タグ:pork ( 46 ) タグの人気記事

八種類のナムルを麦ご飯にのっけて、韓国風麦ご飯(ポリパッ)

野菜をたくさん食べたくなったので、ナムルを八種作りました。
干し椎茸、干しエノキダケ、干しヒラタケ の干しキノコ3種のナムル。
それににんじんと、なす、赤ピーマン、黄ピーマンにほうれん草のナムル。
まずは、これを大根の甘酢漬けで巻いて食べました。
ここでワタクシはビール缶、プシュ。
a0223786_11565380.jpg

ナムルって、味付けは何と何が入らなければダメとかそういう原則はなく、好きに作っていいと聞いた事があります。
何となく身体が疲れた感じのこの日は、キノコとなす、カラーピーマンのナムルは、醤油、塩こしょうとともに、少し砂糖とみりんを入れて甘さを加えてみました。
ごま油ちょろり、おろしにんにくもチョコッと加えて、白ごまパラリ。
この味付け好きかも。
秋のお野菜のナムルって、少し味を濃くした方がおいしい気がします。

ほうれん草のナムルは淡口醬油と塩少々で味付け。
ニンジンは塩をしてから手で水分を絞ったあとフライパンで炒めて。

そのあとは、このナムル達で韓国風麦ご飯定食、ポリパッ定食。
a0223786_11562354.jpg

ナムルといっしょにご飯にのっける肉味噌は、いつもの韓国風肉味噌でなく、ジャージャー肉味噌と、ベトナム風肉そぼろで。
このエスニックそぼろ2種、思いのほかナムルとの相性が良かったです。
チゲは、豆乳キムチチゲ。
お味噌も入って、マイルドな辛さ。

a0223786_11584051.jpg


もちろんキムチも。










で、麦ご飯にのっけて、手作りサムジャンを添えて。
a0223786_1158177.jpg


食べるときは思いっきりまぜまぜします。
もう思いっきり。
by mickimchi | 2013-10-09 10:48 | 野菜がメイン(韓流) | Comments(11)

特製バルサミコ醤油を使って

バルサミコ酢、台所で眠っている事ありますよね。
そんな場合にお勧めなのが、自家製調味料、自家製バルサミコ醤油作り。
a0223786_14385686.jpg

お醤油ですから、日本人としてはいろいろ使い勝手がいい気がします。

これを使って「バルサミコ酢豚」。
↓にバルサミコ醤油の材料ものっかってます。
「バルサミコ酢豚」
a0223786_1031189.jpg



「マグロとアボカドのサラダ」もバルサミコ醤油で。
a0223786_10295650.jpg

粗みじんにたたいたマグロとアボカドと玉ねぎを、バルサミコ醤油、EX.V.オリーブオイル、塩こしょうで和えました。
葉っぱにくるんでどうぞ。

「牛肉のステーキ、バルサミコ醤油風味」。
a0223786_10295318.jpg

塩こしょうしてさっと焼いた牛肉のステーキにバルサミコ醤油をかけて。
つけ合わせの彩り野菜は、さっとゆでて白だしベースの和風マリネ液でマリネしてあります。
野菜の色は鮮やかなまま、味はしっかりのマリネだと思います。

ステーキの下にはさっといためたもやしをしいて、鉄板焼き屋さんみたいにしてみました。

バルサミコ醤油を使ったお料理、ワインにもあうけど、白ご飯にもあいますね。
是非。
by mickimchi | 2013-10-04 12:34 | フュージョン | Comments(5)

ベトナム風蒸しフランスパンと、余ったそうめんで肉団子のフォー

この日は、おうちでベトナム料理の夕べ。
まず「ベトナム風蒸しフランスパン」。
a0223786_15274298.jpg

ベトナム風肉そぼろをフランスパンのっけて10分ほど蒸篭で蒸します。
フライドオニオンや粗みじんのピーナッツもふるとおいしいです。
たくさんの葉野菜とともにどうぞ。
a0223786_15304873.jpg


ベトナム風肉そぼろはたっくさん作って冷凍すると、チャーハンの具にしたりいろいろ便利に使えます。

「ベトナム風肉そぼろ」
材料(4人分)
豚しゃぶしゃぶ肉 250グラム
にんにく(みじん切り) 1カケ分
玉ねぎ(みじん切り)1/6個分
砂糖 大さじ1
ヌクマム(ナンプラー) 小さじ1と1/2
シーズニングソース 小さじ2
醤油 小さじ1
グリーンカレーペースト 小さじ1/2(辛いの苦手なら入れなくても。)

