タグ:rice ( 79 ) タグの人気記事

ほぐし松茸ご飯

先月札幌のお鮨屋さんで食べた、北海道の興部(おこっぺ)の松茸と炙りトロ。
炙ったマグロの上に、手でほぐした松茸が乗った握り。
忘れられない味。

a0223786_17240264.jpg


松茸ご飯を作ろうとカナダ産の松茸を買ってきた夫に(うちは食事当番が買い物もいたします)、「ほぐした松茸の松茸ご飯が食べたい。」と無理やり作ってもらっちゃいました。
a0223786_17172882.jpg
これがおいしいの。

ホントは網で焼くのがいいのでしょうが、こんな感じでお酒とお醤油を振りかけた松茸をフライパンで焼いてました。
焼きたてを手でほぐして、お米の上に乗っけてフツーに炊いて出来上がり。
味付けも、薄口醤油にみりん、塩といつもの松茸ご飯の味付けで。

もちろん国産の松茸だったら素晴らしく美味しいのでしょうが、味はいいけど風味がイマイチ少ないカナダ産の松茸でも、炊き上がりにお鍋の蓋を取るとフワ〜っと松茸のいい香りが。
味も香りも深くなるみたい。

もしかしてリーズナブルな外国産の松茸こそ、このほぐし松茸ご飯の良さが出るかもしれません。
a0223786_17185558.jpg


おかずは茄子の揚げ浸し。
夫くん、その料理の腕前、いいお嫁さんになれるよ。
a0223786_17173272.jpg


by mickimchi | 2017-10-14 16:14 | たまには和食 | Comments(4)

札幌のお土産で、いくらとウニ、蟹がこぼれんばかりの「こぼれ寿司」を作ってみた

札幌旅行のお土産で作ってみました。
いくらとウニ、蟹の「こぼれ寿司」。
インスタで見かけた、海鮮寿司居酒屋さんのメニューの真似っこです。
食べてみたかったんですよね、こぼれ寿司っていうのかな?のっけ寿司とも言うみたい。

a0223786_10094631.jpg



こういう風に具なしの細巻きを作って、ネタをこぼれんばかりに乗っけるだけ。
あらこれ、簡単。
わさび醤油でどうぞ。
鮮魚店のセールでマグロを買ってきて、マグロを叩いてネギトロにしたのを乗っけても美味しそう。

a0223786_10104926.jpg


北海道産のいくらと礼文産の塩水ウニはさすがの美味しさでした。
お土産の羅臼昆布でつまみと椀物も作ったので、そのお話を次回。
a0223786_10133483.jpg

by mickimchi | 2017-09-30 15:13 | たまには和食 | Comments(2)

蟹味噌入り蟹のビビンバ、作ったよ。

蟹味噌入り蟹のビビンバを作りました。
生野菜はなんでもいいんですけど、彩りよく紫キャベツ、九条葱の細切り、紫たまねぎにスプラウト。
スナップエンドウをさっと茹でたのに、ミョウガの甘酢漬けも残っていたので入れました。
それと韓国海苔を細かくちぎったものと冷凍卵の卵黄、ほぐした蟹の身と蟹味噌です。

a0223786_14062184.jpg



酢コチュジャン(砂糖1:はちみつ1:酢2:コチュジャン6:炭酸水1にニンニクのすりおろしと白炒りごまを合わせたもの)とヤンニョンコチュジャン(コチュジャン2:醤油2:みりん1に炒りごま、ごま油、酢、はちみつ各少々を混ぜ合わせたもの)を添えて、お好みでつけながら食べます。
a0223786_14060950.jpg


