タグ:noodle ( 20 ) タグの人気記事

つるつるっといろいろナムルのキムチそうめん&宮廷トッポギ

なんか、蒸し蒸しする今日この頃。
こんな日はつるつるっとキムチそうめん。

いろいろナムルを作って、錦糸卵と茹で鶏も並べて。
2人分のおそうめんを固めに茹でて氷水で冷やし、水気を取ったのもお皿に。
a0223786_13243517.jpg


で、キムチの漬け汁1/4カップ、あたためた茹で鶏の茹で汁3/4カップに塩小さじ1/2を混ぜたもの、 はちみつ小さじ1、酢小さじ1をよく混ぜて冷まし、冷凍庫でシャーベット状にしたつめた〜いつけ汁で食べます。
つけ汁にみじん切りのキムチを加えてもおいしいし、ラー油もお好みで加えてください。
食欲な〜いなんていう方にもオススメです。

a0223786_1326585.jpg


たくさん作ったナムルは、宮廷トッポギの具にも。

韓国の屋台で見かける真っ赤っかのトッポギじゃなくて、唐辛子を入れないお醤油ベースのトッポギです。

せっかく宮廷風と銘打ったからには、彩りよく。
と、いってもナムルと、常備菜の牛しぐれに、トッポギを炒め合わせただけ。

a0223786_13271884.jpg


「宮廷トッポギ mickimchi家風」

材料(2人分)
トッポギ餅 100グラム
ナムル数種類 適宜
カラーピーマンの細切り 1/2個分
万能ネギの小口切り 適宜
牛しぐれ 100グラム
錦糸卵 卵1/2個分
フルーツ醤油 小さじ2 (万能醤油だれとで醤油だれの1/3量のフルーツジュースを混ぜたもの)
にんにくとしょうがのすりおろし 少々
塩コショウ 適宜
白入りゴマ 適宜

作り方
1 トッポギは熱湯で2〜3分茹でて水気を取る。
2 フライパンにサラダオイルを熱し、玉ねぎ、トッポギ、にんにく、しょうがを加えて炒める。
3 ナムルと牛しぐれも加えて炒め合わせ、フルーツ醤油を加えて全体に絡める。
4 カラーピーマンと万能ネギも加えてサッと混ぜたら火を止める。
5 皿に盛って、錦糸卵をのせ、白いりごまを振る。

常備菜の牛しぐれは、
一回ゆでこぼした牛肉の切り落としを、フルーツ醤油(万能醤油だれとで醤油だれの1/3量のフルーツジュースを混ぜたもの)に鍋に入れ、水分が飛んで牛肉がバラバラに細かくなるまで箸でほぐしながら炒めたもの。
だいたい、牛肉の切り落とし100グラムに、万能醤油だれが大さじ1と1/2、フルーツジュースが大さじ1/2くらいです。


さらに大量に作ったもやしナムルは、タコと和えてお皿に盛って香菜(パクチー)をどっさりのせて、ライムを絞ってアジアンタコサラダに変身。

a0223786_13273138.jpg


蒸し暑い台所で汗をかかずに作れて、食欲ない日もモリモリ野菜が食べれますよ。
by mickimchi | 2015-05-12 13:17 | 粉もの&軽食 | Comments(10)

春キャベツで巻く、三元豚とタコのポッサム

春キャベツで、ポッサム。
去年も同じ時期、手作りサムジャンとネギジャンで、春キャベツのサムパプ作ってますねぇ。
この時と同じゆで方でゆでた春キャベツ。
a0223786_14444286.jpg


このゆでキャベツを広げてゆで豚とタコをのっけて、手作りサムジャンとネギジャンをつけて、くるくるっと巻いて食べる、春のポッサム。

いつもおいしい旅を続けてるビョンさんが、ポカポカ陽気の大邱(韓国の東南部にある韓国第三の都市です。)で食べたらしきタコのポッサムの事、ブログにのっけてらして、そのことが頭から離れず作ってみました。

ポッサムって韓国語で「包む」っていう意味。
ゆで豚を葉野菜で包んで食べる料理です。
季節の野菜や魚介も加えると、同じ料理でも雰囲気が変わっていいもんですね。
a0223786_14483949.jpg


