージービーフを見かけると、なぜかコトコト煮てみたくなるんですよ。
a0223786_16374938.jpg


でマリネ液に漬けて3〜4日冷蔵庫に寝かせて。
a0223786_1639295.jpg


春野菜とポトフに。
マスタードで食べるのがおいしいですが、ビネグレットソースも添えてさっぱりと。
a0223786_16324798.jpg


オージービーフのポトフ
材料(4人分)
牛バラブロック 600グラム
★塩 小さじ2
★はちみつ 小さじ2
★クローブ(パウダー) 少々
★ローリエ(ちぎって) 1枚
★黒粒こしょう 6粒くらい
★シェリー酒(白ワインでも) 大さじ1
★オリーブオイル 大さじ1
★レモン汁 こさじ2

(牛肉の煮込み用)
玉ねぎ 1/3個
にんじん 半分
セロリの葉 1本分
水2リットル
塩コショウ 適量

(ポトフの具材として)
お好きな野菜
今回は小玉ねぎ、芽キャベツ、アスパラガス、スナップエンドウ、グリンピース。
根野菜もおいしいです。

作り方
1 牛肉を★とともにジップロックに入れて上からもみ、冷蔵庫に3〜4日ねかせる。
2 水1リットルと乱切りにした野菜とともに1を漬け汁ごと圧力鍋に入れ火にかける。
  圧がかかったら弱火にし、50分ほど煮て火を止めそのままにする。
3 圧が下がったらふたをあけ、肉を取り出してバットなどに入れて冷ます。
4 肉を取り出した鍋に水1リットルを加え沸騰したら野菜がとろとろになるまで1時間弱火で煮る。(ふたをせず、圧はかけない。)
5 4をざるでこして、クタクタ野菜は捨て、煮汁だけにする。
6 煮汁で好きな野菜を柔らかくなるまで煮て、味をみて塩コショウする。
⒎ 6に適当な大きさに切った茹で肉を加えて一煮立ちしたらできあがり。

このとき、あまった茹で肉を指で裂いて、煮汁少々で弱火で汁気がなくなるまで煮ると自家製コンビーフに早変わり。

あとで写真載せますね。

ビネグレットソースははちみつと塩少々、白ワインビネガー、ディジョンマスタード、紫玉ねぎのみじん切りを混ぜ合わせ、米油を少しずつ加えて攪拌したもの。
仕上げにケッパーのみじん切りを加えても。

ポトフは、バゲットで食べるのもおいしいですが、ショートパスタやご飯で食べてもイケますヨ。
今回はファッロっていうスペルト小麦を15分くらい茹でたものを添えました。
これ、プチプチしてておいしい。
栄養価高い上に抗酸化作用もあるんですって。
a0223786_1217156.jpg



ポトフが緑野菜だったので、サラダはワインレッド色に。
a0223786_1633370.jpg


タラコとサワークリーム、ガーリックパウダー、蜂蜜を混ぜたタラコソースをベルギーチコリに塗りました。
これにもビグネットソースをかけて色どり鮮やかに。

で、後日食べた自家製コンビーフ。
ポトフのお肉の残りとは思われますまい。
うそうそ、すぐバレちゃったけどね。
しょっぱい市販のコンビーフよりおいしい、と思います。
a0223786_16335065.jpg

by mickimchi | 2016-01-29 16:27 | Comments(8)

紅大根の甘酢漬けでポッサムやら九節板やら

最近、いろんな種類の赤い大根が出回ってますね。
外側が赤くて中身がしろいレディーサラダっていう品種や、外側だけでなく中身の中心部が少し赤っぽい紅しぐれ、中身だけが赤い紅芯大根など。
この赤い色の正体はアントシアニンっていう色素で、抗酸化作用がある優れものだそう。

で、この赤い大根たち、酢につけると綺麗なピンク色に染まるんですよ。

スライスして甘酢につけとくだけで、ホラね。
今回は紅しぐれで作りました。

韓国の本場の大根の甘酢漬けの半分量の砂糖で作るのがお気に入り。
酢100cc:水50cc:砂糖50cc:塩小さじ2/3くらいを火にかけて全部が混ざったら甘酢のできあがり。
これにスライス大根を漬けておけば、翌日から食べれ、冷蔵庫で保存すればなが〜いこともちます。
もちろん普通の大根でもどうぞ。

