<   2017年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

魚貝のおつまみ第2弾 海鮮居酒屋さん風に

前回に続き、魚貝のおつまみ第二弾。
今回は海鮮居酒屋さん風に。

「アジとアボカドのなめろう」。
叩いたアジとつぶしたアボカド、ミョウガ、生姜、大葉のみじん切り、アサツキの小口切り、塩麹、味噌を混ぜ合わせました。
なんか梅雨ってなめろうが食べたくなりません?
a0223786_10400136.jpg


「スモークサーモンとイクラの洋風白和え」。
白和えごろもは、水気をしっかり切った豆腐1/2丁に対して白練りゴマ大さじ1、砂糖大さじ1、薄口醤油小さじ2に生クリームとクリームチーズをちょっと。
イクラとスモークサーモンの塩気があるので、しょっぱすぎないように味見しつつ配合を調節してください。
a0223786_10413655.jpg


「ササミのウニ炒め」。
お鍋に湯を沸かし塩とごま油少々を入れ、そぎ切りにしたササミを入れて蓋をして3分ほど茹で、火を止めて蓋をしたまま7分ほどおき、余熱で火を通したらザルに上げて水気を切ります。
フライパンにバターを溶かして茹でたササミを炒め、酒でゆるめた瓶詰めの練りウニを加えてからめれば出来上がり。
これ、思いつきで作ったんですが、淡白なササミがお酒の進むおつまみになります。
a0223786_10341590.jpg


「カリカリじゃこと新玉ねぎのサラダ」。
野菜は、キャベツの千切りと新玉ねぎ、トマト。
これにカリカリに炒めたじゃことたっぷりの鰹節をかけて、出汁醤油とサラダオイル、米酢で作ったドレッシングで。
ちょっと軽井沢のトンカツ屋さんのメニューのパクリです。(お店ではじゃこは入ってなかったけど...)
a0223786_12455281.jpg

by mickimchi | 2017-06-22 15:21 | あれこれおつまみ | Comments(0)

魚貝のおつまみ第一弾 まずはスペインバル風に。


いろいろ魚貝のおつまみ。
まずはスペインバル風にあれこれ魚貝のピンチョス。

スペイン旅行で、サン・セバスチャンのバルで食べたウニのピンチョスが美味しかったので真似してみました。
ペシャメルソースにウニを混ぜ合わせて、オーブントースターで温まったら出来上がり。
a0223786_09484661.jpg

スペイン土産の ”Huevas de Erizo de Mar"の缶詰を使いました。
Huevas de Erizo de Marって調べたら、スペイン産の天然のムラサキウニなんですって。
ウニの殻はどうしたかって言いますと、前日にお鮨屋に行っておつまみで出してくれたウニの殻を持って帰ったわけ。
(変なお客ですね。)
それを洗って干して再使用。
a0223786_09482583.jpg


これがサン・セバスチャンのバルで食べたウニのピンチョス。
美味しかったデス。

a0223786_10193421.jpg


ウニイクラ豆腐。
豆乳を板ゼラチンで作った即席豆腐にウニとイクラをのせました。
イカンイカン、プリン体豆腐ですね。
そもそも、豆腐なのにスペインバル風とはいかがなものか、ですね。
a0223786_09481269.jpg


マグロのカルパッチョ、酒盗マヨ風味。
お皿にカツオの酒盗と柚子胡椒をうっすら塗って、その上に半面だけ「づけ」にしたマグロを並べ、マヨをかけたカルパッチョ。
ワインもいいですが、芋焼酎がススみます。
って、またスペインバル風とは言い難い。
でもね、バスクのビルバオという町の有名バルで出てきたんですよ。
アレが。
a0223786_09492367.jpg


ほら、これがそのアレ。
ビルバオで食べたピンチョス。
炙ったマグロがビネガーの効いたライスサラダの上に乗っかってるの。
これ作ったスペイン人、絶対日本のお寿司屋さん行って思いついたんだと思う。
これも美味しかったデス。
a0223786_14424808.jpg

飲みすぎて酔っ払わないように汁物も。
お魚のアラとアサリで出汁をとってニンニクとピメントパウダーを加えたスープも作りました。
って言っても結局酔っ払ってるんだけどね。
a0223786_09491251.jpg

by mickimchi | 2017-06-20 21:11 | あれこれおつまみ | Comments(4)