新玉ねぎのチャンアチ(酢じょうゆ漬け)やキムチもいっしょにクルクル。
a0223786_144917100.jpg


新玉ねぎのチャンアチはこの季節の常備菜です。
a0223786_14511117.jpg


ポッサムと一緒にサムパプ(包みご飯)でもいいんですが、この日はあまったゆで豚とキムチ、キャベツともやしで、ミックスキムチ焼きそば。
a0223786_14512373.jpg


焼きそば麺ではなく、九州の棒ラーメンを固めにゆでてキムチと野菜といっしょに炒め、付属の粉スープを1/3くらい加えて味付けしました。
棒ラーメンってわりかしカロリー低いのねぇ。
焼きラーメン風でおいしかった。

残りの粉スープは、豚をゆでた汁にキャベツのはしっこと加えて即席スープにしました。
by mickimchi | 2015-03-19 12:12 | 豚肉がメイン(韓流) | Comments(14)

自家製パスタで、和牛の切り落としボロネーゼ。チーズナムルとタコのジョン。 oishii

先日妹と行ったイタ飯屋の手打ちパスタが美味しかったので、真似してみました。
「切り落としポロネーゼソースの自家製パッパルデッレ」。
a0223786_14181581.jpg

パッパルデッレって、きしめんの親分みたいな幅広平打ち麺。
自家製ったって、ヌードルメーカーがやってくれるので、マシーンから出てきたラザニアをゴン太く切り分けただけ。

「濃厚ソースがよく絡む麺でございます。」って、これはイタ飯屋さんの受け売り。
ですんでいつもの牛ひき肉でなく、和牛の切り落とし肉を粗みじん切りにして「和牛の切り落としボロネーゼソース」を作りました。
切り落とし肉を包丁で粗みじんにするのは思ったより手がかからず、味はひき肉よりずっと良くなりますのでオススメ。


a0223786_155621.jpg
材料(4人分)
牛肉切り落とし 150g
パンチェッタ(粗みじん切り、ベーコンでも) 10g
オリープオイル 大さじ1
にんにく(みじん切り) 1カケ分
セロリ、玉ねぎ、にんじんのみじん切り 各20g
ローリエ 1枚
グローブ 少々
バター 8g
小麦粉 小さじ1と1/2
トマトペースト 15g
赤ワイン 20ml
ホールトマト(水煮缶)1缶
ブイヨン(熱湯とスープの素を溶いたもの) 75ml
ポルチーニ(乾燥。あれば)8g
パルメジャーノチーズ 適宜
ナツメグ、塩、黒胡椒 各少々
パスタ

作り方
1 牛肉はみじん切りにする。
2 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、にんにくが色づいてきたら、野菜、ローリエ、クローブを加えて炒める。
3 バターと牛肉も加えて炒め、パンチェッタも加える。
  炒める際は、肉を軽くほぐして広げたらあまり混ぜないで、肉に焼き色をつける。
4 小麦粉、トマトペーストも加えて炒める。
  この時も鍋底から混ぜながら、ある程度焦げ目をつける。
5 赤ワインも加えて、しっかり煮詰める。
  いったん火を止めて、トマト缶を手でつぶしながら加え、ブイヨンを注ぐ。
  あればポルチーニ茸をぬるま湯少々でもどして加え、再び火にかけ15分くらい煮る。
6 最後にパルメジャーノチーズ、ナツメグ、塩、黒胡椒を加える。
7 茹でたてのパスタをあえてできあがり。

「緑野菜のチーズナムル」。
a0223786_141839100.jpg

茹でた野菜とアボカドをごま油、パルメジャーノチーズ、おろしにんにく少々で和えました。
塩代わりにチーズで塩味をつけて。
ター菜とか、青梗菜とかの中華野菜をさっと茹でて加えると、見た目も味もおもしろいので最近凝ってます。

「タコとレンコンのジョン」。
a0223786_14203161.jpg

ジョンは素材を溶き卵にくぐらせて焼く、いわば韓国のピカタ。
レンコンはあらかじめ酢を加えた湯で5分ほど茹でておくのがミソ。
ゆでたレンコンとタコの水気をきって、小麦粉をうすくまぶし、塩とおろしにんにく、青海苔少々を加えた溶き卵の卵液にくぐらせてフライパンで焼きます。
焦げやすいので弱火でね。
塩かポン酢でどうぞ。

