<   2016年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

火鍋を作ってみた!

いろいろなスパイシーな調味料や香辛料、漢方食材を使って作った辛いスープで、ラム肉などのお肉や野菜を泳がせながら食べる、ヘルシーな中国のお鍋、火鍋。

大好きなお料理上手なブロガーさんが火鍋を食べにいらしたという記事を読んで、急にメラメラと火鍋が食べたくなり、火鍋をおうちで作りました。

a0223786_07441905.jpg



お手軽に、カルディで買った火鍋の素に、お鍋に直接入れて食べられる、〆ラーメンに切れてる春雨、しゃぶしゃぶ餅なんぞを用意して、あとは野菜とお肉を並べて簡単に...
a0223786_10390921.jpg


などと思っていたのですがカルディの火鍋の素、300CCの水で溶くって説明書きに書かれてて、もっとつゆだくでスープたっぷりで食べたかったので、結局自分で火鍋スープを作って足すことに。

カルディの火鍋の素のパッケージの裏に書かれた原材料を読んで、カルディの火鍋スープを味見しながら、なるべく似た感じにってやってみました。

スープたっぷりの火鍋を食べたい欲望のみで、結構おいしくできたので後で作り方、書いときます。

a0223786_10433346.jpg

ラム肉でもよかったんですが、おいしそうなイベリコ豚のしゃぶしゃぶ用が売っていたのでお肉はそれに決定。
a0223786_10493603.jpg

野菜はレタスと舞茸、えのきに黄ニラ、パクチー。
a0223786_10495253.jpg

お豆腐も。
a0223786_10500051.jpg

で、つゆだく火鍋スープの作り方
材料 2人分

生姜(みじん切り)小さじ1
ニンニク(みじん切り)小さじ1
豆板醤 小さじ2〜(辛いのがお好きならもっとどうぞ〜)
中国山椒 適宜
クミン 小さじ1/2
シナモン 小さじ1/2
八角 1個
鷹の爪 適宜
中華スープ 600CC
塩 適宜
粉唐辛子 適宜
なつめ(あれば) 適宜
クコの実(あれば) 適宜
九条ネギ(斜め切り) 3本分

作り方
1 フライパンにサラダオイル少量を入れ、豆板醤を加えて弱火で炒める。
2 豆板醤の香りが出てきたら生姜、ニンニクを加え焦げ付かないように炒め合わせる。
3 鍋に中華スープを入れ、2と中国山椒、クミン、シナモン、八角、鷹の爪、なつめを加えて煮る。
4 4〜5分煮たら味をみて塩、粉唐辛子を加え、仕上がりにクコの実、九条ネギを加えて完成。

中華スープは、私は以前鳥うどんを作った時作った、鶏ガラと鳥手羽肉、鶏皮と香味野菜を強火で煮込んで作った鶏ガラスープがあったのでそれを使いましたが、お手軽にシャンタンスープの素や顆粒の鶏ガラスープなんかを何種類か合わせて、お湯で溶いてみてもいいと思います。

お豆腐や野菜を入れると味が薄くなるので少ししょっぱめに作るのがオススメ。
(カルディの火鍋の素で作っても、わりかししょっぱめでした。)

お鍋をしているうちにスープが煮詰まってきたら、お水でなくって豆乳を少しずつ投入すると味がマイルドになってよかったです。

a0223786_11201089.jpg


カルディの火鍋の素はシーズン限定発売のようで、まだ置いていない店舗もあるようですので、もしよろしければ自力つゆだく火鍋スープ、作ってみてくださいね。
もしカルディの火鍋の素を買う場合は二人で2パック購入されることをお勧めしますです、はい。

2016年9月30日 追記
すいません。
実際にカルディに火鍋の素を買い求めに行かれたブロガーさんからの情報です。
現在は限定商品のようでして、店舗によっては売っていないところもあるようです。
売り切れたらもうそのお店では取り寄せする以外買えないんだそうなので、カルディにいらっしゃる前に、電話で確認してから行かれた方がよろしいかもしれません。

ここちきさん、情報ありがとうございます。

by mickimchi | 2016-09-29 11:52 | ミッキムチ家の中華 | Comments(10)

