タグ:seafood ( 110 ) タグの人気記事

イカスミカレー&瀬戸ジャイアンツ

おそるおそる作ってみたらおいしかった。
イカスミカレー。
a0223786_949829.jpg

トマトソースでイカをスミと一緒に煮込んだスペイン料理、イカのスミ煮にカレー粉を加えてみたんですけど、結構イケます。
もちろん、おいしいイカワタもそっくり入れてるから、正しくはイカの丸ごとカレーかな?
でもなんで、ヨーロッパの人、イカワタ食べないんだろう?

そもそも、テレビで若い女性タレントさん(名前がわからないけど、頭のテッペンから声が出てるような感じの人。)が、イカを丸ごと(それも皮付きのまま!)輪切りにしてカレーにぶっこんだ料理を作ってて、それを食べた審査員役の料理人の方が、ビックリした顔で「うまい!」と行ってたのをちょこっと見て思いつきました。

ご飯にかけてもいいけど、バケットにのっけてもイケます。
a0223786_15371620.jpg


材料 2人分
トマトソース カップ1
イカ 2ハイ
玉ねぎ(みじん切りで)1/2個
にんにく(みじん切りで) 1カケ
イカスミペースト 8グラム
シェリー酒(白ワインでも) 大さじ2
カレー粉 小さじ2
塩こしょう 適量
イタリアンパセリ(パセリでも) 適量
パルメザンチーズ 適量

作り方
1イカは目とくちばしを取って洗ったら、内臓をつぶさないように取り出す。
 イカワタからスミ袋をそっとはずして両方取り置く。
2イカの身はペーパータオルで水気を取り、皮をは剥ぐ。(剥がなくても)
 身は輪切り、エンペラとゲソは適当な大きさに切り分ける。
3フライパンにニンニクとオリーブオイルを入れる。
 火にかけて香りが出るまで炒める。
 玉ねぎも加えて弱火でいい焼き色になるまで炒める。
4イカの身を入れて炒め、イカだけ取り出し取り置く。
54のフライパンにカレー粉を加え、数分弱火で炒める。
 イカワタをしゃもじなどでつぶしながら加える。
 シェリー酒、トマトソースも加え一煮立ちさせる。
6イカスミ、イカスミペーストも加える。
 取り置いたイカの身も加え、塩こしょうで味をととのえる。
 数分煮たら火を止めて、イタリアンパセリをちらす。
7お好みでパルメザンチーズをふってどうぞ。
 
 日本のイカはスミが少ないから、イカスミペースト加えて下さいね。
最近はわりかしいろんなスーパーで売ってますよね。
a0223786_10153048.jpg

以前は、イカスミペースト、わざわざスペインに住んでた義姉に頼んて買って来てもらったりしてたの、思い出しました。
そうそう、スペインの生ハム、ハモンセラーノなども日本では手に入らない頃でしたから、生ハムも買ってきてもらうように頼んだら、検疫で見つかって、現物全て没収されたとか言ってた。
悪い事したなぁ、とナンで今頃告白してるんでしょ?
ま、時効という事で。
なければ、市販のイカスミパスタソースなんかでもいいと思います。

オマケ映像。
「瀬戸ジャイアンツ」と「白桃」。
法事で父母のふるさと、岡山に行ってきました。
以前、岡山の叔母からもらった桃が、もうとんでもなくおいしかったので、今回も買って帰ろうとでっかい袋持って行ったら、またまたいただいちゃってラッキーです。

そんなわけでいとことの話は岡山の果物の事になり、ひゃ〜、さすが地元。
岡山の桃とぶどうについて熱く語ってくれました。
そもそも、桃の皮をナイフでむくなんぞ、ナンセンス。
うす〜い桃の皮がす〜っと手でむけるくらいまで熟した、白くかがやく白桃はとろけるくらいのおいしさなんだって。
中には、岡山でもほんの狭い地域で夏の1週間くらいだけ出まわるような希少な白桃もあるらしい。