おまけのお話。
多めに作ったボロネーゼソース。
後日、おでんの時使った牛スジ煮が残ってたので、このボロネーゼソースに加えて、デミグラスソース(市販品)、オイスターソース、ケチャップを加えて牛スジデミグラスを作りました。
バゲットで食べたらおいしかった。

a0223786_14493791.jpg

by mickimchi | 2014-12-12 10:33 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(8)

大岡山の台湾まぜそばを真似て、韓国まぜそば

名古屋から東京に進出してきた台湾まぜそばのお店、大田区大岡山の「麺屋こころ」。
写真は、こちらのお店の「汁なし台湾まぜそば味玉トッピング」です。
a0223786_13431739.jpg

ゆであがりの太麺にたれをからめてうつわに盛り、ちょっとピリ辛の挽き肉そぼろに、九条ネギの小口切り、ニラ、にんにく、魚粉、卵黄をのっけてくれます。
これをぐっちゃぐちゃにかきまぜて、う〜んおいしい。
a0223786_1347649.jpg

さらにさらに、「追飯」っていうサービスも。
たれと具をすこ〜し残しておいて、お店の人にちょこっとどんぶりに白飯をのっけてもらって坦々ご飯にするんです。
これまた、いいお味。

麺屋こころ、今や長蛇の列ができる程の人気店になったそう。
高田馬場にも支店ができてるんですね。
私はまだ肌寒い春先にうかがいました。
また、ちょっとブームが落ち着いたら行ってみたいです。
a0223786_13465172.jpg


さて、そんな汁なし台湾まぜそばを真似て。
ったって作り方わかりませんから、うちは韓国風。
ラーメンの生麺(私はお気に入りの西山製麺の硬質麺)を1玉ゆでて湯切りしたら丼に。
万能醤油だれ大さじ1と、フルーツジュース(りんごの絞り汁でも)小さじ1、ごま油小さじ1、ニンニクのすりおろし、粉唐辛子各少々をあえた特製だれでよく和えます。
韓国風牛そぼろと野菜をトッピング。
卵黄をポトリ。
あればカツオ粉ものせて、ラー油を添えて。

a0223786_13524499.jpg

香菜やメンマもあったのでのっけました。
ニラのみじん切りがおいしいです。
by mickimchi | 2014-08-22 17:21 | 麺類 | Comments(9)

お盆休みの、パクチー(香菜)祭り

お盆休みで山ごもり。
明日はタイカレー作ろうかなと思ってる日に、その日の食事当番の夫が「今夜はタイカレー。」だって。
食べ物の趣味だけは合うんですよね。

パクチーびっくりするほど買って。
パクチー祭り。

青パパイヤのソムタム。
田舎のスーパーでも、青パパイヤ売ってるんですね。
市販のイカそうめんと細切りの青パパイヤを合わせたのは面白い。
今度真似しよう。
a0223786_1655183.jpg


タイ風さつまあげ
白身魚をミンチにして。
ふんわりおいしかったです。
a0223786_16561349.jpg



グリーンカレー。
なぜか時々食べたくなる。
a0223786_16562224.jpg


さて、次の日。
パクチー祭りは次の日のランチも続行。

おそうめんです。
a0223786_16562170.jpg


残りのタイカレーとトムヤンクンにつけて食べました。
a0223786_16543474.jpg

トムヤンクンは冷製です。

パクチーポテトサラダ
a0223786_16555353.jpg


「タイ風シーザーサラダ」。
a0223786_16562947.jpg

スィートチリソースにマヨネーズ、レモン汁、ナンプラーを加えたドレッシングで、野菜とツナを和えました。
温玉のっけて、パルメザンチーズをふりかけて、ピーナッツを砕いてパラパラっと。

パクチー祭りとかいっといて、途中からビール祭りっていう様相に。
by mickimchi | 2014-08-14 10:01 | ミッキムチ家のエスニック | Comments(14)