中華風きのこあんかけ茶碗蒸しと松居直美さんのニラ餃子

魯肉飯を作った日のおかず。
秋らしく、きのこをたっぷり使った中華風茶碗蒸し。
お豆腐が入ってるのでヘルシーです。

「中華風 きのこあんかけお豆腐茶碗蒸し」の作り方(二人分)は、

重石をのせて1時間くらい水切りしたもめん豆腐2/3丁と卵一個、塩小さじ1/3、片栗粉大さじ1/2をボウルに入れて混ぜときます。
これを器に入れて湯気の立った蒸し器で5分ほど蒸します。

蒸してる間にきのこあんを作ります。
チキンスープ90CC、オイスターソース大さじ1、醤油ほんの少しを混ぜて作ったスープにいろんなきのこ1/2パックくらいを加えてさっと茹で、味を見て塩を加え、水溶き片栗粉大さじ1/2を少しずつ加えながら混ぜ、とろみをつけてごま油少々を加えたらきのこあんの出来上がり。

蒸しあがったお豆腐茶碗蒸しにこのきのこあんをかけて完成です。
a0223786_08555766.jpg


以前、松居直美さんがテレビで作ってた、春巻きの皮を使ったニラ餃子も作りました。
普通のニラ餃子のあんを、四角い春巻きの皮を十字に4等分に切ったものに乗せ、ヒダを寄せながら包んで最後は蓋をするように倒して餃子を作ります。

これをヒダのある方を下にしてフライパンで焼き、ひっくり返して両面焼いて出来上がり。

確か彼女は、エビやクワイを具に入れてらしたんですが、私は簡単にネギとニラと豚ひき肉だけで作っちゃってます。

普通の餃子みたいに焼いてる途中でフライパンに水を入れて蒸し焼きしないのでものすごく簡単。

でも、春巻きの皮がパリパリしてて、大きさもお口にポイっというくらいの小ささなので、あらまぁ、やめられない、止まらない、って感じです。

a0223786_08554987.jpg


夫作、「しらすとしらたきの麻辣炒め」。
しらたきをごま油で炒めて、醤油ベースの味付けをして、
a0223786_13303141.jpg

な、な、なんと⤵︎
a0223786_13400480.jpg


「麻辣花生」というスパイシーピーナッツにまぶしてある中国山椒と唐辛子をひろってまぶし、しらすを加えたんだって。

スパイシーピーナッツ同様、後引く味で美味しかったです。



by mickimchi | 2016-09-27 14:12 | ミッキムチ家の中華 | Comments(4)

魯肉飯(ルーローファン)とおいしいおみやげ

台湾のローカルフード、煮込み豚肉のっけご飯、魯肉飯(ルーローファン)を作ってみた。
a0223786_16222253.jpg

と言っても残り物で。
ポッサムで作った塩豚が残っていたので、
a0223786_09072299.jpg

冷凍庫でストックしていた塩豚そぼろと一緒に、
a0223786_09113049.jpg
中華スープに、万能醤油だれとオイスターソース、五香粉を混ぜたもので10分ほど煮ただけ。
ご飯に乗っけて、
味付け煮玉子を添えて。

塩豚(豚肉の重さ2パーセントの塩を全体にまぶし、ラップでピッチリと包んで冷蔵庫で一晩おいた塩豚をアクを取りながら弱火でコトコト30〜40分煮たもの。)と塩豚そぼろを合わせて200グラムくらいでしたので、中華スープ1/2カップ、万能醤油だれ大さじ1、オイスターソース小さじ1、五香粉少々くらいの分量で二人分です。



そうそう、台湾といえば、最近ゲットした美味しい台湾みやげなどなどのお話。

台湾に一泊弾丸食材調達旅行に行ってきたお友達のうちで食べた、「麻辣花生」という中国山椒と唐辛子が効いたピリ辛ピーナッツが美味しかったので、お取り寄せで買ってみました。

a0223786_09552876.jpg

見よ、この山椒と唐辛子まみれのスパイシーピーナッツ。
しびれる辛さで超刺激的なおつまみデス。
これだけでビール大ジョッキくらい飲めちゃいそうな勢いです。
a0223786_16141186.jpg

