<   2017年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

暑い日に、熱くて辛い「カムジャタン」とレンチンナムル3種

今日は暑さも和らぎましたが、暑い日に熱くて辛いもの、食べたくなりませんか。
豚軟骨をスーパーで見つけたので、猛暑だった先日、豚肉とじゃがいもの韓国風の辛い煮込み鍋、カムジャタンを作りました。
a0223786_15102383.jpg


たっぷりの水とお酒、ネギの青い部分と生姜、大根と一緒に豚軟骨をトロトロになるまで茹でておきます。
豚軟骨じゃなくってスペアリブでももちろんOK。

だいたい二人分だと、この茹で汁に水を加えたスープ800CCに対し、
カムジャタンのタレの分量は
 コチュジャン 大さじ2

 味噌 大さじ2
 酒 大さじ2
 韓国産唐辛子 大さじ1
 砂糖 大さじ1
 にんにく(すりおろし) 小さじ2
 しょうが(すりおろし) 小さじ1
くらい。

最初からスープにタレを全部入れずに、少しずつ味を見ながら加えるのがコツ。
このタレを加えたスープで、皮をむいたじゃがいも、くし切りにした玉ねぎ、茹でた豚肉を煮ていきます。
じゃがいもが竹串がすっとささるくらいまで柔らかくなったらじゃがいもを取り出してスープを煮詰めます。
仕上げに薄口しょうゆで味をととのえていったん火を止めます。

ぬるま湯につけてもどした韓国春雨とエゴマの葉、えのき茸を乗せたら卓上コンロにお鍋を乗せて、食卓で煮ながら食べますよ。

ご飯多めに炊いてくださいね。

豚軟骨を長時間台所で茹でていたら、なんだか熱中症みたいになっちゃって、おつまみは簡単に「えのきのレンジナムル」。

えのきを20秒ほどレンジでチンしてザルにあけて冷まします。
麺つゆと酒、みりんを合わせてレンジでチンし、裏ごしした梅肉を加えて混ぜ合わせた梅だれで和えて出来上り。

a0223786_17000358.jpg


そういえば、レンジでチンするナムル、以前にも書いていたのを思い出してまとめてみました。
いずれ色どりよくできあがるのでオススメです。
a0223786_17004458.jpg

そんでもって、その日の熱中症気味の症状はどうなったかと申しますと、カムジャタンを食べたら治りました。
「熱をもって熱を制す。」アハハ、なんか韓国の人々の言うフレーズみたいになってきましたね。



by mickimchi | 2017-08-31 10:49 | 豚肉がメイン(韓流) | Comments(2)

都立大のD’ORO

ご近所のイタリアンのお店が評判なので行ってみました。
都立大学の「D'ORO」。

まず出てきたのが、自家製のフォカッチャとタラーリ。
ローズマリーの香りがほんのりする固焼きパン、タラーリが美味しい。
a0223786_11580206.jpg


ウニのコンソメジュレの前菜
a0223786_11582926.jpg



黒いのはイカスミのライスコロッケ。
フリットとともにビーツソースで。
a0223786_11584465.jpg



北海道産鮭と大葉のカダイブ包み カニ味噌の香り。
a0223786_11590758.jpg


ここでおもむろに、お店の人が席のそばでトルキオというパスタ絞り機でビゴリというパスタを、絞り出し始めびっくり。
なんだか韓国の冷麺製造機を思い出します。
a0223786_11594833.jpg


表面がざらついてソースに絡みやすいらしい。
a0223786_11593990.jpg

さて、そのビゴリは、
「ホッキ貝、白貝、磯ツブ、地ハマグリ、アサリ、ムール貝、生のり風味」で。
独特のコシと弾力のビゴリが、貝のエキスたっぷりのソースに絡んでムッチャ美味しい。
これは是非オススメ。
a0223786_11592575.jpg


