<   2017年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2017年GW スペインバスク地方、ワイナリーと バル巡りの旅 その8 スペインワイン最高峰 コンタドールのワイナリー見学

さて、ホテルをチェックアウトして向かったのは、サン・ビセンテ・デ・ラ・ソンシエラ村。
ここに知る人ぞ知る、スペインワインの最高峰と呼ばれる「コンタドール」というワイナリーがあると聞き、日本から予約してワイナリー見学に行ってみました。

コンタドールというのは、ブドウの出来の良い年にしか醸造されない、生産量の少ない非常に希少なワイン。
2004年と2005年にはなんと、パーカーポイント100点を獲得した、スペインワインの最高峰。

これを造り上げたのが醸造家ベンハミンロメオ。
今でこそ世界的に有名な彼の名ですが、最初は両親のうちのガレージでワイン造りを始めたという苦労人だそうです。

天才醸造家と言われるベンハミン。
1999年にコンタドールの初ビンテージを誕生させてからも延々と続いた並々ならぬ彼の努力を想像すると、天才というより努力の人なのですね。


a0223786_09205135.jpg

思いの外地味な建物が「ボデガコンタドール」の中枢部。
周囲のブドウ畑の景観に溶け込むように作られたそうです。
前日の「マルケス・デ・リスカル」とは好対照。
あちらは豪華絢爛、こちらは質実剛健って感じ。
a0223786_09204682.jpg


10の地質で15の方向を向いた22のブドウ畑。
北部にそびえるカンタブリア山脈が風雨を押しとどめる防御壁のような働きをするため、比較的温暖な気候に恵まれて、ブドウ栽培に適した土壌を育んでいるんですって。
ブドウ畑に使用する肥料、農薬は一切化学的なものは使っていないそうです。

a0223786_09212018.jpg


最高品質のブドウのみ収穫し、さらに厳しく選定、収量を制限し。特別な7種のフレンチオーク小樽の中で1年半樽熟成されて作り上げられるコンタドール。
a0223786_09335869.jpg
a0223786_09350053.jpg


そしてベンハミンが、コンタドールとともに、さらに広く万人にコンタドールの味を楽しめるようにと作ったのが「プレディカドール」。
こちらは味はプレミアムですが、1本4万円を超えるコンタドールに比べ価格帯はエコノミー。

ワインのラベルに帽子が描かれているんですが、プレディカドールの名前は、映画「ペイルライダー」の主人公「プレディカドール」が悪と対決してやっつけていく勇ましい姿に自らのワイン造りに対する思いを重ねて名付けたそう。
映画の中でクリントイーストウッドが扮するブレディカドールのかぶっていた帽子をシンボルマークにしたんですって。
なんだかその名前の由来からして、ベンハミンのワインに対する愛情が感じられますね。

a0223786_09355075.jpg


クリントイーストウッド本人もこのワイナリーに立ち寄ったことがあるそうです。
ワインテイスティングするお部屋に飾ってあった帽子のオブジェ。
a0223786_09214651.jpg

そんなお話を聞きながら、お楽しみのワインテイスティング。
a0223786_09352958.jpg

その、ブレディカドールの赤白をいただきました。
芳醇な赤に、甘美な香りの白。
a0223786_09365085.jpg

ワインを味わいながら窓の外を眺めると、鶏のオブジェが。

ベンハミンロメオの白の最高級ワイン、ケボニートカカレアバ。
スペイン語で「素敵な鳴き声」という意味で、ラベルのモチーフに使われている「歌う鳥」という鶏のオブジェなんですって。
a0223786_09215126.jpg


有名画家が描いた「ケボニートカカレアバ」の絵が玄関ロビーに飾られてました。
かの伝説のレストラン「エルブジ」でも振舞われていたとういう白ワイン。

こちらもいつか飲んでみたいです。
a0223786_09215991.jpg



こちらが案内してくださったスタッフのおじさん。
一見無愛想(失礼!)に見えて、とても親切な方。
英語もお上手です。
a0223786_09370850.jpg

a0223786_09221402.jpg
コンタドールの醸造家、ベンハミン・ロメオの若かりし頃のお写真。
横にいらっしゃるのが彼のお母さんですって。

Bodega Contador
住所:Crta. a Baños de Ebro, Km1, 26338 San Vicenta de la Sonsierra,
La Rioja,
Tel:34 941 33 42 28


by mickimchi | 2017-07-25 14:21 | Comments(0)