打って変わって、こちらはその弾丸一泊台湾旅行に行ってきたお友達からいただいたお土産、パイナップルケーキ。
台湾一美味しいって言われてる「微熱山荘(Sunny Hills)」というお店のだそうです。
南青山にも店舗ができてるらしいっす。
しっとりホロホロの生地にパイナップルの甘い餡が包まれてて美味しいです。
a0223786_09545952.jpg

台湾スイーツといえばエッグタルトも有名ですが、こちらは自由が丘のBAKEのチーズタルト。
いつも店の前を通ると長蛇の列でお客さんが並んでいたのが、最近は混雑もひと段落したようで、すんなり店内に入ることができました。

6個入りを買って「買いすぎたかな?」と思ったら、びっくりするほど美味しくて「ああ、もっと買えばよかった!」
これもハマりそうな恐ろしい予感です。
大きさが、ちっさすぎずおっきすぎず、「ま、一個くらいならいっか。」ていう罪なサイズなんです。

a0223786_09544947.jpg
話が長くなったので、魯肉飯を作った日の中華風おかずのお話はまた今度。




by mickimchi | 2016-09-23 21:00 | Comments(2)

学大のお店のおつまみを真似て


居酒屋さんでおいしいおつまみを食べると真似して作ってみたくなります。
こちらで食べた「ポテトサラダ いくらのせ」がおいしかったので、早速真似っこ。
a0223786_10263897.jpg



これも同じく学大のお店。
焼き鳥屋さんの「ささみ シラチャー パクチー増し増し」の真似っこ。
なんだか呪文みたいなこの”ササミシラチャーパクチーマシマシ”とは、ササミの焼き鳥にタイのチリソース「シラチャーソース」を乗せて、パクチーを添えたもの。

限りなくレアに近い感じでササミを焼いて、シラチャーソースを乗っけました。
ピリ辛ソースとパクチーで一気にエスニックな味に。
a0223786_10292708.jpg

カルディで見つけたシラチャーソース。
マヨネーズと混ぜてシラチャーマヨとかもおいしいし、結構使い勝手がよくって最近のお気に入り。
シラチャーソースレシピをいろいろ研究中です。
a0223786_10331355.jpg



「貝割れ大根としらすのサラダ」は学大のうどん屋さんの「つまみ菜としらすのサラダ」の真似っこ。
おうどん屋さんのは、つまみ菜+ミョウガの千切り+大根の千切り+しらすに甘めの和風ドレッシングがかかってたんですけど、スーパーにつまみ菜が見当たらず、貝割れ大根+ミョウガの千切り+大根の千切り+しらすにしてみました。
ハチミツと塩、レモン汁に梅肉、サラダオイルを混ぜ合わせたドレッシングで和えました。

a0223786_10285251.jpg


これは都立大のおうどん屋さんのおつまみ、「クリームチーズのわさび和え」の真似っこ。
クリームチーズをチューブの粗切りわさびで和えたものをクラッカーに乗せて。

a0223786_10290836.jpg

というわけで、こおうちでも居酒屋さんの気分で、この日も芋焼酎の炭酸割りを限りなく飲んでしまった夜なのでした。


by mickimchi | 2016-09-21 15:01 | Comments(4)

あれもこれも食べたくなるおつまみ、学大のアオギリにて。

またご近所においしいお店を見つけました。
学芸大学の「アオギリ」。
若きスタッフがテキパキ働く、おつまみのおいしい大衆居酒屋のニューウェーブみたいなお店デス。

メニューは、お店の壁一面に貼られた紙にその日のオススメが書いてあって、売り切れ御免になるとそのメニューを書いた紙をはがしていくシステム。

壁に貼られたメニューはどれもこれも魅力的で、うろうろ見て回るうちにお箸置きをガッチャン。
刺してあるお箸を全部床にぶちまけてしまいました。

お店の方、すいません、酔っ払う前から迷惑かけちゃって。

いろいろ迷って頼んだのは、
「ポテトサラダ いくらのせ」。
こぼれんばかりのいくらの大サービス。
a0223786_11045747.jpg


「マグロ中落ち炙り」。
a0223786_11022473.jpg

「ほやの塩辛」。
a0223786_11022847.jpg

「ホタテのピザ」。
a0223786_11021848.jpg


「砂肝焼き」。
ホッピーに合います。
a0223786_13134659.jpg
お酒も充実。
お客さんは、ご近所さんらしき中年夫婦(我々もだわ)とか、初居酒屋探検のオーストラリア人たちを連れてきた男子、おとなしいラッパー組、常連さんらしき若者たちなどいろいろで、お店は大混雑。