ベランダ干しきのこ&トマトキムチドレッシングの冷しゃぶサラダ oishii

台風一過で。
残暑お伺い申し上げます風おつまみ。
「まぐろとアボカドのタルタル」。
a0223786_1240896.jpg

上にのっけたのは、紫玉ねぎを白ワインビネガーに漬けておいたもの。
ドレッシングにもこの紫玉ねぎのマリネを使い、バルサミコ酢、塩、胡椒、EVオリーブオイルを加えてまぐろとアボカドを和えました。
ワサビマヨもちょこっと。
(マヨラーは卒業したはずなのに。)

「トマトキムチドレッシングの冷しゃぶサラダ」。
a0223786_12325196.jpg

ニンニクのみじん切りをオリーブオイルで香りが出るまでいため、ざく切りトマトを加えて煮詰めたトマトソースに、ざく切りキムチとポン酢を合わせたトマトキムチドレッシング。
トマトソース1:キムチ1:ポン酢が0.5くらいの割合で。
このドレッシングをギンギンに冷やしておいて、豚の冷しゃぶと野菜にかけました。

「焼き干しきのこ、卵黄のせ」。
a0223786_12324135.jpg

普通のきのこのソテーより、焼いたきのこの香ばしい香りがさらに濃いです。
干しきのこのマリネをマリネ液少々を加えてさっとソテーして。
卵黄ぽとり。
これをまぜまぜしたら、おいしいきのこのおつまみ。

暑さがぶりかえしたんで、ギラギラ太陽に一仕事してもらいます。
ということで、8時間干しきのこ。
朝干して夕方取り込んだ干しきのこです。
水分だけ抜けて、きのこの旨味だけ残った感じ。
a0223786_12383935.jpg

テフロン加工のフライパンでなるべく動かさないように焼きつけて。
お塩は焼く時点ではふりません。
水分出ちゃうから。
a0223786_12495040.jpg

こうしてできた干しきのこのひものソテー。
半分はオリーブオイル、塩少々と、赤唐辛子、ハーブとともにキノコのマリネに。
半分はきのこの佃煮に。
両者ともお酒のおつまみに、メインのお料理の付け合わせに、サラダにと便利な常備菜です。

a0223786_12382211.jpg


「ちりめん山椒の焼きそば」。
a0223786_12323291.jpg

調味料は何も入れずに。
「はれま」のちりめん山椒で焼きそば。

お好みで、京都つながりの黒七味をふって。
a0223786_1312977.jpg

by mickimchi | 2014-08-12 11:32 | Comments(2)

すっきりスープの韓国冷麺とゆで牛肉のコチュジャン添え

韓国の水冷麺(ムルネンミョン)。
食欲がない人にも、ある人(私)にも。

牛すね肉をゆでたスープに薄口醤油、塩、砂糖、酢で味つけして、かき氷になりそうなくらい冷やしたすっきりスープ。

もし水キムチがあれば、水キムチのつけ汁を牛すね肉のゆでたスープに加えると、酸味が加わっておいしいです。
のせる具はゆでた牛肉やらお好みで、水キムチものっけて。
水キムチが食べたいから水キムチを作るのか、この冷麺がたべたいから水キムチを作るのか。
この時期は特にいっつも冷蔵庫に水キムチが入ってるmickimchi家。

水キムチがなければ、寿司酢に20分ほどつけた大根と漬け汁を加えるのもいいと思います。
a0223786_20335425.jpg


前菜代わりの、かぼちゃのお粥。
あったかいとろみのあるスープ飲むと、悪酔いしないっていうんで。
うちの常備菜ならぬ、常備薬です。
ゆでた緑豆をのっけました。
a0223786_1344215.jpg


ゆで牛肉「スユッ」登場。
牛すね肉のスープを取ったお肉です。
冷凍庫のゆで豚も一緒に並べて。
野菜とともに蒸して、アツアツを食卓に。
a0223786_20342652.jpg


つけだれは、コチュジャンと、酢醤油で。
コチュジャンって、メーカーによって甘すぎたり、やけに辛かったりって事ありますよね。
そういう時、日本の田舎味噌とハチミツちょこっと加えると、あらやだ、すごくおいしくなる気がします。
a0223786_1355618.jpg


