タグ:市場 ( 9 ) タグの人気記事

2017年1月 済州島への旅 その8 済州(チェジュ)の台所、東門市場(トンムンシジャン)探検

この記事の続きです。
済州島旅行中、韓国の市場が大好きな私としては済州島庶民の台所、東門市場は是非とも行きたいところ。
前回は宿泊先がこの市場の目と鼻の先ということで何度も立ち寄りましたが、今回も2日にわたって遊びに行きました。

さすが、済州島、韓国の他の市場より新鮮な海の幸がずらっと揃ってて(しかも他よりも魚クチャクないの)、ハルラボン(済州島のデコポン)がオレンジ色の絨毯みたいに並んでる、なんだかワクワクする大好きな市場です。

今回は駐車場の方から入ったので市場の奥から歩いてみました。
食料品以外にも雑貨や衣料品も売ってるのね〜、知らなんだ。
a0223786_17115267.jpg


このあたりは、トッポギや、キムパッ、スンデやティギム(韓国風天ぷら)などの軽食を売ってるお店やら、
a0223786_17120154.jpg


カニコロッケのお店。
ウマそ〜だけど、この後、幻の済州島の黒牛を食べに行く予定なのでガマン。
a0223786_17124915.jpg


「テゲコロッケ」って韓国全土で今流行ってるのかな?
コロッケの中身は、クリームソース味以外にもキムチクリームやらイカチャプチェ味やら、なんだかミョ〜にソソられます、が黒牛の晩御飯のためガマン。
a0223786_17130581.jpg


さて、済州島産の農水産物の乾物屋さんでお土産を買おう。
a0223786_17124000.jpg
a0223786_17121169.jpg


ハルラ山の椎茸。
肉厚でびっくりするほどジャンボサイズ。
a0223786_13343125.jpg

納豆豆腐チゲに加えて戻し汁も出汁に使ったら、とても美味しかった。
a0223786_13363450.jpg


こちらはズラッと水産物のコーナー。
a0223786_17132692.jpg


アワビやサザエが踊り出しそう。
a0223786_17131402.jpg

お〜っ、甘鯛。
a0223786_17134355.jpg
a0223786_17133416.jpg


一皿40,000ウォンの甘鯛の一夜干し。
だいたい3,700円くらい。
グジの一夜干し、紀ノ国屋で一尾1,500円で売ってるの見たことがあるから、お買い得ですよね。
買って帰ればよかった〜!
a0223786_17152100.jpg


ずらり並んだ太刀魚ちゃんたち。
a0223786_17151231.jpg


カムキュル(みかん)とハルラポン(デコポンと同じ品種)が並んだオレンジ色のオレンジコーナー。
a0223786_17145755.jpg


前回に引き続き、干しミカン、ボソッキュルをゲット。
小分けパックが便利。
a0223786_12354724.jpg


そのままポリポリしてもいいんですが、クリームチーズと一緒にパンにのせたり、サラダのトッピングにしたり。
a0223786_12353898.jpg


東門市場の門は整備中でした。
詳細は、コネスト記事で。
夜19:00くらいに閉まるお店も多いのでご注意を。
この記事に続きます。
a0223786_17135170.jpg



by mickimchi | 2017-04-19 12:48 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Comments(2)

ソウルのお買い物 京東市場(キョンドンシジャン)編 魔法の白い韓方粉と不思議な黒いキノコ、コウタケ

ソウル、地下鉄1号線祭基洞(チェギドン)駅近くの京東市場(キョンドンシジャン)。

高麗人参や韓方薬のもとになる薬草、韓薬剤の卸売店や、韓方薬局、韓方クリニックなど韓方関連店が並ぶ韓国最大の韓方市場「ソウル薬令市(ヤンニョンシ)」と、野菜や肉類、魚介類まで生鮮食品がずらりそろう在来市場があり、いつも人々でごった返しています。
大好きなソウルの市場のひとつ。
今回のソウル滞在中も一度、お夕飯に向う途中で寄ってみました。

で、まず向かったのは「東明人参、동명인삼 (トンミョンインサム) 」。
a0223786_11343282.jpg

前回に続き、また行ってみたのよ。懲りもせず。

手前に見えるカプセルに入った、霊験あらたかそうな韓方粉を扱うお店として日本人女性には有名ですが、実際はお店の半分は参鶏湯や薬膳料理に使う韓方の薬草やナッツ類を扱うお店。
a0223786_11302274.jpg


前回行ったときゲットした魔法の白い粉を色々と試してみたところ、なんだか効くような気がするものがありまして 。(夫は何も効いていないようだと言うが、老眼のせいだと思われる...)