開店時間に予約して入ったのが正解でした。

a0223786_16575936.jpg

これだけ食べて、生ビール2杯、ホッピー、芋焼酎の炭酸割りなどを飲んんで、二人で5000円ちょっと。
コスパもよろしいです。



お店を出てパチリ。
看板がないんです。
で、この狭い入り口を抜けると楽しい「アオギリ」の世界です。

a0223786_08263822.jpg

大衆酒場 アオギリ
目黒区鷹番2−20−19 ソシアル学芸大学1F
Tel:03−6452−3500

お店FB


by mickimchi | 2016-09-17 17:10 | 外で一杯 | Comments(4)

最近の民画

民画教室で描いた最近の民画です。
初めて人物を描いてみました。
顔を描くのがとってもムズカシイ。
先生が顔はほとんど描いて下さりましたので、先生の描く女の子に似ています。

先生は「なんでも好きに描けばいいのよ〜。」とおっしゃりながら、ご自分の持ってる技やコツを惜しみなく教えて下さります。
次回はガンバって自力で顔、描いてみます。

a0223786_17231483.jpg


これは鳥や蝶々を描くのが楽しかった。
葉っぱがやけに変な緑色になったら、先生が墨を重ねて色を落ち着かせるといいとおっしゃって、恐る恐るやってみたらホントに色がワントーン落ちて少し良くなりました。
墨の威力、恐るべし。
a0223786_17372909.jpg


「鳥じいさん」。
男の人と女の人だと顔の色も少し変えるといいそうです。
ユーモラスにしたかったのに、出来上がったらそれほど面白くない。
a0223786_17375579.jpg


とっても時間がかかった絵。
ムッチャ苦戦したので、初めて額に入れてみました。
バックは先生が描いてくださったので、バックはシックな色合いで気に入ってます。
a0223786_17394391.jpg

なんだか、ブログに載せようと絵を整理してたら、「あ〜ぁ。」と思わずため息が出ちゃいます。
いつか満足のため息が出るようになればいいなぁ。

by mickimchi | 2016-09-14 18:04 | 民画 | Comments(6)

お箸で食べる、和風イタリアン@おうち

お箸で食べる、和風イタリアン。
和の香りを加えて、あれとあれを和えたらどうかな、とかちょっと遊び心で作ってみました。

「かつおのカルパッチョ」。
イタリアンカラーにしてみました。
赤ピーマンに、白玉ねぎ、セルフィーユのみじん切りを添えて。

フルーツポン酢にちょっと柚子胡椒を加えて回しかけました。
a0223786_12383632.jpg

スーパーで見つけた北海道産の白たまねぎ。
辛味が少ないので新玉ねぎみたいに生で使えるのがうれしい。
a0223786_17421307.jpg


「冬瓜じゃなくておばけズッキーニの冷製かにあんかけ」。
あはは、イタリアンじゃなくて和食ですね。
でもイタリア野菜のズッキーニを使ったということで、お許しください。
a0223786_12401863.jpg

こんな円板型のおばけズッキーニを知り合いからいただいたので、何作ろうかなあと見つめていたら、あら、冬瓜にそっくりって思って作ってみたわけです。
そしたら、冬瓜みたいに下ゆでしたりコトコト煮込まなくても、あっという間にやわらかくなってなかなか使い勝手が良いんです。
普通のズッキーニでもどうぞ。

ズッキーニは一口大に切って出汁でやわらかくなるまで煮て、みりん、塩で味付けしたら千切り生姜とカニを加えてさっと火を通し、水溶き片栗粉でとろみをつけます。
これを冷蔵庫で冷やして出来上がり。

冷製にしますので、水溶き片栗粉を入れた後しっかり火を通さないと、冷やした時にとろみがなくなってしまうのでご注意を。
a0223786_12400415.jpg


「万願寺唐辛子としらすのマリネ」。
都立大のワインバーカンティーナ カーリカ・リで出てきた前菜のパクリです。
a0223786_12391940.jpg
マリネ液によくなじんだ、クタッとした万願寺唐辛子がつるっとのどごしがよくて、しらすの塩っ気と相まってワインが進む進む。

