<   2016年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ボルドーからサンセバスチャンへ。ワインとピンチョスの旅 その7 エスプレットとアイノアへ

お昼ご飯のあと、ビアリッツから車で30分くらいの小さな村、エスプレットとアイノアにドライブ。

リゾート感たっぷりのビアリッツからちょっと車で離れるだけで、のどかな山と牧草地が広がる田園風景が。
ほどなくしてエスプレットに到着。
ここはフランス側バスクの特産のひとつ、唐辛子の産地として有名な村です。
家々は白壁に赤の窓枠、なだらかな瓦屋根というバスク地方の典型的な形。
a0223786_15193345.jpg


で、その窓枠に名産のたくさんの唐辛子が吊る下げられたレストラン。
a0223786_1524638.jpg


お土産やさんにも唐辛子がぶら下がってる。
a0223786_1523886.jpg


AOCで「エスプレットの唐辛子」と名乗ることを許されてるのは、この村周辺の10の地域で作られる唐辛子のみなんだそう。
このお店で唐辛子入りマスタードや、唐辛子オイルを買いました。
a0223786_1522989.jpg


すぐ近くのアイノアにも行ってみましたよ。
こちらも小さなかわいい村。
a0223786_15122848.jpg


フランス最も美しい村のひとつにも選ばれてるんだそう。
a0223786_15245532.jpg


でね、こんな古い家々が並ぶ一角に古い教会があったので入ってみることに。
外同様、中も古い造りの教会だなって眺めてると、他の観光客の人が1ユーロを案内板のところに入れて、あらビックリ。
突如教会内に音楽が鳴りはじめ、教会の中のライトが点灯し、驚くほど豪華絢爛な聖堂が浮かび上がったのです。

古くから巡礼の村として知られたこのアイノアには、今でも熱心なキリスト教徒の人々が訪れるようです。
教会のすぐ横は墓地で、てっぺんがまあるい形の不思議なお墓が並んでました。
後で調べたら16〜17世紀に作られた、バスク独特の埋葬墓だそう。
a0223786_15273731.jpg


村の駐車場の隣では羊たちが草を食べてて。
a0223786_15204381.jpg


村から眺めた山には放牧地が点在。
今度生まれ変われたら、フランスの羊飼いの奥さんかなんかに生まれ変わりたいなぁ。
a0223786_15221925.jpg


などと変な妄想をしつつビアリッツに戻りました。
町の南側の海辺に立つ教会。
a0223786_1122487.jpg


岬の突端の岩壁の上には町のシンボル、17世紀に漁師の安全を願って建てたれたというマリア像が。
a0223786_1529053.jpg


さて海に面したレストランでお夕飯。

お店の人気メニュー「タパス盛り合わせ」。
タパスといえばスペイン料理ですが、この辺りはスペイン側バスクと文化を共有するフランス側バスクなので、タパスやピンチョスを並べるお店がたくさん。

a0223786_1531135.jpg


フォアグラもいっときました。
a0223786_17261970.jpg


ムール貝のトマト煮。
実はムール貝もう一皿、大盛り山盛りを食べるハメになっちゃった。

って言うのも近くの席に座ったお客さんが、なんだかムール貝のパエリアみたいのを食べてて美味しそうで、お店の人にあれと同じものって頼んだら、 ご飯の上にムール貝が乗っかってるって思ったのに蒸し焼きムール貝がてんこ盛りになったのが出てきた。
頼んだ時にお店の人も「ナイスチョイス!」とか言ってたし、parriladaってメニューに書いてあったからパエリアかと思って頼んじゃったんですよね。
皆でムール貝バケツ一杯ほど食べました。
おいしかったけどね。
a0223786_17283499.jpg


教会と海に沈む夕日を眺めながら...
ロケーションも抜群、お店の人たちの感じもとってもよかった。
a0223786_1123383.jpg


Le Tandem
住所:10 Place Sainte Eugenie, 64200 Biarritz, France
Tel:33559540897
by mickimchi | 2016-05-29 17:09 | Comments(8)