これで茹で塩豚を巻いてポッサム。
タコの塩辛とアミノ塩辛をお肉にちょっと乗っけてパクッと。
甘酸っぱい大根で、豚肉がさっぱり食べられます。
a0223786_12591942.jpg


こちらは九節板(クジョルパン)風。
なんちゃって冷蔵庫にあった野菜の千切りと、冷凍庫にあった錦糸卵を出してきて、エビを茹でて、干し椎茸を戻して醤油煮にしたものを並べただけ。
a0223786_12592853.jpg

ちょっと目先が変わったサラダみたいに出すと「おっ!」て感じかな。

で、松の実とマスタードのソースをちょこっとつけて。
これ、おいしくできたので自分用の覚書に分量を書いとこ。
「松の実とマスタードのソース」。
松の実1をすり鉢で擦ったら、おろしにんにく1:マスタード1:はちみつ1:薄口醤油0.5:酢2:水2を加えて混ぜ合わせ、味を見て塩少々を加える。

a0223786_12594782.jpg


大根の甘酢漬けは日持ちしますから、た〜くさん作っといて、
松前漬け(市販品)に甘エビとイクラを加えたのをのっけたり、
a0223786_125939.jpg


タコといっしょにサラダにも。
a0223786_16131335.jpg

by mickimchi | 2016-01-26 10:14 | 野菜がメイン(韓流) | Comments(8)

あまったお餅で、揚げ餅と牡蠣のみぞれ鍋

またまたお餅の話題。
お正月用にたくさん取り寄せたお餅が残ってたので、揚げ餅と牡蠣のみぞれ鍋にしてみました。
a0223786_14274247.jpg


手間がかかるのはお餅を揚げることくらい。
大根おろしたっぷりでさっぱりといただけます。

ふたりで1/4本ぐらいの大根のすりおろし、ゆずの皮の千切り、水菜を用意して。
a0223786_14281233.jpg


お餅はうっすら色がつく程度さっと揚げます。
今回は海苔もちと蕎麦もちだからちょっと色がついてます。
a0223786_1428979.jpg


二人分なら、出汁3カップに日本酒、みりん、薄口しょうゆ各大さじ1を加えた煮汁をお鍋に沸かして、豆腐と生たら投入。
a0223786_1428132.jpg


生たらに火が通ったら牡蠣を投入。
a0223786_14303774.jpg

 
牡蠣を入れて2分くらいしたらお餅と大根おろしを加え、水菜とゆずの皮の千切りをのせててできあがり。

a0223786_18124165.jpg



















取り分けてポン酢をつけてどうぞ。
ゆずの絞り汁を加えるとさらにおいしい。


で、さらに残ったゆずの絞り汁はサラダに。
お刺身の切れ端のお買い得パックに、彩り野菜を加えて、塩昆布、柚子マーマレード、ゆずの絞り汁に太白ごま油を加えたドレッシングで和えました。
千切りの大葉をのせて。

a0223786_14462334.jpg

by mickimchi | 2016-01-23 14:19 | たまには和食 | Comments(6)

韓国ソウルのトッポギビュッフェ、梨大(イデ)の食べ放題のトッポギ専門店。

さて、なぜゆえオトナのトッポギ鍋を作るのに凝ってるかかと申しますと、前回ソウルに行った際に見つけたトッポギ専門店のせい。
ソウルにトッポギ専門店数あれど、好きに具材を選んで自分の好きなトッポギ鍋をこさえることができるこのお店、気に入っちゃったんですよね。

韓国の街を歩いてると必ず屋台に並んでる、真っ赤なソースにからまって鉄板の上で湯気を立ててる韓国のお餅料理。
料理というより、おやつって感じ。
辛党のわたしはお酒が飲みたいばっかりに、屋台や粉食(ブンシク)のトッポギはあんまり興味が湧かないんですが、トッポギ専門店のクンムルトッポギ、言わばスープトッポギ鍋は、時々食べたくなる。