少し価格がアップしたものもあるようですね。
今回は効いたようなものだけ買いました。
平成の世だけでなく、昭和の世も長いこと生きた私のようなモンに効く韓方粉。
フッチュク(흑축)。
シミ、クスミに効く(らしい)。
200グラムで5000ウォン。

あとは今回お初のトサジャ(토사자)も。
シミ、クスミ、老人性イボ?(イボはまだないが...)に効くんだって。
トサジャは中国産は1/3の値段で売ってましたが、ま、せっかくなんで張り込んで韓国産。
200グラム250000ウォン。
とはいえ、ヨーグルトパックで、50回分くらいあると思いますから、まあ良しとしますか。

まだ効果は定かではないですが、地黒なのに敏感肌、日本の市販の化粧品がほぼNGなかわいそうな私の肌にも心地よい使用感です。
両方とも気に入りました。

お若い方に合うのはまた全然違う韓方粉のようですから、ご興味を持たれたら色々と試して下さいませ。

「東明人参、동명인삼 (トンミョンインサム) 」コネスト地図


a0223786_11303763.jpg


魔法の粉の次は、青果、肉、魚介、乾物類を扱う在来市場に行って、食料やら調味料やらを調達。

そして、今回京東市場に来た最大の理由。
それは、幻のキノコ、コウタケ(香茸)を買うのだ!

信州に行く機会が多いので、毎年数回はお相伴に預かる機会がある松茸。
それがなんか今年、全然食べる機会に恵まれず、トホホって思ってたところ、「韓国には松茸以上に珍重される、コウタケ(香茸)というキノコがある。」というのを小耳に挟んだのです。
なんでも、そのかぐわしい香りは松茸以上だそうで、是非食べてみたいなぁと。

この度の間、景福宮(キョンポックン)の創作ククスと創作クッパのお店で、このコウタケ入りの鶏のクッパの美味しかったこと。
このことはまたブログに書くつもりです、いつの日にか。

それで、市場で干しコウタケを是非買って帰ろうと思い立ちました。

市場の1Fの乾物、キノコを扱うお店がまとまってるところで、「ヌンイボソッ(コウタケのこと) ありますか?」と聞くとすぐにコウタケを売っているお店を教えてくれました。
ここ、「大井物産(テジョンムルサン)」。
a0223786_11312325.jpg


日本人がわざわざこの店を訪れるということは松茸狙いと完全に思われて、松茸を非常に勧められましたが...

a0223786_11313777.jpg


私が欲しいのはこちら。
コウタケ(香茸)、ヌンイボソッ!

やっと会えたね!(どこかで聞いたセリフ)。
a0223786_11312984.jpg

大きいパックが50000ウォン、小さいパックが30000ウォン。
キノコとしては高価ですが、まわりにディスプレイされた松茸の値段に比べたらリーズナブルに思えてくる。

お店のお姉さんの対応も良いです。
お店の写真撮っていいか聞いたら、写真撮るなら松茸撮ってよってことで、お店の2Fの国産松茸が並んでるとこに連れてってくれました。

1パック280000ウォンだって。
多分1キロ。(もしかして500グラム? 松茸、あんまり手に持ってみたことがないので、1本どのくらいの重さか検討がつかないです。来年も行って確認してきます。)
a0223786_1131451.jpg


さっき調べたらソウルナビにもお店の詳細
が出てます。
有名店なんですね。

a0223786_11294872.jpg


もし京東市場に行く機会があったらコウタケいかがですか?
この干しコウタケを使って、炊き込みご飯やスープを作ったら最高においしかったです。
それはまた次回ご紹介しますね。
a0223786_11315927.jpg


で、大邱(テグ)をメインに韓国でいつも美味しいものを食べてらっしゃるYuckyさんに、松茸食べつくされたら、松茸だけじゃなくてコウタケも美味しいらしいですよとブログにコメントを差し上げたら、早速大邱のキノコ専門店で食べてらしたそうです。