ボルドーからサンセバスチャンへ。ワインとピンチョスの旅 その6 ビアリッツへ。

前記事の翌朝、ボルドーのホテルをチェックアウトして車でビアリッツへ。
3時間弱のドライブで大西洋に面するフランス南西部のリゾート地、ビアリッツに到着。

スペイン国境のすぐ近くに位置するフランスバスクの海辺の町、ビアリッツで一泊してバスクの小さな村を訪ねながら国境を渡り、スペインのサンセバスチャンを目指そうという計画です。


5月初旬の快晴のこの日、ビアリッツにもたくさんの人が。
夏にはヨーロッパ中から バカンス客が集まるというから、すごい混雑でしょうね。
a0223786_10452932.jpg


ビアリッツ灯台のすぐ近くのホテルにチェックイン。
想像を超えて素敵な感じ。
a0223786_10355717.jpg


ホテルの中。
すごいけどなんだかトランプの絵札を想像してしまう不思議な空間。
a0223786_10364014.jpg


お昼も過ぎて腹ペコなので早々にビアリッツの町に出てランチをとることに。
町を車でウロウロすると、ほんの数十分でぐるっと一回りできるくらい小さいんですが、本当に街並みがきれい。
色んなところから海岸線が見えて気持ちがいいです。
a0223786_10585549.jpg


テラス席も賑わっているここに決定。
a0223786_10382764.jpg


メニュー見て、なんだかご飯粒が食べたくなった私は白身魚のリゾット。
a0223786_10494832.jpg


なぁんだ、夫も小イカのパエリアだって。
a0223786_10532099.jpg


どっちも美味しかったです。
この日は月曜で、ビアリッツのレストランではクローズしてるとこもありました。

Brasserie Gardères
住所:7 rue Garderes | 7 rue Gardères, Biarritz, France
Tel:33 5 59 22 15 50
by mickimchi | 2016-05-27 09:43 | Comments(4)

ボルドーからサンセバスチャンへ。ワインとピンチョスの旅 その5 グラン・クリュ街道

ボルドーの市内からシャトー・ランシュ・バージュのワイナリーへ行く道は、ボルドーから北へ延びるD2という道路。
左右に広大なブドウ畑が広がり、道路沿いに日本でもおなじみの有名シャトーが続々と現れる、ワイン好きにはたまらないグラン・クリュ街道と言われている道路です。

で、行き帰りの道すがら、ちょっと写真を撮らせていただいたシャトー。

シャトー・オー・ブリオン
a0223786_11221779.jpg


シャトー・ローザン・セグラ
a0223786_1126191.jpg


シャトー・パルメ
a0223786_112727100.jpg


シャトー・マルゴー
a0223786_11294416.jpg


シャトー・ ムートン・ロートシルト
a0223786_11393913.jpg


シャトー・ラトゥール
a0223786_11403045.jpg


シャトー・ピション・ラランド
a0223786_11421444.jpg


以前来た際に、シャトー・オー・ブリオンとシャトー・ ムートン・ロートシルトはシャトービジットさせていただいたんです。
この日は日曜でシャトーがクローズしてましたけど、その分思いっきりいろんなシャトーを外から覗かせていただきました。

でね、ワインスクールに通っているという同乗のお友達3人によると、ソムリエ試験に合格するにはボルドーのメドックの61あるシャトーの名前を全て覚えなきゃなんないんですって。
しかも、シャトーの位置関係までも。
そういうわけで、61シャトーの名前を丸暗記するために、ワインスクールの生徒さんたちは無理やり変な語呂合わせを考えては授業で披露してるらしいです。

シャトー巡りのドライブ中、ずっとその変な語呂合わせを唱えているソムリエ候補たち。
ちょっとエッチな語呂合わせとかあって、もう車の中は大笑いでした。

さてボルドー市内に戻って晩御飯。

Hippopotamus(ヒポポタマス)というカフェ。
ま、軽めに牛肉のタルタルに、前菜盛り合わせ、ステーキを皆で取り分けようということになり(ね、わりといい組み合わせと思うじゃないですか。)、出てきたのがこちら。

イヤ〜ん、デカ〜。
a0223786_14462614.jpg


ステーキ頼むと付け合わせのサイドディッシュが色々セットで食べれるんだ。
でもポテトこんなに食べれるか?
a0223786_14461098.jpg


とかなんとか言いながら、ワイン何本も空けてる〜。
ず〜っと赤だったから南仏白ワインもいっときました。
a0223786_14464427.jpg


お店外観撮り忘れ。
お店HPからちょっと拝借しました。
なんか色んなとこにあるチェーン店なのね。
a0223786_15122442.jpg


メーデーで日曜日のこの日、ボルドーのお店はクローズしてるとこばっかりかなぁと思ってたんですが、結構中心街はオープンしてるカフェやブラッスリーもありました。
by mickimchi | 2016-05-25 07:49 | Comments(4)