で、ずらっと用意された具材とトッポギを取ってきて、何種類かのソースを調合して好きなトッポギスープをこさえて、自分で作るトッポギ鍋を楽しめるお店があるって聞いて行ってきました。


トゥッキ 梨大店 
(두끼 이대점)

きれいな店内。
お客さん、若者が多い。
a0223786_11144920.jpg


席に座って、初めて来訪のお客さんは若き店員クンからひととおり食べ方のシステムを教えてもらiいます。
不慣れな雰囲気でオロオロしてる中年夫婦、しかも日本人とわかるとちゃ〜んと日本語の説明書をくれました。


a0223786_16241773.jpga0223786_16272156.jpg
ま、つまり簡単に説明すると、ひとり7900ウォンで食べ放題のトッポギ鍋が食べられ、さらにプラス4000ウォンでフォンデューチーズが付きます。
ビールは一杯1500ウォン。
それ以外は店内に並べられたもの、何を食べても何を飲んでも(ソフトドリンク)追加料金はなし。
ただし利用時間は1時間半。
食べ物を残したらテーブルあたり1000ウォンの環境負担金がかかります。
って事。

あとはIHビルトインテーブルにセットされたお鍋に、ポットで持ってきてくれるスープを注いで、自分で取ってきた具材やソースでトッポギ鍋をこさえればいいわけ。
何度取ってきてもいいから、1000ウォンの罰金を払わなくていいように少しずつ何回かにわけて食べるのがコツです。

って、トッポギ餅とラーメンを山盛り取ってる大学生らしき男子。
あの体格ならいくらでも食べれそうだわ。
ちなみに学生は6900ウォンだそう。







さて取り放題のトッポギ鍋の具材をもとめて店内を。
いろ〜んな種類のトッポギ。
ハート型もあるよ。
野菜の種類もたくさん。
ムール貝やスンデも。
a0223786_11152545.jpg


さらにトッピングコーナー。
キムチや海苔は〆めの炒めご飯、ポックンパ用。
a0223786_11154477.jpg


揚げもんコーナー。
カロリーヤバそうだけど、これも入れちゃおう。
揚げ餃子とゲソ天みたいのがおいしかった。
a0223786_14515140.jpg


トッポギソースコーナー。
a0223786_1452026.jpg


数種類のソースをブレンドして作るオリジナルトッポギソース。
辛さがどんくらいになるのかアドバイス表が置いてあるんで、それも参考に。
a0223786_1452554.jpg

トゥッキソース두끼소스が普通のトッポギソース味、他にブルッコッソース(불꽃소스)が激辛ソース、カレーソース(카레소스) に、チャジャンソース(자장)は例のチャジャン麺のチャジャン味噌の甘辛ソース。
トンモソース( 떡모소스)がやや辛目ソース。
宮中ソース(궁중 소스)は辛くない醤油ベースかな?
うちは、トゥッキソースにカレーとチャジャンを少々。
で食べてみて、もっと辛くっても大丈夫、ってブルッコッソースもちょっと。

a0223786_10351551.jpg


ってトッポギ鍋をこさえてるとこに登場したでっかいチーズの輪っか。
専用の容器の中でグツグツいってるのがチーズフォンデュー(치즈퐁듀)!
このトロトロアツアツのチーズにトッポギをからめて食べるのが最高。
a0223786_10352392.jpg


こんな感じね。
a0223786_11184189.jpg



各種インスタントラーメン。
ここまでは食べられず。
炊飯器にご飯も用意されてますよ。
これで〆の炒めご飯、ポックンパを作るまでは達成できました。
a0223786_17222751.jpg


