タグ:rice ( 70 ) タグの人気記事

アプリコットキャロットと干しナスのマリネ&韓国風タコライス oishii

にんじんを二袋買ってしまってどうしましょう。
うちは、夫もよく買い出しやら料理やらを担当してくれて助かるんですが、こういう事が多々発生します。

で、作ったアプリコットキャロット。
a0223786_1491077.jpg

バターと砂糖たっぷりで作るニンジンのグラッセを、オリーブオイルとアプリコットジャムで作った、いくぶんヘルシーな野菜料理になるかな?
アプリコットジジャム、お料理にも結構使えますよ。

アプリコットキャロット
材料(2人分、メインの料理の付け合わせにしたので少なめです。)
にんじん 1本
しょうが(みじん切り)小さじ1/2
ニンニク(みじん切り)小さじ1/2
水 50CC
コンソメ(顆粒)小さじ1/3
アプリコットジャム 大さじ1/2
塩こしょう 適量
イタリアンパセリ(普通のパセリでも)(刻んで)適量

作り方
1 にんじんの皮をむいて、同じくらいの大きさの乱切りにする。
2 鍋にオリーブオイルとしょうが、ニンニクを入れて弱火にかける。
3 香りが立ったら、水、コンソメ、アプリコットジャムを加える。
4 よくかき混ぜながら一煮立ちさせて、にんじんを加える。
5 蓋をして弱火のままにんじんがやわらかくなるまで煮る。
6 仕上がりに味を見て塩こしょうで味を整える。

煮詰まって焦げそうになったら水を加えて下さい。

もう一品、夏野菜で。
「干しなすのマリネ、カッテージチーズのせ。」
a0223786_1484832.jpg

これは、カッテージチーズがあまってたから。

なすを使ったお料理って、どうしてもあの食欲をそそる茄子紺色が変色してしまって、がんばって作ってもあらら、って事に。
焼きみょうばんと塩水につけたり、いろいろ試してるんですけど。
今回は、半日干した干しなすで作ってみました。
干すったって5ミリくらいの厚さに切ってザルの上に置いて、窓開けといてテーブルの上に半日置いといただけですけど。
a0223786_1485945.jpg

でも仕上がりの色がいつもよりきれいにできちゃった。
半日干しなすは、さっと揚げ焼きして、白ワインビネガー、オリーブオイル、ニンニクの薄切り、塩こしょう少々のマリネ液に漬けて冷蔵庫で冷やしました。
仕上げに、パセリとカッテージチーズをのせて。
ドライトマトのオイル漬けとフライパンで空炒りした松の実をちらして。

ご飯は「韓国風タコライス」。
ご飯に、牛肉の醤油そぼろとキムチ、アボカド、市販のサルサソース、自家製タテギ(韓国唐辛子を使った味ベース)。
タテギの代わりに、コチュジャンでも。
a0223786_943580.jpg


半熟目玉焼きに、どっさりグリーン野菜をのっけて。
食べる時は、良〜くまぜまぜして。
っと、このあたりで、これは韓国風タコライスなのか、あるいはタコライス風ビビンバなのか、どっちだろうという疑問が…
ま、どっちでもいいですよね。
a0223786_9425676.jpg


牛肉の醤油そぼろ、うちの常備菜。
冷蔵庫か冷凍庫に必ず入ってます。
ビビンバに、エスニックサラダに、スープの具に、ドライカレーに、パスタにと、なんでも使えて重宝してますので、ここでご紹介。
a0223786_14191716.jpg

牛そぼろ(作りやすい量)
材料
 牛ひき肉 300グラム
 ニンニク(すりおろして) 小さじ1
 しょうが(すりおろして) 小さじ1/2
 万能醤油だれ 大さじ1(後でご説明します。)
 田舎味噌 小さじ1
 ごま油 小さじ1
 黒こしょう 少々
 ローリエ 1枚

作り方 
 鍋に牛ひき肉とひたひたの分量の水を入れて火にかける。
 ブワ〜ッと沸いてきたら火を止め、挽き肉をザルにあける。
 挽き肉とその他の材料を鍋に入れて炒める。
 挽き肉がパラパラのそぼろ状になったら火を止め、ザルにあける。
 冷めてから保存容器に入れる。
冷蔵でも1週間〜10日もちます。
それ以上保存する場合は冷凍で。