ボルドーからサンセバスチャンへ。ワインとピンチョスの旅 その4 シャトー・ランシュ・バージュヘ

ボルド−3日目。
この日はボルドー市内から車でD2(通称シャトー街道とかグラン・クリュ街道とか呼ばれてる)を北上して、シャトー・ランシュ・バージュを訪問しました。

ランシュ・バージュといえば、ラトゥール、ラフィット・ロートシルト、ムートン・ロートシルトなどの第一級シャトーがひしめくポイヤックで、5級ながら実力は2級のさらに上と言われているシャトーです。


a0223786_167527.jpg


ここはシャトービジットしたい人を歓迎してくれる、気軽にワイナリー訪問が楽しめるシャトーでこの日も大勢の人々が。
アメリカ人も多かったな。
そういえば、アメリカでは「Lynch-Bages」を英語読みで 「ランチ・バッグ」というあだ名で呼ぶほど人気があるってどっかで聞いたことがあるのを思い出しました。

スタッフの女性のもと、英語の解説を聞きながら敷地内を歩きます。

巨大なステンレス発酵槽。
a0223786_17134384.jpg


整然と並ぶオーク樽。
a0223786_1526260.jpg


敷地が広いので、古い醸造所の跡も残してあって、昔使っていた道具なども展示されていました。
面白いことにこのワインの古い醸造所、以前日本酒の酒蔵ツアーに行った時の酒蔵に雰囲気が似てる。

a0223786_16222395.jpg


ツアーの最後はお楽しみのテイステイング!

今、高いもんね。
なかなか飲めないからグビッといっときました。
a0223786_16213922.jpg


a0223786_16422874.jpg


さて楽しかったツアーの後は、これまた楽しみにしていたお昼ご飯。
ほら、ワイナリーの横にはバージュ・ヴィラージュ、つまりバージュ村と呼ばれるかわいいワイン村が広がってるの。

手前がお土産やさん、奥がパン屋さん、その先には星付きレストランを備えたオーベルジュまで。

ランシュバージュの経営者だったやり手のジャン・ミッシェル・カーズ氏が、今から20数年前から眠ったようなポイヤックの村を、訪れる人が楽しめるワイン村に少しずつ変えていったそう。
a0223786_16202654.jpg


このワイン村の向かって左側の「Cafe Lavinal」でお昼ご飯です。
a0223786_164860.jpg


スターターの一皿に、メイン一皿、プラスチーズかデザートが付いて28ユーロのランチセット(だったかな。)を頼みました。
もちろんボルドーの赤も。

夫のスターターは「マグロのカルパッチョ」。
a0223786_15572018.jpg


私ははっきり覚えてないんですけど、チキンとお豆のスープ仕立てみたいなの。
a0223786_16205664.jpg


夫はメインは仔牛ちゃん。
焼き加減がちょうどいい。
a0223786_1621125.jpg


私はメインもスープっぽいのになっちゃった。
でもこれがイケる。
スープはブイヤベースっぽい味で、ポトフみたいにお野菜がゴロゴロ入ってるのが美味しかった。

Cafe Lavinal (カフェ・ラヴィナル)
住所 Rue Desquet, 33250, Bordeaux, France
Tel 330 5 57 75 00 09
日曜日もやってるよ。

a0223786_16211091.jpg

a0223786_16194256.jpg

a0223786_16195020.jpg


シャトー・ランシュ・バージュ
Chateau Lynch Bages
Tel 330 5 56 73 24 00
1時間のシャトービジットとワインテイスティング(2種)で9ユーロ。
 シャトー・ランシュ・バージュHP
by mickimchi | 2016-05-23 08:43 | Comments(4)