作り方
フライパンに油をひき、にんにく、玉ねぎと豚しゃぶ肉をみじん切りにしたものを入れて肉に火が通るまでよく炒める。
砂糖、ヌクマム、シーズニングソースを入れて炒めあわせ、味をみながら醤油を加える。
グリーンカレーペーストを入れて、一炒めしてできあがり。
醤油を入れる前に味見してしょっぱくなりすぎないように注意して下さいね。



a0223786_1555366.jpg


シーズニングソースがなければ、オイスターソース少々で代用しても。


でもこのシーズニングソース、少量使うだけで一気に料理がアジアンテイストになるから結構便利です。









葉野菜は、グリーンカールや、ミント、バジル、シブレット、香菜なんかを加えるとホンモノっぽくなります。

熱い夏で疲れたお腹にやさしい、あたたかい肉団子のフォーも作りました。
フォーといっても余り物のそうめんで簡単に。
a0223786_15281876.jpg


すいません、そうめんと言いつつ、写真は韓国の麺、カルググスという麺を使ってます(^^;
カルグクスは稲庭うどんみたいな韓国のうどん、私はおそうめんや稲庭うどんと同じ感じで使ってます。
な、なししろ、乾麺を固めにゆでて冷水でしめておきます。(すいません、大ザッバで。)
スープは鶏スープでも、ウエイパーなどスープの素でお手軽に作ってもかまいません。
それをヌクマム(ナンプラー)と砂糖少々、塩こしょうで味付けして、最後にライムをきゅっとしぼります。
このスープを煮立てて麺を戻し入れて出来上がり。

お好きなトッピングで。
今回は、冷凍庫のミートボールを小鍋に入れて、ヌクマムと塩で煮からめたもの。
この他に牛のしゃぶしゃぶ用肉や鶏肉など、ヌクマムと塩で味付けしてのっけてもおいしいです。
ミント、バジル、香菜をたっぷりのせて。
お腹にスルスルっとはいるあったか麺、なんかホッとする味です。

この日、なぜにベトナム料理メニューになったかと申しますと、ジャ〜ン!この蒸し板を楽天で買ったのですぐ使いたくって。

a0223786_15552816.jpg

どうやって使うかといいますと、ほら、お鍋と蒸篭の間に置いて蒸すんです。
そうするとドーナツ型の穴の部分から蒸気が蒸篭にあたるので、お鍋の大きさを気にせず蒸篭が使える!すごいすぐれもの。
a0223786_15553382.jpg


いつもおいしい情報をいただいてる u-hijyuさんのこちらの記事を見てさっそく購入しました。蒸篭&蒸篭蒸し板

ホントは、中華街まで行ってゲットしたかったけど、すぐに欲しくて楽天で。
私は考えもなくいろんな大きさの蒸篭を買っちゃって、それにあう大きさのお鍋がないもんだから、蒸篭を大きすぎるお鍋にのっけて不安定でグラグラしちゃったり、フライパンのような深さのないお鍋にのっけて、いつの間にか蒸し湯が蒸発して空焚きしちゃったりだったんで、大助かりです。
ありがとう!u-hijyuさんさん。

うれしすぎて、蒸し板が到着したらすぐバリバリと段ボールを引きちぎって、出てきた蒸し板を足の指の上に落とすというものすごく痛いアクシデントにもみまわれましたが...
(平べったいから置く場所もとらず便利なんですが、思ったより重いんで、足の指の骨、ヒビでも入ったかと思いました。ダイジョブだったけど。)

あと、余った肉そぼろの行方。
後日。
「ベトナム風肉そぼろと葉野菜の混ぜご飯」。
a0223786_1449365.jpg


なんか、生菜(センチュ)ビビンバみたい。
食べる時はよ〜くまぜまぜしてね。
野菜がたっぷり食べれて、ご飯は少しでも満足感があります。
作るのも簡単だしね。
by mickimchi | 2013-09-06 09:46 | ミッキムチ家のエスニック | Comments(8)