そんでもって万能醤油だれ。
これはいわばめんつゆの素です。
焼鳥のたれに、出汁でうすめてめんつゆに、カレーに加えて和風カレーに、にんにくとフルーツジュースを加えて焼肉のたれに、と重宝します。
a0223786_100487.jpg



材料(多めにできます。)
 グラニュー糖 大さじ1
 水 大さじ1と1/2
 濃口醤油 125CC
 みりん 25CC

作り方
 1 鍋に水を入れてグラニュー糖を加える
   撹拌器などでかきまぜながら砂糖を溶かす。
 2 砂糖が溶けて、液が透明になったら火を止める。
 3 2の鍋に醤油とみりんも加える。
   全体をかきまぜながら再び弱火にかける。
 4 完全に沸かした状態まで火を入れる。
   ブクブクと沸き立つ直前で火を止める。

すぐに使うより2〜3日冷蔵庫でねかしてからの方がおいしいです。

話がものすごく長くなってしまいましたね。
簡潔にお話しするってむずかしいもんだわ。
最後まで読んで下さった方、なんか申し訳なくなってきた。
今度から記事の途中で「ここらあたりでトイレ休憩してください。」みたいな断り書きしなきゃなんないですね。
と、また話が長くなる。
 
by mickimchi | 2014-06-03 10:45 | フュージョン | Comments(4)

常備菜で作る根菜ときのこのビビンバと、万願寺とうがらしのジョン

根菜ときのこの盛りだくさんのビビンバ。
a0223786_11485720.jpg

え〜っ?野菜はどこどこ?
実はご飯にのっかてるのが、きのこの佃煮と、れんこんそぼろと、ふきのとうのの肉味噌なんです。
a0223786_11491273.jpg


きのこの佃煮は常備菜あれこれで、あれこれおつまみでものっけてる保存食。
れんこんそぼろは牛ひき肉をさっと下ゆでしてザルにあけ、れんこんとともに万能醤油だれ(砂糖1、水1.5、濃口醤油12.5、みりん2.5の割合で鍋に入れ沸騰直前で火を止めて作ります。)で炒めたもの。
ふきのとうの肉味噌は、炒めた鶏挽き肉と、ふきのとうをゆでて水を切ってからみじん切りにしたものに田舎味噌を加え、ぼってりするまで火にかけたもの。
どれも常備菜で保存が効くので前もって作っときました。

「冷や奴のピーマン醤油がけ」。
a0223786_11492498.jpg


「タコとアボカドとカクテギのマリネ」。
a0223786_11494087.jpg

ごま油と酢、ほんの少し塩を加えてあえただけ。

「万願寺唐辛子のジョン(チヂミ)」。
a0223786_1150866.jpg

これも、キムチのミルフィーユグラタンで残った肉ダネを冷凍しといたのを万願寺唐辛子に詰めて、小麦粉少々と溶いた卵黄を刷毛で塗って焼いた、残り物活用の一品です。

ぜ〜んぶいっぺんに作ろうと思うと大変だけど、常備菜あると気が楽ですよね。
こう見えて、結構プレッシャーに弱いんです。
遊びすぎたGW明けとか...
by mickimchi | 2014-05-07 13:19 | ご飯類 | Comments(2)

バル風小皿のおつまみとチョリソのパエリア

GW前半は、田舎暮らし。
この日の食事担当は夫。
まずは小皿のおつまみがテーブルに並んで。

「新じゃがのタラモサラダ」。
バケットにたっぷりつけて。
a0223786_16164157.jpg


「こごみのおひたし」。
信州の春野菜は今が旬です。
a0223786_16164077.jpg


「メザシの自家製オイルサーディン」
a0223786_16171255.jpg


「マッシュルームとベビーホタテのサラダ」。
a0223786_16163241.jpg


「チョリソと豆のパエリア」。
ピメントパウダーがピリッと効いた、チョリソのパエリア。
ガルバンンソとマッシュルームもたっぷり。
これはイカン、ワインが進みすぎる。
〆のご飯というよりは、ワインを飲み続けてしまうご飯でした。
また、作ってね。
a0223786_16172350.jpg

by mickimchi | 2014-05-05 15:45 | あれこれおつまみ | Comments(5)

和食亭mickimchi

この日の晩ご飯は、和食亭mickimchi。
まずは、スモークサーモンとカマンベールチーズをみじん切りにしてあわせた付きだしです。
アンディーブにのっけて。
a0223786_1712187.jpg