以前にも書いたように、ソウルに行くたびに買ってくる蟹味噌の瓶詰め。
明洞の新世界デパート地下食品売場の「新世界フードマーケット」で。
どういうわけか、日本の蟹味噌の缶詰や瓶詰より美味しく感じます、私には。

a0223786_14160496.jpg

よ〜く混ぜ混ぜして。
ご飯は少なめ、野菜たっぷりでヘルシー。
a0223786_14063145.jpg

そもそも、江南の海鮮韓国料理屋さん「バラッ」で食べた蟹味噌入り蟹のビビンバ(ケサルビビンバ/게살비빔밥)がとってもおいしくて
忘れられず、それ以来時々真似して作ってます。
また行ってみたいお店です。
ウニのビビンバもおいしかった!
a0223786_14152427.jpg

by mickimchi | 2017-09-22 12:52 | ご飯類 | Comments(2)

ハルラサンポックンパ、作ってみた。

韓国で流行っているらしい、ハルラサンポックンパを作ってみた、いえいえ、正式には作ってもらってみた。(夫に...)

漢拏山(ハルラ山)は済州島の中心にそびえる、韓国で一番高い山。
島のどこからでも眺められて、済州島自体、そもそもハルラサンの噴火によってできた島なんですって。

その済州島のハルラサンに見立ててキムチチャーハンを山型に成形し、フライパンにのせて弱火にかけます。
てっぺんを火口のように凹まして、山の斜面に溝を作って、溶き卵にチーズを混ぜた卵液をかけ、卵液がトロッとするまで焼いたら出来上がり。

a0223786_11010621.jpg


動画もどうぞ。
(なんか動画に変な音が入ってるんですけど、その正体がわからないです。もしかしてハルラサンからのスピリチュアルパワーか?)




本場の済州島の店では専用の平鍋を使って、お店のおじちゃんが独得の口上を述べながら作ってくれるみたいですけど、おうちではテフロン加工のフライパンで簡単にできます。

ホームパーティでホットプレートで作ったら結構受けるかもです。

by mickimchi | 2017-08-26 17:32 | ご飯類 | Comments(2)

バーベキューポッサム定食

バーベキューポッサムを作ったので、バーベキューポッサム定食にしました。

豚ブロック肉(豚バラ肉がおススメ。豚肩ロースでもできます。)を、水分をキッチンペーパーでふきとって豚肉の重量の2パーセントの塩をまぶして脱水シートかラップにくるんで2日ほど置いて作った塩豚。
これを、香味野菜とともにたっぷりの湯とお酒に入れて弱火でコトコト30〜40分煮た後、燻製にして作ったバーベキューポッサム。
(燻製器がなければこの工程はパスしてね。)
a0223786_14265615.jpg


これを厚めにスライスして卓上でジュージュー焼いて、
(この時、出てくる脂をキッチンペーパーなどで吸い取っておくと、お肉のはじっこがカリカリになります。)
a0223786_14342928.jpg

なんか無駄に動画も撮ったので、どうぞ。





サンチュやエゴマにキムチと一緒に乗っけて、サムジャンやニンニクソースをつけてパクリ。
本場のバーベキューポッサムはコチュジャンベースの甘辛ソースに漬け込むのが多いようですが、ちょっとさっぱり食べたかったんです。

ニンニクソースは思い立って、玉ねぎ、ニンニク、生姜のみじん切りにごま油、塩コショウを混ぜ合わせて作ったんですが、これがわりかし美味しかった。
a0223786_14395115.jpg


ご飯はカクテギの炊き込み御飯。
a0223786_14305942.jpg

テンジャンチゲの具は、自家製の豆苗と枝豆とお豆腐。
a0223786_14295471.jpg

エアコン効いたお家の中で、バーベキュー気分でいかがですか。
キンキンに冷やしたビールと是非!


by mickimchi | 2017-08-23 15:11 | 豚肉がメイン(韓流) | Comments(4)

