トマトキムチを作ってみた

トマトのキムチを作ってみた。
キーンと冷やすと暑い日にはいいですね。
これはご飯のお供というよりはお酒のおつまみかな。

a0223786_11592641.jpg


ということで、他にもよく作る浅漬けおもしろキムチをご紹介。
ズッキーニの浅漬けキムチ。
ちょっとサラダ感覚で。


キムチ通販のmickimchi.com のヤンニョン(キムチの素)で浅漬けズッキーニをを和えただけ。

a0223786_11500225.jpg


アボカドもイケますよ。
a0223786_12434321.jpg


青梗菜のキムチも。
a0223786_12005878.jpg

きゅうりのキムちゃんもよろしく。
すいません。
宣伝ですね。
a0223786_18271683.jpg

# by mickimchi | 2017-06-03 07:19 | キムチとキムチを使ったレシピ | Comments(2)

スペイン風おうちバル。オイルサーディンのピンチョスとタパス

お土産のオイルサーディンの大きい缶詰を開けたので、オイルサーディンのピンチョスとタパスでスペインバル風のおつまみを作りました。

まずは「オイルサーディンのピンチョス」。
ハーブミックスとほんの少し塩を加えたサワークリームを軽く焼いたバゲットに塗って、開いたオイルサーディンとイクラを乗っけました。
a0223786_13195574.jpg


GWにスペインのバスク地方に旅行したので、そのお土産デス。
a0223786_13200999.jpg

a0223786_13201485.jpg


カニクリームのピンチョスも一緒に。
a0223786_13203334.jpg

「オイルサーディンとクリームチーズのパテ」。
ボウルにオイルサーディンとクリームチーズを入れてオイルサーディンを潰しながら混ぜ合わせただけ。
a0223786_13204353.jpg


「オイルサーディンと野菜のチーズ焼き」。
キャベツの千切りを耐熱皿に敷いて、トマトピューレとお醤油ちょこっとかけつつ混ぜ混ぜします。
ニンニクスライスと鷹の爪を炒めたオリーブオイルで、ほうれん草のみじん切りをさっと炒めたのをキャベツの乗せます。
オイルサーディンを並べて、チーズパン粉とパプリカのみじん切りを振ります。

オーブントースターで焼き色がつくまで焼いたら出来上がり。
a0223786_13205448.jpg

ここでクイズ。
さて、私はこの日、何杯ワインを飲んだでしょう?
答えは、「記憶にありません、じゃなくって記憶がありません。」って勝手にせいっ!ってか?

# by mickimchi | 2017-06-01 09:31 | あれこれおつまみ | Comments(6)

2017年1月 済州島への旅 最終回 ソウルに戻って OVER THE DISH で隣の人の食べているものが食べたくなる

この記事の続きです。
韓国滞在最終日。
夜のフライトに合わせて、金浦空港への出発は夕方。
その前にちょこっと早めのお夕飯を食べとこうということになり、話題のお店がずらっと出店してる市庁(シチョン)のフードコート、「OVER THE DISH」に行ってみました。

a0223786_16461428.jpg

実は前日にここは偵察済み。
江南にお夕飯を食べに行く前に市庁にいたので、「ちょっと駅のそばのお店でビール飲んで一息つきたい。」と夫に言って寄ってみたんです。
市庁駅と地下でつながってるのかと思ったら、いったん外に出て3分ほどのところだったんで、夫が遠いとブーブー言うのも気にせずに入ってみました。

ビール飲みながらフードコートを眺めると、魅力的なお店のおいしそうなメニューが並んでる!
OVER THE DISHは、一号店である建大(コンデ)のスターシティモールに以前行ったことがあるので期待度が大きかったのですが、こちらの市庁のお店のラインアップも素敵。
お気に入りのチャンサランも入ってるし、トッポギのヒョンソニネ、ロボットキムパッ、とんかつやお寿司、おうどんなどの和食系、ハンバーガーやメキシカン、エスニック料理店も。

さて、ビールで喉を潤して、
ここで夫が一言。
「ここで明日早めの夕飯食べてくのもいいな!」

決して私が言わせたのではありません。
多分、そう言うだろうと思って夫をここに連れてったのは否定しまんし、私自身、たま〜に軽〜く夫をマインドコントロールしてみようと試みることも否定しませんが(いつもうまくいくわけではない)、そういうわけでめでたく意見一致で最終日の夕方はここであれこれつまもうということに。

ただね、想定外なことがひとつだけ。
それは、前日にビールを飲みながら盗み見た、隣の席の人の食べているものがおいしそすぎたこと!