やまゆり牛のロースト
a0223786_14563193.jpg

お腹いっぱいと言いつつドルチェまでいただきました。
a0223786_12001266.jpg
a0223786_12004063.jpg

D'ORO
住所:目黒区中根2:13-20 レオナ都立大1F
Tel:03-3718:7860
定休日:水曜日
お店HP

先日行ったhugoのお隣です。
都立大学駅からすぐ。

by mickimchi | 2017-08-30 11:57 | 外で一杯 | Comments(2)

2017年GW スペインバスク地方、バル巡りの旅 最終回 旅の終わりはLe Kaikuで

この記事の続きです。

サン・ジャン・ド・リュズの町歩きの後はお楽しみのお昼ご飯。

この街には気軽にランチを楽しめるカフェレストランが何軒もあり、天気のいいこの日もお店のテラスで太陽を浴びながらワイン片手にシーフードの大皿を楽しんでるフランス人がたくさん。


a0223786_17315862.jpg


とはいえ、旅の最後のランチ。
お友達の娘さんが最後のランチは素敵なお店で、しかも彼女のおごりで、と言ってくれてここ、Le Kaiku(ル・カイクに行くとこにしました。

ミシュラン一つ星の人気店と聞いていたので、町歩きの途中に、まだオープン前のお店に行ってランチの席を取っておいてもらったのですが、これが大正解。
お店オープンともに予約のお客さんでお店はいっぱいに。

36ユーロのランチコースを頼みました。

アミューズでは、クレソンのピュレの上にフワフワのレモンクリームのムースが美味しかった。
今回の旅で、その美味しさに感激したフレッシュ白アスパラガスともこれで当分お別れです。

a0223786_12504882.jpg

いちいち可愛い盛り付けです。
本当にスペインとは目と鼻の先の国境の町なのに、全てがフレンチしてます。
味もお店の雰囲気も。

とはいえ気取った感じはなく、お店のスタッフはフレンドリーでお料理の説明も英語でしてくださいます。

シーフードが特に美味しいのは、やっぱり港がすぐそこのこの町ならではですね。
a0223786_12505553.jpg


メインは私はメルルーサ。夫は鴨。
鴨の下に敷いてあるソースはカブのピュレだったかな?
ふわっと軽い感触でした。
お魚はエンドウ豆のソースで。
上にかかった雑穀のフレークがプチプチして美味しい。
a0223786_12510055.jpg


デザートもしっかりいただきました。
このランチコースは日曜、祭日はやっていないようですが、この量でこのクオリティ、お値打ちなのではと思います。

a0223786_12514013.jpg
a0223786_12523619.jpg

住所:17 Rue de la République, 64500 Saint-Jean-de-Luz
Tel:+33 5 59 26 13 20

お店の前の路地をちょっと行くと、
a0223786_13581467.jpg


きれいな海。
あ〜、写真の青い空と海を見てるとまた行きたくなっちゃう。
とっても楽しい旅でした。

さて、長らくバスクの旅レポにお付き合いくださりありがとうございました。
また、いつもの酒とキムチと唐辛子色の料理ブログに戻ります。
a0223786_13564240.jpg


by mickimchi | 2017-08-28 12:50 | Comments(0)

ハルラサンポックンパ、作ってみた。

韓国で流行っているらしい、ハルラサンポックンパを作ってみた、いえいえ、正式には作ってもらってみた。(夫に...)

漢拏山(ハルラ山)は済州島の中心にそびえる、韓国で一番高い山。
島のどこからでも眺められて、済州島自体、そもそもハルラサンの噴火によってできた島なんですって。

その済州島のハルラサンに見立ててキムチチャーハンを山型に成形し、フライパンにのせて弱火にかけます。
てっぺんを火口のように凹まして、山の斜面に溝を作って、溶き卵にチーズを混ぜた卵液をかけ、卵液がトロッとするまで焼いたら出来上がり。

a0223786_11010621.jpg


動画もどうぞ。
(なんか動画に変な音が入ってるんですけど、その正体がわからないです。もしかしてハルラサンからのスピリチュアルパワーか?)