最近凝ってる、えごまマヨネーズのあえ衣。
これで野菜を和えるとおいしい。
「ブロッコリーのえごま風味」。
粉末えごまに、オリーブオイル、醤油、砂糖、ニンニクのみじん切り、味噌プラスマヨネーズで、えごまマヨネーズ。
えごまの粉末がなければ、すりゴマでも。
a0223786_1351862.jpg


韓国風ラタトゥイユ。
トマトなしのさっぱり和風ラタトゥイユに、コチュジャン加えて、ゆでタコのっけて。
冷凍庫の自家製ドライトマトも自然解凍して。
色々海を渡った感じの味のラタトゥイユだけど、全然違和感なくおいしい(と思います)。
a0223786_2035445.jpg



by mickimchi | 2014-07-08 12:05 | 牛肉がメイン(韓流) | Comments(8)

フィリップスのヌードルメーカーで自家製パスタ

買ってしまった。
ヌードルメーカー。
a0223786_10364712.jpg

多分今年買ったお買い物で今のところ、一番高価格かも。
うれしくって早速使ってみたくなり、早速パステリア@ミッキムチ亭です。

で、ヌードルメーカーに粉入れて、卵水入れて、スイッチ押したらニュルニュルっとでてきました。
パスタが。
a0223786_1037996.jpg


せっかくなので、3種のソースで。

「ボンゴレ・キムチ」。
a0223786_10374897.jpg

フライパンにEXオリーブオイルとにんにくのみじん切りを入れて火にかけ、にんにくがうっすらきつね色になったら、アサリと白ワイン、水少々を加えます。
フタをして一気に強火にして、水とオイルを一体化させます。
アサリが開いてきたら、フタを取ってキムチのざく切りを入れて煮詰めてソースが出来上がり。
ゆであがったパスタをフライパンに加えて強火で数回フライパンを振ってソースをからめたら、「スパゲティボンゴレ・キムチ」イッチョあがり。

「しらすと万願寺唐辛子のペペロンチーノ」。
a0223786_10373237.jpg


「枝豆ペーストと魚介のラグーソースのパスタ」。
a0223786_103865.jpg
4分半ほど塩ゆでして粗くつぶした枝豆と、エビとカニ入り。

枝豆ペーストがあまったので、枝豆ディップをグリッシーニで。
a0223786_1381016.jpg


枝豆ペーストプラスカッテージチーズ、パルメザンの粉チーズ、オリーブオイル、塩こしょう。
a0223786_138041.jpg


紫キャベツのマリネも。
a0223786_1383472.jpg



このヌードルメーカーを使った感想は…
すんごく楽!
そしてすんごく恐ろしいです。
毎日麺食べそうで。
イタリアのコロンコロンのおばちゃんみたいになりそうで。

以前、餅つき機なるものを買って10キロ太ったお友達がいて、パン焼き機もね、買ったらパン毎日作って太りそうだし、断念してたんです。
小麦粉オフダイエット、試みようとしてたような遠い記憶がある私でした。

で、今日もうどん作ろっかな?
by mickimchi | 2014-06-26 13:27 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(13)

タイ風鶏肉のバジル焼きそばと、ピーナッツ入り野菜の甘辛炒め。 oishii

鶏肉のバジル炒めがのっかったタイ風の焼きそば、ガパオ焼きそば。
自由が丘のタイ料理屋さんで食べたのがおいしかったので、おうちでも作ってみました。
お店ではタイの幅広ビーフン麺を使ってましたが、簡単に皿うどんのパリパリの揚げ麺を使って。
a0223786_17101839.jpg


「mickimchi家のタイ風鶏肉のバジル焼きそば」
材料(2人分)
皿うどんの揚げ麺 1つ(足りない方は2つでも)
鶏もも肉(0.5センチ角に切る) 100グラム
にんにく(みじん切り) 少々
バジル(葉の部分) 20枚くらい
卵(目玉焼きにしておく) 2個
カラーピーマン(乱切り) あわせて2個分

A(揚げ麺2つの場合はもう少し多めに)
 ナンプラー 小さじ1
 オイスターソース 大さじ1
 シーズニングソース 小さじ2(なければ、醤油とハチミツで代用してね。)
 砂糖 大さじ1