ぶどうもいろんな種類が季節ごとに出まわって、なかでも桃太郎ぶどう(桃太郎なのに桃じゃないのね。)の瀬戸ジャイアンツ(野球チームではありません。)とか、ただ、糖度を上げるだけの品種改良とはまた一線を画した、大粒種なしで皮ごと食べれる、酸味の少ないさわやかなおいしさのぶどうは最高級品だそうです。
あと、巨峰よりも大粒の「オーロラブラック」という品質の幻のブドウもスゴいらしい。

いろいろ聞いて、帰りの新幹線に乗ろうと岡山駅をウロウロしてたら、売ってました、瀬戸ジャイアンツ。
高級品だけど、買うしかないっしょ。
という事で、おうちに帰って、食べたところ、うんま〜〜い!
もったいないから、一粒ずつ食べようなんていいながら、「あっ、あれもう一個だけ食べよう。」と
冷蔵庫のドア開けたり閉めたりしてます。
白桃も食べるの、たのしみ!
a0223786_1523395.jpg

by mickimchi | 2013-08-06 14:26 | フュージョン | Comments(6)

伊東のおみやげで海の幸づくし&金目鯛の干物の炊き込みご飯。

お墓参りに行った先で買って来た伊東のおみやげ。
a0223786_952386.jpg

冷凍だけど、おいしそうな金目鯛の干物と、まぐろの酒盗。
お墓が伊東にあるので、お墓参りに行くと海沿いの回転寿司でお寿司食べて、干物を買って帰るのが恒例です。
事実、この回転寿司屋さんに行くのが目的なのか、お墓参りが目的なのかわからないくらいここが気に入ってしまい、すいません。ご先祖様。
でも、その代わり頻繁にお参りに来ますので。

さて、おみやげのマグロの酒盗は黄身醤油に混ぜて漬けだれにし、メジマグロのお刺身を漬けを作りました。
たっぷり薬味をのせて。
メジマグロって、マグロの子供ってことだろうか?
スーパーで見つけたんですが、値段の割りにものすごくおいしい。
a0223786_9524818.jpg


こちらは、自家製さつまあげ。
真ダラ一尾の身と、さとう、みりん、酒各大さじ1、しょうがのすりおろし小さじ1、塩少々に干しえび適量を、すべてハンドミキサーでガーッとやって、丸く形作って、140度〜150度の油でじっくりきつね色になるまで揚げました。
a0223786_9572278.jpg


はい、大好きなおつまみ、伊東名物、メボウのバター醤油焼き。
a0223786_9493836.jpg

イカの口バシっていうか口の部分を伊東ではメボウと呼ぶそうです。
伊東の有名ホテルのグリルで出したバターソテーが評判を呼び、ブレイクしたんだって。
プリッとしてて、イカのおいしさがぎゅっと詰まった感じ。
このメボウ、串に刺したものとかも冷凍で売っているお店もあるので、必ず買って帰ってバター焼きにします。
その時によって、醤油味にしたり塩こしょうにしたり...

金目鯛の干物は炊き込みご飯にしました。
干物を焼いてほぐして骨と頭とアラをきれいに取ります。
この時、骨と頭とアラの部分を捨てずに鍋に湯を沸かしてその中に入れちゃうんです。
5分くらい煮込むといい出汁が取れる。
この出汁にお醤油と酒を加えたスープでお米を炊くと、ホントにおいしい炊き込みご飯になります。

a0223786_9493170.jpg


今回はさきがきゴボウもお米の上にのっけてご飯を炊き、炊きあがりに新しょうがの千切りとほぐした干物の身をのせて蒸らしました。
蒸らし終えたら大葉の千切りをたっぷりのせて、ざっくり混ぜて出来上がり。
a0223786_9525925.jpg

