印度の味で、インドの味

本格的バターチキンカレーを作ってみた。
a0223786_15264870.jpg

なんちゃってウソ、ウソ。
マコーミックフーズから出ているカレーペースト缶「印度の味 バターチキンカレーペースト」を使って簡単に作りました。
a0223786_15345697.jpg
「印度の味」シリーズのカレーペースト缶、とっても美味しくて忙しい時重宝してます。
鶏肉を軽く炒めて、カレーペーストとカレーペーストの2倍量の水を加え、15分煮込んだら出来上がり。

今回は鶏肉を炒める代わりに、鶏肉をパイナップルのみじん切りとフルーツジュース(フルースジュースではないですよ)に漬けて一晩マリネし、マリネ液から引き上げてソテーしました。
これに水を加える代わりに、鶏肉のマリネ液と冷凍しておいた鶏ガラスープを加え、カレーペーストも入れて煮込みました。

缶の説明書きに書いてあるように、仕上げに生クリームとバターを加えて風味アップ!
a0223786_15402759.jpg


おつまみも簡単に、
「いろいろビーンズとフェタチーズ」。
フェタチーズは、羊のフレッシュチーズを塩漬けにしてあるのでサラダに入れたり、おかずやスープに加えると塩味がそのまま活かされて便利もの。

グリンピースを塩ゆでし、仕上げに鍋にレトルトのミックスビーンズも加えて豆が温まったら火を止めて、水気を切って盛り付け、上に増えたチーズを乗せて出来上がり。

なんだかちょっとカレーに合うエキゾチックなおつまみでしょ。
a0223786_15274776.jpg


で、余ったフェタチーズでもう一品。
「きゅうりのフェタチーズロール」。
a0223786_15303329.jpg

フェタチーズをポロポロに手で砕き(すぐポロポロになります)、クミン、カルダモン、コリアンダーなどのスパイスとパセリのみじん切りを加えます。
これをピーラーでリボン状にしたきゅうりにのせてクルクルっと。
上にちょこっとつけた赤いのは赤柚子胡椒です。

これもさっぱりとしててカレーに合いました。
a0223786_15275864.jpg








# by mickimchi | 2017-04-30 15:30

ふらんす厨房で、鶏肉の赤ワイン煮込み

鶏肉の赤ワイン煮込み「コックオーヴァン」を作ってみました。
ワインをたっぷり使った煮込み料理、コックオーヴァン
言わずと知れたフランス家庭料理です。

a0223786_07390390.jpg
なんちゃって、これ使ったの、これ。
a0223786_14175972.jpg



骨付き鶏肉を玉ねぎやセロリ、ニンジン、ニンニク、ローリエ、白胡椒とともに容器に入れて赤ワインをドボドボ。
で冷蔵庫で一昼夜寝かせます。
で、鶏肉と野菜を漬け込み液から取り出して、鶏肉は塩こしょうし、小麦粉をはたいて表面がこんがりするまで焼きます。
野菜も透明になるまで弱火で焼いたら、厚手の鍋に鶏肉とともに入れ、ワインの漬け込み液も加えます。

鶏ガラで取ったスープを加えて火にかけて、アクをすくいながらコトコト20分ほど煮込みます。
途中で、ニンジンも加えて。
a0223786_14194807.jpg

煮込み終わったら鶏肉を取り出して、野菜を濾し器でこします。
鶏肉をもどして仕上げにグリンピースを加えて出来上がり。

赤ワインや鶏ガラスープの分量はわりかしといい加減。
煮汁の水分が多ければ煮詰めればいいし、塩加減が薄ければ塩をしてくださいませ。
a0223786_14201694.jpg

あとはカリカリじゃこサラダを作って。
a0223786_14412824.jpg

カリカリじゃこが余ったので、香菜のみじん切りと細ねぎの小口切りとマヨネーズと合わせて、
食べ過ぎ注意の危険なマヨディップ。
a0223786_14413686.jpg

ホタルイカと軟泊ネギのアヒージョ。
おデブなホタルイカ、身がプリプリでした。
ワインがあっという間に空いちゃって、ほぼ記憶なし。
a0223786_14414407.jpg

# by mickimchi | 2017-04-27 07:44 | あれこれおつまみ | Comments(4)

ワインに合う、カマンベールとラタトゥイユのトロトロ

飴色玉ねぎをたっぷり使ったラタトゥイユ。
それにカマンベールチーズをのせて火にかけて。
チーズがトロ〜ンと溶けたら出来上がり。
バゲットにのせてどうぞ、の「カマンベールとラタトゥイユのトロトロ」。
a0223786_08172586.jpg

ワインぐびぐびっと進む、濃厚ラタトゥイユ。
おつまみラタトゥイユは飴色玉ねぎをたっぷり使い、さらに隠し味のハチミツも加えて甘みを出して濃いめの味付けにするのがミソ。

飴色玉ねぎににんにくのみじん切りを加えてたっぷりのオリーブオイルで弱火で炒め、野菜を加えて塩胡椒し、白ワイン、ワインビネガー、生バジル、オレガノ、イタリアンパセリに隠し味のハチミツも加えて20分くらい炒め煮し、仕上がりにバジルをちぎって入れました。

忘れてたんですけど、これにボリュームアップにソーセージも炒め合わせて加えました。


このラタトゥイユ、たくさん作って置いておけば、
後日細かく切って、ナスのくたくた炒めとさっと茹でたアスパラ、プチトマトを加えてオーブントースターへ。
仕上がりにうずら卵をポトリ。
で、カラフル野菜のイタリアンカラー煮込み。
a0223786_08171657.jpg