レストランに入って、隣の席の人の食べてるものが無性に食べたくなることってありません?
この時がまさにそれ。

ということで中途半端な時間だし、夕方の軽めのさっぱりしたお夕飯、と思ってたのがこんなことに。

「キョドンチャンポン」のチャジャン麺とソジュ(韓国焼酎)に、
a0223786_16473464.jpg


SID BURGERのクラフトビールとチーズフライドポテト。
まさに前日隣の席の人が食べてたラインナップ。
a0223786_16475613.jpg


いや〜、久々に食べたチャジャン麺、おいしかったです。
チャジャン麺、ほら、よくテレビドラマで食べてる黒〜い韓国風ジャージャー麺。

昔々、韓国に来て初めて食べた時は、「えっ?なんか想像してたのと違うし、ちょっとイマイチ。な〜んだ、こんな味だったんだ。」って感じたのに、なぜかおいしく感じ始めたって、相当韓国の味にハマってしまったのかしら。
a0223786_16454223.jpg


「キョドンチャンポン」のセットメニュー。
チャンポンかチャジャン麺にタンスユク(韓国風酢豚)や、ぺったんこ餃子のセット。
タンスユク、隣の人が食べてたんですけどミニ揚げ豚肉みたいで美味しそうだった、ってどんだけ隣の人の食べ物じろじろ見てたんでしょ。
a0223786_16462177.jpg



こちらは「SID BURGER」のビールセットメニュー」。

クラフトビールかドラフトビールに我々が食べたチーズフライドポテトかオニオンリングがつくSET A。
SET Bは、さらにがっつり、フライドポテトに春巻きか、バッファローウイング、チリチーズフライですって。
a0223786_16480247.jpg


ワタクシ、お酒ばっかり飲んでて甘いものはあまり詳しくないのですが、DORE DORE(ドレドレ)というレインポーケーキで有名なカフェも入ってました。
a0223786_12435667.jpg


ゆったりした店内。
平日のランチタイムは混みそうですけどね。
あ〜っ、今気がついたけど写真の右側の男子、まさにチャジャン麺食べようとしてる。
ほら、麺をお箸に絡ませて、右手を高〜く挙げて。
また見たら食べたくなってきちゃった。
絶対、チャジャン麺って人が食べてると食べたくなる不思議な食べ物です。
a0223786_12440561.jpg


OVER THE DISH 市庁店/오버더디쉬
住所:ソウル特別市 中区 貞洞 34-5 培材貞洞ビル B1F/서울특별시 중구 정동 34-5 배재정동빌딩 B1F
道路名住所:ソウル特別市 中区 西小門路11キル19, 培材貞洞ビル B1F /서울특별시 중구 서소문로11길 19, 배재정동빌딩 B1F
電話番号 02-326-5720
営業時間 11:00~23:00(店によって異なる)
定休日:(店によって異なる)


# by mickimchi | 2017-05-29 13:15 | 韓国のおいしい所 | Comments(4)

海鮮スンドゥブチゲ、作ったよ

1月の済州島旅行レポもやっとラスト1話を残すだけになったんですが、また脱線。
前記事で、ソウルで食べたチョンウォンスンドゥブのお話を書いていたら、ものすごくスンドゥブチゲが食べたくなって作ってみました。

海鮮スンドゥブチゲ。
a0223786_12212726.jpg


う〜ん、なんだかアツアツ感が伝わりにくいので、動画で、






純豆腐チゲ(スンドゥブチゲ)のスープは、スッキリとして唐辛子の辛味が立ったものや、濃厚なトロリとした出汁など、そのお店ごとに独特な味があるのですが、今回はチョンウォンスンドゥブのような濃厚スープのスンドゥブチゲを作りました。

味付けした豚肉とキムチをごま油で炒めてスープに加えてるのがミソかな?