だいたい一合のお米にお醤油とお酒を各大さじ1くらい。
水加減や炊き加減は普通の白米と同じで大丈夫。

はい、オマケ画像。
伊東の回転寿司屋さんで。
回転寿司なのに、お寿司は回転してないんです。
注文すると職人さんが握ってくれます。
もうネーミングだけでおいしさが。
金目五点盛り。
なんだっけなぁ、炙り、地金目、とろ金目、とかなんとか...
a0223786_10394245.jpg

塩レモン三点盛り.
これは、しまあじ、ヒラメのエンガワとあとなんだっけ。
a0223786_10393265.jpg

他にも地魚三点盛りとか、生シラスの軍艦とか、もちろん地アジと真イワシは絶対お勧めだし、あとうまずらはぎとかいうフシギな名前の地魚とか、おいしいですよ。
なんかここまで書いたので、お店も紹介せねば。
熱海の先の宇佐美に行くついでのある方、是非。

回転寿司おかべ屋
静岡県伊東市宇佐美1901-1
0557-48-0232
年中無休
by mickimchi | 2013-06-19 11:34 | たまには和食 | Comments(4)

うちのオイルサーディン丼

「オイルサーディン丼」。
ご飯の上にオイルサーディンを焼いたのをのっけて、おしょうゆと刻みネギをパラリ。(だったかな?)あっ、そうだ。七味もパラリだったかも。
森瑶子さんの小説に出てくるのがそもそものこの丼の元祖らしい...
a0223786_11144524.jpg

この丼、飲んだあとの〆のご飯としては完璧なのでよく作るんですが、今日は、ちょっと変化球でこれを使って。メザシで作るオイルサーディン
うちの常備菜、じゃなくて常備おつまみ。
a0223786_13293292.jpg
台所でこれをかじりながら、ビール飲みながらお料理作ってるというお行儀の悪いワタクシ。

いつもは白ご飯にオイルサーディンのっけるんですが、冷蔵庫には大葉とエゴマの葉が残ってたので、

a0223786_13292082.jpg


a0223786_13291428.jpg















エゴマと大葉のジェノベーゼを作りました。





エゴマの葉5枚と、大葉10枚、ニンニク1カケ、オリーブオイル100CCにパルメジャーノチーズ大さじ1と1/2をミキサーにかけて出来上がり。
大葉だけで作るより、エグミが少なくておいしいです。
エゴマが苦手な方でもこれならイケるかも。

炊きたてご飯にこのジェノベーゼ少々を加えてざっくり混ぜ合わせて。
あまったソースは冷製パスタを和えたり、魚介にかけたりできるので多めに作っても。

ジェノベーゼご飯の上に万能ネギの小口切りと、オイルサーディンをマリネしたオイルで焼いたものをのっけます。
お醤油を少したらして...

仕上げにとんがらし酢をちょっとかけて。
a0223786_9482059.jpg





これは、大好きなブロガーさんが、私が酸っぱいのがちょっと苦手と書いたのを読んでお勧め下さった、京都の西陣の「光太郎の酢」というお酢屋さんのものです。
a0223786_9535841.jpg













米酢やすだち酢ももちろんおいしい。ありがとうビョンさん。
by mickimchi | 2013-06-17 14:13 | フュージョン | Comments(4)

自家製フルーツポン酢でカルパッチョ oishii

フルーツポンチじゃないです、フルーツポン酢。
嫌いな食べ物はほとんどありませんと言いつつ、実は酸っぱいのがすこ〜し苦手です。
フルーツ大好きと言いつつ、本当に好きなフルーツはビワと柿。
「なんでもかんでもお酢、まわしかけちゃうのよ。」とかいうお友達に、心の中で「え〜っ?」とか思っちゃいます。

ですので、酢も千鳥酢とか酸っぱさがとんがってないのが好きです。
千鳥酢、もちっと手頃なお値段だとうれしいんですけど...
料理本にレモンをしぼると書いてあると、レモンの代わりにライムを。
ライムもちょっと値が張りますね〜。
リーズナブルなライムを求めて、東奔西走の毎日です。
ハナマサとか、時々あります。