本場の済州島の店では専用の平鍋を使って、お店のおじちゃんが独得の口上を述べながら作ってくれるみたいですけど、おうちではテフロン加工のフライパンで簡単にできます。

ホームパーティでホットプレートで作ったら結構受けるかもです。

by mickimchi | 2017-08-26 17:32 | ご飯類 | Comments(2)

2017年GW スペインバスク地方、バル巡りの旅その20 旅の最後は国境の町、フランスのサン・ジャン・ド・リュズへ

この記事の続きです。
あっという間の楽しかったスペインバスク旅行。
帰りの飛行機は、夜のフライトでフランスのビアリッツからパリ経由で羽田。
せっかくなので、レンタカーでサンセバスチャンからビアリッツ空港へ向かう途中で、国境の町、サン・ジャン・ド・リュズでランチをしようということになりました。
昨年も訪れて、この小さなかわいい港町、とっても気に入ってしまったのです。
a0223786_17305227.jpg


お昼前に到着したので、まずは大好きな市場を覗いてみました。
この「Les Halles」というマルシェ、火曜と金曜は外にもたくさん出店が出て、野菜や果物がずらりと並び、大賑わい。
ちょうど昨年は火曜日ですごい人でした。
a0223786_17394356.jpg

今年は土曜日でそんなに混んではいなかったけど、この建物の中の常設市場、おいしそうな食材で溢れてます。

生ハムやチョリソに、フォアグラ、各種のチーズ、フランスのお惣菜がずらり。
フレンチのお惣菜に混じってパエジャが並んでるのは、スペインとの国境近くならではですね。

焼き菓子もズラリ。
焼きたての焼き菓子を試食させてくれて、もうびっくりのおいしさ。
お客さんが並んでたし、美味しくて有名なお店なのかも。
あれ、買って帰ればよかったなぁ、と激しく後悔してます。
a0223786_17400744.jpg



バスク産の唐辛子入りマヨネーズとフォアグラをお土産に。
a0223786_11263394.jpg
Les Halles
住所:Boulevard Victor Hugo, 64500 Saint-Jean-de-Luz
google情報


街のメインストリート、ガンベッタ通りで、エスパドリーユやバスクリネンのお店、かわいいブティックなんかをウロチョロ。
フランス人は罪深いほどお洒落ですね。
買う気もなく入ったお店でも思わず欲しくなるものばかり。

さて、Maison Adam(メゾン・アダム)に到着。
a0223786_17320611.jpg


このつぶれたどら焼きみたいの(失礼!)が、ルイ14世の婚礼の時に献上されたっていう由緒正しきアダムのマカロン!
a0223786_17513827.jpg
フワッと柔らかくって、アーモンドの香りがほんのりする素朴な味がとっても美味しい。
あまり日持ちがしないのですが、サン・ジャン・ド・リュズに来たら食べずしては帰れません。


お店の中にはバスクの郷土菓子「ガトーバスク」もズラリ。
a0223786_17520475.jpg
Maison Adam(メゾン・アダム)
住所:4 Place Louis XIV, 64500 Saint-Jean-de-Luz
お店 HP
google情報



こちらはMaison Adamのちょっと先にあった「Pierre Oteiza(ピエール・オテイザ)」というバスク豚の生ハム屋さん。
試食させてもらったらすごく美味しい。
スペインのイベリコ豚とはまたちょっと違う貴重な品種のようです。
a0223786_17524829.jpg


さて、そろそろランチにいたしますか、ということでお目当てのお店へ。




by mickimchi | 2017-08-25 12:31 | Comments(2)