「濃厚海鮮スンドゥブチゲ」の作り方
材料(2人分)
おぼろ豆腐  350グラム
あさり(砂抜きして)150グラム
イカゲソ 70グラム
白菜キムチ 70グラム
長ネギ(小口切り) 1/4本
豚バラ薄切り肉 70グラム
(豚肉の味付け漬けだれ用)
 酒 小さじ1/2
 醤油 小さじ1/2
 すりごま 小さじ1/2
 にんにく(すりおろし) 小さじ1/3
 粉唐辛子 小さじ1〜
 砂糖 小さじ1/2

昆布と煮干しでとった出汁 350CC

卵 2個
アミの塩辛(なければ塩)適宜

作り方
1 おぼろ豆腐は水気を軽く切り粗くほぐす。
  あさりは洗い、白菜キムチは粗みじん切りにする。
  イカゲソは食べやすい大きさに切ってさっと茹でておく。
2 豚バラ肉は2センチ幅に切ってボウルに入れ、味付け漬けだれ用の材料を加えてあえ、30分ほどおく。
3 フライパンにごま油を熱し2の豚肉を炒める。
  肉の色が変わったらキムチも加え炒め合わせる。
4 あさりと出汁を鍋に入れ中火にかける。
  沸騰したら弱火にし、アクを取りながらあさりの口が開くまで煮る。
  あさりの口が開いたら半分は殻ごと取り出し、半分はそのままさらに10分ほど煮る。
  10分ほど煮たあさりは貝から外しておく。
5 トゥッペギ(食器も兼ねた、火に直接かけることのできる韓国の土鍋)か厚手の調理用鍋に3、4、おぼろ豆腐、ネギ、イカゲソを入れて中火にかける。
6 煮立ったらアクを取り除き、味をみてアミの塩辛を加える。
  仕上げに卵を一つずつ割り入れ、火を止める。

あさりをたくさん入れて、半分はあさりの身を楽しみ、半分はスープのエキスになるようにじっくり煮ます。
ちょっともったいないようですけど、あさりを煮込むと濃厚出汁ができますよ。

炊きたてのご飯でどうぞ。
a0223786_14540423.jpg

# by mickimchi | 2017-05-25 08:43 | チゲ、スープ | Comments(2)

2017年1月 済州島への旅 その11 ソウルに戻って最終日、 市庁(シチョン)の「チョンウォンスンドゥブ」

この記事の続きです。
あっという間に韓国滞在の最終日になっちゃいまして(ブログは長くかかりましたが)、夜のフライトで東京に戻る日の朝。
チェックアウトしたホテルのフロントに荷物を預けたまま、宿のそばまで朝食兼お昼ご飯に出かけました。

行ったのは、もう何度も訪れてる市庁(シチョン)の「チョンウォンスンドゥブ チョッパル 本店」。
チョンウォン スンドゥブ 本店から名前が変わったんですね。
あらまっ、コネスト記事見たら2017年4月に近くに引っ越してる!
私が行ったのは1月なので、それ以降移転したんですね。

気を取り直して...

ソウルに行ったらなるべく新規開拓のお店に行きたいのですが、スンドゥブチゲが好きすぎるのか、この店の味が好きなのか、あるいはそのどっちもなのかチョンウォンスンドゥブにはフラフラと行ってしまいます。

でね、豚肉入り、牡蠣入り、牛肉入りのスンドゥブチゲがあっていつか牡蠣のスンドゥブ食べようって思ってるのに、いっつも豚入りになっちゃう。

でも美味しそうでしょ?
好きなんです、この濃厚なスープ。
a0223786_12221046.jpg

そうそう、卵も入れねば。
またコネスト情報ですが、コネストクチコミ欄によると今、卵くれないのかな?
コメントしてらっしゃる方がいました。
となると次回はmy 卵持参で行こうかな?
明洞店ではまだ卵、置いてるのかなぁ。
どなたかご存知でしょうか?
a0223786_12212344.jpg

ご飯も炊きたて。
a0223786_12211588.jpg

このご飯を、もやしのナムルとお海苔の入った器に移して、ビビンバみたいにしてチゲと一緒に食べるのが好きなんです。
おかずも美味しいし大好きなお店のひとつです。
a0223786_12220076.jpg

写真は移転前の店舗です。
チョンウォンスンドゥプ チョッパル本店
Tel:02-755-7139
新住所:ソウル市中区西小門洞120-28
道路名住所:ソウル特別市中区世宗大路11キル 33
休日;日祝日、元旦、旧正月、秋夕
営業時間:10:00~22:00 (ブレイクタイム 15:00~17:00)

a0223786_11030692.jpg

チョッパルの写真も美味しそう。
今度は夜来てチョッパルも食べようかなぁ。
a0223786_12230466.jpg



2017年1月 済州島への旅のお話の続きは、いよいよ最終回へ。

# by mickimchi | 2017-05-22 09:19 | 韓国のおいしい所 | Comments(2)