2017年GW スペインバスク地方、ワイナリーと バル巡りの旅 その7 ホテル マルケス・デ・リスカルのワインバー

さて、喧騒のログローニョの街を後に、ホテル マルケス・デ・リスカルに戻りました。
ワイン畑を望むホテルのお部屋でお昼寝。
ワイン好きにはたまらない贅沢な午後のひととき。

夜はホテルの一つ星「マルケス・デ・リスカル レストラン」のシェフ、フランシスパニエゴが監修しているワインバーに行きました。

ホテルのロビーの横の、壁一面がワインセラーになっているオシャレなワインバーです。
a0223786_07555825.jpg




ここは、マルケス・デ・リスカルのワインが全て揃っているということで、2012年のFinca Torreaを。
a0223786_07543295.jpg


お昼食べ過ぎたから軽くつまもうね、などと言いつつ、揚げたてのポテトフライやミニミニバーガーがおいしすぎ、
a0223786_08421714.jpg

ピタパンにステーキとトロ〜リチーズが挟んであったりして、
a0223786_09060453.jpg

タコとマッシュポテトって相性いいんですね。
a0223786_08423300.jpg

パプリカの煮込みにはトロトロ温泉卵が乗っかってて。
a0223786_09052780.jpg


ピタパンに挟んであるのは牛ステーキにトロ〜リチーズ。
a0223786_09060453.jpg


さらに罪深きイカフライ 。
もう完全に食べ過ぎ。
a0223786_08422588.jpg


明朝の朝ごはんはレストランの方で。
温玉ご飯ならぬ、温玉にカリカリの物体。
もしかしてイベリコのラルドを揚げてあるのかな?
なにしろ絶品。
今回の旅で忘れられない味のひとつ。

a0223786_08420117.jpg

ハモンもチーズも盛りだくさんの朝ご飯でした。
一泊でしたが、楽しくおいしいホテルでした。
a0223786_08410569.jpg




by mickimchi | 2017-07-24 08:40 | Comments(2)

2017年GW スペインバスク地方、ワイナリーと バル巡りの旅 その6 ログローニョのパエジャ屋さんでランチ

さて、ホテルからリオハの州都ログローニョまでは車ですぐなので、ワイナリーツアーの後はこの町にお昼を食べに行きました。

バスク地方はフランスと近いせいもあり、お米というよりはパンが主流で、スペインと言ってもなかなかパエジャにお目にかかることがないんです。
しかし、ご一緒したお友達のアガシは大のパエジャ好き。

こちらのログローニョにおいしいパエジャ屋さんがあると知り、じゃあ旅行中、せっかくだから一食はパエジャ、食べましょうということになり、この日のランチはこの店に行きました。

パエジャ以外にも魅力的なメニューがたくさん。
あれこれ頼んじゃいました。

カリッと焼いたパンに、ニンニクと完熟トマトのソース&アイオリソース。
a0223786_09073780.jpg


トマトとツナのサラダ。
このトマトがめっちゃおいしい。
a0223786_09072281.jpg

小イカのグリル。
身がプリプリ。
a0223786_09073228.jpg

ホワイトアスパラガスのソテー。
a0223786_09072707.jpg


さっ、お待ちかねのパエジャ。
魚貝のスープのパエジャに、エビのパエジャ。
ちょっと頼みすぎたかなぁ?と思ったらあっという間に完食。
a0223786_09071784.jpg
a0223786_11420163.jpg