で、最近のお気に入りの自家製「フルーツポン酢」。
柑橘系のフルーツとライムで酸味はマイルド、醤油でなく塩で味付けしてあるので、色も淡くてさわやかな塩ポン酢です。
材料(作りやすい分量)
酒 45cc
みりん 45cc
ライムとオレンジ(今回はネーブル)のしぼり汁 あわせて70cc
塩 小さじ1
昆布 2センチ角くらい

作り方
小鍋に酒、みりん、昆布をいれて弱火にかけ、沸騰したら火を止めます。
昆布を取り出し、粗熱がとれたら塩とフルーツのしぼり汁を加えて混ぜます。
薄味に作って、使う用途にあわせて白だしを加えたり、醤油やオリーブオイルを加えたりするといろいろ便利です。
写真は「タコの緑酢和え」。
a0223786_11585116.jpg

キュウリ1/2本をすりおろし、フルーツポン酢大さじ1と1/2にねりわさびと白だし各少々を加えた緑酢を作ります。
タコを緑酢で和えたら、これからの蒸し蒸しの季節にぴったりなさわやかな和え物。

ちょっと前に作った「カンパチのカルパッチョ」。
これも白だし少々を加えたフルーツポン酢とオリーブオイルを混ぜたマリネ液に刺身を30分程マリネしました。
a0223786_16325383.jpg

赤ゆず胡椒をのせてちょっとピリ辛。
淡い色のフルーツポン酢、カルパッチョソースにするのが一番使い勝手がいいかも。

「鯛と水菜の昆布締め風サラダ」
a0223786_16325956.jpg

ボウルにお刺身用の鯛の切り身と水菜、塩昆布を入れてフルーツポン酢で和えただけ。
とろろ昆布とかでもおいしそう。
今度やってみよう。
by mickimchi | 2013-05-27 11:40 | たまには和食 | Comments(8)

 Bistro Mickimchi

ビストロ風のおつまみの晩ご飯。
気楽な作り方で、材料も分量もざっくり作ってみました。

お肉料理は「ミートソースのミートボール」。
a0223786_16105452.jpg

材料(2人分のおつまみ or 1人分のおかず)
ミートソース 100グラムくらい
牛ひき肉 ミートソースと同量
トマトソース ミートソースより少し多め
オイスターソース、赤ワイン、トンカツソース、ケチャップ、生クリーム各少々
刻みパセリ、パルメザンチーズ各適量

作り方
1 ミートソースとひき肉をボウルに入れてかきまぜる。
  ミートボールの形に丸める。
2 フライパンにオリーブオイルを熱し、1を入れる。
  時々ころがしながら焼く。
  中まで火が通らなくて良い。
3 鍋にトマトソースを入れてあたためる。
  オイスターソース、赤ワイン、トンカツソース、ケチャップ各少々加える。
4 2のミートボールを3の鍋に入れてしばらく煮込む。
  ミートボールの中まで火が通ったら、生クリームを入れてかき混ぜる。
5 火を止めて、パセリ、チーズをふる。

バケットにつけても、ごはんにのっけてもおいしいです。
この日は、冷凍庫のミートソースとトマトソースの残りを使いましたが、市販品でも大丈夫。

お野菜は、「トマトと焼き野菜のマリネのカプレーゼ
久々に作ってみました。
野菜のマリネとモッツアレラチーズを整列させて並べたもの。
長芋入れると食感がおもしろいです。
塩気はちぎったアンチョビで。
a0223786_161146.jpg


おつまみ「一口パエリア」。
ご飯を少なめ、魚介をたっぷりにしてみました。
あさりとムール貝をワイン蒸ししたスープで、半合のお米を炊いたもの。
私は、ストウブ社のタジン鍋で炊いてますが、フタ付きのフライパンか小さな土鍋で作っても。
a0223786_16151182.jpg

材料(おつまみ2人分 or 1人分のご飯もの)
米 半合
あさり 150グラムくらい
ムール貝 4個
にんにく(みじん切り)小さじ1
カラーピーマン(色々な色を串切り) 1個分
ライム(レモンでも)1/2個

