人気ブログランキング |

寒い日に、キムチと納豆、お味噌でトリプル発酵鍋

今日は寒いですね。
こんな日は日韓3種の発酵食品で、発酵鍋、いかがですか。
とっても簡単。
煮込まれた納豆とキムチでトロッとしたスープに、ホクホクのじゃがいも、シャキシャキの豆もやし。
湯引きした牛肉は後乗せで煮えばなをいただくとやわらかです。


材料(ふたり分)
ジャガイモ 2個
生姜のみじん切り 小さじ1
ニンニクのみじん切り 小さじ2
納豆 1パック
牛切り落とし肉 150グラム
白菜キムチ(一口大に切る) 150グラム
豆もやし 1/2パック
しめじ 1/2パック
牛スープ(牛ブイヨンをお湯で溶かしたものでもOK) 400cc
味噌 大さじ1
砂糖 小さじ1/3
コチュジャン 大さじ1/2
万能ネギの小口切り 適宜
白いりごま 適宜

作り方
1 豆もやしは洗って根を取る。納豆は付属のタレとカラシを加えて混ぜておく。牛肉は広げてザルに乗せて熱湯をかけ水切りする。
2 熱した鍋にニンニク、生姜、サラダオイルを入れて炒め、キムチも加えてさらに炒める。
3 牛スープを加え沸騰したら、皮をむいて一口大に切ったじゃがいもを加える。じゃがいもがやわらかくなるまで20分ほど煮込む。
4 しめじも加えて5分ほど煮たら、豆もやし、納豆を加え一煮立ちさせる。
5 火を止めて牛肉を乗せ、万能ネギ、白炒りごまをふる。
6 食卓に鍋ごと持っていき、卓上コンロで温めながらいただきます。

今回は、牛スープはコリコムタン を作ったとき残った牛テールスープを使いましたが、牛スジや牛スネ肉を煮たスープでもいいですし、市販の牛ブイヨンやコンソメを湯で溶いたものでも。
寒い日に、キムチと納豆、お味噌でトリプル発酵鍋_a0223786_11035148.jpg




おかずは上段がキムチと彩り野菜の甘酢漬け。

寒い日に、キムチと納豆、お味噌でトリプル発酵鍋_a0223786_11051642.jpg


もう一品。
「春野菜と生ダコのムチム」。
韓国風の和え物です。
茹でた菜の花などの春野菜とさっと湯どうしした生ダコを、カラシ1:醤油2:ごま油2:すりごま2:砂糖1を混ぜ合わせたもので和えました。
お鍋の日にちょっと春めいた和え物を添えると、なんだか春を待ってる感じで好きなんです。

寒い日に、キムチと納豆、お味噌でトリプル発酵鍋_a0223786_11022974.jpg

# by mickimchi | 2020-01-18 17:37 | チゲ、スープ | Trackback | Comments(0)

北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。

北陸の海の幸をいただきに金沢へ、じゃなくって三軒茶屋へ。
去年の夏に金沢のグルメ回転寿司「金沢まいもん寿司」が三軒茶屋にも開店し、秋にうかがって以来、すっかりお気に入りになってよくお邪魔してます。

回転寿司ですが、注文を受けてから職人さんが握ってくれます。

お寿司だけでなく、おつまみも美味しい。
北陸の地酒や地ビール、焼酎なども揃っていて呑兵衛にはうれしい、飲んでつまめる回転寿司屋さんです。

お気に入りのおつまみと握りをご紹介。

「富山白えび唐揚げ」と「能登なまこ酢」。
白えびは富山湾の特産品、能登なまこは冬季限定だそう。
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16372548.jpg




この日のお造りはメジマグロ、だったっかな?
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16334745.jpg



「富山産ほたるいか沖漬け」。
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16342539.jpg


「北陸産あおりいか唐揚げ」。
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16351096.jpg


「いくらおろし」
金粉がかかってる。
器も九谷焼なんだって。
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16374555.jpg


「生ダコの唐揚げ」。

北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16373304.jpg



加賀百万石の絢爛な店内という触れ込みの店内。
よくわかんないけど、確かにきれいです。

職人さんもたくさんで、サービスも良いですよ。
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16480681.jpg


必ず頼む、
「のどぐろあぶり」。
シャリの量も少なめ、普通と選べます。
あれもこれもとガツガツしてるわりにはすぐお腹いっぱいになっちゃうワタクシはシャリ少なめで。
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16362171.jpg


これはブリのあぶりだったけ?
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16360996.jpg



「日替わり三点盛り」。
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16375725.jpg



「本まぐろ大トロあぶり」。
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16144663.jpg


「本まぐろ大とろ」。
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16380694.jpg

「まいもんねぎとろ巻き」。
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16365165.jpg


「海鮮宝箱軍艦」。
いや〜ん。デカすぎ。
でも好き。
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16444211.jpg