2015年 落ち葉の大邱 ③ 大邱でキノコを食べるならここ! コヒャントゥル(고향뜰)

おいしそうですね。
いいな、いいな、いいなぁ。
by mickimchi | 2015-11-16 17:10 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Comments(14)

ソウルのおみやげ、中部市場編。イシモチを買って帰るの巻

ソウル滞在のときは必ずと言っていいほど立ち寄る中部市場(チュンブシジャン)。
去年ソウルで食べた絶品朝ごはん。いしもちの干物ご飯がとってもおいしかったので、今回はイシモチを買って帰りました。
このつる下がってるおサカナがイシモチの干物、クルビ(굴비 )です。

日本に持って帰るといえば、市場のおばちゃんがこれでもかっていうぐらいラップでグルグル巻きにしてくれますので、スーツケースに入れてもおチャカナ臭くありません。
保冷剤を日本から持ってって、ホテルの冷凍庫でカチカチにして一緒に持って帰ればさらにカンペキです。

a0223786_13352855.jpg


そうやって持って帰ったクルビを、さっと水洗いしてしっぽと尾ひれを調理バサミでカットしておき、1匹づつラップにくるんで冷凍しておきます。

食べたい分だけ自然解凍して、

塩胡椒、小麦粉を軽くふってフライパンで焼いただけでもとってもおいしい。
a0223786_1337731.jpg


コチュジャン3:醤油1:砂糖0.5の割合で混ぜ、ネギ、ニンニクのみじん切り、生姜の絞り汁、白いりごま、白胡椒少々を加えたたれをつけて焼いても。
a0223786_1338827.jpg


フライパンで焼いてから香草パン粉をふって、オーブントースターで数分焼けば、あらら、イタリアン風。
a0223786_13373867.jpg


干しホタルイカも買って帰って、この時期にホタルイカの炊き込みご飯。
干しホタルイカの乾物の旨味がギュッと染み込んで、味付けはほとんどなしでもおいしかったです。
a0223786_133831100.jpg


ちょっと見たら、中部市場のおみやげ話は過去、何回も何度もしてますね。
ソウルの中部市場の、明太子とホタルイカの塩辛がおいしいお店やら、ソウルの中部市場でおみやげやら。

ホント、明洞や東大門などソウルの中心部からもすぐですし、乾物中心の商品が多いので、日本へのおみやげ買いに、是非足を伸ばしてみてくださいね。
by mickimchi | 2015-06-23 13:34 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Comments(10)

済州島とソウル 郷土料理と民族芸術に触れる旅 その13 ソウルの中部市場でおみやげ

昨年秋に行った済州島とソウルの旅レポも最終日までたどりつきました。

最終日は、ホテルのすぐそばの仁寺洞(インサドン)の「삼수갑산/三水甲山(サムスカプサン)」っていう食堂で朝ご飯。

普通は11時頃オープンみたいだけど、今日日本に帰るっていう事で前日に電話して、特別に9時に開けてもらいました。
民画の先生達、常連さんだからそういうの、できるのね。

さてさて、頼んだ「スンドゥブチゲ」。
おいしいです!
a0223786_17515324.jpg


お店のメニューは、本日の定食から、スケトウダラの辛いスープ、石焼ビビンバ、イカ炒め、豚キムチチゲ、トッペギプルコギなんていう魅力的なお料理が6000〜7000ウォンくらい。
お昼ご飯でもいいし、一杯やりながら夕ご飯っていうのもよさそう。
お一人様でも全然大丈夫そうです。

a0223786_17544197.jpg


あらら、お店が庶民的すぎてか、韓国ブロガーさんとこもヒットしない。
ですんでまた手書き地図で。
仁寺洞のサムジキルから数分です。
a0223786_1627767.png




朝ご飯のあと先生と向かったのは中部市場(チュンブシジャン)。
いつもは地下鉄乗って乙支路4街(ウルチロサーガ)駅から歩くんですけど、「時間ないし、この時間なら道も混んでないし、タクシーで行こう!」と先生。
そりゃそうだ、タクシーでもすぐですもんね。

久々来たら、あらまあ、立派な屋根がついてました。
これなら雨の日も濡れずに存分にお買い物楽しめます。
なんか立派になりすぎて、お気に入りのお店の場所が最初わからずウロウロ。