お店の手前は立ち飲みのバル、奥が座って食事するレストランになってます。
さすが人気店。

お店を出る頃にはお店はお客さんで満杯。
a0223786_09052199.jpg

やっぱり日本人、お米料理はホッとしますね。
リオハでパエジャ食べたくなったらオススメのお店です。

ラ アブエラ エンカルナ
La Abuela Encarna
住所:Callle San Agustin9 | ZONA LAUREL, 26001 Logroño, España
Tel:+34 941 10 07 00
定休日:火曜日
Google Map

a0223786_09062402.jpg

ログローニョといえばピンチョスを出すバルが軒を連ねるラウレル通りが有名。
名物料理を出す、人気バルもたくさんあるとか。

せっかくだし、ちょうどお店のすぐそば。
腹ごなしにちょっとウロウロしてみましょうか。
っと思ったら、ご覧の通りの人、人、人。
ちょうど5月1日のメーデーの祝日だったこともあるのか、大混雑。
こりゃま、ゆっくり座って食べれたパエジャランチ、正解でしたね。
a0223786_09070983.jpg

話は変わりますが、ログローニョでどっかおいしい食べ物屋さんがないか調べてた時、
「Kiro Sushi」っていうお寿司屋さんを発見。
スペインの方が握ってるんですけどね、HP見たら超本格的なの。
とっても興味が湧いて日本からメールしたんですけど、残念、ちょうどこの時期に日本に来日してらしたとのこと。

次回、もしリオハに舞い戻ることができたら是非行ってみたいです。



by mickimchi | 2017-07-22 09:05 | Comments(2)

富山に「鮨人」のお鮨を食べに行く

スイマセン、バスクから話が富山に飛びます。
ちょっとスペイン旅行のレポは休憩。

富山においしいお鮨屋さんがあると聞き、行ってみました。

夜のオープンの午後6時に予約して10分ほど早めにタクシーで到着すると、カウンターはすでに遠方からいらしたと思われる予約客の方々でいっぱい。

そのオープンの6時を目指してお米が炊かれ、大将がカウンター越しに目の前で手際よく赤酢と合わせ、ツヤツヤのシャリがスタンパイするのを見ているうち、パブロフの犬のような気分になります。
多分カウンターに並んだ他のお客さん達も同じでしょう。
思わず喉がゴックン、て感じ。
フムフム、これも演出のうち、ですね。

で、そんな我々の前にまず出てきたのが、越中バイ貝に肝焼き、富山の湧き水と梅干の茶碗蒸し。
a0223786_09152479.jpg


次は、富山湾の紅白の海老。
甘海老と白海老の昆布締めです。

ノドグロのしゃぶしゃぶはおろしポン酢で。

富山の地のものを地元でと思って行ったので、富山湾の海の幸を次々と出していただくと思わず笑顔です。
a0223786_09153097.jpg


富山湾海老(ボタン海老)は、身が甘くてびっくり。
ズワイガニの握りに、ノドグロの焼き物。
トロッと脂がのったノドグロを、ネギ間のようにネギと一緒に醤油焼きしてあります。
言わなくていいと思いますが、絶品。
a0223786_09043393.jpg


生の白海老。
ヒラメとアジの握り。
富山の甘鯛(グジ)の焼き物。
昆布締めしてある甘鯛は旨味が凝縮されてます。
a0223786_09042172.jpg


富山の赤イカ。
アラの握り。
ウニ丼。
魚出汁のかぶせ汁。
この魚出汁のお椀が忘れられない味。
味噌が入っているような濃厚さなのですが、魚の骨と水、海老出汁のエキスから作ってるのだそうです。
a0223786_09044074.jpg


大トロに、新子と見間違う富山のイワシだそう。
a0223786_09044650.jpg



うなぎの手巻き。
a0223786_10531567.jpg

デザートは、最中の中に塩アイスを挟んだ最中アイス。
a0223786_09045298.jpg


個性派大将という噂でしたが、腰の低い真面目な方。
握りとつまみがいい感じに交互に出てくるスタイルや、デザートの最中アイスなど、東京の今のお鮨屋さんの潮流をキャッチしつつ、素材はあくまで富山湾中心。
日本中からお客さんが集まるわけです。