ニンジンピラフのミートソース


大好きなミートソース!
作り方はいつも同じ。
こちらを参考に作る、ケチャップが入ったちょっと懐かしい味のするミートソース。
もちろんパスタも美味しいんですが、ご飯との相性も抜群。
バター炒めしたニンジンと塩少々と一緒に炊いたニンジンご飯にかけて食べました。

a0223786_11094153.jpg

たくさん作っておいて、いろいろなお料理に使います。
a0223786_11103007.jpg


パスタはもちろん、
a0223786_11571015.jpg


「ミートソースミートボールのトマト煮込み」。
ミートソースと同量の牛ひき肉をボウルに入れてかきまぜてミートボールの形に丸め、オリーブオイルを熱したフライパンで、時々ころがしながら焼きます。
中まで火が通らなくて大丈夫。
これをトマトソースで煮込んで、湯むきしたプチトマトとベビーモッツアレラを乗せて。
a0223786_11112939.jpg


ミートソースミートボールとミートソースを使って、ミートボールのドライカレー。
カレー粉とカルダモン、コリアンダー、クローブなどのスパイスをミートソースに加えただけです。
ターメリックライスと一緒に温泉玉子をのっけて。

a0223786_11114411.jpg


このミートソース、私にとっては一生モンのレシピです。
ありがとうございます、このレシピを教えてくださったJasmineさん。

彼女をはじめ、大好きなブロガーの方にブログを通して教えていただいたレシピ、もう何度も作って、メモを見ずにも作れるようになったレシピがたくさん増えました。


by mickimchi | 2017-06-19 11:08 | Comments(0)

韓国風茹で豚(テジスユク)定食

塩麹をまぶして冷蔵庫で一晩寝かせた豚肩ロースを茹でた茹で豚を使って、韓国風茹で豚定食、テジスユペッパンを作りました。

a0223786_08484277.jpg


塩麹のおかげで肩ロース肉がしっとりやわらかく、ほんのりまろやかな塩味が加わって、何にもしてないのにおいしいです。
a0223786_08492681.jpg


今回は、お肉を紅芯大根の甘酢漬けに乗せて食べました。
キムチや白髪ネギと一緒に、アミの塩辛やヤンニョンカンジャンを乗っけてお口にポン。
ヤンニョムカンジャン(薬味醤油)は、醤油5:粗挽き唐辛子2:砂糖、おろしにんにく、ごま油、万能ネギ、炒りごま各1の割合で和えたもの。

紅芯大根の甘酢漬けの作り方は、紅芯大根の甘酢漬けをご覧ください。
この記事、紅芯大根に関するウンチクもなんだか知ったかぶりして書いてますね、我ながら。
そのくだりは長いので完全に斜め読みですっ飛ばしてください。
時々前に書いた自分の記事を読んで、ヤンなっちゃいます。
結構イバリンボウなんだもん。

a0223786_08490693.jpg


切り干し大根のキムチ。
切り干し大根を水でもどす代わりに、醤油、みりん、砂糖を加えた出汁でもどして、キムチヤンニョンで和えるのがミソ。
うちはキュウリのキムちゃんのご注文が入るとこの出汁を大量に使うので、漬けたあとの出汁を捨てるに忍びなく、無い頭をひねって色々活用してます。

ねっ、おいしそうでしょう。
商品化しようかなぁ。
a0223786_08485522.jpg



こちらは以前、韓国の聞慶の山菜料理屋さんで出てきた茹で豚ちゃん。
とってもやわらかくっておいしかったので、以来真似して作ってます。
a0223786_15114986.jpg



塩麹豚の詳しい(っていうほどのこともないんですが...)作り方は、こちらに。
a0223786_16555132.jpg



ご飯は、ソウルの中部市場で買ってきた干しムール貝で、ムール貝ご飯。
干しムール貝を戻した汁でご飯を炊きました。
↑のヤンニョンカンジャンをつけて(ついでにバターも)食べました。

a0223786_08494944.jpg



そうだ、塩麹豚は肩ロース肉だけじゃなくって、豚バラ肉でもおいしいし、サムギョプサルにしてもイケますよ。



by mickimchi | 2017-06-16 06:39 | 豚肉がメイン(韓流) | Comments(2)