大好きな韓国の市場。
歩いてるだけで地元の人達みたいな気分になれる。
ソウルの中部市場は東大門や明洞からも近いから、ちょこっとお土産買いにいくのにとっても便利。
海鮮の乾物や、塩辛、明太子なんていう日本に持って帰れる物がズラッと並んでます。

以前にもレポしたような...
あったあった、ソウルの中部市場の、明太子とホタルイカの塩辛がおいしいお店もよろしかったらご覧下さい。

a0223786_17522684.jpg


「ここの冷麺もおいしいよ!」って先生。
オジャンドンハムフンネンミョン(五壮洞咸興冷麺)、こんなとこにあるんですね。
今度是非中部市場に行ったら寄ってみよう。

a0223786_17545351.jpg

 
さてさて、今回の中部市場での戦利品は...
「サムゲタンセット」。
デパ地下より全然安い。
さらに本格派をめざすなら、高麗人参もバラで売ってるお店が中部市場にはあるので、そちらも購入なさってね。
a0223786_1854872.jpg


「干した海鮮類、スルメ」。
a0223786_17554471.jpg


「松の実」もリーズナブルにゲット。
a0223786_1756243.jpg


「五味子(オミジャ)」も先生と半分つにしました。
a0223786_17582775.jpg

チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)のご覧のようなきれいな果実で、甘味、酸味、辛味。塩味、苦味と5つの味を持っているといわれる五味子。
飲んだ人によって、感じる味が違うんですって。
これを使った五味子茶は、ビタミンCたっぷりの韓方茶。
五味子をさっと洗って一晩水につけておきます。
だいたい五味茶20gで水600CCくらい。

一晩置くと、ほらこんなきれいな色に。
はちみつと砂糖(粉糖だと溶けやすいです。)を大さじ2づつくらいをよ〜くかき回せば出来上がりです。

a0223786_1833869.jpg


あったかい五味子茶もいいですが、冷蔵庫で冷やして季節の果物を浮かべていただくのがおいしいです。
a0223786_17583863.jpg


五味子茶ゼリーとかもおいしいですが、ブランマンジェなんかにフルーツとともにかけてもおいしい。
by mickimchi | 2015-01-31 12:43 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Comments(14)

初心者的大邱(テグ)の旅 その2 西門市場を探検する。

さ、チムカルビを堪能した後は、大邱でやりたい事リストその2。
「西門市場(ソムンシジャン)を探検する。」

ったって、広すぎて一体全体どこからどこまでが市場なのかわからないほどです。
市場というより、一大テーマパークみたいです。
ちょっと広さがどれくらいか想像もつかないのでさっき調べたら、西門市場の広さって広島球場より広くて大阪ドームよりちょっと狭いくらいみたいです。(どっちも行った事ないけど。)

屋根ついてるしエアコン効いてるから、どんな季節や天候でも楽しめます。

生活用品なら、衣料品から家具、雑貨、食器、台所用品、食料品までなんでも揃ってると思う。
たとえば、急に駆け落ちして来たカップルとか、着のみ着のまま家出した奥さんとか、ここで新生活に必要なもの全てを調達出来ると思います。
a0223786_16281569.jpg


まず、行きたかった「ハニルユギ(한일유기)」。

またまたYuckyさんのブログで見て行きたかったんですよ。(すいません、他力本願で。Yuckyさんの記事に地図も載ってます。)
a0223786_16275527.jpg


バンチャユギ(방짜유기)つまり真鍮の食器がたくさん揃ってます。


a0223786_16288100.jpg

もう行く前から一番ちっさな鍮器を2つだけ買おうと心に決めていたのです。
でも一番ちっさいのはひとつしかなかったのでもちょっとおっきいのを。

お粥やスープ入れると、味までなんか一段上がる感じです。
a0223786_16265232.jpg

商品は大邱のパンチャユギ博物館より、ググッとリーズナボーとの事。
多分、ソウルよりは相当お手頃にゲットできたと思います。
もちろん、裏に刻印が押してある器は、作家さんが作った物でこっちはちと値が張ります。

ミニサイズのスッカラ。
本来は子供用みたいですけど、洋風のスープやピラフなんか使い勝手がいいんで重宝します。
今回は、フォークとセットの物購入。
かわいい袋はサービスでつけてもらっちゃいました。
a0223786_16265653.jpg