お客さんの中には、韓国ではめずらしくジモピーの若いお一人様女子やら、金髪の外国女性組などいろいろ。
みなさんそれぞれ、取ってきちゃ食べ、食べちゃ取ってき、の自分の世界に没頭してました。
おもしろくって楽しいお店です。

a0223786_11242280.jpg


a0223786_10362424.jpg


トゥッキ 梨大店 (두끼 이대점)
コネスト地図
*注意*  
京義中央線の新村(シンチョン)駅からすぐですが、京義中央線の運行本数は少ないので、地下鉄2号線新村(シンチョン)駅から歩くことをオススメします。
3番出口を出てそのまままっすぐ150mほど進み十字路で右に曲がります。500mほど歩くと、左側に京義中央線の新村(シンチョン)駅直結のミリオレの高いビルが見えます。新村MEGA BOXのサインが大きく出てます。
駅前のタクシー乗り場を越えてすぐの路地を右に入ったとこです。

住所
서울특별시 서대문구 대현동 27-7 ( ソウル特別市 西大門区(ソデムング) 大峴洞(テヒョンドン) 27-7)
道路住所
서대문구 이화여대길 89(西大門区梨花女子大(イファヨデ)キル89)
電話番号02-365-2771
営業時間:11:00 ~ 21:00
テイクアウトも。

お店HP

Tasty Roadにも出たのね。
って、これ観て行ったんです。

a0223786_11213881.jpg


すごーい。
ここまで書いて、今HPじっくり見直したら、2014年末に高麗大店がオープンてから、1年ちょっとでソウルだけでなく韓国全土色んなとこに支店ができてるんですね。
江南や、弘大にも店舗があるようです。
by mickimchi | 2016-01-20 10:18 | Comments(12)

オトナのトッポギ鍋

あはは、これのどこがオトナのトッポギ鍋かって?
まあそう言われたら身も蓋もないんですが。
a0223786_20244976.jpg


トッポギ、本来の韓国の発音だとトッポッギかな?
韓国の街を歩いてると必ず屋台に並んでる、真っ赤なソースにからまって鉄板の上で湯気を立ててる韓国のお餅料理。
料理というより、おやつって感じかな。
辛党のわたしは、屋台や粉食(ブンシク)のトッポギはあんまり興味が湧かないんですが、トッポギ専門店のクンムルトッポギ、言わばスープトッポギ鍋は、時々食べたくなる。

弘大(ホンデ)でお気に入りだったお店のトッポギ鍋。
a0223786_1715516.jpg

この店もビル取り壊しでなくなっちゃったんですよね。

スープトッッポギ鍋、味は文句はないもののひとつ言わせてもらうなら、あの具材全部がお鍋でグツグツなっててさあどうぞっていうのが呑ん兵衛にはツラいんです。

お鍋はビールグビッとやりつつ、具材を足しながらちょこちょこツマむのがいいじゃないですか。

で、考えたのがオトナのトッポギ鍋。

具材を揃えて。
ソーセージ、ハム、ナルトにじゃこ天。
じゃこ天をうす〜くスライスすると韓国のおでんぽくなるんでオススメの具材。
ムール貝入れるとヘルムトッポギ(海鮮トッポギ)風でしょ。
韓国春雨にチキンラーメン。
トッポギにうずら卵。
a0223786_12412812.jpg




野菜も揃えて。
a0223786_12403189.jpg


韓国で買ってきたトッポギソースのもと。
お湯で薄めればできちゃう。
今回はこの味に近づくように色々研究。
a0223786_12584772.jpg



自家製トッポギソースを使ったスープをたっぷりと。
a0223786_21105688.jpg

このスープトッポギソース、今まで作った中で一番うまくできたので分量を書いときます。

スープトッポギソース 2人分
チキンスープ  (お湯に顆粒のチキンスープ少々を加えたもの) 200CC
コチュジャン 大さじ2
薄口醤油 小さじ2/3
砂糖 小さじ2
はちみつ 小さじ2
おろしにんにく 小さじ2
辛いのがお好きなら、粉唐辛子 適宜