スペインバル風カニの身の甲羅詰め&あさりご飯

美味しそうな蟹味噌をスーパーで見つけたので、「カニの身の甲羅詰め バスク風」を作ってみました。
スペインのバスク地方のバルでは「チャングーロ」と言って、旅行中もこの甲羅詰めのピンチョスがよくカウンターに乗っかってるのを見ました。

蟹味噌の上に、ベシャメルソースとカニの身を混ぜたものを載せてオーブントースターで焼いただけ。
もちょっと焼き色をつければ良かったな。
ま、蟹味噌のとこからすくってバゲットに乗せて食べれば、冷えた白ワインがググッとススみますです。
(なんだか毎回、こんなフレーズを申しているように感じ、恐縮デスが...)
a0223786_14102683.jpg


ね、こんな感じでスーパーで売ってたら買っちゃいますよね。
a0223786_20283002.jpg


そんなわけでスーパーの前のパン屋さんでバゲットを買ってしまって、スペイン風のおつまみの夕ご飯となったわけです。
「タコのマリネ」。
新玉ねぎ、赤ピーマン、ピーマンのみじん切りとオリーブオイル、白ワインビネガー、塩、はちみつを混ぜ合わせて,
タコとオリーブをマリネしました。
a0223786_14095712.jpg


「トリッパのトマト煮、半熟玉子乗せ」。
カルディに売ってた「トリッパのトマト煮」と冷凍庫の牛肉の赤ワイン煮込みを混ぜて温め、卵をポトリ。
オーブントースターで卵は半熟トロトロになるまでちょっと熱しました。
カルディのトリッパのトマト煮、美味しいです。激しくオススメしちゃう。
a0223786_14120341.jpg


「バスク風あさりご飯」。
なんちゃって、あさりを茹でて、ゆで汁で市販の冷凍海老ピラフを3〜4分煮込んだだけ。
本場のバスクのあさりご飯は、新鮮なあさりを使った、あさりのうまさが凝縮されたリゾットみたいなお料理なんですけど、ちょっと手を抜いてその分ワインを注ぐのに専念しました(もちろん自分のグラスにですョ)。

a0223786_14104990.jpg


by mickimchi | 2017-06-14 07:04 | あれこれおつまみ | Comments(2)

韓国風豆もやしご飯とコンビジチゲ

少し前の韓国旅行中に、韓国のテレビの料理番組で豆もやしご飯を作っていたので、真似してみました。
ひげ根をとった豆もやしを、塩をちょっと入れた沸騰した湯で蓋をして2〜3分茹で、その茹で汁でご飯を炊いて、炊き上がりに茹でたもやしをご飯にのせて蒸らして出来上がり。
炊飯器でも普通の分量の水加減で炊いて、炊き上がりにもやしを入れて下さいね。

ヤンニョンジャン(薬味醤油)を各自お好きなだけかけながら食べます。
ヤンニョンジャンは長ネギのみじん切り、赤唐辛子の小口切り、すりおろしニンニク、濃口醤油、砂糖、塩、ゴマを混ぜ合わせたもの。
そうだ、思い出したんですけど、テレビではさらにヤンニョンジャンだけじゃなくバターを加えるとヤバくおいしいって言ってました。
a0223786_17284688.jpg

おかずにも茹でた豆もやしで豆もやしの和え物。
これもその韓国の番組でやっていたもの。
簡単です。
人参の千切りと茹でた豆もやしをニンニクのすりおろし、塩、ゴマ、ごま油で和えるだけ。
辛いのがお好きでしたら、粉唐辛子も入れて。
となりはマカロニサラダ。
よく韓国の食堂へ行くとサービスのおかずでマカロニサラダが出てくるからそんなイメージで。
a0223786_17324453.jpg

ちょこちょことキムチやらおかずやらを揃えて、
a0223786_17290722.jpg


チゲはコンビジチゲ。
大豆をふやかしてすりつぶして作る、いわばおからのようなものがコンビジ。
これで作ったのがコンビジチゲ。
見た目アレですけど、ハマる味デス。

お腹と財布にやさしい、韓国ごはんでした。
a0223786_15544429.jpg




by mickimchi | 2017-06-12 06:58 | ご飯類 | Comments(2)