お店は三軒茶屋の駅から数分の246沿い。
おっきなビルの2Fです。

「金沢まいもん寿司 三軒茶屋店」。
住所:世田谷区三軒茶屋1-37-2 三茶ビル2F
Tel:03-5431-0446
営業時間:月〜金 11:30~15:00 (L.O.14:30)、17:30~22:00 (L.O. 21:30)
土日祝 11:30~21:30 (L.O. 21:00)

混み合いそうな土日より、夜の狙い目は平日の早めの時間。
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16371272.jpg



ほろ酔いで歩く、ディープな飲屋街、三軒茶屋の三角地帯。
今度はここで飲みたいな。
北陸の海の幸を「金沢まいもん寿司」@三軒茶屋で。_a0223786_16475431.jpg

# by mickimchi | 2020-01-09 13:25 | 外で一杯 | Trackback | Comments(2)

韓国風小さなおかずとおつまみ。

みなさま

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

前回記事のポッサムとテンジャンチゲ定食のお話の続きです。

定食に添えた、小さな韓国風おつまみとおかず。
お酒のお供に、ご飯のお供に。

真ん中のが
「じゃこの韓国風炒め物」。
フライパンにごま油を入れてちりめんじゃこを炒め、醤油3:砂糖1:韓国粉唐辛子1にすりおろしニンニク少々を混ぜたものと万能ネギの小口切りを加えて炒め合わせ、すりごまを振って火を止めます。

白菜キムチと大根キムチの奥が
「ピリ辛タラコ」。
薄皮を取ってほぐしたタラコに長ネギのみじん切り、ごま油、韓国粉唐辛子、おろしニンニク、すりゴマを加えて混ぜ合わせただけ。

手前が
「ピリ辛塩辛」。
これもピリ辛タラコとおんなじ作り方。
塩辛に長ネギのみじん切り、ごま油、韓国粉唐辛子、おろしニンニク、すりゴマを加えて混ぜ合わせたもの。

その横が、海苔ムッチム。
韓国風海苔の和え物です。
火でパリッと炙った海苔をボウルに揉みほぐし、醤油6:ごま油6:すりごま3:砂糖1におろしニンニクと韓国粉唐辛子少々を混ぜ合わせたものを加え全体を和えたもの。
これを蓋がきっちり閉まる保存容器に入れて冷蔵庫で保管すると便利なミッパンチャン(韓国風常備菜)になりますよ。
韓国風小さなおかずとおつまみ。_a0223786_17091071.jpg



ポッサムのおとなりに映ってるのがサラダがわりに作った、トマトキムチです。
三食ごはん」っていう番組で女優のパクシネちゃんが作っていたヤツです。
作り方はこちら
韓国風小さなおかずとおつまみ。_a0223786_17071431.jpg




これは年末に作った小さな韓国風おつまみとおかずです。
韓国風小さなおかずとおつまみ。_a0223786_17084223.jpg
真ん中のカクテギ(大根キムチ)の左は牛肉の韓国風醤油煮、「チャンジョリム」です。
作り方はこちら
うずら卵も一緒に煮ました。これも、便利な韓国風常備菜のひとつ。

カクテギの横は「れんこんの韓国風ごま和え」。
レンコンは乱切りにして酢を加えた熱湯で5分くらい茹で、ザルにあけて熱いうちに練りごま4:コチュジャン4:薄口醤油1:ごま油1を混ぜたもので和えたもの。

上段左は韓国風黒豆

下段左は裂きイカのムッチム。
細か〜く裂いた裂きイカをボウルに入れてごま油で和え、コチュジャン6:醤油3:砂糖3:韓国粉唐辛子1:おろしにんにく少々を混ぜたもので和えて、すりごまを振りました。
これも蓋のぴったりする保存容器に入れて冷蔵庫で保存すると便利な常備菜になりますよ。

その横はチャンジャ大根。
大根は細い棒状に切って塩を振ってしんなりさせて水気を切ってボウルに入れます。
チャンジャ、コチュジャン2:すりごま2:ごま油1におろしにんにくと韓国粉唐辛子を混ぜたもので和えニラを加えたもの。


この日は牛テールスープ、コリコムタンの定食(作り方はこちら)にしました。
気取って盛り付けましたが、これをご飯にぶっかけてコムタンクッパにして最後はラーメンを入れてコムタンラーメンにしました。
韓国風小さなおかずとおつまみ。_a0223786_16505005.jpg

予約投稿にしようと、この記事を中途半端にしたまま間違って投稿にポチッとしてしまい、知らずに一日放置。
なんだか元旦から失敗してしまった2020年の始まり。
お恥ずかしいけど、私らしい大ボケで失礼しました。