西門市場のもうひとつの楽しみは、お財布気にせず色々つまめる市場グルメ。

スンソンさんが市場で一番おいしいホットク屋さんという「ハルメホットク」に連れてってくれました。
おいしいという評判だけあって、お客さんがたくさん。
a0223786_16283422.jpg


フンワフワの生地の中の蜜がトロッとしてて、油っこくないからおいしい。
ホットクったって、お店によって色々なんですね。
a0223786_16284811.jpg



「かわいいポジャギ(韓国のパッチワーク)のランチョンマットが欲しい。」っていう私のリクエストでスンソンさんが色々訪ね回ってくれました。

同じような物を扱うお店がそれこそ、何十軒も連なってて「これで商売なりたつの?」って聞いたら、たくさんのお店が集っているということで集客もでき、それぞれが共存できるっていう利点があるんですって。

スマホで送った私の欲しいランチョンマットの柄を、スンソンさんがいろんなお店の人に見せて、ここがいいんじゃない?って教えてもらったお店。
ここ、かわい〜い!
刺繍とか、アップリケとか、なんか好きなんですよね。
a0223786_16291349.jpg



[ほら、ワインボトルを入れる袋もかわいい。
a0223786_16285758.jpg

で、ゲットしたランチョンマット達。
a0223786_16264729.jpg


お店の名詞。
店名は「イジョコッシン」
コッシンっていうんだからチマチョゴリの時履く韓国のかわいい靴屋さんなのかな。
a0223786_12331354.jpg


まだまだいっぱい探検したいけど、「そろそろ、古い路地通って亀岩書院いきましょう。」ってスンソンさん。
ほんとだ、何時間西門市場にいたんでしょう。

a0223786_1629241.jpg

大邱と言えばりんご。
韓国も温暖化でりんごの名産地は北の方に移っているとはいえ、やっぱり出荷量は韓国一だそう。

りんごを見ながら、西門市場をあとにしました。
by mickimchi | 2014-10-05 09:11 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Comments(12)

京東市場(キョンドンシジャン)の魔法の白い粉

前回のソウル旅行。
京東市場(キョンドンシジャン)の薬令市で買った韓方粉。
顔のパックに使います。
a0223786_11471823.jpg


ものすごく気に入ってます。
乾燥、敏感、トラブル肌で、顔に物を塗るのが嫌いな私ですが、これはお気に入り。
ヨーグルトに混ぜて顔に塗って、15分くらい。
この時点では、泥沼から出てきた人のような状態に顔がなってますが、洗い流すと皮膚がしっとりします。
シートマスクより、さらに私にはあっているようです。

韓国らしい市場に行ってみたいというお友達のリクエストでご一緒した京東市場。
お料理好きの彼女には日本に持って帰れる食材も調達できて、お肉や野菜などの生鮮食品がズラッと揃う、ソウル市民の台所みたいな京東市場が一番面白いんじゃないかと思って。
以前行っておもしろかったお味噌屋さんもあるし。

ま、ついでと言っちゃナンですけど駅からの通り沿いに、韓方パックの粉を売っているお店があるとの情報をもとに、寄ってみたのが東明人参、동명인삼 (トンミョンインサム) 。

すいません。
あんまり期待せずについでに寄ったのお店の写真がなんにもありません。。
「京東市場 韓方粉 白い粉 魔法」などと検索すると、コスメ通の方が色々書いてらっしゃいます。

お店には、15種類くらいの韓方粉がガラスのフタの大きなドームのような物に入って並んでます。
日本語メニューももらえますが、前もってネットで調べて購入希望の粉を決めて行った方がいいかも。
200グラムくらいでそれぞれ4000〜5000ウォンですから、色々試しても。

私は、
はと麦(ユルム)・・・肌荒れ解消、美白、保湿
白茯苓(ベッポン二ョン)・・・色素沈着の抑制、老化防止
甘草(カムチョ)・・・美白、肌荒れ解消
フッチュク・・・美白、しみ防止
を。
はい、お肌の悩みのつきないお年頃。

そうだ、お店の包装袋のみありました。
a0223786_11465832.jpg


長期保存には冷凍庫、保存は冷蔵庫がいいそうですが、私はヒミツの場所へ。
ま、ワインセラーなんですけど。
a0223786_11485675.jpg

夫が大事に保管してるワイン達。
何かの特別な記念日にスペシャルなディナーの際、飲むつもりなんだそうですが、結婚ン十年のうちにゃ、そんな特別な日なんぞありません。
で、開かずの扉と化したワインセラー。
そこに秘かに魔法の粉を保管中。