プルコギミートボールと、トッポギうどん

プルコギ味のミートボール。
おいしいんじゃないかなぁと思って作ってみました。
a0223786_17254248.jpg


まずは、ミートボールを作っときます。
おつまみ風にちっちゃく。
250グラムの豚挽き肉に卵一個、玉ねぎのみじん切りが1/4個分、しょうがのみじん切り、塩こしょう、酒各少々と、片栗粉は大さじ1くらい。
全体を粘りが出るまでよくよく混ぜて、手に水を付けてちっちゃく丸めてきます。
これを揚げてくんですけど、ちっちゃいから中まで火が通ったか心配しなくてすみます。

a0223786_8504815.jpg


たくさん作って冷凍してトマトソースでイタリアン、甘酢だれで中華風、フォーにのっけてベトナム風、なんていろいろ考えてたのに、揚げたてのミニミニ肉団子、ちょっと味見でお口にポイッ!も一個ポイッ!とみるみる少なくなっちゃった。
揚げたてを特製韓国風七味塩で食べるつまみ食い、おいしかったです。
a0223786_8505592.jpg


そうそう、プルコギ風味もなかなかイケました。

プルコギソースのは、
コチュジャン4:醤油と酒が各1.5:砂糖と酢が各1の分量におろしにんにくと白炒りゴマを混ぜたもので。
オリーブオイルとレモン汁で和えたベビーリーフと一緒に食べるとサッパリします。
パルメザンチーズもお好みでふって。


この日は、甘辛韓国食堂風の夕べにしたかったので、〆もトッポギ風うどんで。
a0223786_17252314.jpg

自家製トッポギソースで市販の冷凍うどんをチンしてあえました。

トッポギソースは、
コチュジャン2.5:砂糖とメイプルシロップ各1:みりんと醤油、ごま油各0.5におろしにんにくを混ぜました。
具は、ちくわやさつま揚げを短冊に切ったものと、ゆでた塩豚をカリッと焼いたものにキムチも細く切って。
魚の練り物と、ソーセージやベーコンが合うと思います。

冬なんかラーメンでもいけそう。
ちょっとヤバい味の作れちゃいましたよ。
自家製トッポギソースは現在味を開発中ですけど、現時点では結構これがいいかな?
少し、出汁を加えてもいいかもしれない。
本場韓国では、韓国の甜麺醤、チュンジャンを少し入れるらしい。
と、ほとんど独り言のようですけど、寒くなる前にもちょっとトッポギソース完成させたいです。
by mickimchi | 2013-08-30 14:40 | 豚肉がメイン(韓流) | Comments(2)

あさりのタイ風グリーンカレーと豚のバジルチリソース炒め oishii

いつものタイカレー、あさりのスープで作ってみました。
塩抜きしたあさりをゆでて作ったあさりのスープ。
a0223786_9121723.jpg

お肉もチキンじゃなくて、豚肉で。
豚肉のしゃぶしゃぶ用の薄切り肉を粗みじんに切って、サラダオイルで炒めてから、タイカレーペーストを加えて炒め合わせてみました。
あさりのスープとココナッツミルク缶を加えて、ナンプラーで味付けして出来上がり。
あさりを入れて、パプリカやナスなどたくさん夏の彩り野菜をさっと素揚げしてトッピング。

「夏野菜と豚のバジルチリ炒め」
a0223786_9123676.jpg

ホントは、市販のバジルチリソースを使おうと思ったのですが、瓶をあけたところイマイチ?な感じだったので、冷蔵庫のとなりにあったサムジャンを使っちゃいました。

mickimchi風バジルチリソース(ったってサムジャンに乾燥バジル入れただけ、全部混ぜ合わせてできあがり)
味噌 大さじ2
コチュジャン 小さじ2
砂糖 小さじ2
酢 小さじ2
白すりゴマ 小さじ2
長ネギみじん切り 小さじ2
ごま油 少々
乾燥バジル 小さじ1

豚肉のしゃぶしゃぶ用の薄切り肉150グラムを粗みじんに切って、サラダオイルで炒めてからバジルチリソース大さじ1と1/2、あさりスープ(水でもOK)大さじ1を加えて、ナンプラー少々で味付けしました。
こちらも素揚げした夏野菜を最後に加えて。

「ナスのタイ風サラダ」
a0223786_920402.jpg

皮をむいてラップしたナスをレンジで3分半チンしたレンジナスを冷蔵庫で冷やして、これまた豚しゃぶみじん切りをさっとゆでてのせます。
市販のスイートチリソースにポン酢を加えた、和風スイートチリソースをかけました。