# by mickimchi | 2020-01-02 15:06 | 牛肉がメイン(韓流) | Trackback | Comments(0)

牡蠣と豚肉のポッサムと、牛肉とクレソンのテンジャンチゲ定食

牡蠣と豚肉のポッサムと、牛肉とクレソンのテンジャンチゲ定食の晩ご飯をつくりました。

ポッサムは、茹でた豚肉などをキムチや合わせ味噌とともにいろいろな葉野菜でくるんで食べる韓国料理。
テンジャンチゲは味噌チゲ、いわば韓国のお味噌汁です。
牡蠣と豚肉のポッサムと、牛肉とクレソンのテンジャンチゲ定食_a0223786_16533551.jpg


いつもは豚バラ肉を茹でますが、スーパーで見つけた美味しそうな豚肩ロース塊肉で。

焼き豚を作る要領でタコ糸でしばって成形し、豚肉の重量の2パーセントくらいの塩をまぶしてラップして冷蔵庫で一晩。
これを酒とたっぷりの湯、長ネギの青い部分と生姜1カケ、昆布とともに火にかけ、沸騰したらアクを取りながら弱火で30分ほどとろとろ煮込んだ塩豚。
これを薄切りにして蒸し器で温めながらいただきます。

ポッサムにつけるソースは2種類作りました。

ひとつは今韓国で流行っているというマヌルソース 。
オリーブオイルにみじん切りのにんにく、たっぷりの蜂蜜、塩少々を加えてゆっくり弱火にかけたソースです。
もうひとつはサムじゃん。
包む(サム)ときに使うたれ(ジャン)がサムジャン。
市販もされてるけど、自分で作るとおいしいよ。
ここんとこよく作る作り方は→手作りサムジャン
牡蠣と豚肉のポッサムと、牛肉とクレソンのテンジャンチゲ定食_a0223786_16562811.jpg
牡蠣のポッサム、クルポッサム。
その名のとおり牡蠣と茹でた豚肉をキムチなどと葉野菜に包んでいただくポッサムで、ソウルには牡蠣ポッサム通りまであるんですよ。

ホントは生牡蠣で作るんですけどね、アタるとヤバいので洗ってよく水気を取った牡蠣を、牡蠣の半分ほど浸るくらいの酒と塩少々と一緒に小鍋に入れて弱火にかけ、沸騰してから2分間酒炒りした牡蠣です。
生より身がプリッとしてふっくらしますよ。
牡蠣と豚肉のポッサムと、牛肉とクレソンのテンジャンチゲ定食_a0223786_17014195.jpg


豚肉と牡蠣をキムチや白髪ネギ、サムジャンやマヌルソースと一緒にサンチュに包んでお口にポイッ。
豚肉と牡蠣?
合うと思わないでしょう?
でもこれが絶妙な組み合わせ。
ほらほら、日本だってちゃんこ鍋とかで魚介と肉を一緒にいただくじゃないですか。
あれと一緒とは言わないが、牡蠣のエキスとジューシーな豚肉がお口の中で一緒になると、これがイケるんですよ。
牡蠣と豚肉のポッサムと、牛肉とクレソンのテンジャンチゲ定食_a0223786_17115696.jpg


いろいろおかずも用意して。
牡蠣と豚肉のポッサムと、牛肉とクレソンのテンジャンチゲ定食_a0223786_17035438.jpg



こちらは牛肉とクレソンのテンジャンチゲ。
牛テールスープを作った時にとっておいたスープに味噌とコチュジャンを説き、じゃがいもと玉ねぎ、ズッキーニを入れて一煮立ちさせます。
火が通ったらエリンギと豆腐、長ネギ、粉唐辛子、刻みニンニクを入れて、牛バラ肉も加え、アクを取りながらお肉に火が通ったらクレソンを乗せて出来上がりです。

牡蠣と豚肉のポッサムと、牛肉とクレソンのテンジャンチゲ定食_a0223786_16593798.jpg




アッツアツをどうぞ。




話が長くなりましたので、一緒に作った小さなおかずセットのお話は次回。

# by mickimchi | 2019-12-20 15:43 | 豚肉がメイン(韓流) | Trackback | Comments(4)

大人気!「大衆酒場 レインカラー」@学芸大学

先月、すっかりお気に入りになった学大チニャーレでお友達とワイワイガヤガヤと楽しんだあと、フラフラと歩いていた時に見つけた新しいお店。

新しい白い暖簾がヒラヒラと風にたなびき、大きなガラス引き戸から見える店内は、大きなコの字カウンターにお客さんがいっぱい。
こう言うとわかるように雰囲気は完全に大衆居酒屋さんなんですけど、なぜかおしゃれなムード。
お客さんも吉田類様風オヤジ様方(そういう方々がたくさんいらっしゃるお店も大好きですが...)というより、若い男女がたくさん。

