人気ブログランキング |

釜山の旅、その3。釜山の壁画村、甘川洞(カムチョンドン)のタルトンネ

テジクッパ食べてシアワセな気分のまま、甘川洞(カムチョンドン)のタルトンネに行ってみました。
釜山の旅、その3。釜山の壁画村、甘川洞(カムチョンドン)のタルトンネ_a0223786_10594559.jpg


まだ、釜山の中心、南浦洞(ナンポドン)も西面(ソミョン)も海雲台(へウンデ)もろくに歩いてないんですが、まず一番食べたいもの食べて、行きたいとこ行ってみようと。
ここもYuckyさんの2012年 ササッと釜山 ④タルトンネを歩く その1 甘川洞(カムチョンドン)の記事を見て行きたかったところです。

山肌に張り付いたような家々がパステルカラーに塗られてる、村全体がアート作品みたいな場所なんですよ。
住民の方々が、町おこしに賛同して協力してできた、言わばアート村、甘川洞文化村(カムチョンドンムナマウル)。
そんなのが日本にも出来たら素敵ですね。

ただ、もともとはタルトンネ(月の町、すてきな名前)って、生活が厳しい人々が安価な土地を求めて丘の上に家を建て、そういう家々がが集ってできた集落という事ですからね、実際の生活は大変だと思います。

行き方は色々あるようですが、Yuckyさんと同じく地下鉄1号線の土城(トソン)駅からマウルバスに乗って行きました。
トソンの駅の6番出口を出てそのまま道を進むと釜山大がんセンターがあり、その前のバス停から3番以外のバスに乗れば着きます。
1−1番、2番、2−2番いずれも行きます。
終点にほど近い「甘川文化村」(カムチョンムナマウル)で降ります。
バスを降りたところで、村の地図を買ってさあ出発。

釜山の旅、その3。釜山の壁画村、甘川洞(カムチョンドン)のタルトンネ_a0223786_15474797.jpg














地図がなくても観光客の人達についてけば、どこをどうやって歩けばいいかすぐわかります。

道のここそこに、楽しいオブジェが。
釜山の旅、その3。釜山の壁画村、甘川洞(カムチョンドン)のタルトンネ_a0223786_1104444.jpg

釜山の旅、その3。釜山の壁画村、甘川洞(カムチョンドン)のタルトンネ_a0223786_1105119.jpg


おもしろい物がないかなぁと小道に入ってウロウロするのも楽しい。
とはいえ、実際に生活なさってる方もいるから、お邪魔にならぬように。
釜山の旅、その3。釜山の壁画村、甘川洞(カムチョンドン)のタルトンネ_a0223786_1105947.jpg


小さな王子様の絵の先に、
釜山の旅、その3。釜山の壁画村、甘川洞(カムチョンドン)のタルトンネ_a0223786_11171.jpg


王子様のオブジェが、家々を眺めてます。
釜山の旅、その3。釜山の壁画村、甘川洞(カムチョンドン)のタルトンネ_a0223786_1111362.jpg


オブジェじゃなくってホントの洗濯物。
釜山の旅、その3。釜山の壁画村、甘川洞(カムチョンドン)のタルトンネ_a0223786_1112685.jpg


コミュニティセンターに入ると、居眠りおばさん。
釜山の旅、その3。釜山の壁画村、甘川洞(カムチョンドン)のタルトンネ_a0223786_11131100.jpg


暑過ぎる日や寒すぎる日でなければ、半日楽しめます。
あっ、ハイヒールじゃなければ。
by mickimchi | 2014-01-18 17:30 | 韓国で出会ったもの、事柄 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://mickimchi.exblog.jp/tb/19324006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ビョン at 2014-01-18 21:06 x
去年10月に行った統営のトンピランマウルなんかより、数倍大きそうですね。
ここまで商業化に徹していたら、「うるさい!」「静かに歩け!」なんて野暮なことを言う住民はいないでしょうね(苦笑)
この次は、間違いなく「美味しいものを食べる」でしょ?
Commented by yukiful-xmas at 2014-01-18 22:53
ひょえ~、大邱から帰ってきたら、釜山レポがどんどん進んじゃってる~!

西面の屋台もチョンガチブテジクッパも、私が大好きなところばかり!
甘川洞も、ぜひ再訪したいと思っている場所です。
それにしても、写真で見るとずいぶん人が多そうですね。
それに、私が見てなかった(気づかなかった?)オブジェも~!
洗濯物の写真、やっぱりいいな~。 
最後の写真の居眠りおばさん、本物だと思いました~!
Commented by lapie-fr at 2014-01-19 02:18
イケメン風、星の王子様にサンテックスもビックリ?
こんな街があるんですねえ。
ふむふむ、ふむっ。
Commented by u-hijyu at 2014-01-19 09:55
こんにちは〜。
釜山に、こんなステキな所があるんですねー。
海雲台、チャガルチ市場くらいしか知らず…^^;
おもちゃ箱みたいな街ですね。
そして、原色じゃなくて、パステルカラーが優しいですねー。
行ってみたくなりましたー。
Commented by mickimchi at 2014-01-19 10:27
>ビョンさん、
はい、またお見通しですね。
脚がつるほど歩いて、この後、お腹ぺこぺこでおいしい物食べに行きました。
ただ、住んでる人達のホントの本音はどうなんでしょう。
なんか最初は小さな町おこしのプロジェクトだったのが、今やカフェやらお土産屋さんやらが出来て、そして私の様に日本からも観光客が来るんですからね…
複雑かも。
Commented by mickimchi at 2014-01-19 10:33
>Yuckyさん、
ほら、ブログで旅行会社や新聞社の釜山のエキスパートの方達もロッテの裏の屋台でボラれたっておっしゃってたでしょう。
しっかりメニュー見て、アジュンマに確認してタコ頼みました。
それでも高かったけど…
タルトンネの洗濯物の写真は、元祖洗濯物写真家のYuckyさんの真似っこです。
Commented by mickimchi at 2014-01-19 10:35
>La pieさん、
幼い王子様っていうネーミングだったですけど、思いっきり星の王子様のパクリだと思う。
大丈夫なのかしら?
タイのコーヒー屋台もスターバックスに訴えられたですもん。
Commented by mickimchi at 2014-01-19 16:31
>ヒジュさん、
有名な観光地より案外楽しかったりして。
まだまだ色々行きたいところ、あったんですけど。
ま、次回を楽しみに、なんてソウルでも毎回同じ事言ってる…
ただ羽田→金浦に慣れてると、成田行くのがツラいですけど。
今度はいつ行けるだろう。
Commented by mkokochiki at 2014-01-20 22:13
ごはんも美味しそうだけれど、お散歩?もすっごく楽しそう。
mickimchiさんの突然の韓国記事にはいつもやられます~。
美味しそう、楽しそうと思うと韓国なの。
・・・ストレスが溜まるばかりです。゜゜(´□`。)°゜。
Commented by mickimchi at 2014-01-21 12:57
>ここちきさん、釜山レポ書くの少々ヘタってきちゃって、ちょっと小休止、ここちきさんに習った玉ねぎと牡蠣入りのおでんの事、書こうと思ってたところです。
ちなみに昨日はトムヤンクン鍋でした。
ラーメンをつけ麺みたいにして、そうそう、ココナッツミルクじゃなくてエバミルク使ってみたら(これもここちきさんの影響)、これも結構イケました。
どちらも書く時はリンクさせて下さいね。


<< 玉ねぎと牡蠣のおでんと、ピータン豆腐 釜山の旅レポ、その2。念願のテ... >>