作り方
1 小鍋ににんにくを入れてオリーブオイルを入れる。
  弱火にかけて、塩抜きしたあさりとムール貝も加えフタをする。
2 貝の殻が開いたら、順に鍋から取り出す。
  貝を取り出した後のスープを濾す。
3 フタがピタッとする鍋に、洗って水切りした米を入れる。
  2のスープ60CCと水40CCを加える。
4 13分弱火にかける。
5 その間に別の鍋に湯を沸騰させ、オリーブオイル、塩各少々を加える。
  カラーピーマンを入れて15秒くらいでざるにあける。
6 4の炊き上がりに貝類をのせてすぐフタをする。
  10分以上蒸らしたら、5のカラーピーマンをのせる。
  パセリとチーズをふりかけて、ライムをしぼる。
 
ご飯を炊くスープは、飲んでみてちょっとしょっぱいお吸い物くらいにするのがコツです。
炊き込み系はいつもそうやって炊くとうまくいきますよ。 

あまった貝のゆでスープ、もちろん捨てるなんてもったいない。
貝のスープでしめじをゆでたら、同量の豆乳をくわえて煮立たない様に弱火にします。
塩で味を整えて、「貝のエッセンスでクラムチャウダー」  
a0223786_12173159.jpg

貝の姿は見えずとも、しっかり貝の旨味が出てます。
うちは、ここにえごまの粉を加えてコクを出します。

それぞれあんまり手がこんでないけど、ワインがススム事はワタクシ、身をもって実証済みです。
by mickimchi | 2013-05-21 10:16 | あれこれおつまみ | Comments(6)

思い立ったら、手まり寿司

手まり寿司っておうちで作るお寿司の中で、一番手軽に出来ますよね。
なにしろ広げたラップに寿司飯を一握りのせて、ラップごとクルッと茶巾にしてちっさいまん丸いご飯玉をたくさん作っといて、またラップにお刺身を置いたら、ご飯玉をのせてまたクルリで出来上がり。
思い立ったらすぐ出来る!
スーパーのお刺身パックを買って来てささっと作った手まり寿司。
4種類くらいのお魚のお刺身が入ってるアレですね。

白米に1割分の黒米を入れて炊いたご飯を、思いつきですし酢の代わりに塩少々とライムの絞り汁で和えてみたら...
ほんのりピンク色に!

1合炊いたご飯で17〜18個くらい作ったのでほんとにちっさい手まり寿司。
これをつまみながら、お酒飲んじゃおうという事で。
お刺身パックのお刺身も半分の大きさに切りました。

お皿の真ん中に置いたのは、白菜キムチのみじん切りをのせたコリアンテイストな物。
その横は、大根葉で作った辛子高菜風の常備菜にジャコをのせました。
この2種はすし飯の代わりにごま油と塩少々を加えたシャリで。
a0223786_17354710.jpg

韓国海苔にくるんで食べてもおいしいです。
わさびと柚子こしょう、お醤油でどうぞ。

ネタにしたお刺身の端っこや、キムチ、ジャコの残ったのの行方はどこかと申しますと...
五色納豆にして。
手まり寿司に乗っけた薬味もついでに流用して。
a0223786_17373255.jpg


もちょっとおつまみ、自家製さつま揚げをチョコチュジャン(酢コチュジャン)で食べました。
a0223786_17372777.jpg


青のりのお椀で、手軽なお夕飯。
by mickimchi | 2013-05-02 20:07 | たまには和食 | Comments(0)

イカのフェとプルコギうどん

とってもおいしそうな生ワカメがスーパーに売ってたので、板状に切って、イカのフェ(刺身)をくるんで食べました。
イカのフェといっても、今回はイカゲソをさっとゆでたもの。
チョコチュジャンと、ヤンニョムカンジャンの二つのたれを添えました。
a0223786_11181648.jpg