バーベキューポッサム定食

バーベキューポッサムを作ったので、バーベキューポッサム定食にしました。

豚ブロック肉(豚バラ肉がおススメ。豚肩ロースでもできます。)を、水分をキッチンペーパーでふきとって豚肉の重量の2パーセントの塩をまぶして脱水シートかラップにくるんで2日ほど置いて作った塩豚。
これを、香味野菜とともにたっぷりの湯とお酒に入れて弱火でコトコト30〜40分煮た後、燻製にして作ったバーベキューポッサム。
(燻製器がなければこの工程はパスしてね。)
a0223786_14265615.jpg


これを厚めにスライスして卓上でジュージュー焼いて、
(この時、出てくる脂をキッチンペーパーなどで吸い取っておくと、お肉のはじっこがカリカリになります。)
a0223786_14342928.jpg

なんか無駄に動画も撮ったので、どうぞ。





サンチュやエゴマにキムチと一緒に乗っけて、サムジャンやニンニクソースをつけてパクリ。
本場のバーベキューポッサムはコチュジャンベースの甘辛ソースに漬け込むのが多いようですが、ちょっとさっぱり食べたかったんです。

ニンニクソースは思い立って、玉ねぎ、ニンニク、生姜のみじん切りにごま油、塩コショウを混ぜ合わせて作ったんですが、これがわりかし美味しかった。
a0223786_14395115.jpg


ご飯はカクテギの炊き込み御飯。
a0223786_14305942.jpg

テンジャンチゲの具は、自家製の豆苗と枝豆とお豆腐。
a0223786_14295471.jpg

エアコン効いたお家の中で、バーベキュー気分でいかがですか。
キンキンに冷やしたビールと是非!


by mickimchi | 2017-08-23 15:11 | 豚肉がメイン(韓流) | Comments(4)

2017年GW スペインバスク地方、バル巡りの旅その19 サン・セバスチャン最終日の夜のバル巡り

この記事の続きです。
サンセバスチャン最終日の夜。
夕方から雨が降り出し、海からの風もすごくなってきましたが、アメニモマケズ、カゼニモマケズ、さあ、バル街に繰り出しますよ。

最初に入ったのは、前々日にも行ったEgosari(エゴサリ)。
ここの串焼きがとっても美味しかったのに、その日はお昼がビッグランチすぎて1本しか食べれなかったので、再訪しました。
a0223786_10135030.jpg


カウンターに並ぶ、串焼き以外のピンチョスも美味しそう。
a0223786_14100194.jpg


この日頼んだ串焼き。
手前のが、鮟鱇とキノコのプロチェッタ(串焼き)。
どの串も、エビやイカなどの魚介と、ベーコンやハム、キノコを上手に組み合わせてあって美味しいです。
オリーブオイルベースのシンプルなソースの塩加減も絶妙で、チャコリがガバガバ進みます。
a0223786_14095450.jpg

お隣さんの頼んだイカの詰め物が美味しそうだったので、真似っこして注文。
他にも鴨のローストやら、なんやかんや頼みました。

サンセバスチャンではバルに入れば長居は無用、2、3品頼んで一杯ひっかけたら次のお店、が掟なのですが、どうしてもあともう一皿、あともう一杯ってなっちゃうんですよね。
a0223786_14084823.jpg


さて、雨は一向に止む気配はなし。
次はどこのバルで雨宿りするかな、とウロウロしていると、初日に会ったサンセバスチャンでワインの勉強をしているという若者にまた遭遇。

これはいい機会とばかり、彼お勧めのバルへ直行。
下調べでは全くノーマークだったお店。
シードルを出すバルだそう。
シードルってリンゴのお酒でしょ?
甘いだけじゃないの?って思ってたら、これが美味しい。

樽から勢いよく出てくるシードルをお店のおじちゃんが上手にグラスに入れてくれます。
a0223786_13543898.jpg


で、シードルを飲みながら食べた、タラのトルティージャ(スペインオムレツ)。
トロトロ半熟のオムレツに、これまたトロトロのタラのほぐし身。
これ、美味しい!ってことで、旅から帰ってからは夫の作るトルティージャには必ずタラが入ってます。
a0223786_13544463.jpg