全部をお鍋に入れて混ぜながらあたためたら出来上がり。

このスープにお好きな具を入れて食べますよ〜。
スープは煮てるうちに煮詰まってきちゃうので、チキンスープを多めに作って足しながらあっためるといいです。

チーズソース。
溶ける細切りチーズと牛乳を混ぜながら火にかけてトロッとしたソースになったら、ミックスベジタブルを加えて全体に火が通ったらソースのできあがり。
これをトッポギや具に絡めながら食べるとおいしい。
a0223786_12385769.jpg


a0223786_1632395.jpg

さらにカレーソース、甜麺醤ソース、唐辛子ソース、タテギソースなどちょこっとトッポギスープにお好みで混ぜながら色々味を変えて。


ね、オトナっぽく見えてきたでしょ。
a0223786_12424182.jpg


次回は、このオトナのトッポギ鍋を考えつくもとになった、ソウルのおいしいトッポギ屋さんをご紹介するつもりです。
by mickimchi | 2016-01-18 16:36 | 粉もの&軽食 | Comments(8)

ソウルの江南、口の中でとろける熟成寿司@すし萬 後半戦

前記事に引き続き、ソウルで食べた熟成寿司のお話です。

お次は、いさき。
お魚の熟成の方法は、その魚によって塩締め、昆布締め、酢締めなどいろいろな手法を使うんですって。

口に入れると、白身の濃厚な味がブワッと口全体に広がる感じ。
ねっとりした口溶けなのに、食べた後は口の中はさっぱりしてます。
a0223786_16454895.jpg


いくらじゃなくてあえて筋子を熟成したもの。
筋も全然気にならない。
韓国人は魚の生臭さが苦手なので、いくらより筋子を好むんですって。
これだったら私も好きです。
a0223786_16464370.jpg


大トロの熟成寿司。
塩締めにしてあるんですって。
これ、最高。
a0223786_16482692.jpg

寿司屋でウンチクを語るお客はイヤだといいつつ、おいしいお寿司を食べると色々質問したくなるのが日本人ですね。

これだけの見事なお魚、いったいどうやって仕入れているのかうかがったところ、いっさい韓国の魚市場は通していないんだそう。

韓国全土、南は済州島まで足を伸ばして、大将がこれは!って思った魚を各地から取り寄せているのだとか。
刺身を切ってすぐ出すお寿司屋さんとちがって、産地直送の新鮮なネタをそのネタにあった熟成方法で熟成して保存するわけですから、魚を吟味できるわけですね。

日本の漁場はそれこそ新鮮なお魚をもとめて熾烈な争いがあるわけですから、もしかして韓国の方が寿司ネタに合うお魚がまだまだ泳いでいるのではないか、などと考えてしまいました。

うにはアメリカ産だそう。
バフンだ、ムラサキだ、といつもは言っておりますが、大粒のアメリカ産もイケるもんですね。

お客さんの大多数は常連さんの韓国のセレブの方々。
その中に混じって、この店が初めてという韓国のカップルの方がお隣。
どうやらうにを食べるのが初めての男性。
「アイスクリームのようだ。」って感激してました。

日本酒の熱燗なんぞ傾けながらじっくりお寿司を楽しむおひとりで来られた常連さんやら、若き職人さんと談笑している女性の仲良し二人組など、まあ、ウィークデーのお昼なのに皆さん余裕ですね。

ガツガツしてるのうちら日本人夫婦だけだわ。
a0223786_16503221.jpg


小肌の熟成寿司。
半年寝かせた小肌っていうんですからびっくり。
あのツーンとくる酢の味でなくほのかな酸味が絶妙でした。
a0223786_16513344.jpg


玉子焼きもホントのお寿司屋さんの玉子焼き。
a0223786_1652306.jpg


「お腹具合がよろしいようでしたら、最後に穴子をお出ししようと思ってますが、穴子を焼いている間にひとくちツルツルっと おそばか稲庭うどんをいかがでしょう。」ってことで、

夫はおそば。
a0223786_16533475.jpg


私は稲庭うどん。
a0223786_1655466.jpg


穴子は頼まずとも塩で。
アツアツふわふわです。
a0223786_165695.jpg


デザートを出す寿司屋はキライだなどと普段は言ってますけど、出てきたデザートがこれまたおいしいの。

日本から取り寄せた最中に、自家製の抹茶アイスと餡子を挟んだんだって。
ちょっと真似してみたくなる味。
a0223786_1657440.jpg


大満足のお昼ご飯でした。
こんだけ食べたのに、なんか胃にズドーンとこなかったです。
これも熟成寿司のなせるわざなのかしら。
夜のコースはさらにすごいらしいけど、ランチのおまかせで十分すぎるくらいでした。
是非予約して行ってくださいね。
a0223786_16593993.jpg