鴨煮込み。
とろとろに煮込んだスープ用の鴨肉を煮汁ごと常備してるうちの万能しょうゆだれ(水1:グラニュー糖1.5:しょうゆ10:みりん2を沸騰直前まで火を入れたもの)で味付けしました。
a0223786_17122647.jpg


しめマグロのカルパッチョ。
あまってたディルをのせたら、いい風味です。
ディルってお刺身にあうハーブですね。
a0223786_17152353.jpg

しめマグロって、以前テレビでやってたんですけど、柵のマグロにたっぷりの塩をふり15分冷蔵庫でねかせた後、塩と出て来た水分を洗い流して水気をふき、酢にひたしてからペーパータオルにくるんで10分冷蔵庫に置くっていうもの。
程よい塩味がついてさらに味もしまって、まあまあのマグロもおっ!というマグロになります。

柚子胡椒を少し加えたオリーブオイルで和えてカルパッチョに。

いわし団子にゴボウのお吸い物。
a0223786_1713683.jpg


ご飯はムール貝の炊き込み御飯。
a0223786_17143797.jpg


韓国のSSGフードケットで買った干しムール貝で作りました。
干しムール貝を水にひたしてもどし、その戻し汁に少量の酒、淡口醬油を加えてご飯を炊きました。
韓国食材、和食にも合う者も多いし重宝してます。
a0223786_7584068.jpg
by mickimchi | 2014-04-17 17:12 | たまには和食 | Comments(10)

11種盛り納豆ばくだんと、白子のグラタン

居酒屋メニュー、納豆ばくだん。
五色納豆とかいろんなネーミングがあるけど、つまりいろんな食感の漬け物や野菜、刺身と納豆を混ぜて、海苔でくるんで食べるおつまみ。

これをちょっと豪華にして、本日のメイン料理に。
豪華11種盛り納豆ばくだん。

まぐろ、長芋、万能ネギ、イカ、たくあん、オクラ、みょうが、エシャロット、きゅうり、納豆に卵黄の11種の具材をお皿に並べて、海苔だけでなくトレビスやサラダ菜などの巻き野菜も添えました。
食べると時は具材を目一杯かき混ぜて、醤油をたらして。
a0223786_10214598.jpg


「鱈の白子のグラタン」。
バターを塗った耐熱皿に白子を入れて、上にもバターをのっけて塩こしょうパラリ。
ご飯少々もちょこっと置いて、オーブントースターで白子の表面がグツグツいうまで焼いたもの。
一味と青ネギをのせて、食べる時すこしお醤油たらすとおいしいです。
a0223786_10143639.jpg


「鯛のスモークの押し寿司」。
a0223786_10135964.jpg

鯛のスモークは市販品。
寿司飯じゃなくて、ご飯をジェノベーゼソースで和えた洋風押し寿司です。
バジル余ったとき作っといたジェノベーゼソース、この使い方、結構いいかも。
by mickimchi | 2014-03-21 10:13 | たまには和食 | Comments(6)

春色チャプチェと新玉ねぎのご飯

春色チャプチェ。
a0223786_9524981.jpg
いつものチャプチェに芹(せり)とスナップエンドウを加えて。

あまった芹の根っこと茎の白い部分で「芹味噌」を作りました。
この時期、ふきのとうで作る「ふきのとう味噌」はよく作るんですが、
芹味噌は初めて。
芹の根をきれいに水洗いして、茎とともにみじん切り。
ごま油で炒めて酒と味噌を加えてぼってりするまで火にかければ出来上がり。
ほろ苦い春の兆しと土の香りがする。(ちとオーバーですけど。)
a0223786_9243829.jpg


新玉ねぎのご飯。
まさかまさかの一個丸ごと。
a0223786_9255420.jpg
いつもより若干少なめの水加減で、お米の上に新玉ねぎをのっけて炊きました。
土鍋のフタをとるとブワッと新玉ねぎのいい香り。
芹味噌をのせたら口の中が春めきます。

a0223786_9293136.jpg
キムチや、干しえび、天かす、青のり、塩も添えて。
by mickimchi | 2014-03-11 09:57 | 野菜がメイン(韓流) | Comments(4)

