人気ブログランキング |

おでんに飽きたら、飽きないおでん、キムチおでん

さぶ〜い、さぶ〜い日に、心もあたたまるおでん。
キムチを入れるとじんわりピリ辛感が加わって、新感覚おでんになります。
韓国のオデンみたいに竹串に刺して、どうぞどうぞ。
このおでん、熱燗もいいけど、ソジュ(韓国焼酎)といかがでしょう?
って、作ってる側が飲みたいだけなんですが。

おでんに飽きたら、飽きないおでん、キムチおでん_a0223786_14515747.jpg

材料(4人分)
いつものおでんの具材 
いつものおでんのつゆ
キムチ(ざく切り) 好きなだけ
水 キムチと同量
竹串 

作り方
1 いつもの要領でおでんを作る。
2 煮込んだおでんの具は小さめに切って竹串に刺す。
3 おでんのつゆ少量とキムチ、水を別鍋で煮立てる。 
  一度冷まして味をしみ込ませる。
4 3におでんの具と残りのおでんのつゆを加えて鍋を火にかける。
  あたたまったら出来上がり。
  マスタードをつけてどうぞ。


  
うちにとっての「いつものおでん」は、牛すじ串を入れたおでんです。
牛すじ串を煮込んだスープでつくるおでん出汁、おいしいですよ。
このおでん出汁も作り方もついでに。

「牛すじ串のおでん出汁」4人分くらい
  たっぷりの出汁(かつお節と昆布でとったもの)を用意する。
  牛すじ串を出汁、酒とともに圧力鍋に入れる。
  火にかけ圧がかかってから20分加熱したら火を止める。  
  そのままビンが降りるまで自然放置する。
  このゆで汁5カップに、しょうゆ大さじ2、砂糖小さじ1、みりん大さじ
  1と1/2、 鶏ガラスープのもと(顆粒)大さじ1/2を加えて煮立て、
  おでん出汁が出来上がり。


おでんに飽きたら、飽きないおでん、キムチおでん_a0223786_1563525.jpg


おでんに飽きたら、飽きないおでん、キムチおでん_a0223786_157094.jpg

おでんの具は、下ゆでしてから40〜50分おでん出汁で煮込んだ大根がおいしい。

さつま揚げは、熱湯を回しかけて油抜きしてから加えて下さい。

ちくわやつみれ、はんぺん等は長く煮込むと魚のうまみが抜けちゃいます。
食べる前に加えて煮て下さいね。
タグ:
by mickimchi | 2013-01-16 15:34 | キムチとキムチを使ったレシピ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mickimchi.exblog.jp/tb/17149731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 東大門の食堂みたいに、韓国風焼... ソウルから全州へ。日帰りツアー... >>