伊東のお土産で海鮮居酒屋さん@おうち。作ったのはうちのヘッドシェフ

先週末に伊東にゴルフに行った夫が買ってきたお土産で、海鮮居酒屋さん風の晩御飯。
作ったのも夫。

この日の私は、座ってビールを飲みススム担当のみ。

まずはキムチとチーズの揚げ餃子。
a0223786_11291933.jpg

マグロとアボカドのポキ。
a0223786_11293120.jpg


めぼうのバタポン炒め。
めぼうって、イカのゲソのつけ根についてる口のこと。
口の中のトンビのくちばしみたいのを丁寧に一個一個取り除き、串に刺して干したものが伊東名物なんです。

これをバター焼きすると美味しいのなんのって。
お酒がススみすぎるおつまみです。
a0223786_11304452.jpg


モロッコインゲンとブロッコリーのちりめん山椒炒め。
a0223786_11302858.jpg


金目鯛の干物のピリ辛パスタ。
おいしかったので作り方を聞いておきました。

金目鯛の干物を焼いてほぐしておく。
コチュジャンに砂糖、お酒(多め)、アミの塩辛(なければ塩)、炒りごまを混ぜてタレを作っておく。
玉ねぎとにんにくのスライスをごま油で炒めて、アルデンテに茹でたパスタを投入。
タレも加えて炒め合わせ、最後に金目のほぐし身を加えて出来上がり、だそう。

ごちそうさまでした。
a0223786_11294634.jpg

by mickimchi | 2017-06-09 11:29 | Comments(2)

夏野菜のココナッツカレーと自家製チャパティ。ついでにパクチー&チリソースのパクチリ料理。

ずいぶん前に作って(夫が...)、しかも煮詰まりすぎたカレーが冷凍庫にあったので、ココナッツミルクを加えて夏野菜とシーフードをトッピングしてみました。
スパイシーなカレーがマイルドになって、うん、いいんじゃない?

ニンジンとズッキーニはオリーブオイルでじっくり蒸し炒めして、プチトマトは切り口だけちょこっと焼き、他の野菜は色よく茹でました。
解凍したボイルシーフードミックスも加えてね。

a0223786_06531400.jpg


なんだかあんまり簡単だったので、チャパティも作りました。
って言ってもムチャ簡単。

2人分で、全粉粉と小麦粉を100グラムずつ、塩少々、サラダオイル大さじ1、水が1/2カップくらい。
水の分量は、手作り餃子の皮くらいのやわらかさに調節してください。

これを混ぜ合わせてよくこねます。
なめらかな生地になったら丸めてボウルに入れ、上から濡らして固く絞ったキッチンペーパーをかけて30分ほど寝かせます。
5~6等分にしてそれぞれ手のひらで押して平たくします。
綿棒でできるだけ薄く伸ばして、フライパンで一枚ずつ両面焼きます。
焼き上がりに溶かしバターを塗ってテリを出して出来上がり。

ディルも冷蔵庫にあったので、みじん切りにしてパプリカパウダーやハーブミックスとともに生地に練りこみました。
たくさん作って冷凍するのもいいかも。

a0223786_06533880.jpg


カレーにトッピングして余った野菜とシーフードは ”パクチリディップ” と一緒に。
サワークリームにパクチーの茎の小口切り、タイのチリソース、シラチャーソースと顆粒のオニオンスープの素、ガーリックパウダーを混ぜ合わせて作ったパクチリディップ。
ポテトチップスにつけると食べ過ぎ注意の黄色信号。
a0223786_13130404.jpg

シラチャーソースがあれば、パクチー+チリソースのパクチリ料理、いろいろ楽しめます。

エビに、クリームチーズとシラチャーソース、パクチーの茎の小口切りを混ぜたパクチリクリチーを塗った "エビのパクチリクリチー” 。
セロリに乗っけてね。

前にご紹介した、限りなくレアに近い感じでササミを焼いてシラチャーソースをのっけ、パクチーと一緒に食べる、”パクチリささみ”もよろしいんではないかしら?


a0223786_13175605.jpg


by mickimchi | 2017-06-07 13:40 | ミッキムチ家のエスニック | Comments(0)