ドライカレービビンバと、バーニャカウダ風ポテトソース。

この日は、前の日のナムルと牛のしぐれ煮が残っていたので、ドライカレービビンバにしました。
a0223786_1501360.jpg

まず、半熟の目玉焼きを作っときます。

次は、カレー味の炒めご飯を作ります。
フライパンでカレー粉を炒めて粉臭さがなくなったら、ご飯を加えケチャップ少々も加えて炒め合わせます。
ナムルや牛のしぐれ煮をのせるので塩は振らないで大丈夫。

この炒めご飯をいったん別に移して、フライパンをきれいに洗うか、別の鍋にバターを焦がさないように弱火であたためてご飯をもどします。

ナムルと牛のしぐれ煮をご飯の上に並べて、弱火のまま数分。
ご飯がパチパチいってちょっと香ばしい匂いがしてきたら食べ時です。
半熟の目玉焼きをのっけてできあがり。
豪快に混ぜて食べて下さいね。
おこげもおいしいちょっと石焼きビビンバ風のカレー味のビビンバです。

サラダ代わりに「バーニャカウダ風のポテトソースで楽しむ色々スティック野菜」。
a0223786_15342966.jpg

ポテトソースは、やわらかくゆでたじゃがいもとアンチョビをつぶしながら混ぜ合わせます。
これを鍋に入れて、おろしたニンニク、オリーブオイル少々も加えて混ぜながら弱火にかけます。
これに牛乳を少しずつ加えて滑らかに混ぜ合わせて火を止めてできあがり。

お皿に散りばめたスティック野菜の下に生ハムがひそんでます。
ゆでじゃがいもには生ハムが合うという巷のウワサ、いえいえ大好きブロガーさん達にうかがったもんですから、最近うちは、じゃがいもゆでると必然的に生ハムも登場です。

野菜のおつまみをもう一品。
「また出た。そば粉のクレープの肉味噌巻き」。
そば粉のクレープも冷凍庫にあったので、解凍してフライパンであたためました。
a0223786_8504429.jpg

この日クルクルしたのは、貝割れとキュウリ、あさつきに3種の肉味噌です。
左から、ナカメのちゃんこ屋さんに行った時のお土産の「力士味噌」、まん中が炒めた豚挽きに酒1:テンメンジャン2:醤油2で味付けした「中華風肉味噌」、右が「ピリ辛エスニック肉味噌」です。

ピリ辛エスニック肉味噌の材料を自分の覚書用に。
ソース代わりの肉味噌ですんで、味付けが濃いです。
余ったら冷凍庫へ。

合挽き肉 100グラム
ナンプラー 小さじ1
オイスターソース 大さじ1
シーズニングソース 大さじ1
きび砂糖 大さじ1
醤油 小さじ1
香菜のみじん切り 少々
by mickimchi | 2013-12-19 14:33 | フュージョン | Comments(6)

韓国風納豆チゲ(チョングッチャン)と、麦ご飯(ポリパッ)

大好きな韓国のチゲのひとつ、チョングッチャン。
韓国の味噌チゲなのですが、そのチョングッチャン味噌が日本の納豆に似た独特の香りがある事から、好き嫌いが分かれる味です。
言わば韓国版納豆汁といえばいいのでしょうか。
私はこれが大好き。
チョングッチャンに目覚めたお店に行ってからハマって、韓国に行くとよく食べます。
ただ、なかなかおいしいチョングッチャンに遭遇できない。
やっぱり使うチョングッチャン味噌によっておいししが決まるんですね。
有名店は、お店独自にお味噌を作るんですよ。
とはいえ、チョングッチャン味噌を自分で作るわけにはいきませんから、私は韓国に行く機会にこのお味噌を買って帰ります。
独特の匂いとはいえ、少量づつパックになったものとかもスーパーに売ってますし、デパ地下とかだと売り場のオバちゃんが丁寧にパッキングしてくれるので、あんまり匂いも気にせず持って帰れます。
今回買って帰ったのは少量ずつパッキングしてある便利もの。
a0223786_8245418.jpg


市販品もおいしいのと、う〜んどうかな?っていうのがあって結構値がはってもおいしそうなのを買うのをオススメします。
納豆好きなら、おいしさにハマりますよ。

今日は、チョングッチャンと麦ご飯(ポリパッ)定食。
a0223786_1093497.jpg

豚挽き肉と、短冊に切った大根、ニンニクのすりおろし、ざく切りキムチをごま油で炒めて、煮干し出汁を入れ、チョングッチャンと豆腐、長ネギ、ズッキーニを入れて火を通してできあがり。
辛いのがお好きなら、生唐辛子の輪切りも入れるといいです。
チョングッチャン味噌の代わりに日本の田舎味噌と納豆で作ってもおいしいです。