「あさりの出汁の効いたひんやり夏のお吸い物」
a0223786_920262.jpg

これは、あさりのスープにナンプラーとレモン汁で味付けしてアジアン風にしようと思ったんですけど、やっぱり和風にしてみました。
白だしと塩少々を加えたスープを冷蔵庫で冷やしておいて、あさり、おぼろ豆腐と素揚げ野菜を加えて。
冷やすとしょっぱく感じますから、塩味はうすめで。
by mickimchi | 2013-08-17 10:23 | ミッキムチ家のエスニック | Comments(12)

さっぱり、ヨーグルトサムギョプサル。オーブンに入れて8分焼いて5分予熱でできあがり。

暑い夏、サムギョプサル食べながらビールをグイッと、なんてサイコーですね。
塩麹をまぶして冷蔵庫で数日ねかせた豚バラブロック肉を焼いた、塩麹サムギョプサルがここんとこのうちの定番でしたが、ふと思いついて水切りヨーグルトにつけてみたら、夏にぴったりのさっぱりしたサムギョプサルになりました。
フライパンで焼いてもいいんですが、台所で大汗かきたくなかったので、オーブンで簡単に。
a0223786_1041486.jpg


水切りヨーグルトもですねぇ、半日くらいキッチンペーパーをのせたザルでヨーグルトの水切りしなきゃなれないのが時間がなくて、塩をちょこっと加えたのがよかったみたい。
冷蔵庫で2〜3時間ざるにのせて、塩ヨーグルトが出来ました。
この塩ヨーグルトとマッコリを混ぜた漬けだれを豚バラ肉とジップロックに入れて一晩。

漬けだれをさっとぬぐって一口大の大きさで厚めにスライスした豚バラ肉を、クッキングペーパーをのせた鉄板に並べて、200度にあたためたオーブンで8〜9分で焼いた後、そのまま火を止めたオーブンの中に5分入れたままにして、予熱で火を入れます。
a0223786_1042027.jpg


おいしかったので、漬けだれの分量の覚書を自分様に。
豚バラブロック肉 300グラムに対して、
ヨーグルト 100グラム
塩 小さじ1/2
マッコリ 小さじ2

カッリカリのサムギョプサルをエゴマの葉や、レタスにのせてサムジャンとネギジャンなどお好きなたれを加えて、包んでお口にポイッと一口でどうぞ。

おつまみに、アボガドキムチのガリバタポン和え。
a0223786_104876.jpg

ニンニクのすりおろしとバター、ポン酢をいっしょにレンジで15秒ほどチンした、ガリバタポンソースでアボカドと白菜キムチを和えただけ。
ガリバタポンソースがあったかいうちに、アボガドとキムチを和えると、とろ〜っと仕上がります。
ちょっと危うい味?
でもおいしい。
by mickimchi | 2013-08-13 09:08 | 豚肉がメイン(韓流) | Comments(4)

フープロギョウザと居酒屋mickimchi亭の夏のおつまみ

a0223786_14382052.jpg

はい、またまたmickimchi家の真打ちによる一品。
フープロで作る、絶品焼きギョウザ。
餡にしっかり味がついてて皮がパリッパリのギョウザって、暑い夏にビールと一緒に食べたくなる。
焼き方も私より数段上手です。



あとは、ワタクシがmickimchi亭の夏のさっぱりおつまみ担当で。

きゅうりのサラダ、もずくドレシング。
a0223786_14284689.jpg

きゅうりを極薄切りにして、自家製もずくドレンシングをかけました。
とはいえこのもずくドレッシング、冷蔵庫にポツンと残ってた市販のもずく酢を汁ごとミキサーにかけて、白だし、米酢、青ゆず胡椒少々を加えただけ。
ミキサーにかけると酸っぱさが抜けるんですね。
米酢足してみました。
青柚子の皮をすりおろして上からかけてあります。

よく行くナカメの焼肉屋さんのメニューに、細かくスライスしたたっぷりの長ネギをのごま油と塩であえた「ネギパボ」っていうのがあるのですが、それをパクらせていただき、「アボタコネギパボ」。
a0223786_14285925.jpg