ボルドーからサンセバスチャンへ。ワインとピンチョスの旅 その3 サンテミリオンの町散策

La Terrace Rougeでランチの後はサンテミリオンの町に行ってみました。

今から約1300年前に聖人エミリオンが隠とんの地として選び、信者が集まって町となったと言われるサンテミリオン。

町は石畳の坂道がたくさんあり、中世のたたずまいのまま残っています。
白いパラソルの下は土地のワインを出すカフェやレストランの外のテーブルや椅子が並んでて。

a0223786_17424794.jpg


そして町のシンボル、モノリス教会。
大修道院の地下は、石灰岩の一枚岩をくりぬいて造られた大聖堂になっています。
a0223786_13415241.jpg


カフェのテーブルが石畳の広場に。
でもこの日は4月下旬なのにさ〜むくてさ〜むくて。
店の中でショコラショー飲んであったまりました。
a0223786_17392975.jpg


町をブラブラしてワインショップでワインを購入。
ヤマトの宅急便で日本まで送ってくれます。
お土産屋さんもかわいいもの売っててあれこれチョコチョコ買っちゃいました。

で、すっかり忘れてたんですけど、以前訪れた時ラギオールの肉切りナイフを買ったナイフ屋さん。
お店の中に入って思い出しました。
もう10年以上も前ですがお店の様子はそのまんま。
なんだか知らないけど、今回は洋包丁セットを買ってしまった。

a0223786_17483411.jpg


この職人肌の店主のおっちゃんが、頼めば数分でナイフの刃に名前を彫ってくれるんです。
自分の名前と購入日が彫られたナイフセット。
むひょ〜、これはいい買い物でした。
a0223786_17484228.jpg


ね、切れそうなナイフや包丁見ると欲しくなるの、私だけでしょうか。
a0223786_17484851.jpg


ボルドーに戻って町に繰り出します。
お客さんが大勢入ってるブラッセリー「Villa tourny」へ入ってみることに。
a0223786_17595320.jpg


立ち飲みのお客さんもわんさか。
しっかし、よく食べて飲むのになんでフランス人て痩せてる人が多いんだろう。
a0223786_17394977.jpg


我々はどっかり座って。
夜8時まではタパスタイム。
オードブルや小皿料理、フィンガーフードなどのみ頼めるんだって。
8時過ぎるとメインやご飯もの(っていう言い方でいいんだろうか)が頼めるシステムだそう。
ヨーロッパは夜ご飯のスタートが遅いからね。
ものの15分ほどで8時だったので、タパスつまみに一杯やってようっていうことになり。


しっかしメニューに書いてあるタパスたちがミョ〜に美味しそうで。
結果、タパスを頼みすぎてメインにたどり着けませんでした。

ミニ春巻き。
a0223786_17521757.jpg


サモサ。
アジアンチックな揚げ物がメニューに載ってるとメラメラと頼みたくなるのがアジア人。
a0223786_17525216.jpg


パンコントマテも頼んじゃって。
スペイン行って食べりゃいいけど。

とはいえボルドーはスペインとの国境も近いから、スペイン風の料理やタパスが結構イケるんですね。
で、もちろん合わせるのはボルドーの赤。

「明日は車でシャトー巡りだからあんまり飲みすぎないようにしよう!」なんつって、結局この後ホテルのワインバーで飲み直してしまいました。
a0223786_17551349.jpg





Villa tourny
住所: 20 allée de Tourny, 33000, Bordeaux, France
電話番号: 05 56 44 60 48
by mickimchi | 2016-05-20 12:25 | Comments(9)

ボルドーからサンセバスチャンへ。ワインとピンチョスの旅 その2 サンテミリオンでワインテイスティング

ボルド−2日目。
朝からサンテミリオンに向けてドライブ。
ボルドー市内から車で約1時間くらいの所に位置する、言わずと知れたボルドーワインの名産地のひとつ、サンテミリオン。
中世の趣をそのまま残した町並み、その周りにはブドウ畑が広がり、名だたるシャトーがひしめきあってるユネスコの世界文化遺産にも登録されている所です。

そのサンテミリオンの格付けグランクリュ クラッセ、シャトー・ラ・ドミニクのワイン醸造所のシャトーにワインテイスティングを予約しておいたというわけ。

何しろ、旅行にご一緒したお友達母娘はこの旅行が決まってからワインスクールに通い、今ではソムリエ試験に挑戦したいというほどワインの勉強にいそしんでいる気の入れようなんですもん。
で、そのワインスクールのお友達が偶然ボルドーを一人旅しているということで、彼も急遽ご一緒することになり、ボルドーでは寝ても覚めてもどっぷりワイン漬け、っていう旅行プランになったんです。