往きは富山到着が5時過ぎの新幹線、帰りは8時40分くらいの新幹線。
ということで初の富山、いえいえ私にとっては初の北陸滞在は3時間ほどでしたが、堪能させていただきました。

新幹線に乗ってお鮨食べに来たお客さんなんかあんまりいないのかと思ったら、我々の右隣は東京から、左隣は京都、その横が東京、その奥は名古屋からだそうで、上には上がいらっしゃるもんですね。

大将はこんなにお忙しい中、東京にも有名店とのコラボとかのイベントでしょっちゅういらしている様子で、これからも進化し続けていきそうな、素敵なお店でした。

鮨人(すしじん)
住所:富山県富山市新根塚町3-5-7
Tel:076-422-0918
定休日:日曜(祝日は営業、ただし月曜が祝日の場合は日曜営業、月曜休業)

ランチ:12:00~14:00
夜:18:00~21:30
予約していってくださいね。
a0223786_09045731.jpg

by mickimchi | 2017-07-21 10:16 | 外で一杯 | Comments(4)

2017年GW スペインバスク地方、ワイナリーと バル巡りの旅 その5 ワイン産地、リオハで「ホテル マルケス・ デ・リスカル」に泊まる sanpo

次の日の朝早く、ホテルをチェックアウトしてビルバオから車で向かったのは、ワイン産地で有名なリオハ。
車で約1時間半、ブドウ畑ばっかりの田舎道を走り、「本当にこんな田舎にホテルなんかあるの?」と皆で不安になる頃、見えてきました「ホテル マルケス・デ・リスカル」。
この日の宿泊地です。

あたりののどかなブドウ畑とは全くイメージが異なる、驚くほど現代的な建物。
ビルバオのグッゲンハイム美術館を造ったフランク・ゲーリーの作品なんですって。
ちょうど見たばかりの記憶だったので、そう言われればなるほどって感じ。

奇抜なんだけど、かといって周りの景色とも調和がとれてる、バランスが取れてる不思議なアンバランスさ(変な日本語)でした。

リオハといえば、スペインワインの最も有名な生産地。
この地で1858年からリスカル公爵によって造られているワインが「マルケス・デ・リスカル」。

スペインワイン好きとしては、このマルケス・デ・リスカルに併設されているホテル・マルケス・デ・リスカルに泊まるというのは夢のようなこと。

ということで、せっかくバスクに行ったからには、リオハにまで足を伸ばして一泊することにしたのです。


a0223786_14264896.jpg

ブドウ畑の中に建つホテル。
客室からも見える景色はブドウ畑というまさにワイナリーホテル。
a0223786_14260314.jpg

こちらがロビー。
a0223786_09323523.jpg

宿泊客はマルケスデリスカルのワイナリーツアーに無料で参加できるということで、こちらも日本から予約しておきました。

人気のワイナリーツアー、英語、スペイン語(イタリア語、フランス語もあります)と選べます。
英語のツアーも参加者は大勢。
こちらの建物は、創業時に建てられたこちらのワイナリーの最古のものだそう。
a0223786_14262540.jpg

フレンチオークの樽が並んでます。
a0223786_14293075.jpg

こちらは地上にある貯蔵庫。
石造りの壁のため、ひんやりとしています。
そしてこの扉の奥にあるのが...
a0223786_14301086.jpg


創業当時から今日に至るまでの毎年のワインが揃っている「カテドラル」。
まさにお宝が眠っている宝庫です。
a0223786_14294450.jpg
a0223786_08391031.jpg

ワインテイステイングもマルケス・デ・リスカルの赤、白といただけて、大満足のワイナリーツアーでした。

Hotel Marqués de Riscal
ホテルHP
Marqués de Riscalワイナリーツアーは12ユーロ。
上記ホテルのHPから予約が必要です。





by mickimchi | 2017-07-20 07:38 | Comments(0)

2017年GW スペインバスク地方、ワイナリーと バル巡りの旅 その4 ビルバオを一望できるレストランで

ビルバオ2日目。
ランチは、楽しみにしていたビルバオの街を一望できる素敵なレストラン。
街の中心から20分くらいの丘の上にあると聞いたんですが、ホントに隠れ家みたいなところで見つけるのに一苦労。

ただ、苦労して辿り着いた甲斐がありました。
本当に素敵なレストランでした!