とうもろこしご飯でカレー

美味しそうなとうもろこしをスーパーで見つけて買って帰りました。
最初はぜんぜん違う料理を考えてたんですけど、ふと「とうもろこしご飯でカレーにしたらどうかな?」と思い、やってみました。

a0223786_10583359.jpg

生で食べれそうなフレッシュなとうもろこし。
粒を外したら、芯の部分をお酒少々を加えた湯で茹でて、その茹で汁でご飯を炊き、炊き上がり直前に粒の部分をご飯にのせて蒸らします。
蒸らし上がったらバターをポトリで出来上がり。
a0223786_16464194.jpg

カレーは、牛ひき肉と玉ねぎ、人参、セロリ、ピーマンのみじん切りを炒めて、
ビーフブイヨン、ココナッツミルクとカレーフレークを加えて作りました。
ギリシャヨーグルトも加えてマイルドに。
a0223786_16464620.jpg

とうもろこしご飯のカレー、口の中でとうもろこしの粒がプチプチッと弾けておもいのほか美味しかった。
夏の定番カレーになりそうです。
a0223786_16552269.jpg

by mickimchi | 2017-08-19 16:53 | ミッキムチ家のエスニック | Comments(2)

新しょうがの甘酢漬けで、サーモンとアボカドのばらちらし

酢飯の代わりに、自家製の新しょうがの甘酢漬けを細切りにしてご飯に混ぜあわせ、ばらちらしを作りました。

ばらちらしに乗せる具は、サーモンにアボカド、カニとエビにイクラ。
彩りにさっとゆでたスナップエンドウとオクラも。

a0223786_06322905.jpg


新しょうがの甘酢漬けの作り方はここに書いてあります。
あはは、この時はうなぎと夏野菜でちらし寿司を作ってますね、忘れてたけど。
a0223786_16080131.jpg


今回はきゅうりの輪切りとセロリの細切りも甘酢漬けの漬け汁に漬けておいてご飯に混ぜ合わせました。

ちょうど冷蔵庫に余っていたセロリ、思いつきで作った甘酢漬けがシャキシャキとした食感で美味しいの。
今度から必ず入れようっと。
a0223786_16104586.jpg



そんでもって、余ったサーモンやカニ、エビと新生姜やきゅうり、セロリの甘酢漬けは、ポテトサラダの具にしました。
マヨネーズと甘酢漬けの甘酸っぱさがミックスして、これも夏バテで食欲がない時にオススメです。


a0223786_16025490.jpg

by mickimchi | 2017-08-14 11:29 | たまには和食 | Comments(4)

またまた印度の味で、今度は豆入りバターキーマカレー

昨日の東京は暑かったですね。
インドより暑そうな東京で、食べたくなったのがインド料理。

しかし長時間煮込むカレーは、ちょい作るのが辛いのでまたまた、マコーミックフーズから出ているカレーペースト缶「印度の味 バターチキンカレーペースト」を使って、「豆入りバターキーマカレー」を作りました。
a0223786_10501643.jpg



これがそのカレーペースト缶「印度の味 バターチキンカレーペースト」。
a0223786_11022908.jpg
缶の説明書きに書いてあるように、基本は肉を軽く炒めて、カレーペーストとカレーペーストの2倍量の水を加え、15分煮込んだら出来上がり。

今回は半分は「ガルバンゾ豆入りキーマカレー」に。
カレーペーストとカレーペーストの2倍量の水を加えてちょっと煮込み、塩豚そぼろを加えてひと煮込みしたら、仕上げに茹でたガルバンゾ豆を加えただけ。
a0223786_10590125.jpg


もう半分量は、前回同様、「バターチキンカレー」に。
a0223786_10503948.jpg

なんだか、本格的に見えるでしょ?
a0223786_10512103.jpg

で、ご飯の他にチーズナンも用意して。
a0223786_10520596.jpg


ここに書いていあるように、紀ノ国屋のポケットブレッドにとろけるチーズを挟んでオーブントースターで焼いただけ。
a0223786_11052694.jpg

一晩水につけてから柔らかくなるまで茹でたガルバンゾ豆と塩そぼろ、紀ノ国屋のポケットブレッドは冷凍庫にキープしていたので、ホント、ズボラして、いえいえ簡単にインドの味が楽しめました。

by mickimchi | 2017-08-10 11:42 | ミッキムチ家のエスニック | Comments(0)