到着したシャトー・ラ・ドミニク。
古いシャトー。
a0223786_93852100.jpg


その横にはワインレッドのモダンな建物。
1時間ほどかけてワイナリーの中を係りの女性が英語で案内してくれるワイナリーツアーには、各国から大勢の参加者。
a0223786_9381743.jpg


醸造用タンクも現代的。
ここはサンテミリオンでも早くから現代的な醸造法を取り入れたシャトーなんだそう。
a0223786_94133.jpg


ワイナリーツアーの最後はシャトーのショップで、
a0223786_9394131.jpg


お楽しみのワインテイスティング!
a0223786_9394970.jpg



a0223786_942095.jpg


ランチはシャトーの2階のレストラン「La Terrasse Rouge」で。
レストランのテラスにはワインレッドの石が敷き詰められ、
a0223786_9402577.jpg


3方がガラス張りの広い店内からは、一面ブドウ畑と点在するシャトーが見えます。
近くにはシュヴァル・ブランやオーゾンヌ、遠くにはポムロールのペトリュスなど名だたるシャトー。
ブドウ畑のド真ん中でお昼ご飯っていうのも楽しいです。
a0223786_9423626.jpg


ビッグビンテージの2009年を頼んで。
a0223786_9425216.jpg


スープが美味しい。
a0223786_9492631.jpg


サラダの次は夫はメインはラム。
a0223786_943551.jpg


私はダックを。
a0223786_9493423.jpg



また別腹の...
アイスクリーム愛に燃える夫の分。
a0223786_1031368.jpg


ワタクシの。
a0223786_9593995.jpg


これはお友達のワインスクール友達が頼んだデザート。
デザート名は忘れちゃいましたが、赤ワインシャーベットの赤ワインスープ漬けみたいなもので、メニュー見たときは「ウェ〜、変なの。」って言ってたのに、味見させてもらったらこれが一番美味しかった。

っていうか、さっき会ったばっかの人のデザート、味見させてもらう私が一番変なの。
a0223786_1392538.jpg


a0223786_9363692.jpg

さあ、食後は腹ごなしにサンテミリオンの街をブラブラしてみましょうってことでそのお話は次回。

La Terrasse Rouge
住所: Chateau la Dominique | 1 Lieu Dit la Dominique, 33330 Saint-Emilion, France
電話番号: +33 5 57 24 47 05
by mickimchi | 2016-05-17 13:15 | Comments(6)

フランス ボルドーからスペイン サンセバスチャンへ。ワインとピンチョスの旅

先月末から10日間ほどヨーロッパに行っていました。
柄にもなく。

事の発端は遡ること1年くらい前。
食いしん坊の仲良し飲み友達と、いつものようにいつものお店で飲んでる時、どういう話からか
「ヨーロッパの美食の都、スペインのサンセバスチャンに行って、ピンチョスを食べまくろう!」という話になったんです。

ま、こういう類の話は酒の席でのその場限りの酔っ払いの酔っ払い話で終わるのが常なのですが、この時ばかりはそうならなかったんです。

で、サンセパスチャンまでは日本からの直行便はないので、どうせ行くならフランスのパリ経由でボルドーに飛び、ボルドーでワイン漬けの2〜3日を過ごし、そこからレンタカーで国境を渡ってスペインに入り、サンセバスチャンまで行こう。という壮大なプランを打ち立てた酔っ払いたち。

気分が盛り上がってる間に早々と飛行機のチケットを取り、友達夫婦とそのアガシ(娘さん)、我々夫婦で旅に行くことになったんです。

とはいえフランスにもスペインにもツテもコネもないわけで、それから下調べやらホテルやレンタカーの予約やらとバタバタです。
何しろ我々夫婦は以前ボルドーからサンセバスチャンまで旅したことがあるとはいえ、それはそれは遥か彼方一昔前の話。