チョコチュジャンは、コチュジャン6:酢3:しょうゆ2:すりごま1:砂糖1:おろしにんにく1をあわせて作ります。

こうやって食べるとワカメってウマっ!
きれいにお皿に整列させたとこ以外のワカメはワカメスープにして食べました。

ささっとプルコギうどんも作りました。
ま、プルコギ味の焼うどんです。
プルコギ作って、冷凍うどんをレンジであたためたのにのっけて生卵ポトリとしただけ。

「プルコギうどん」
a0223786_11175883.jpg

材料(2人分)
冷凍うどん 1玉
卵の黄身 1個分
牛切り落とし肉 150グラム
九条ネギ(わけぎでも) 1〜2本
玉ねぎ 1/4個
生しいたけ 2個

たれ
 コチュジャン 大さじ3
 しょうゆ、酒 各大さじ1
 砂糖、酢 各小さじ2
 にんにく(すりおろして) 1/2カケ分
 白いりごま 大さじ1

作り方
1 牛肉は食べやすい大きさに切る。
  たれの材料を合わせてボウルに入れる。
  牛肉も入れて手でよくたれをからめる。
2 玉ねぎは串切り、生しいたけは3ミリの厚さに切る。
  九条ネギは斜め切りにする。
3 フライパンにごま油を熱し、玉ねぎ、椎茸を炒める。
  牛肉も加えてほぐしながら炒める。
4 冷凍うどんは袋の表示どおりにレンジでチンする。
5 4のうどんを3に加えて煮汁をうどんにからめながら炒める。
6 九条ネギも加えて火を止める。
7 器に盛って、卵黄を落とす。

卵黄をからめて食べて下さいね。
それにしても、うどんに九条ネギって合いますね。
ちょっと高めですが、おうどんの日は買いたくなっちゃう。
東京でも最近は四季を問わずスーパーに並ぶ様になって、うれしいような困ったような、でもうれしい!
by mickimchi | 2013-04-29 18:08 | 麺類 | Comments(2)

イタリアンコリアンな日

通称「イタコリ」。
ったってうちでしか通じませんが、イタリアンコリアン料理のお夕飯。
気楽に、いつもオリーブオイルを使うところをごま油にしたり、またその逆にしたり、豚キムチをパルメジャーノチーズでコクを出したり、そんな感じで作りました。

前菜は、「鯛のスパイシーカルパッチョ」
a0223786_13414026.jpg


材料(鯛のお刺身1柵分)
鯛(刺身用) 1柵
砂糖、塩 各少々
マリネ液
 酢(大さじ1)、オリーブオイル(大さじ1)、
 黒こしょう、マスタードシード、コリアンダー、バジル、塩各少々
カラーピーマン(細切り) 適量
イタリアンパセリ(みじん切り) 適量
韓国唐辛子(細挽き)適量
ピンクペッパー(あれば)少々

作り方
1お刺身用の鯛はに砂糖と塩それぞれ少々をふってなじまる。
 ピチットシート(なければラップ)をまいて冷蔵庫で半日ねかす。
2ねかせた鯛の水分をふく。
3マリネ液の材料をよく混ぜ合わせる。
 保存容器に2を入れ、マリネ液を注ぐ。
 冷蔵庫で2時間〜一晩マリネする。
4皿に、カラーピーマンをしいて、削ぎ切りにした3をのせる。
 パセリを飾り、唐辛子、ピンクペッパーをふる。

マリネ液に加えるスパイスはおうちにある物で。
ただ、お魚のカルパッチョにはマスタードシード入れるとおいしいと思います。

いつもの豚キムチもチーズ味で。
塩こしょうした豚肉とキムチを炒めて、酒、醤油を加えたら、最後にフライパンにパルメジャーノチーズをたっぷり振り入れます。
ささっと炒め合わせてすぐ火を止めます。
チーズの塩味を考えて豚キムチは少し控えめに味付けしてみました。
a0223786_13414535.jpg