魚介のパエリア

この日のお料理担当は夫。
魚介のパエリア。
なぜ味見しないのに、塩加減がちょうどいいのかが謎なんですよね、悔しいけど。
a0223786_15230426.jpg

パンタパス。
a0223786_10504122.jpg


小イカのオリーブオイル煮。
やわらかくておいしい。
a0223786_10510470.jpg


タコのガリシア風。
これも夫の得意料理。
私がやるとタコが硬くなるのは人間が頑固だからだろうか?
a0223786_10505859.jpg


スペインオムレツ。
本場風に中がトロトロの半熟です。
ひっくり返すの難しいだろうに。
a0223786_10511919.jpg
夫が作るスペイン料理。
多分作り方にちょっとしたコツがたくさんあるんでしょうに、私と言えばビールなんかをかっくらってて作るところいっつも見たことないんですよね。


by mickimchi | 2017-06-27 15:53 | ミッキムチ家の洋風料理 | Comments(8)

韓国風茹で豚(テジスユク)定食

塩麹をまぶして冷蔵庫で一晩寝かせた豚肩ロースを茹でた茹で豚を使って、韓国風茹で豚定食、テジスユペッパンを作りました。

a0223786_08484277.jpg


塩麹のおかげで肩ロース肉がしっとりやわらかく、ほんのりまろやかな塩味が加わって、何にもしてないのにおいしいです。
a0223786_08492681.jpg


今回は、お肉を紅芯大根の甘酢漬けに乗せて食べました。
キムチや白髪ネギと一緒に、アミの塩辛やヤンニョンカンジャンを乗っけてお口にポン。
ヤンニョムカンジャン(薬味醤油)は、醤油5:粗挽き唐辛子2:砂糖、おろしにんにく、ごま油、万能ネギ、炒りごま各1の割合で和えたもの。

紅芯大根の甘酢漬けの作り方は、紅芯大根の甘酢漬けをご覧ください。
この記事、紅芯大根に関するウンチクもなんだか知ったかぶりして書いてますね、我ながら。
そのくだりは長いので完全に斜め読みですっ飛ばしてください。
時々前に書いた自分の記事を読んで、ヤンなっちゃいます。
結構イバリンボウなんだもん。

a0223786_08490693.jpg


切り干し大根のキムチ。
切り干し大根を水でもどす代わりに、醤油、みりん、砂糖を加えた出汁でもどして、キムチヤンニョンで和えるのがミソ。
うちはキュウリのキムちゃんのご注文が入るとこの出汁を大量に使うので、漬けたあとの出汁を捨てるに忍びなく、無い頭をひねって色々活用してます。

ねっ、おいしそうでしょう。
商品化しようかなぁ。
a0223786_08485522.jpg



こちらは以前、韓国の聞慶の山菜料理屋さんで出てきた茹で豚ちゃん。
とってもやわらかくっておいしかったので、以来真似して作ってます。
a0223786_15114986.jpg



塩麹豚の詳しい(っていうほどのこともないんですが...)作り方は、こちらに。
a0223786_16555132.jpg



ご飯は、ソウルの中部市場で買ってきた干しムール貝で、ムール貝ご飯。
干しムール貝を戻した汁でご飯を炊きました。
↑のヤンニョンカンジャンをつけて(ついでにバターも)食べました。

a0223786_08494944.jpg



そうだ、塩麹豚は肩ロース肉だけじゃなくって、豚バラ肉でもおいしいし、サムギョプサルにしてもイケますよ。



by mickimchi | 2017-06-16 06:39 | 豚肉がメイン(韓流) | Comments(2)