なんとも珍道中になるだろうと想像しておりましたが、まさにその通り。
怪我も事故もなく帰ってこれたのがラッキー、くらいなものです。

で、これからちょっとの間、その旅の様子を書いていこうと思います。

ヨーロッパ初日、ボルドー市内のホテルにチェックインしたのはもうよる8時過ぎ。
さんざん飛行機内や乗り継ぎの空港の待ち時間に食っちゃ飲み、飲んじゃ食いしていたんですが、せっかくボルドーだから、ちょこっとボルドーワインが飲みたくなり、ホテルの1Fのワインバーに行きました。
a0223786_16313987.jpg


その名も「The Wine Bar」というワインバーで、ボルドーの赤を。
シャルキュトリとチーズの盛り合わせで乾杯。
a0223786_1632772.jpg

a0223786_1374182.jpg


ミートボールなんぞも頼んでしまって。
後日気がついたんですが、ここ、ボルドーの他の飲食店と比べても、雰囲気もいいし食べ物も美味しい。
またボルドーに行く機会があれば、また立ち寄りたいです。
a0223786_16315942.jpg



お店の天井からはワイングラスのシャンデリア。
a0223786_16351771.jpg



フランス語だけでなく、スペイン語も英語もペラペラなお店の方。
さすが、いろんな国から観光客が来るボルドーですね。
a0223786_16361452.jpg


Le Boutique Hotel Bordeaux(ル・ブティックホテル・ボルドー)の1Fです。
a0223786_1635561.jpg

The Wine Bar
住所: 03 Rue Lafaurie de Monbadon, 33000, Bordeaux, France
電話番号: +33 5 56 48 80 40
営業時間 月曜〜土曜 18:00~23:30
日曜 11:00~15:30 19:00~22:00
by mickimchi | 2016-05-14 09:23 | Comments(12)

牛肉のタリアータ、マデラワインとバルサミコ酢ソース

「牛肉のタリアータ」
大きめの牛の赤身肉を焼いて薄切りにし、野菜と一緒にサラダ仕立てにしたお料理。
よく行くお店の黒板メニューの真似っこです。
とんかつ屋さんなのに、こういうビストロ風メニューや手の込んだ和風おつまみの黒板メニューも美味しいんです。
もちろん、とんかつ定食を目当てにやってくるお客さんもいらっしゃる。

でね、もう何十回も行ってるのに、私といえばいつもお酒ばっか飲んで、ここでまだご飯粒ひと粒もここで食べたことがない。
「うちを居酒屋と勘違いしてるでしょ。」って店主に言われながら飲んだくれてるひどいお客です。
でもそんなお客さんがたくさん来る、不思議なとんかつ屋さんなんですよ。

数々の名物黒板メニューとSPF豚の極みロースとんかつがとんでもなくおいしいお店で、カウンターに座ってオーナーシェフの店主からちょっとしたお料理のコツを聞きかじるのも楽しい。

で、聞きかじりの「牛肉のタリアータ、マデラワインとバルサミコ酢ソース」。

タリアータのソースがとってもおいしくて作り方を聞いたら、煮詰めたマデラ酒とバルサミコ酢のソースなんですって。
そういえばうちに使いきれてないマデラ酒が残っているではないですか。

タリアータはバルサミコ酢ベースのさっぱりソースをかけて、パルメジャーノチーズのスライスをかけるのがお決まりのようです。

a0223786_1414553.jpg


で、「マデラワインとバルサミコ酢のソース」
分量は自己流です。
マデラワイン 80cc
フォンドボー 40cc (なければブイヨンでも)
ハチミツ 小さじ1
バルサミコ酢 小さじ1
バター  4g

マデラワインとフォンドボーを小鍋に入れ、弱火で半分量になるまで煮詰め、ハチミツ、バルサミコ酢を加えて煮立たせ、バターも加えて混ぜ合わせて火を止めて出来上がり。

ニンニクの薄切りとオリーブオイルを弱火で熱したフライパンで焼いた牛肉を薄くスライスし、野菜と一緒に器に盛り、このマデラワインとバルサミコ酢のソースをかけて、パルメジャーノチーズのスライスをパラリ。
一緒に添えたヨーグルトソースもお好みで。


a0223786_14131089.jpg


このマデラワインとバルサミコ酢のソース、ラム肉やフォアグラなんていうのにも合いそう。
さらにバターを入れずに取っておくと、

タコのカプレーゼにバジルソースと一緒にかけたり、
a0223786_14154212.jpg


生のズッキーニのリボンサラダにちょっとかけたり、と重宝します。
a0223786_1416632.jpg

by mickimchi | 2016-05-11 16:14 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(2)