飲兵衛予想としては、絶対いいお店な匂いプンプンなんです。

暖簾に書いてあるお店の名前をチェックすると、「大衆酒場 レインカラー」ですって。
あっ、これは学芸大学の人気店「レインカラー」の2号店に違いないとピンときました。

レインカラーは以前書いたように、トリッパのジェノベーゼパスタとか、ラムハンバーグのパクチーソース添えとか、ちょっとひねった面白いメニューが揃うイタリアンのお店。
そのお店が出した大衆酒場、って言えばこれはちょっとやばいお酒のつまみをいただけそう!

最近は、学大界隈の人気店が本店より少しカジュアルなお店や立ち飲み屋さんを近所に2、3件出して、どちらの店も大繁盛っていうパターンが結構あって、お客さんもほろ酔い気分で何件もハシゴして楽しんでる様子はまるで学大か、サンセバスチャンのバル街かっていう感じになってます。
あくまでも個人的な意見です。)

話が長くなりましたが、そんなわけで電話で予約してオープン時間の午後7時にうかがってみました。
予約して正解。
オープンと同時に満席です。
スタンディングの席もあるんですね。
おっきなカウンターの奥にはテーブル席。
大人数のお客さんたちでテーブル席もいっぱいです。

ビールを頼んで、お通しの極太おつまみメンマをつまみながら、さっ、なにを注文しようかな。
迷いに迷って、まず
「四川風よだれラム」。
よだれ鶏のラムバージョン。
スパイシーな甘辛四川風ソースにさっぱりと蒸したラムの薄切り肉、ナッツとパクチーがたっぷりかかってて最高。
大人気!「大衆酒場 レインカラー」@学芸大学_a0223786_11245438.jpg


「年商2億円のガーリックトースト」。
なんかわかんないけど、そうメニューに書いてあって面白そうだから頼んでみたらすごいインパクト。
隣の青年が「それ、なんですか?」って聞くから、「年商2億円のガーリックトーストです。」て言ったらその彼も頼んでました。

これも絶対、次回も頼んじゃいそう。
大人気!「大衆酒場 レインカラー」@学芸大学_a0223786_11351475.jpg


「猪ピー」。
変なネーミングだけど、多分、白金の「鈴木屋」という焼きとん屋さんの豚つくねを生ピーマンではさんで食べる、名物メニューをオマージュしてるんだと思います。
ジビエをもつ焼き屋さん風に仕立てるなんてニクいです。
大人気!「大衆酒場 レインカラー」@学芸大学_a0223786_11264785.jpg


「フグの天ぷらとカラスミ」
お魚のフリットにボッタルガパウダーがかかったイタリアンを居酒屋さん風にアレンジ。
大人気!「大衆酒場 レインカラー」@学芸大学_a0223786_11245559.jpg



「パクチーの水餃子」。
大人気!「大衆酒場 レインカラー」@学芸大学_a0223786_13545545.jpg


締めはこの日の本日のパスタ、「貧乏人のスパゲッティ」。
ニンニクをバターで炒めて、潰した半熟の目玉焼き、おろしたてのチーズ、パスタのゆで汁、アルデンテのパスタを絡め合わせて炒め、黒胡椒をたっぷりかけた魅惑のパスタです。
卵かけご飯のイタリア版みたいな感じなのかな?
今度真似して作ってみようっと。
大人気!「大衆酒場 レインカラー」@学芸大学_a0223786_11262313.jpg


美味しそうな楽しそうなおつまみやお料理がズラリ。
ドリンクは、「生レモンサワー」、梅酒ホッピー割り「梅ッピー」、しそ風のハイボール「東京ハイボール」など大衆酒場らしいドリンクもあるし、ワインは全てナチュールでグラス550円でいただけます。
大人気!「大衆酒場 レインカラー」@学芸大学_a0223786_11405929.jpg
大人気!「大衆酒場 レインカラー」@学芸大学_a0223786_11423609.jpg



学芸大学の西口商店街から一本入った、美味しい飲み屋さんが軒を連ねる呑兵衛ストリート(勝手に命名)にあります。
大人気!「大衆酒場 レインカラー」@学芸大学_a0223786_11273758.jpg


「大衆酒場 レインカラー」
住所:目黒区鷹番3-7-13 ホワイトウエル鷹番1F
Tel:050-5456-0629 (予約の電話は19:30まで)
営業時間:19:00~ (LO フード 25:00、ドリンク 25:30)
土日ランチもあるようです。
定休日:水曜日、月2日不定休


# by mickimchi | 2019-12-11 12:51 | 外で一杯 | Trackback | Comments(0)