麦ご飯に、
a0223786_109413.jpg




いろいろナムルも作って。
a0223786_1092048.jpg

この日のナムルは、ナスのナムルがおいしくできました。
自分の覚書用に。
砂糖1、水1.5、濃口醤油12.5、みりん2.5の割合で鍋に入れ沸騰直前で火を止めて作る万能醤油だれを用意する。(たくさん作って作り置きしてます。)
ナスをさっとごま油で炒めたら、万能だれに擂り下ろしニンニク少々を混ぜたものを、ナスが1/3くらいひたるくらい加えてナスをコーティングするように混ぜ、落としぶたをして2分蒸し煮し、火を止める。

さきがきにしたゴボウも同じ要領でナムルにしました。

他のニンジンナムル、切干しとトビコのナムル、三つ葉ナムル、ワカメのナムルは薄味で。
アルファルファはそのまま。

ナムルをご飯にのっけて、さらにチョングッチャンをちょっとスプーンですくってかけて、チョングッチャンビビンバにするとおいしい。


チャプチェは、春雨の代わりに葛切りで作ってみました。
具も、ゴボウとニンジンのナムルに、牛そぼろ、三つ葉をたっぷりで和風仕立て。
実山椒の有馬煮もちょっと入れて。

a0223786_1094550.jpg



クリームチーズと同じ大きさに切った水切り豆腐を、チャンジャとごま油で和えて、箸休めに。
っとおもったけど、箸が止まらないおつまみでした。
a0223786_1092683.jpg

by mickimchi | 2013-12-17 08:45 | チゲ、スープ | Comments(2)

手羽先で、思い立ったらすぐ参鶏湯(サムゲタン) oishii

手羽先にもち米を詰めて、参鶏湯(サムゲタン)を作ってみました。
a0223786_1484771.jpg

鶏手羽ギョウザを作った時にハタと思いついたんです。
骨を抜いた手羽先に、もち米詰めた参鶏湯っていいんじゃないかなと。

韓国では、参鶏湯用にヒナ鶏を飼育してしているので、ちょうどいい大きさの丸鶏がすぐ手に入りますが、日本の鶏肉は参鶏湯には大きすぎてなかなか作る機会がなかったんです。
で、手羽先にもち米詰めて煮てみたらこれが大正解。
小さいながら味はイッチョマエの参鶏湯ができました。

もち米ももちもちっと、手羽先は身がホロホロに。
コラーゲンたっぷりのスープもおいしい。

手羽先の骨の抜き方は、「手羽先の骨の抜き方」とネット検索すると非常に丁寧に教えて下さってるサイトが続々あります。
(すいません。説明省いてしまって...)
慣れると抜くのが楽しくなります。

手羽先の中に詰めたもち米は、煮てるうちに膨らみますので少なめに詰めて楊枝でとめるだけ。
余ったもち米は直接スープに入れます。
これが、スープをとろりと白濁させるので、わりとざっくり作っても大丈夫。

朝鮮人参などはありませんが、なつめと栗も入れました。
a0223786_149426.jpg

といっても、なつめはスーパーのお菓子材料のコーナーで、栗はお菓子コーナーでゲットできるお手軽バージョン。

「手羽先で、参鶏湯」。
2人分
材料
手羽先(中骨を抜いておく) 10本くらい
もち米(1時間ほど水につけておく) 1/2カップ
長ネギ(青い部分) 適量
にんにく 1カケ
しょうが(厚めにスライス) 1カケ分
塩こしょう 適量
なつめ 適量
焼き栗 適量

(食卓に用意するもの)
キムチ、おいしい塩、アミの塩辛(あったらで。)、長ネギの小口切りなど。

作り方
1 骨を抜いた手羽先にもち米を詰めて楊枝で止める。
  煮るともち米がふくらむので、あまりパンパンに詰めない。
  (あまったもち米はスープに入れるので取り置く。)

2 鍋にたっぷりの水と酒少々を入れ、手羽先を入れて強火にかける。
  煮立ったらいったんざるにあけ、さっと洗って水気を切る。

3 鍋に2の鶏と、たっぷりの水、長ネギ、にんにく、しょうがを入れて火にかける。

4 沸騰したら弱火にして1時間〜1時間半くらい煮る。
  途中30分くらい煮たところで、なつめと焼き栗も加える。
  湯の量が少なくなったらその都度足す。
  煮込んだら味をみて塩こしょうする。
  火を止めて、しょうがと長ネギは取り除く。
  (塩味は薄めに。)
  