すし萬
住所:서울특별시 서초구 방배동 1-3 폴라리스빌딩 1층
         ソウル特別市瑞草区(ソチョグ)方背洞(パンベドン)1-3 プラリスビル1階
Tel:02-533-0181
お店HP
a0223786_1711585.jpg

地下鉄7号線の内方(ネバン)駅から歩いて10分くらい。
帰りはソレマウルをブラブラして高速ターミナル駅まで歩きました。
腹ごなしにちょうどいい距離。

追記
こちらで握っておられた大将、クォン オジュンさんは2017年春に独立されて、現在同じくソレマウルにある「匠権」というお鮨屋さんを営んでいらっしゃいます。
「すし萬」さんは新たな職人の方が握ってらして、こちらも「匠権」さん同様予約困難な人気店だそうです。

大将の熟成寿司を味わいたい方は「匠権」さんへどうぞ。
匠権 HP

by mickimchi | 2016-01-13 15:41 | 韓国のおいしい所 | Comments(6)

ソウルの江南で食べた、口の中でとろける熟成寿司@すし萬 oishii

しばらくブログを放置プレーして、お正月は韓国、ソウルに行ってきました。
今回もいろいろ心に残るおいしいご飯を食べることができましたけど、印象に残ってる場所の一つがなんとお寿司屋さん。

なにも韓国に行ってお寿司を食べずともって思われるかもしれませんが、ソウルの江南に、韓国の寿司の匠と誉れ高い韓国人の寿司職人がすばらしいお店を昨年開いたと聞いて、お寿司好きとしては是非一度お邪魔しなければ、と思っておりました。

で、うかがってみたお店。

日本のお寿司の高級店の雰囲気ですね。
a0223786_11124458.jpg


お寿司屋さんで、グタグタとウンチクを語るお客さんってあんまり見た目がよろしくないので、出て来たお料理を写真でご紹介。
お寿司屋さんで写真を撮るなんぞ無粋なことですが、ま、そこはざっくばらんな(?!)韓国ですし、大将に一応お断りしてみたら、喜んでどうぞお撮りくださいとお許しが出まして。
一見は百聞にしかずっていいますし。

「おまかせ」を頼み、
おつまみから。
a0223786_11153720.jpg

a0223786_16471810.jpg


イカ墨の茶碗蒸し。
ゆっくり食べようと思ったけど、おいしくてスプーンが止まりませんでした。
a0223786_17502527.jpg


韓国の高級焼酎をロックで。
お昼ですが、なにか。

日本酒の銘柄も色々揃っているようで、みなさん熱燗なんぞを頼んでらっしゃりました。
a0223786_17435167.jpg




お醤油も香の物も自家製ですって。
甘すぎないべったらと、山クラゲのごま油風味、おいしくっておかわりしました。
a0223786_16485640.jpg


さてそろそろ握っていきまししょうか、と出された鯛の熟成寿司。
熟成寿司って、白身魚も旨味たっぷり、とろっとした食感になるんですね。
赤酢を使った酢飯もおいしい。
a0223786_16541256.jpg


スズキ。
熟成したスズキを皮目だけ炙ったんだそう。
白身にも白身用の煮切りを塗ってあります。
a0223786_1658742.jpg


シャリにクルッとトロを巻いてあります。
こんなの食べたことない。
a0223786_17452043.jpg





途中で焼き物も。
西京漬けにしてあるのかな。
a0223786_16594748.jpg



さらに白身。
なんだっけかな、かさごだっけかな?
魚によって、わさびだけでなく梅肉に紫蘇をのせて握ってあったり、一貫一貫楽しめます。
a0223786_1711236.jpg