到着したらまずお客さんは地下のワインセラーに通されます。
ここで、自慢の生ハムをいただきながらチャコリで乾杯。

a0223786_13283243.jpg

お宝ワインがごろごろ眠っているセラーです。
a0223786_13293618.jpg


ソムリエ試験に挑戦中のお友達のアガシによると、目が飛び出るほどの価格のワインもたくさんあるらしい。
a0223786_13294254.jpg

そんなワインに囲まれて、ロモという、イベリコ豚の背中のロースの芯の部分だけを使った貴重な生ハムやアンチョビをつまみながら食前酒を。
a0223786_13300565.jpg

美味しいお食事が待ってるのに、新鮮なサーモンやひとくちサイズのコロッケにどうしても手が出ちゃう。
a0223786_13301576.jpg

さて、2階へ移動してお食事です。
a0223786_13285396.jpg

この日はあいにくのお天気でビニールがおろしてありましたが、晴れた日は窓全開でお食事が楽しめます。
でね、驚いたことにサーブしてくれる方々の中に日本語ベラベラの方がいらしたんです。
ということで、メニューの相談は心置きなく日本語で。
となるとみんなそれぞれ、あれが食べたい、これもちょっとだけ、ワインはまずはあれでその後はこれなどと、とひとしきり欲望の赴くままおいしい相談をしまして、
a0223786_13292781.jpg

さてまず出てきたのが「ピミエントのフリット」。
万願寺唐辛子と獅子唐の間くらいの感じ。
素揚げして塩を振るだけのシンプルなお料理なんですが、ほろ苦い味が病みつきになります。
このピミエントのフリットは旅行期間中、他のお店でも出てきました。
これもバスクの味なのかな?
a0223786_13303872.jpg

シーフードがおいしいという噂だったので、シーフードを多めに頼みました。
新鮮なホタテにキュッとレモンをかけて。

a0223786_13323083.jpg

カリッと揚がったシーフードのフリット。
a0223786_13323621.jpg

メインに選んだ鮟鱇。
これが絶品。
シンプルにオリーブオイルでソテーしてあるんですが、身がプリッとした鮟鱇と鮟鱇のエキスが染み込んだポテトがとても美味しかった。
鮟鱇料理はアンコウ鍋が一番と思ってたけど、いやいやこっちかも。
a0223786_13324048.jpg

デザートまでいただき、もうお腹いっぱい。
レストランを出る頃は夕暮れになっちゃいました。
というわけでこの日は夜はホテルのバルで、ワインとちょこっとピンチョスつまむ程度に。
a0223786_13324424.jpg
a0223786_13325176.jpg


お店の外観を撮り忘れたのでレストランのHPより拝借しました。
a0223786_12423849.jpg
Kate Zahara
住所:Zabalbide, 221 Bilbao
Tel:94 447 13 47



by mickimchi | 2017-07-19 07:16 | Comments(0)

2017年GW スペインバスク地方、ワイナリーと バル巡りの旅 その3「生ハムとカヴァをお好きなだけ」の朝ごはん

さて、一夜明けて楽しみだった朝食。
宿泊先をグランホテルドミネビルバオに決めた理由のひとつが、ホテルの最上階のテラスの朝食。
ビュッフェに並ぶのはイベリコ豚の生ハムやチョリソ、スペインオムレツ各種や、パンケーキ、パン、サラダに新鮮なフルーツ。
頼めば普通のスタイルのオムレツも焼いてくれます。
飲み物は、コーヒーや紅茶以外にも、フレッシュジュースやカヴァもお好きなだけどうぞ、というちょっと夢のような朝ごはん。

a0223786_17190548.jpg
a0223786_17181750.jpg
a0223786_17182279.jpg
a0223786_17180560.jpg
おまけに窓の外はグッゲンハイム美術館からビルバオの街の中心部を見渡せる素晴らしい景色。
a0223786_13250192.jpg