地震のとき、ワインセラーの中のワイン達が心配で、私に向かって「扉をおさえろ〜!」とか叫んでました。
とっさにワインセラーの扉を押さえながら、「あたしよりワインが大事か?」と思った私。
飲みもしないワインに押しつぶされなくてよかったです。

という事で、秘かに開かずの扉の空いたスペースを物置代わりに使ってる私。
「妻のリベンジ」って、韓国ドラマのタイトルみたいですね。
by mickimchi | 2014-08-05 11:45 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Comments(12)

ソウルの中部市場の、明太子とホタルイカの塩辛がおいしいお店

a0223786_10265259.jpg

ソウル滞在中、必ず立ち寄る「中部市場」(チュンブシジャン)。
地下鉄の乙支路4街(ウルチロサーガ)駅からすぐですし、タクシーに乗ってソウル市内ウロウロしてると、しょっちゅう中部市場の前通りますよね。
乾物やごま油などおみやげにいいものがたくさん並んでるので、近くにショッピングやご飯食べに行った際にでも是非立ち寄ってみて下さい。

今回の目的は緑豆チヂミ(ピンデット)に使う緑豆を買う事。
ピンデットは、豆の風味のサクッとした食感がおいしい、広蔵市場(カンジャンシジャン)等で売ってるチヂミです。
その材料の緑豆の調達がメインで訪れました。

中部市場の門をくぐって、どこのお店がいいのかなぁ?と迷いつつ、明太子を売ってるゾーンへ突入。
そういえば、ホタルイカみたいな小さいイカの塩辛のおいしいのが売ってるって聞いてたのを思い出してウロウロ。

明太子を売ってるゾーンの真ん中アタリにさしかかると、お昼ご飯食べにお隣さんとこ行ってたアジュンマが転がる様に店先にもどって、「ホラホラ、おいしから試食してみて!」と、明太子やら塩辛やらをちょこちょこ食べさせてくれました。
ホタルイカみたいなちっさいイカの塩辛は「コルトゥギ」っていうんですね。

商売熱心なアジュンマ、結局明太子やら、コルトゥギやら、タコの塩辛やらたくさん買う事に。
ハリハリ漬けみたいなのもおまけにたくさんいただいてうれしい限り。
ピッチリフタの閉まる容器に入れてくれてラップをグルグル巻きにしてくれるので、スーツケースに入れても大丈夫でしたよ。

お店の名前は、「クンサンチョッカル」。
a0223786_10274966.jpg


と看板の横を見たら、日本語の看板も。
a0223786_10262427.jpg

うわぁ、日本人のお客さんもたくさんいらっしゃるんですねぇ。
キムさんち。
そうだ、市場の事は市場の人に聞くのが一番という事で、質のいい緑豆を置いているお店をキムさんに尋ねてみました。
そうしたら、ご親切に手を引いて案内して下さったのがこちら。

豆とか、雑穀とかの専門店でした。
今期産の、皮を剥いた緑豆をゲット。
a0223786_10321220.jpg


キムさんにラップでグルグル巻きにしていただいて無事東京に来た塩辛達。
明太子は食べるだけ食べて、残りは小分けして冷凍に。
奮発して高めの明太子を買ったのですが、これが正解。とってもウマい。

塩辛はどれも多分ものすごく日持ちがします。
a0223786_1029543.jpg


日持ちがするといいつつ、今宵もおつまみに。
a0223786_10263336.jpg


クリームチーズと。
a0223786_10264613.jpg


切干し大根のキムチヤンニョン和えにタコの塩辛トッピング。
a0223786_10263895.jpg

とはいえ一番おいしいのは、キッチンでお料理作りながら缶ビールプシュっとあけて、ちょこっとつまみ食いするのかも。

「キムチ屋修行の道」じゃなくて「キッチンドランカーへの道」ですね、これでは。
(このフレーズ、前にも書いた覚えが...)