これ、おもしろいでしょう。
熟成させたマグロと薬味をたたいたもので酢飯をくるんだ、マグロのおいなりさんです。

一番最初に修行された修業先の浅草のお寿司屋さんで学んだ、江戸前の仕事だそう。
もう師匠と呼ぶ方はお亡くなりになった方と、90代の高齢になられて、今ではこういうお寿司を握れる方は少ないはずだと言っておられました。

うふふ、韓国人から、しかもソウルで昔の江戸前のお寿司の味を教えてもらうとは、なんだか不思議な感じです。
a0223786_173401.jpg


さ、お口の中をさっぱりさせてくださいと、紀州の南高梅のはちみつ梅。
a0223786_1721477.jpg



これが、このお店の有名な熟成サバ。
こちらのお寿司は、サバを含めてお魚はすべてそれぞれのお魚のおいしさ、旨味が一番引き出せるような期間と方法で熟成させてあります。
お魚によって、数ヶ月から、サバなどは1年も熟成させているんだそう。
a0223786_1761993.jpg

 
まだまだ、出てきましたよ。
後半戦は次回ということで。

追記
こちらで握っておられた大将、クォン オジュンさんは2017年春に独立されて、現在同じくソレマウルにある「匠権」というお鮨屋さんを営んでいらっしゃいます。
「すし萬」さんは新たな職人の方が握ってらして、こちらも「匠権」さん同様予約困難な人気店だそうです。

大将の熟成寿司を味わいたい方は「匠権」さんへどうぞ。
匠権 HP

by mickimchi | 2016-01-11 16:44 | 韓国のおいしい所 | Comments(6)

お豆腐たくさん、ヘルシー韓国料理

みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしく、食べてばかりのこのブログ、食傷気味にならずにご覧ください。

お正月休み、胃腸だけは働きどおしで少々食傷気味。
で、そろそろお豆腐たっぷりのヘルシーな韓国料理を作ってみました。

牛肉入りスンドゥプチゲ。
お豆腐のチゲですが、牛肉入れるとメインのお料理になりますよ。
a0223786_16161595.jpg


こちらは豆腐のチヂミ。
フンワフワでトッロトロにできました。
簡単なのでレシピなんぞ。
a0223786_16162074.jpg

豆腐のチヂミ
材料 2人分
絹ごし豆腐 180グラム
小麦粉 大さじ1
片栗粉 大さじ1
塩  少々
卵 1個
水 大さじ1

キムチ (みじん切りで) 適宜
とろけるチーズ 適宜
あさりのむき身 適宜

作り方
生地の材料を全てボウルに入れ、豆腐を潰しながらよく混ぜる。
具材を加えてサラダオイルを熱したフライパンに流し込み、弱火で両面をじっくり焼く。

今回8分くらい焼きました。
粉が少なすぎるくらいの分量ですが、ちゃんとチヂミになりますよ。
フワフワに仕上げるのがミソなので...

片面が焼けてひっくり返すとき、ひろげたクッキングシートの上にチヂミをスライドさせてのせ、クッキングシートの端っこを持ってひっくり返してフライパンに戻すと失敗しないですよ。
チヂミ、なにが難しいってひっくり返すとこだけですからね。
以前テレビ見てたら、有名な料理研究家の先生が、生放送でチヂミひっくり返すの大失敗してましたもん。

誰にとっても難しいもんなんですね。
で、このクッキングシートのせ〜の、シート持ち〜の、ひっくり返し〜の、の方法だと、うまくいきますよ。

小松菜をみじん切りにして塩をふってしばらく置き、出てきた水気をぎゅっとしぼったものも生地に加えてます。
ちょっと青菜もとりたいとき、小松菜ってアクもクセもないし便利です。

さてさて、オマケの豆腐のズボラレシピ。
最近のおひとりさまご飯のとき、よく作ります。

豆腐をちぎって、
a0223786_16163280.jpg


鶏がらスープを加えてあたためた豆乳を入れて、レンジでチン。
出来上がりにラー油をちょろり、でポン酢で食べるっつうの。

ま、料理という範疇にないですかね。
でもこれ、イケますよ。
a0223786_16163682.jpg

by mickimchi | 2016-01-05 09:14 | 卵がメイン(韓流) | Comments(6)