ホテルの外観はこんな感じ。
a0223786_13272164.jpg


ランチはビルバオ郊外のレストランに予約してあったので、その前に世界遺産のビスカヤ橋を渡ってゲチョというお金持ちの別荘が広がる地域をドライブしようと出かけました。
世界最古の運搬橋、ビスカヤ橋。
街を流れるネルビアン川の下流のビスカヤ湾のそばにあります。

高いところがお好きな方はこの橋桁の上、地上約50メートルの上を歩いて渡ることもできるそうですけど....
a0223786_17331337.jpg

私は遠慮させていただいて、車ごとゴンドラで対岸に渡りました。
a0223786_17290154.jpg

橋桁に吊るされたゴンドラに乗って川を渡るのって初体験、面白かった。
a0223786_17301681.jpg

by mickimchi | 2017-07-18 11:05 | Comments(2)

2017年GW スペインバスク地方、ワイナリーと バル巡りの旅 その2 ビルバオの夜、バル巡り

記念すべきビルバオの、そしてバスクでの第一夜。
この旅行中ビルバオ滞在は土曜と日曜の2日間だったのですが、ビルバオの街のバルは運悪く日曜定休が多いんです。
そのことに気がついたのはすでに飛行機のチケットを購入し旅の日程を決めた後でしたので、う〜ん残念。
しっかし、しかし負けてたまるか、きっと空いているバルだって探せばあるだろう、と。

まずは土曜日に、日曜定休のどうしても行きたかったバルを集中して廻ることにし、日曜日も空いているバルを日本にいる間に片っ端から調べて、美味しそうなところをピックアップしていこうという計画にしました。

これがわりかし功を奏したのか、ビルバオで廻ったバル、どれも正解でした。

まず行ったのが「ラ・ビーニャ・デル・エルサンチェ(La Viña del Ensanche)」(google情報
多分ビルバオで一番有名なバルかも。

店内の様子。
入店するなら19:00前が狙い目ということでしたが、さすが有名店、その時間でもとっても賑わってます。
a0223786_13100364.jpg

このお店はiPadの日本語メニューもあるから安心して頼めます。
何はともあれ、とっても美味しいと評判の生ハムを注文。
スペイン産生ハムの中でも最高というホセリートの生ハム。
バゲットにハモンを乗っけて、ハモンと一緒にお皿に乗っけてくれる、ちっさい容器に入ったオリーブオイルとソースをちょこっとかけて食べます。
塩分が低くトロリとした生ハム、豚肉の旨味が感じられる絶品でした。
a0223786_13550673.jpg



チョリソも頼んで、
a0223786_14405424.jpg

これもここの名物、
「フォアグラとキノコのソテー、ポテトと卵のソース」。
禁断の味は、うっとりするほど。
a0223786_14424459.jpg


「炙りマグロとライスサラダのピンチョス」。
マグロのタタキの下はお寿司みたいにご飯のビネガー和えが敷いてある!
これは絶対お寿司からインスピレーションを受けたんでしょうね。
レモン風味のアイオリソースが添えてあって、爽やかです。
a0223786_14424808.jpg


「ラ・ビーニャ・デル・エルサンチェ (La Viña del Ensanche)」
住所:Diputazio Kalea, 10, 48008 Bilbo, Bizkaia
Tel:34 944 15 56 15
お店HP
今、お店のHP見てたら、ひとりにつき30ユーロでTastingコースのメニューがありました。
お店自慢のピンチョスをダダッと食べたい方、これもいいかもです。
a0223786_13545517.jpg


すぐ道を挟んで向かいの「エル・グロボ (Bar El Globo)」(google情報) にも寄りました。
a0223786_14440811.jpg

こちらも有名店。
ずらっとカウンターに並ぶピンチョスはどれもおいしそう。
シーフードの上にペシャメルソースがこんもり盛られたピンチョスは、頼むと温めてくれるので熱々で楽しめます。
a0223786_14432665.jpg
a0223786_14432989.jpg