お店では万願寺唐辛子を焼き網で焼いているのでしょうけど、私は簡単にオーブントースターでクタッとするまで焼きました。
熱いうちに、ハチミツ1:塩ほんの少々:白ワインビネガー3:オリーブオイル5の割合のマリネ液に漬けておくと冷蔵庫で5日ほどもちます。

これをお皿に盛ってしらすを乗っけて。
万願寺唐辛子はヘタをとらずに丸ごと焼くほうがおいしいと思いますヨ。
a0223786_17403440.jpg

「ネギ塩そぼろのペンネ」。
和風というか韓国風ですね。
a0223786_17364614.jpg

塩豚そぼろとネギ塩ダレを炒め合わせて茹でたペンネに和えました。
a0223786_17462659.jpg

これがネギ塩ダレ。
フライパンに長ネギの小口切りと塩を入れてごま油で炒め、白ごまも加えてネギがしんなりするまで炒め合わせて作ったネギ塩ダレ。
牛タン焼きにたっぷり乗っけて食べてもおいしいです。
a0223786_17582185.jpg


そんでもって残ったおばけズッキーニは後日...
スライサーで切って、ズッキーニそうめんにしました。
ズッキーニって色々和風にしてもおいしいもんですね。
a0223786_17550870.jpg






by mickimchi | 2016-09-12 10:35 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(2)

和風ジャージャー麺とすっぱくないお酢の物

見た目は韓国のジャージャー麺、でも味は和風仕立て。

豚ひき肉と赤味噌で肉味噌を作っておけば、麺を茹で、出汁でのばした肉味噌をかけてキュウリをのせるだけ。

a0223786_17033626.jpg

肉味噌の作り方だけ書いときますね。
肉味噌
材料(4人分)
豚ひき肉 200グラム
生姜(みじん切り)小さじ2
赤味噌 40グラム
砂糖 大さじ1
醤油小さじ1
オイスターソース 小さじ1
豆板醤 小さじ1

作り方 
フライパンにサラダオイルを熱し、ひき肉と生姜を入れて炒め、調味料を加えてなじませるように炒め合わせれば出来上がり。

ジャージャー麺一人分は、この肉味噌1/4分を出汁150CCでのばしたものを麺一玉にかけました。

麺はうどんでもいいんですけど例の極太麺で。

最近気がついたんですけど、夫は美味しいものを食べた時、低い声で「フム」って言うんです。
絶対本人は気がついていないんですけど、このたまに発する「フム」で出したものが気に入ったかどうかがすぐわかる。
なかなかこの「フム」、出ないんですよね。
そんでもってこの例の極太麺を出すと必ず「フム」って言う。
これ、やっぱ美味しいんだわ。

a0223786_15103525.jpg

おかずもさっぱり和風のお酢の物。
て言っても、どういうわけか私は、もずくとかところてんって食べてる最中にすぐむせ返っちゃうんです。
大好きなんですけどね、外食なんかの時は慎重に、慎重に、もずくを数本ずつすすらないと大変なことになる。

なので「酸っぱさほどほどのもずくサラダ」。

塩蔵もずくを塩抜きしてタコとカラフル野菜をのっけたら、フルーツポン酢をまわしかけて。
a0223786_17050586.jpg

もいっちょ、さっぱりひんやりの一品。
「帆立てのヅケ、山形だし添え」。
山形のだしは、夏野菜(もう秋だわね)と香味野菜を薄口醤油2:煮切りみりん2:酢1の割合のタレに加えて混ぜました。

帆立てのヅケの他に、さっと茹でたささみとかに添えても美味しいかも。
a0223786_17054667.jpg


そうそう、↑の肉味噌はたくさん作っておくと冷奴にかけたり、温かいご飯にかけたりと重宝しますよ。

もともとは、ナカメのお蕎麦屋さんの肉味噌豆腐の真似っこしてこの肉味噌作ってみたのがそもそもの始まりです。
a0223786_17074594.jpg

by mickimchi | 2016-09-08 07:32 | たまには和食 | Comments(2)