写真がボケちゃいましたが、煮込みチョリソの一皿。
チョリソってそのままか焼くかしか食べたことなかったけど、煮込んだ食感がモチモチと不思議に後を引きます。
a0223786_13561031.jpg


大人の隠れ家みたいな雰囲気の素敵なバルでした。
Sidreria Beharri
住所:Narrika Kalea, 22, 20003 San Sebastián
Tel:+34 943 43 16 31
google情報
お店HP
サンセバスチャンの住人の彼曰く、地下はシードルと一緒にシードルに合うピンチョスのコースや牛肉のステーキを出すレストランに成ってるんですって。
HPを見たら、おいしそうな炭火焼のTボーンステーキの写真。
次回は是非行ってみたいです。
a0223786_13555273.jpg


最後に行ったのは、チーズケーキで有名な「La Cepa(ラ セパ)」。
超有名店だけに店内はこの混雑ぶり。
a0223786_14023567.jpg


シメのチーズケーキ食べに寄ったつもりが、おいしそうな生ハムを見たら食べたくなり、
a0223786_14015022.jpg


あらやだ、バスク風あさりご飯も頼んじゃって。
このバルは、チーズケーキ以外にも美味しいピンチョスが揃ってます。
a0223786_14020289.jpg

これがウワサのチーズケーキ!
しっとりしていてフンワフワ。
a0223786_14031906.jpg


もんのすごく美味しい!
焼きたての熱々が並んでます。
お土産にもできるみたい。
a0223786_14042313.jpg
a0223786_14053996.jpg



焼きたてのチーズケーキが並んでる棚の奥は厨房になっていて、ちょっと開いたドアから覗くとお茶目な料理人たち。
カメラを向けるとこんな感じにポーズを取ってくれました。
a0223786_14040617.jpg


美味しいだけじゃなくって楽しいお店。
座れる席を見つけて、見知らぬお隣さんとおしゃべり。
アメリカから来た(多分ゲイの)お二人。
酔っ払っていい気分だからなぜかなんの話か忘れましたが、意気投合。

そして勢いに乗ってまた注文しちゃいました。
これも忘れられないほど美味しかった、「アルボンディガス(肉団子)」。
はい、シメにちょっとチーズケーキ、と思って入ってガッツリとシメご飯まで食べれて、サンセバスチャンのバル巡りのシメにふさわしいお店でした。
a0223786_10135897.jpg
a0223786_06443806.jpg
La Cepa
(ラ・セパ)
住所:31 de Agosto Kalea, 7, 20003 San Sebastián
Tel:+34 943 42 63 94

by mickimchi | 2017-08-22 13:17 | Comments(0)

流行りもんに弱いモンで、アボカドローズと桃モッツアレラ

SNSで流行っているとかの「アボカドローズ」、作ってみました。

YouTubeによると、フムフム、簡単そう!
ということでしたが、ブキッチョの私にはチョイ難しく...

でもなんとかかんとか形になったのがこれ。
やっぱ、あと何回かやってみないとダメですね。
もう少し薄目にスライスすればよかったです。
a0223786_06525203.jpg


そんなわけで年甲斐もなく流行りもんに弱いモンで、お次は「桃モッツアレラ」。

桃に、手で裂いたモッツアレラチーズを加えて塩こしょうし、レモンの皮を乗せてオリーブオイルをかけて仕上げに白ワインビネガーをふりかけるだけ、だそう。

これが美味しいの!
フルーツをサラダ感覚で食べるのっていいですね。
でもえっ?桃モッツアレラって去年の流行りなの?
全然知りませんでした。

秋になったら、柿と合わせて柿モッツレラもやってみよっと。
a0223786_06503983.jpg


桃の冷製パスタなんていうのもいいですね。

そうそう、ブログに載っけるのを忘れてましたが、アメリカンチェリーの出回る頃作った、チェリートマトとアメリカンチェリーの「冷製チェリーパスタ」、これもイケましたよ。
a0223786_06545426.jpg

by mickimchi | 2017-08-20 17:27 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(2)