こちらのピンチョスはペシャメルソースの下にイカスミソースが。
a0223786_14433290.jpg

三角形のサモサみたいのも、スパイシーでちょっとエスニックテイストでおいしかったです。
カウンターのピンチョスを指差しオーダーだから簡単でよかった。
a0223786_15203197.jpg

天井が高い店内。
時間とともに混んできて、ピンチョスとワイングラスを置くカウンターのスペースを取るのも大変でした。
a0223786_14440171.jpg
「エル・グロボ (Bar El Globo)」
住所:Diputazio Kalea, 8, 48008 Bilbo, Bizkaia
Tel : +34 944 15 42 21

by mickimchi | 2017-07-17 06:54 | Comments(0)

2017年GW スペインバスク地方、ワイナリーと バル巡りの旅 その1 ビルバオ到着

2017年のGWは、スペインのバスク地方に行きました。
パリから飛行機でスペインバスク地方の中心、ビルバオに到着後そのままビルバオに二泊し、その後山バスクのワイン産地、リオハでワイナリー巡りをした後、サン・セバスチャンで思う存分バル巡りを楽しみました。

去年も行ったサン・セバスチャン。
町の旧市街の碁盤の目のように並んだ路地に、ひしめくように並んだバル。
そこでワインやチャコリをひっかけながら、それぞれのお店の名物ピンチョスを食べ歩く。
もう楽しくて楽しくて、美味しいお店を網羅しようと、今年も行ってしまったわけです。

バスク地方は年間の雨量が多く、緑が濃く山と海に囲まれたところ。
赤土の平坦な土地が続く、カラッと天気がいいスペインのイメージとはちょっと違います。

ということでお天気も心配だったのですが、最初の目的地、ビルバオに到着した日は快晴。
ビルバオは、19世紀から20世紀にかけては工業都市として栄えたものの近代に入ると不況に見舞われ、20世紀末には町の活気が失われてしまったそう。

それが、建築家フランク・ゲーリーによるグッゲンハイム美術館が完成し、地下鉄の整備、空港や橋、サッカースタジアムの建設が進み、住民たちの努力もあって、観光都市、アートの街として蘇ったということです。

宿泊したのは街の中心、グッゲンハイム美術館の向かいに位置するグラン ホテル ドミネ ビルバオ。
チェックイン後、まずはシャンパンで乾杯しようと立ち寄ったホテルの最上階のカフェのテラスから見た景色。
グッゲンハイム美術館が目の前に。

a0223786_14273065.jpg


シャワーを浴びてリフレッシュして早速町にくりだしました。
グッゲンハイム美術館の外に展示されているジェフ・クーンズの作品、「PUPPY」。
どの方向から見ても可愛らしい巨大フラワードッグ。
年に2回衣替えするんですって。
a0223786_14264622.jpg

美術館を一巡りして。
a0223786_15114999.jpg


さてその後は、旅の目的、ピンチョスを食べ尽くす!ということでランチからタパスを楽しめるバル、「El Viejo Zortzi(エル・ビエホ・ゾルチ)」(google情報)に向かいました。
歩いて約15分くらいかな?
google mapによると、美術館からの近道は公園の中を突っ切るということで、ドニャ・カシルダ・トゥリサル公園を歩きました。
木々に囲まれたとても綺麗な公園で、皆、犬を放し飼いで散歩させてるんです。
公園の近くにはオープンテラスのカフェがあって、人々は昼下がりからワイン片手にジャズバンドの生演奏を楽しんです。
なんだかアートと自然と人々が一体化したようなホントに素敵な街。
住人の人々が羨ましい。