紀ノ国屋のポケットブレッド

紀ノ国屋スーパーマーケット。
言わずと知れた高級スーパー。

私には店内の雰囲気も価格帯も高級感溢れすぎているスーパーマーケットですが、店内を空っぽの買い物かごをぶら下げながらウロウロ偵察するのが趣味です。
見るだけならタダですからね〜。

でね、空っぽの買い物かごに、必ずこれだけは入れるというのがここのポケットブレッド。
パンの空洞部分のポケットに好きな具を入れて食べるととってもおいしい。

一番よくやるのが、とろけるスライスチーズを入れて作るチーズパン。
カレーを作った時は、これをナン代わりしてカレーをつけて食べるのが大好き。

a0223786_07593409.jpg

この時はスパイシー肉団子(コフタ)のカレーに。

a0223786_08125487.jpg


これが紀伊国屋のポケットブレッド。
3枚入りで324円。
ね、紀伊国屋にしてはリーズナブル。
これを一つずつラップして冷凍しておくと、色々使えて便利なので大人買いしてストックしてます。
小麦の全粒粉を使って作ってあるそうで、小麦の味がダイレクトに感じられる気がします。
紀ノ国屋オンラインストアでも売ってるみたい。
a0223786_08143434.jpg


「ブルガー小麦と野菜のトマト煮こみ」に添えて、地中海食堂風。
a0223786_08100381.jpg

ある日、夫が作った沖縄風タコライス。
このソースが余ったので...
a0223786_08174358.jpg

冷凍してあった茹でた白いんげんと、細切りチーズとともにこぼれんばかりに入れちゃって、
スロッピージョー。
a0223786_08001470.jpg



自家製のひよこ豆のコロッケ「ファラフェル」を挟んで、中近東風プレート、てな感じで色々楽しめます。

なんか他にもいいアイディアとかないかなぁ。

a0223786_16483712.jpg

by mickimchi | 2016-09-05 07:58 | ミッキムチ家のエスニック | Comments(2)

鴨の燻製と白キムチのポッサム

まだまだ暑い今日この頃。
この時期にぴったりのさっぱりと辛くない白いキムチ、ペクキムチが食べたくなりまして、夫に作ってもらいました。

ちょうど漬けごろを待って作ったお夕飯は、鴨の燻製と白キムチのポッサム。
主役は白キムチです。
a0223786_10035724.jpg
つけだれは、手作りサムジャンとハニーマスタードピーナッツソース(ピーナッツをすり鉢で擦ったもの、醤油、ハチミツ、レモン汁、粒マスタード、炭酸を同量ずつ加えて混ぜ合わせたもの)、アミの塩辛にごま油をまぶしたものの3種類。
葉野菜も何種類かたっぷり用意して。


夫作、白キムチ(ペクキムチ)。
この季節、たまにはあっさり、さっぱりの辛くないキムチ、白キムチもおいしく感じます。

a0223786_10041561.jpg


葉野菜にに白キムチ、鴨、つけダレ、白髪ネギを乗せてクルクルっと巻いて。
白キムチのさっぱり感が、鴨独特の旨味と合ってる。
a0223786_10050699.jpg


いつもの白菜キムチでちっさいキムチご飯のおにぎりを作って、これもサラダ菜に包んでお口にポイっと。
a0223786_10053180.jpg

沖縄にダイビングに行った友達からいただいたもずくがあったので、わかめスープの代わりに韓国風もずくスープにしてみました。
なんだかはりきって作ったものより思いつきで作ったものがおいしかったりするんですよね。
これもそう。
ですんで忘れないよう作り方を書いとこう。

昆布だしに、ニンニクのすりおろし、塩豚そぼろ(ここに作り方が書いてあります。)を入れて沸騰させ、もずくを入れて一煮立ちしたら薄口醤油と塩で味付けします。
最後にごま油をちょっと加えて白髪ネギ、糸唐辛子を乗せて出来上がり。
a0223786_10054425.jpg

鴨は、パナソニックの「けむらん亭」で燻製にしてみたら、思いのほかロゼ色に仕上がりすぎたけどおいしかった。
a0223786_10045519.jpg


by mickimchi | 2016-09-01 09:48 | キムチとキムチを使ったレシピ | Comments(2)