こちらもいつものチャプチェですけど、カラーピーマンを入れて。
仕上げに斜め切りの万能ネギを散らしてイタリアンカラー。
a0223786_1357327.jpg


カラーピーマンがあまったんで、ピーマンたっぷりの醤油だれを作りました。
a0223786_1625156.jpg
にらとししとうとピーマンの万能だれ
日持ちするし、何でも合わせやすいのでよく作ります。
この日は、オリーブオイルを加えてレンジなすにたっぷりかけてみました。


a0223786_14245147.jpg

by mickimchi | 2013-04-26 15:06 | あれこれおつまみ | Comments(2)

辛いけどおいしい、ツナキムチチゲ

辛くけどおいしくて、おいしいけど辛い、ツナキムチチゲ。
今回は自家製ツナが残ってたので、それを使って。
もちろんツナ缶でおいしくできます。
「ツナキムチチゲ」
a0223786_17563719.jpg

材料 (2人分)
キムチ(一口大にざく切り) 150グラム
お好きな、肉かハムやベーコン等の肉加工品(粗みじん切り) 50グラム
ツナ缶 (小缶 1/2分、オイルも少し)
木綿豆腐 (一口大の角切り)1/3丁
長ネギ (斜め切り)1/3本
玉ねぎ(串切り) 1/4個
生の青唐辛子 (あれば)
炒り子ダシダ 大さじ2/3(なければ炒り子出汁顆粒 大さじ2/3)
★コチュジャン 大さじ1
★粗挽き唐辛子、細引き唐辛子 各大さじ1と1/2
★にんにく(おろして) 小さじ1/2
★醤油 大さじ1と1/2
★砂糖 小さじ2/3
★しょうが(おろして)小さじ1と1/2
塩 適量

作り方
1 ★の調味料を合わせておく。
2 鍋にサラダオイルを入れて中火にかけ、肉を炒める。
3 キムチと1を2に加え、中火のまま炒めあわせる。
  全体が炒まったら火を止める。
4 湯700CCに炒り子ダシダを加えて煮立たせる。
5 3に4を加えて5〜6分煮込む。
6 豆腐、玉ねぎ、長ネギも加えて煮込んだら出来上がり。

a0223786_13411383.jpg

ツナだけだとさっぱりしすぎるので、お肉ベーコンとかも入れるとおいしいです。
お勧めは豚挽き肉。
いろんなチゲの隠し味に豚ひき肉っていいと思うんですよね。

私は、ポッサム作った時の茹で豚とかローストチキンとかの端っこを冷凍庫にちょこっとずつしまっといて、色んなお肉の色んな部位も粗みじんにして入れてます。
そうすると、味に深みが出るような気がします。

ヘルシーっぽくないのが苦手な方は別ですが、ツナ缶のオイルも少し入れてみて下さいね。
これで味にコクが出ます。
唐辛子の分量は調節して下さいね。
うちの分量だと、多分ノーマルな方には激辛だと思います。(もっと早くに書けばいいのにすいません。)
最近、キムチチゲにコチュジャンたっぷりめがマイブームなんで...

キムチチゲの時は、いつもより多めにご飯を炊いといて下さいね。
ご飯にかけるとワッシワッシといっちゃいますから。

チゲが辛いので、おかずは辛くないのにしました。
「レンジ蒸しナスの酸っぱいゴマ味噌和え」。
a0223786_1341363.jpg

ラップして2〜3分チンしたナスをラップのまま氷水で冷やして縦に4等分に裂き、すりゴマ3:ポン酢3:出汁3:砂糖1のたれをかけました。
さっぱりしてて、これからの季節におすすめ。

キムチファミリーからは、「アボカクテギ」。
カクテギ使ったおつまみ、色々作りますけどこれ最近のヒット。
読んで字のごとく、アボカドとカクテギを混ぜるだけ。
a0223786_13441654.jpg

by mickimchi | 2013-04-21 11:51 | チゲ、スープ | Comments(2)