タコとアボカドにネギパボをのっけて、唐辛子パラリ。
あんまり、頭が良くないようなネーミングですが、これはおいしかった。

岡山の帰り、新幹線で食べようと買ったわさびかまぼこが残ってたので、「かまぼこの青のりチーズパン粉焼き」。
a0223786_1430315.jpg

要はかまぼこを厚切りして、マヨネーズを上にぬり、その上から粉チーズとパン粉と青のりを同量混ぜた、青のりチーズパン粉をふりかけてオーブントースターで焼いただけ。
オーブントースターで焼くと、魚の練り物系ってムチムチした食感になっておもしろいです。
魚肉ソーセージとかでもB級度が高まっていいかもしれません。
別にB級度を追求するコトもないんですけど。
by mickimchi | 2013-08-09 10:16 | ギョウザ、マンドゥ | Comments(4)

豚薄切り肉の肉団子で黒酢の酢豚

そんなに酢豚って特別好きじゃなかったんです。
ケチャップ味のやつ、パイナップルと入ってたりすると?って感じで。
でも黒酢の酢豚は大好き。
つやっつやの黒々としたソースがからんだ、ムチムチっとした豚肉。
見た目と違いさっぱりした味。
特に麻布の富麗華で食べたのがおいしかったなぁ。
ということで、ま、富麗華とは似ても似つきませんが、気分だけはそんな感じをイメージして。
簡単に薄切り肉をクルクルっと団子にした肉団子作る黒酢の酢豚を久々作りました。

作り方はこちら
a0223786_16304214.jpg


切り落としや、しゃぶしゃぶ用の豚薄切り肉って、結構クルクルするとうまく丸まります。


a0223786_16305733.jpg














あとは蒸し鶏の濃厚棒棒鶏ソースかけ。
ソースがおいしくできたので自分の覚え書き用に。
砂糖小さじ1と、白ごま60グラムをすりばちですりつぶし、ごま油大さじ1、サラダオイル大さじ3をあわせます。マヨネーズ、豆板醤、醤油各小さじ1、にんにくとしょうがのすりおろし各少々に出汁大さじ2を加えたもの。
a0223786_1643469.jpg


ご飯はさっぱりと桜えびとえのきの炊き込みご飯。
a0223786_924655.jpg

by mickimchi | 2013-07-03 12:25 | ミッキムチ家の中華 | Comments(6)

豚バラ薄切り肉のカムジャタン風

豚の背骨肉とじゃがいもを煮込んだ鍋、カムジャタン。
大好きな韓国料理のひとつです。
さむ〜い日のソウルで、街角のビニールで覆われたカムジャタン屋さんに入って、あったか〜いお鍋のトロトロ豚肉とほっこりじゃがいもにかぶりついたときのおいしさといったら!

いつもは豚のスペアリブで作るんですが、ふと、豚バラ薄切り肉でやってみようと。
もちろん、骨付き肉を煮込んだときの何ともいえないおいしいスープは最高なんですが、薄切りスライス肉で作るとあらら、さっぱりこれも捨てがたいおいしさです。
これからの暑い季節もこれなら料理する方も楽だし。

a0223786_1620236.jpg


「豚バラ薄切り肉のカムジャタン風」
材料(2人分)
豚バラ肉 150グラム〜200グラム
じゃがいも 今回は小さかったので6〜7個、大きければ3〜4個
たまねぎ(串切り) 1/2個
長ネギ(小口切り) 1/2本
白すりゴマ 大さじ2
エゴマの葉 お好きなだけ
春雨 適量
トッポギ 適量

たれ用
 コチュジャン 大さじ2
 味噌 大さじ2
 酒 大さじ2
 韓国産唐辛子 大さじ1
 砂糖 大さじ1
 にんにく(すりおろし) 小さじ2
 しょうが(すりおろし) 小さじ1

作り方
1 たれの材料を合わせておく。
2 鍋に湯800CCを沸かし、1の2/3くらいの量を加えて混ぜる。
  皮をむいたじゃがいもを入れる。
  (じゃがいもがおおきければ半分に切って。)
3 じゃがいもがやわらかくなるまで煮る。
  途中、15分くらいしたところで玉ねぎも入れる。
  竹串がすっとささるくらいでじゃがいもを取り出す。
  (だいたい20分〜30分くらい)
  じゃがいもを取り出した鍋はそのまま火をそのままにする。
  計40分したら火を止めてジャガイモを鍋にもどす。
4 豚バラ薄切り肉は3センチくらいに切る。
  ボウルに残りの1のたれとともに入れてよく混ぜる。
  30分ほど味をなじませる。
5 フライパンにごま油をしき4を炒める。
  豚肉に焼き色がついたら3の鍋に入れる。
6 鍋を中火にかけ、煮立ったらアクをとる。
  トッポギと春雨も入れる。
7 長ネギとすりごまを加える。 
  トッポギと春雨がやわらかくなったら火を止める。
  エゴマの葉を大まかに切ってのせる。