少々不格好ですが、「ピンデット」も作りました。
ちょっと手間がかかりますが、手間以上においしい!
頬張ると、カリッ、サクッ、フワッとした食感で、数あるチヂミの中でも一番好きかも。
a0223786_1518176.jpg


今度、機会があればレシピのせます。

中部市場(チュンブシジャン)
住所:ソウル特別市 中区(チュング) 五壮洞(オジャンドン) 139-11
営業時間: 3:00~18:00
休日: 日曜日、旧正月・秋夕
by mickimchi | 2013-02-25 21:30 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Comments(6)

築地市場で買ったもの

朝一番で、築地市場にキムチ用の白菜やら大根やらを調達に。
いいものが買えて一安心。
で、ちょっと市場をうろうろして、
あっ、松茸!
目の毒、目の毒と、通り過ぎようとしたら、あれ?
国産なのに思いのほかリーズナボーなお値段。
まっ、たまにはいいか?
季節ものだしね。
a0223786_10411295.jpg


そしてマグロ屋さんにはおいしそうな生の本マグロのブツ。
ああ、素通りするのは無理。
で、こっちも購入。
a0223786_1042408.jpg


心はずみ、足取り軽くたのしい築地市場でのお買い物。
お財布も軽くなっちゃいました。

まぐろは漬けにしてわさびでパクリ。
松茸は、松茸ご飯に。
炊きあがって土鍋のふたをあけると、食卓に松茸の香りがひろがります。
a0223786_10404485.jpg


おいし〜い!しゃーわせ。
ワレながら単純ですね。
a0223786_1042226.jpg

by mickimchi | 2012-10-07 09:45 | おいしいお買い物 in Japan | Comments(2)

たのしい市場巡り

食いしん坊のわたしにとって、ソウルの楽しみのひとつは市場巡り。まずソウルの本物の熱気を感じたければ京東市場(キョントンシジャン)へ。

漢方市場の横の生鮮食品市場に行けば、肉(骨も)、野菜、魚介、乾物とありとあらゆる食料品が並んでいます。a0223786_1485912.jpg
ここでのオススメのお土産は韓国味噌とコチュジャン。ひとつひとつ味見させてもらえて、小さいプラスチック容器に入れてくれるので、気に入ったものを何種類か買ってみてもいいと思います。
おうちで作る味噌チゲがいきなり本場の味になりますよ。


ソウル中心部東大門や明洞から近い所にある中部市場(チュンブシジャン)はお買い物ついでにちょっとした空き時間にのぞいてみるのもいいです。乾物なら、海産品から山菜や椎茸などの山のものまで、ありとあらゆるものがところせましと並べられています。いったい何種類のじゃこが売られているのか。a0223786_14263197.jpg














吊る下がってるのはイシモチかな。そういえば、韓国ドラマでおみやげでもらったイシモチの干物をみんなが喜んで食べてるシーンあったっけ。売り手の人達もここは少しのんびりムードで、見るからに見物目的の我々日本人観光客にもニコニコ。カタコトの日本語の売り込みも口調がソフトです。塩辛や明太子、ちりめんじゃこ等お土産にしても。
a0223786_14322560.jpg













韓国野菜に魅せられたわたしとしては可楽市場(カラクシジャン)の農産物市場もおもしろかった。
ここはとてつもなく広い市場で水産物や畜産物の市場もあるんですが、市場の入り口の農産物市場を見るだけでも、韓国野菜の種類の多さに驚かされます。白菜もサンチュ用の小さい物からキムチ用の大きいものまで、大根もカクテギ用大きいものからホントにちいさい姫大根まで。セリやニラもおいしそう。
a0223786_1555973.jpg


どこの市場でも唐辛子を買う事ができ、好みの細かさに挽いてもらえます。
a0223786_1584299.jpg

韓国産の唐辛子は中国産より、さわやかな辛さでこれを使うとキムチが数段おいしい。ただしお値段も数段はるし、本物の韓国産かどうかは韓国人でもわからないそう。ハングル語にイマイチ自信がなければ、ソウルマートなどのスーパーで買って下さい。同じ事はごま油も。
こちらの山盛り唐辛子の入った袋、国内産と書いてあるんで本物と思いますが...
日本には韓国産の唐辛子はほとんど入って来ないと聞いて、たくさん買ってきました。

京東市場 最寄り駅は祭基洞駅
中部市場 最寄り駅は乙支路4街駅
可楽市場 最寄り駅は可楽市場駅
by mickimchi | 2011-11-19 15:28 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Comments(4)