とうもろこしご飯でカレー

美味しそうなとうもろこしをスーパーで見つけて買って帰りました。
最初はぜんぜん違う料理を考えてたんですけど、ふと「とうもろこしご飯でカレーにしたらどうかな?」と思い、やってみました。

a0223786_10583359.jpg

生で食べれそうなフレッシュなとうもろこし。
粒を外したら、芯の部分をお酒少々を加えた湯で茹でて、その茹で汁でご飯を炊き、炊き上がり直前に粒の部分をご飯にのせて蒸らします。
蒸らし上がったらバターをポトリで出来上がり。
a0223786_16464194.jpg

カレーは、牛ひき肉と玉ねぎ、人参、セロリ、ピーマンのみじん切りを炒めて、
ビーフブイヨン、ココナッツミルクとカレーフレークを加えて作りました。
ギリシャヨーグルトも加えてマイルドに。
a0223786_16464620.jpg

とうもろこしご飯のカレー、口の中でとうもろこしの粒がプチプチッと弾けておもいのほか美味しかった。
夏の定番カレーになりそうです。
a0223786_16552269.jpg

by mickimchi | 2017-08-19 16:53 | ミッキムチ家のエスニック | Comments(2)

2017年GW スペインバスク地方、バル巡りの旅その18 老舗バル「ベルガラ」でピンチョスランチ

この記事の続きです。
サン・セバスチャンの最終日のランチ。
旧市街のバル街からは、川を隔ててちょっと離れたグロス地区にある「Bergara(ベルガラ)」。
ここに行かずしてサン・セバスチャンのバル巡りは終われません。
サン・セバスチャンの創作ピンチョスの発祥のお店とも言われる老舗中の老舗なんですって。

お髭の彼がモンティさん、その隣がいとこのエステバンさん。
現在はこのおふたりでお店を切り盛りされてます。

カウンターに並ぶピンチョスは、もうどれもこれも食べたくなるほど美味しそう。
これ以外に温かいピンチョスも10品以上が揃ってます。

夕方以降の混む時間を避けて、お昼時にここのテーブル席を陣取って、最終日のランチは心いくまでこのお店のピンチョスを堪能しようっていう作戦です。
a0223786_18055743.jpg

小イカのピンチョス
上に乗ってるのは飴色玉ねぎ。
a0223786_18070267.jpg

スペインオムレツ。
a0223786_12174469.jpg


ミニバーガー。
2本の指でつまめるほどちっさいけどしっかり美味しい。
a0223786_12163467.jpg


牛ほほ肉の煮込み。
a0223786_18073591.jpg

フォアグラリゾット。
a0223786_12111561.jpg

ホタテのグラタン。
a0223786_12121519.jpg

フィデウア。
パスタのパエリアです。
小さな缶詰の缶に盛り付けられていて、とっても可愛い。
はじっこにチョンと乗ってるのはマヨネーズ。
a0223786_12484577.jpg

まだまだ頼んだけど食べるのに夢中で写真は撮り忘れ。
ここのピンチョスは美味しいだけでなくて、盛り付けもおしゃれで見ていても楽しい。

10:00からお店が開いていて、お昼もズラリとピンチョスが並んでます。
12:00前に入店してテーブル席をゲットするのがオススメです。

グロス地区にもまだまだ美味しいバルがあり、激混みの旧市街に比べてすいているようなので、次回はグロス地区もゆっくりまわりたいな。
a0223786_12125958.jpg

Bergara(ベルガラ)
住所:Calle del General Artetxe, 8, 20002 San Sebastián
Tel:+34 943 27 50 26
google情報
お店HPに美味しいピンチョスの写真が載ってますよ。


by mickimchi | 2017-08-17 10:56 | Comments(2)