三清洞(サムチョンドン)の韓定食屋さんみたいに、ムール貝の炊き込みご飯。

ソウルの三清洞(サムチョンドン)のムール貝ご飯の韓定食屋さんで食べた、ムール貝の炊き込みご飯。
昨年夏、暑いさなかにえっちらおっちら安国(アングッ)駅から丘を登ってやっとたどりついた青受亭(チョンスジョン)のムール貝定食。
と〜ってもおいしくて忘れられない味。
ということで、真似して作ってみました。
お店で食べたとき、ご飯がしっとりしてコクがあったので多分ごま油加えてるのでは、と思ったんで、今回も炊き込み終わりにごま油を加えてざっくり混ぜ、ご飯に旨味とコクを出してみました。

「韓国風ムール貝の炊き込みご飯」。
a0223786_922880.jpg


日本では、ムール貝結構高いですよね。
今回はお手軽にこんな冷凍ムール貝をスーパーで見つけたのでそれを使って作りました。
a0223786_921085.jpg

袋に殻ごとゆでて冷凍してあるから、解凍後そのままお召し上がり下さいと書いてある。
こんなんで(失礼!)、ちゃんと貝のおいしい出汁が取れるだろうか?と少々不安になりながら、昆布とお酒とお水を入れたお鍋にムール貝を入れて火にかけて数分。
おそるおそる味見してみたら、すごいおいしい!
今さらながら、ムール貝ってものすごくいい出汁が取れるのね〜。

材料(2人分)
ムール貝(殻付きで)300グラム(生でも冷凍でも)
昆布 5センチ角くらい
米 1合
酒 大さじ2と1/2
水 適量
薄口醤油 小さじ1
しょうが(細切り) 適量
ごま油 適量

作り方
1 鍋に、ムール貝と昆布を入れる。
  酒大さじ1と1/2と貝がひたるくらいの量の水を入れる。
2 1にフタをして中火にかけ、煮立ったらアクをすくう。
3 生のムール貝の場合は貝の口が開いたら火を止める。
  冷凍の場合は、貝に火が通ったら火を止める。
3 貝を取り出して、茹で汁を濾す。
  取り出した貝は殻から出しておく。
4 米を洗って、15分浸水させ15分水切りする。
5 酒大さじ1、薄口醤油、3の茹で汁に水を足して米と同量にする。
6 土鍋に米と5を入れ、13分くらい炊く。
7 炊きあがりにムール貝と針しょうがをのせてフタをし、15分ほど蒸らす。
8 ごま油少々を加えて、しゃもじでざっくり混ぜ合わせる。
9 ヤンニョンカンジャンを添えてどうぞ。
(炊飯器の時は水加減を目盛りより少し少なめにして下さい。)

a0223786_923682.jpg

ヤンニョムカンジャン(薬味醤油)は、醤油5:粗挽き唐辛子2:砂糖、おろしにんにく、ごま油、万能ネギ、炒りごま各1の割合で。
野菜を和えてナムルにしたり、チヂミのたれにしたり、こんな感じでご飯にちょこっとかけたりする万能調味料です。
唐辛子を入れずに作ってもいいし、ギョウザやシュウマイのたれもいいですよ。

a0223786_92037.jpg
ご飯のおともは、オイキムチと、パンチャンのパステルカラーのナムル。

右からクレソン、えのきだけ、ふきのとう、さやえんどうです。

さっとゆでたえのきを↑のヤンニョムカンジャンであえ、クレソンも茎だけさっとゆでて葉の部分はなまのまま、これも↑であえます。

ふきのとうは、マスタードとメイプルシロップを同量で作ったメイプルマスタードソースで。

さやいんげんは斜め細切りにして塩少々とオリーブオイルで炒めてから、素干エビであえてみました。

メイプルマスタードソース、ひらめきで作ったわりにおいしくて、フライドチキンとかにかけてもおいしいかも。
今度やってみよう。
by mickimchi | 2013-04-15 13:09 | ご飯類 | Comments(6)