  私は、シャトルシェフを使いました。
  その場合は、沸騰してから5分加熱。
  40分保温して出来上がり。

おいしい塩、粗挽き黒こしょう、キムチ、アミの塩辛などを用意して、食卓で各自お好みで味付けながら食べるのが楽しいので、塩加減は少なめにして下さいね。

水の代わりに、鶏スープを使えばもっと濃厚になります。
市販の鶏ガラスープの素やウェイパーでもいいと思います。
その場合はしょっぱくなりすぎないように注意してね。
私は、茹で鶏を作った時のゆで汁を冷凍してあったのを使いました。

仕上がりにエゴマの粉をかけてとろっとさせました。
隠し味にピーナッツバター入れてもいいようですし、仕上がりにほんのちょっと豆乳を入れてもスープの色が白濁してそれ風になると思います。

なにしろ作っておいて取っておいて食べる時あたためてもいいので、人が来る日にお出しするとかでもいいかもしれないです。

a0223786_1492782.jpg

テーブルにキムチ、おいしい塩、長ネギの小口切り、アミの塩辛、粗挽き黒こしょうなどを用意して。
この日は、うちの白菜キムチと青ネギのグルグルキムチ。


メインが参鶏湯なので、その他はサラダ代わりの野菜のおつまみ。
スティック野菜と、ディップ代わりにマッコリ漬けにした卵と、クリームチーズ。
マッコリなければ、日本酒とみりんで代用して下さい。

1〜2日漬けといただけで、こんな感じ。
a0223786_1491623.jpg

トロッとした卵黄と、クリームチーズと野菜やバケットにつけながら。
さっと焼いて、マッコリ漬けにした獅子唐もおいしいです。
a0223786_1414730.jpg


カニ味噌、買っちゃったんで。
10パーセント引きだったんですよ。(何で、誰に言い訳してるのか...)
だから、カニ味噌ディップも。
カニ味噌に、醤油とみりんをちょっと混ぜてオーブントースターであっためて、バターぽとり、
粉唐辛子パラリ。
a0223786_14135982.jpg

やだっ、ウマっ。
by mickimchi | 2013-10-15 15:15 | チゲ、スープ | Comments(12)

八種類のナムルを麦ご飯にのっけて、韓国風麦ご飯(ポリパッ)

野菜をたくさん食べたくなったので、ナムルを八種作りました。
干し椎茸、干しエノキダケ、干しヒラタケ の干しキノコ3種のナムル。
それににんじんと、なす、赤ピーマン、黄ピーマンにほうれん草のナムル。
まずは、これを大根の甘酢漬けで巻いて食べました。
ここでワタクシはビール缶、プシュ。
a0223786_11565380.jpg

ナムルって、味付けは何と何が入らなければダメとかそういう原則はなく、好きに作っていいと聞いた事があります。
何となく身体が疲れた感じのこの日は、キノコとなす、カラーピーマンのナムルは、醤油、塩こしょうとともに、少し砂糖とみりんを入れて甘さを加えてみました。
ごま油ちょろり、おろしにんにくもチョコッと加えて、白ごまパラリ。
この味付け好きかも。
秋のお野菜のナムルって、少し味を濃くした方がおいしい気がします。

ほうれん草のナムルは淡口醬油と塩少々で味付け。
ニンジンは塩をしてから手で水分を絞ったあとフライパンで炒めて。

そのあとは、このナムル達で韓国風麦ご飯定食、ポリパッ定食。
a0223786_11562354.jpg

ナムルといっしょにご飯にのっける肉味噌は、いつもの韓国風肉味噌でなく、ジャージャー肉味噌と、ベトナム風肉そぼろで。
このエスニックそぼろ2種、思いのほかナムルとの相性が良かったです。
チゲは、豆乳キムチチゲ。
お味噌も入って、マイルドな辛さ。

a0223786_11584051.jpg


もちろんキムチも。










で、麦ご飯にのっけて、手作りサムジャンを添えて。
a0223786_1158177.jpg


食べるときは思いっきりまぜまぜします。
もう思いっきり。
by mickimchi | 2013-10-09 10:48 | 野菜がメイン(韓流) | Comments(11)