以前ご紹介した「鯛のソテー、ラタトゥイユ添え」。
お刺身用の鯛の皮目だけ焼いて、ラタトゥイユをのせて。
a0223786_08162795.jpg


これもそう。
プチトマトを加えて「ラタトゥイユのオープンオムレツ」なんかにも、いろいろ使えますョ。
a0223786_08150354.jpg

# by mickimchi | 2017-04-24 10:14 | あれこれおつまみ | Comments(4)

自家製ラー油で、流行りの「肉そば」。

「肉そば」というのが流行ってるらしい。
コシのある蕎麦の上には甘辛く煮込んだ豚肉、ネギ、ゴマ、きざみ海苔がたっぷりかかっててる。
これをラー油の効いたつゆにつけて食べるもので、生卵、揚げ玉を好みで加えるんですって。

自家製ラー油を作ったので、この「肉そば」を作ってみた。
作り方はココに出てました。

これが結構ハマる味。
ピリ辛のつゆに卵が混ざるとトロッとまろやかになり、このつけ汁に肉そばをからめるように食べるとズルズルっといっちゃいます。
ちょっとジャンクな感じも楽しい、蕎麦の新しい食べ方かな?
a0223786_08325976.jpg


粉唐辛子2:サラダ油2:長ネギのみじん切り1:玉ねぎのみじん切り1に、おろしニンニクと塩各少々。
粉唐辛子以外の材料を鍋に入れ弱火で泡が立つまで火を入れ、粉唐辛子を入れたボウルに加えて作った自家製ラー油。
a0223786_08342198.jpg


で、このラー油でもう一品。
「薬味たっぷり カツオのピリ辛ソース和え」。
これはブログのコメント欄で、こっそり教えていただいたレシピ。
なんでも、カツオをミョウガや新玉ねぎのスライスなどの香味野菜とともに、醤油、酢、砂糖、ショウガ&ニンニクのすりおろし、粉山椒、ラー油、ごま油で作ったソースで食べるとおいしいよ、とうかがって早速作ってみました。
カツオをちょっとソースに漬けて「づけ」みたいにしてみましたョ。

これ、オススメ!
初鰹の季節、皆様お試しを。
a0223786_08374323.jpg


ありがとう、ビョンさん。
うちもこれ、恒例になりそう。



# by mickimchi | 2017-04-21 09:48 | たまには和食 | Comments(4)

2017年1月 済州島への旅 その8 済州(チェジュ)の台所、東門市場(トンムンシジャン)探検

この記事の続きです。
済州島旅行中、韓国の市場が大好きな私としては済州島庶民の台所、東門市場は是非とも行きたいところ。
前回は宿泊先がこの市場の目と鼻の先ということで何度も立ち寄りましたが、今回も2日にわたって遊びに行きました。

さすが、済州島、韓国の他の市場より新鮮な海の幸がずらっと揃ってて(しかも他よりも魚クチャクないの)、ハルラボン(済州島のデコポン)がオレンジ色の絨毯みたいに並んでる、なんだかワクワクする大好きな市場です。

今回は駐車場の方から入ったので市場の奥から歩いてみました。
食料品以外にも雑貨や衣料品も売ってるのね〜、知らなんだ。
a0223786_17115267.jpg


このあたりは、トッポギや、キムパッ、スンデやティギム(韓国風天ぷら)などの軽食を売ってるお店やら、
a0223786_17120154.jpg


カニコロッケのお店。
ウマそ〜だけど、この後、幻の済州島の黒牛を食べに行く予定なのでガマン。
a0223786_17124915.jpg


「テゲコロッケ」って韓国全土で今流行ってるのかな?
コロッケの中身は、クリームソース味以外にもキムチクリームやらイカチャプチェ味やら、なんだかミョ〜にソソられます、が黒牛の晩御飯のためガマン。
a0223786_17130581.jpg


さて、済州島産の農水産物の乾物屋さんでお土産を買おう。
a0223786_17124000.jpg
a0223786_17121169.jpg


ハルラ山の椎茸。
肉厚でびっくりするほどジャンボサイズ。
a0223786_13343125.jpg

納豆豆腐チゲに加えて戻し汁も出汁に使ったら、とても美味しかった。
a0223786_13363450.jpg


こちらはズラッと水産物のコーナー。
a0223786_17132692.jpg


アワビやサザエが踊り出しそう。
a0223786_17131402.jpg

お〜っ、甘鯛。
a0223786_17134355.jpg
a0223786_17133416.jpg


一皿40,000ウォンの甘鯛の一夜干し。
だいたい3,700円くらい。
グジの一夜干し、紀ノ国屋で一尾1,500円で売ってるの見たことがあるから、お買い得ですよね。
買って帰ればよかった〜!
a0223786_17152100.jpg


ずらり並んだ太刀魚ちゃんたち。
a0223786_17151231.jpg


カムキュル(みかん)とハルラポン(デコポンと同じ品種)が並んだオレンジ色のオレンジコーナー。
a0223786_17145755.jpg


前回に引き続き、干しミカン、ボソッキュルをゲット。
小分けパックが便利。
a0223786_12354724.jpg


そのままポリポリしてもいいんですが、クリームチーズと一緒にパンにのせたり、サラダのトッピングにしたり。
a0223786_12353898.jpg


東門市場の門は整備中でした。
詳細は、コネスト記事で。
夜19:00くらいに閉まるお店も多いのでご注意を。
この記事に続きます。
a0223786_17135170.jpg



# by mickimchi | 2017-04-19 12:48 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Comments(2)