作り方
1 フライパンにサラダオイルとニンニクを入れて火にかける。
  香りが出たら鶏肉を炒める。
2 1に火が通ったら、ピーマンと Aを加えてさらに炒める。
3 仕上げにバジルを加えて火を止める。
4 皿に皿うどんを盛り、3をのせて目玉焼きものせる。

皿うどん用の揚げ麺のパリパリ食感、アジア風の味付けでもイケます。

ちょっと物足らなかったので、同じ皿にサテ風に焼鳥ものっけてみました。
スーパーで焼鳥用に串に刺して売っていた鶏肉に塩麹をまぶして半日置いてからトースターで焼いただけなんですが、これも結構うまかった。
塩麹って便利ですね。
(今さらなんですが、目下のマイブームです。)

「ピーナッツ入りアボカドとイカの野菜炒め」。
a0223786_17102596.jpg

九条ネギ、ブロッコリー、イカ、アボカド、ピーナッツ、干しえびのみじん切りを、ナンプラー2:塩1:砂糖1:レモン汁3の割合のソースで炒めて、五香粉と粉唐辛子各少々をふって香菜を飾りました。
フライドオニオンもパラリ。
冷蔵庫に余った野菜類で作ったんですが、アボカド入れるといい感じ。

「おさしみの葉っぱ巻きアジアン風。」
a0223786_844851.jpg
スーパーで280円で売ってた、お刺身の端っこの盛り合わせで。

葉っぱは、韓国料理で使って残ったえごまの葉とサラダ菜、アスパラガス。
a0223786_8435334.jpg

いろんなアジアンだれをつけながら、お刺身を葉っぱで巻き巻きして食べます。
オイスターソース、スイートチリソース、ナンプラーに、これも残ってた手作りサムジャン

a0223786_843195.jpg

えごまの葉って韓国料理だけじゃなくて、ベトナムでも、生春巻きみたいに具をクルクルして食べるらしいですよ。
どうりでナンプラーや、スイートチリソースとの相性も良かったわけです。
by mickimchi | 2014-05-09 17:10 | ミッキムチ家のエスニック | Comments(6)

トムヤムつけ麺と、餃子の皮で作る即席小籠包 oishii

トムヤムクンつけ麺。
a0223786_1425028.jpg

この冬、何回も楽しんだトムヤンクン鍋。
こちらの方のブログにインスパイアされまして。
ありがとうここちきさん。

ちょっと春めいてきたので、今日は極太麺で、トムヤンつけ麺。
a0223786_143098.jpg


豚挽き肉とニンニクのみじん切りをサラダオイルで炒めてチキンスープを注ぎ、市販のトムヤンクンペースト加えて。
さらに、最近スーパーでよく見かけるハーブ、フレッシュのレモングラス、カフェライムリーフ(こぶみかんの葉)、香菜(シャンツァイ)の根をお茶パックに入れるたのを加えたら、結構本場風な味になりました。
a0223786_1434464.jpg


具材はエビとプチトマトに、フクロタケに香菜。
なんか変化球で、ココナッツミルクの代わりに今回はエバミルクでやってみました。
結構エバミルクもイケます。
a0223786_1432333.jpg


自家製小籠包。
a0223786_14373.jpg


なんて、市販のぎょうざの皮に餡をのっけて、その上からチキンスープをゼラチンで固めたのをのっけて包んだだけ。
餡は、豚挽き肉に、塩麹、こしょう、しょうゆ、酒、しょうが、ネギ、ごま油をフープロでガーッとやって。
a0223786_1433293.jpg
包む時は、こんな感じのゼリー状のスープが、蒸してる間に溶けて熱々スープに早変わり。

出来たて熱々をレンゲにのっけて酢醤油たらりで頬張れば、スープがジュワッ、餡がツルリ。

a0223786_1431784.jpg

香菜(シャンツァイ)があまったので、バジルのかわりに香菜を使った、香菜ジェノベーゼソースを作りました。
アボカドと和えて、スモークサーモンとイクラをのっけてみました。
by mickimchi | 2014-03-14 10:11 | ミッキムチ家のエスニック | Comments(4)