セルサルサーレ 恵比寿の小皿イタリアン

セルサルサーレ恵比寿。

恵比寿を歩いていたら、なんだかとっても美味しい雰囲気を醸し出しているお店の前を通って、偶然入り口でお客さんを送りに出てきたスタッフから渡されたお店のチラシを見て、もんのごく興味が湧いて予約して行ってみました。

真鯛のひとくちカッペリーニや、フォアグラのブリュレとエスプレッソ風味の食パンなどのお店のスペシャリテが入って、約10品で5500円のシェフのおまかせコースですって。

ワタクシ、旨いものを食べたいという欲望でいつも頭の中はいっぱいなんですが、思いの外、胃袋と脳みそのキャパシティが狭いようで、わりかしとすぐお腹がパンパンになってしまうんです。
そんなわけで、小皿で色々味わえそうなこちらのお店、これは是非とも行ってみたいと。

そんなわけで、三宿から移転されたのが5月10日というから、まだ一ヶ月もたたないというお店にうかがいました。


まずは、真鯛のひとくちカッペリーニから
a0223786_08053854.jpg

ウニのムース。
濃厚ムースの上に乗っかってる、とんぶりとナッツの食感も面白い。
a0223786_08061214.jpg


長崎 上五島の牡蠣とマスカット、蕪のピューレ。
a0223786_08063520.jpg


ジュンサイと鰹のお刺身の下は焼き茄子のピューレ。
山形のダシをイメージした一品だそう。
ところどころに和のテイストが効いててヨイです。
a0223786_08070406.jpg


鮎の低温ローストを春菊のソースと黒オリーブのパウダーで、有機野菜のサラダと。
ツナみたいにクチャククチャにして葉野菜と食べるんですって。
鮎のほのかな苦味がおいしい。
a0223786_08081583.jpg

こんな風にクチャクチャにして。
a0223786_08074061.jpg

ビーツとイチゴのスープ。
a0223786_08085725.jpg


フォアグラのブリュレとエスプレッソ風味の食パン。
外側がカリッ、中がとろりのキャラメリゼされたフォアグラをほろ苦風味のパンと一緒にかじりつく幸せ。
a0223786_08092737.jpg

メヒカリのフリット。
a0223786_08100812.jpg


ラグーソースのパスタ。
このあたりからワインぐびぐび飲みすぎて、何のラグーだったか失念。
でもおいしかったのは記憶している。
a0223786_08103859.jpg

雑穀のリゾット。
これも何のリゾットだったっけ?
白トリュフがてんこ盛りですね。
a0223786_08110835.jpg

鴨の低温ロースト。
トロトロマッシュポテトが敷かれてます。
a0223786_08114080.jpg

お米のデザート。
a0223786_08114645.jpg


なんだか、一気に人気店になっちゃって予約困難になりそうです。
テーブル席に座ったけど、カウンター席も居心地良さそう。

隣に座った男子3人が喋ってたのを盗み聞きしたところ、さらにリーズナブルなショートコースもあって、足りなければアラカルトで追加するのもいいんだって。


ディナータイムは18:00~23:30(LO 21:30 コースは21:00まで)
ランチは土日祝のみで12:00~15:00 (LO 13:30)だそうです。
a0223786_08132634.jpg
セルサルサーレ Sel Sal Sale
住所:渋谷区恵比寿西1-16-7-1F
Tel:03-6416-5230

by mickimchi | 2017-06-05 11:19 | 外で一杯 | Comments(2)

トマトキムチを作ってみた

トマトのキムチを作ってみた。
キーンと冷やすと暑い日にはいいですね。
これはご飯のお供というよりはお酒のおつまみかな。

a0223786_11592641.jpg


ということで、他にもよく作る浅漬けおもしろキムチをご紹介。
ズッキーニの浅漬けキムチ。
ちょっとサラダ感覚で。


キムチ通販のmickimchi.com のヤンニョン(キムチの素)で浅漬けズッキーニをを和えただけ。

a0223786_11500225.jpg


アボカドもイケますよ。
a0223786_12434321.jpg


青梗菜のキムチも。
a0223786_12005878.jpg

きゅうりのキムちゃんもよろしく。
すいません。
宣伝ですね。
a0223786_18271683.jpg

by mickimchi | 2017-06-03 07:19 | キムチとキムチを使ったレシピ | Comments(2)