ご飯にのっけてワッシワッシ食べてもおいしいし、あらかた食べた終わったらご飯をお鍋に入れてポックンパ(焼き飯)にしてもおいしいです。
材料の分量、辛めですから調節して下さいね。
とはいえ、カムジャタン、これくらい辛い方がおいしいと思う。

さて、今宵のおつまみはエスニック風玉子焼き。
近所の焼鳥屋さんに行ったら卵をおみやげにくれたので。
a0223786_1182240.jpg

かに肉と万能ネギの小口切りとキクラゲのみじん切りを入れました。
a0223786_1181724.jpg

溶き卵にほんのちょっとナンプラーと水を加えてふんわりと。

あとは伊東のおみやげのまぐろの酒盗でもう一品。
一口サイズのクリームチーズと、水切りして同じ大きさに切った豆腐を、まぐろの酒盗とかつお節で和えました。
a0223786_1185763.jpg


酒盗って、酒が盗んででも飲みたくなるというのが名前の由来らしいけど、これは絶対飲みたくなる。
  
by mickimchi | 2013-06-25 16:19 | チゲ、スープ | Comments(8)

燻製風味のバーベキューポッサム

な、なんか、むずかしそうな本格的な料理のタイトル。
ホントは瞬間燻製にかけた豚肉を、ル・クルーゼ鍋で蒸し焼きにしただけのポッサムなんです。
a0223786_13374989.jpg


でも脂身がテリテリ、スモーキーにできました。
a0223786_1337154.jpg


直径20センチくらいのちっさい鉄鍋にスモークチップをすこ〜しのせます。
ちっさいからスモークチップも少なめで。
そうして、はしっこをペンチでひん曲げた、100円ショップで買った小さな焼き網の台をのっけたて世界最小最安燻製器をにわかに作ります。

これに、重量の5パーセントの塩をふって脱水シート(ピチット)に包んで一晩置いた豚バラ肉(今回は400グラム)をのっけて、フタをして火をつけます。

ふたの脇から煙が出てきて、くん煙が開始してから7分くらいで火を止めます。
そのままフタをあけずに15分くらい蒸らします。

a0223786_13405025.jpg


ほら、なんかベーコンみたいになったでしょ。







とはいえこれでは生焼けですから、さあオーブンに入れて、と思ったけど、ふとル・クルーゼ鍋で蒸し焼きにする事に。
要するに、オーブンをあたためるのが面倒だったわけです。
さらに言えばオーブンの鉄板を、使ったあとに洗うのが面倒だったわけです。

長ネギをクルーゼ鍋の底にしきつめて、焦げ付き防止のクッションに。
その上に豚肉(400グラム)をのせて、日本酒25cc、醤油25ccに、みりん、アプリコットジャム(これはただ冷蔵庫にあったから。)、レモン汁各少々を加えてフタをし、a0223786_13411262.jpg




弱火に15分ほどかけて出来上がり。







お肉ムッチムチのバーベキューポッサムができました。
結果、オーブンで焼いたよりよかったかも。
土鍋や、ストウブ鍋でも同様に出来ると思います。

下敷きにしたおネギは、お仕事を終えてクタクタになってますからポイしていいんですけどね、このトロントロンのおネギがまたおいしい。
これは作った人がヒミツで食べましょう。
今思ったのですが、クッションにするのは玉ねぎでもいいですし、じゃがいもとかだったら一緒にローストポテトができちゃいますね。
これ今度やってみよう。
これからはローストポークは鍋で作る事にします。



でも、あれれ?
今回はポッサムなのに巻く野菜はエゴマの葉だけ?

いえいえ、大根をスライスして浅漬けにしたのを用意して、これで巻き巻きしました。
塩水にしばらく漬けておいて、触ってみてやわらかくなったらそれで出来上がりです。
a0223786_1338493.jpg

コッテリの豚バラ肉もさっぱりいただけいました。

ムッチムチお肉の豚肉食べて、さらにオナカはお肉ムッチムチなっちゃいましたけど。
by mickimchi | 2013-05-13 16:55 | 豚肉がメイン(韓流) | Comments(2)