さて、優秀なgoogle mapのおかげで迷わずお店に到着。
a0223786_17054719.jpeg


お店は入り口にカウンター席、奥にテーブル席があります。
ホテルのフロントで予約を入れてもらったので、奥のテーブル席に座らせてもらいました。
と、こちらのテーブル席はレストランで、ピンチョスを頼むにはカウンター席じゃないといけないんだそう。
あらまあ、じゃぁ移動しましょうと思ってたら、特別にテーブル席でピンチョス頼んでいいことになっちゃった。
最初のお店から親切にしていただくと、なんだか嬉しくなっちゃいます。

ということで、腰を据えて名物ピンチョスを色々頼みました。

「トルティージャパタタ」。
揚げたお芋のマッシュに、卵のソースがかかったものをグラタンにしてあるからトロトロでクリーミー。
a0223786_14504350.jpg

ちょうど旬だったフレッシュホワイトアスパラガスのバターソテー。
スライスアーモンドのの香りがほんのり。
a0223786_14545386.jpg


バカラオのサラダ
アボカド、赤ピーマンの上にバカラオ(タラ)のスライスが乗せられたカルパッチョのような一皿。
a0223786_14583054.jpg


やわらかタコの下はりんごのソテー。
この不思議な取り合わせがびっくりの美味しさ。
タコとりんご、合うんですね。
a0223786_14585114.jpg


新鮮プリプリのエビをアイオリソースで。
a0223786_14581625.jpg

お店の壁にはワインがずらり。
a0223786_17092108.jpg

ランチからピンチョス三昧。
とっても満足して、帰りはトラムでホテルに戻りました。
トラムは芝生の上を滑るように走る、ビルバオの市内を回るにはとても便利な乗り物で、近代的なきれいな車両でした。

地下鉄に乗るには近すぎるけど、歩くのはちょっと疲れたなぁ、なんて時はトラムに乗って景色を見ながら「あっ、そろそろ目的地。次で降りよう。」なんて雰囲気で利用できるので観光客でも気楽で楽しいですよ。
a0223786_15123093.jpg
「El Viejo Zortzi(エル・ビエホ・ゾルチ)」
住所:Poza Lizentziatuaren Kalea, 54, 48013 Bilbo, Bizkaia
Tel:+34 944 41 92 49

こんな感じでしばらく、バスク旅行のレポになります。
唐辛子メニューと韓国のお話を楽しんでくださってる方々も、しばらくお付き合いくださいませ。
(たまに脱線、いつもの内容のブログに戻るかと思います...)


by mickimchi | 2017-07-15 08:11 | Comments(0)

hugoのお料理にインスパイアされて

先日行ったhugoのお料理にインスパイアされて、作ってみました。
「トレビス、ビーツ、水牛のモッツアレラチーズ、アメリカンチェリー、くるみのサラダ」。
オリーブオイル、はちみつ、塩こしょう、ライム汁のドレッシングで。
a0223786_10201191.jpg
夫が「あれ?これどっかで食べたよね。」ってつい三日前の記憶も定かでないのか?
でも「味はわりと近い」だって。
アメリカンチェリーって、縦にナイフを入れると簡単に半分に切れて、種も手でクルッと取れるんですね。
甘酸っぱい味がサラダにもよく合うから、今後は活用してみたいです。



「牛スジとチョリソ、ガルバンゾ豆のイカスミ煮」。
a0223786_10202675.jpg

ソフリット(玉ねぎ、セロリ、にんじんのみじん切りをオリーブオイルでじっくり炒めたもの)とトマトピューレ、イカスミペーストを合わせたソースに牛スジを煮たスープを加えて煮詰め、塩胡椒したソースで。


茹でたビーツがあまったので、
「ビーツの冷製スープ」も作りました。
ざく切り玉ねぎを野菜ブイヨンスープで15分ほど煮て、途中ビーツと牛乳を加え、塩で味付けして火を止めます。
スープが冷めたらハンドミキサーでガーッとやって出来上がり。
ホイップした生クリームとアメリカンチェリーを乗せました。
a0223786_10192052.jpg
すいません、シェフ。
少々パクってしまいました。
味は追いつくことは到底できませんが、なんだか楽しいクッキングタイムでした。



by mickimchi | 2017-07-14 10:38 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(4)