韓国風茹で牛肉(スユッ)と、チャンジャ茶漬け

牛肉のスユッ。
やわらかく茹でたいろんなおいしい部位のアツアツの牛肉を、おいしいたれにつけて食べる韓国のお料理です。
韓国の食堂でこれをつまみに韓国焼酎を飲み、シメはソルロンタン(牛骨スープ)かトガニタン(牛の膝軟骨スープ)っていうのが大好きなんです。
で、この日はスユッと、スユッの茹で汁スープで食べる、チャンジャ茶漬けの晩御飯。

a0223786_11255135.jpg


まずはおつまみ。
「マグロとキムチと納豆爆弾」。
マグロにキムチ、納豆にネギ、きゅうりとみょうがに長芋のすりおろし、卵黄。
ぜ〜んぶを混ぜ混ぜして韓国海苔で巻いて、わさび醤油つけて食べるわけ。
オクラとか入れてもおいしいです。
a0223786_11268100.jpg


さ〜っ、スユッがあったまりましたよ!
本当なら、胸肉(ヤンジ)、膝肉(トガニ)、アタマ肉(モリコギ)など、いろんな部位のお肉が楽しめるスユッですが、そんなことはできませんから今回は牛スネ肉と牛のトモバラ肉で。
a0223786_11261675.jpg

牛スネ肉はお酒少々とネギ、生姜のぶつ切りを加えた湯でトロ火で数時間煮ました。
トモバラは、同じくお酒少々とネギ、生姜のぶつ切りを加えた湯が60度くらい沸いたところでお肉を入れて、沸騰し始めたら弱火で30分、竹串が通るまで茹でて。
いったん冷ましてから切ると上手くいきますよ。

食べるときに再度蒸すなり茹でるなり。

スユッは手作りサムジャンヤンニョンカンジャンにつけて食べました。
あと、ポン酢にわさびっていうのもおいしいです。
 

a0223786_11263786.jpg


〆のご飯は、チャンジャ茶漬け。

ご飯をお椀によそったら、牛肉の茹で汁をスープを注いでチャンジャを乗っけて出来上がり。
チャンジャの塩気があるからスープの味付けは薄めにしてね。

a0223786_10295570.jpg

by mickimchi | 2016-05-09 16:22 | 牛肉がメイン(韓流) | Comments(10)

自家製ツナと野菜の前菜盛り合わせ

この日、泊りがけでゴルフに行った夫から昼過ぎに変なLINEが入る。
「8時までに帰る。かるいつまみの夕べでよろしく。」だと。
多分前日の夜は宿で友人と飲み明かし、ゴルフやって打ち上げで軽くつまみながら飲み、新幹線の中で帰りがけにちょこっと飲んで、うち帰って飲み直したいのでしょう。
そして夫たちは、多分奥さんに禁止されてる、駄菓子やスナックをしこたま買い込んで新幹線の中でガツガツ食べているに違いない。


というわけで、世の夫どもって中途半端な時間に中途半端にお腹をすかして帰ってくることがある。
これが結構めんどくさいのだがま、用意しました、かるいつまみの夕べとやら風。

こういう時は常備菜、常備おつまみで。
残ったら次の日以降に回せるし...

自家製ツナと野菜の前菜盛り合わせ。
a0223786_16213735.jpg


自家製ツナと色々野菜の前菜を盛り合わせて。
黒オリーブと白いんげん豆の茹でたのは冷凍保存してたもの。
a0223786_16251957.jpg


アイオリソースも自家製だす。
紫キャベツとニンジンのマリネを今回はマリネ液にちょこっとハチミツも加えて紫キャベツとニンジンを別々にマリネしました。
a0223786_1720447.jpg


あとはバゲットを切って、飲み疲れさんにはあったかいスープ。
ったって、手の込んだものではなくって、
キャンベルのチキンヌードルスープに、トムヤンクンペースト、ココナッツミルクで、
a0223786_16222040.jpg


即席アジアンチキンスープ。
全部を合わせて温まったら、パプリカとドライハーブならぬドライ香菜を振りかけただけ。
a0223786_1625141.jpg

by mickimchi | 2016-05-05 16:20 | あれこれおつまみ | Comments(4)