人気ブログランキング |

済州島とソウル 郷土料理と民族芸術に触れる旅 その7 甘鯛の焼き魚定食でびっくりケランチム

イジュンソプの絵にノックアウトされ、しかしお腹は減り...
車を運転してくれてる地元のお兄さんが、彼オススメの食堂、アンゴリバッコリ(안거리밖거리)へ連れて行って下さいました。

頼んだのは昼定食( 정식)8000ウォン。(2人分から)
済州島とソウル 郷土料理と民族芸術に触れる旅 その7 甘鯛の焼き魚定食でびっくりケランチム_a0223786_15214698.jpg

甘鯛焼き(옥돔구이)付きです。
おかずもどれもこれも美味しくて。
豚肉のスユク(茹で肉)がやわらか〜い。
葉野菜に包んで食べます。
お魚とお肉が両方食べれる8000ウォンの定食ってうれしい。

シンプルなメニュー構成。
お一人様だったらビビンバ頼んで追加で甘鯛焼きをオーダーしてもいいかも。
済州島とソウル 郷土料理と民族芸術に触れる旅 その7 甘鯛の焼き魚定食でびっくりケランチム_a0223786_15225891.jpg


見て見て、この噴火したみいなケランチム(韓国風茶碗蒸し)!
今まで食べたケランチムの中で「間違いなく膨らみ度が一番大賞」を差し上げたい。
スプーンを入れると、まるでスフレみたいな感じ。
フンワフワの卵をご飯にのっけてパクリ。
済州島とソウル 郷土料理と民族芸術に触れる旅 その7 甘鯛の焼き魚定食でびっくりケランチム_a0223786_1523929.jpg


済州島とソウル 郷土料理と民族芸術に触れる旅 その7 甘鯛の焼き魚定食でびっくりケランチム_a0223786_15233341.jpg


大満足で外に出たら青空に凧。
済州島とソウル 郷土料理と民族芸術に触れる旅 その7 甘鯛の焼き魚定食でびっくりケランチム_a0223786_15224428.jpg


「アンゴリパッコリ」
(안거리밖거리)

064-763-2552
済州特別自治道 西帰浦市 西帰洞 584-3(제주특별자치도 서귀포시 송산동 584-3번지)

ここに地図が出てました。
by mickimchi | 2014-12-01 11:54 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://mickimchi.exblog.jp/tb/20367121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by love-t_k at 2014-12-01 11:57
日本じゃ考えられない値段ですよね
甘鯛美味しいですよね
大好きです
チェイサ(法事)の時は必ず焼いてます
Commented by ビョン at 2014-12-01 12:50 x
日本でもアマダイって西の方しか出荷しないですよね。
なので、私も以前済州島ではマストアイテムとしていただきました(笑)
ハルラ山の噴火を思わせるケランチムも、済州島ならでは?(笑)
Commented by mickimchi at 2014-12-01 15:00
>けいこさん、
ホント、甘鯛の一夜干しって時々デパ地下で見ますけど、半身で1000円以上しますもんね。
以前釜山でフグ食べた時も思ったけど、なんで日本だとフグとか甘鯛ってあんなに高価になっちゃうんでしょう。

これからは、高級魚は韓国行って食べる事にします、なんて、なんやかんや理由つけては韓国行こうとしてますです。
Commented by mickimchi at 2014-12-01 15:16
>ビョンさん、
でも太刀魚食べなかったのが悔やまれます。
あと、済州空港でウニの瓶詰めが売ってておいしそうだったのに買ってこなかった事も。
瓶詰めの前を行ったり来たり、多分十回以上ウロウロ。
で、結局ちと高すぎるという事で諦めたら、後から来た中国人の観光客、ろくに見もせずにどっさり買ってました。
トホホ。
Commented by lapie-fr at 2014-12-01 16:12
8000オンって、いくらなのかな?
迫力だねえ、これで2人分?
スフレのような茶碗蒸しって、アアタ、なんざんしょ(笑)
でもでも、
小鉢でいっぱい並ぶって嬉しくなります~ぅ♡
Commented by mickimchi at 2014-12-01 22:16
>La pieさん、
今円安だから以前より割安感は少ないですが、だいたい860〜880円くらいかなぁ。
でも、韓国のお店ではずらっと並んだ野菜の小皿は基本おかわり自由。
おいしい野菜の和え物食べながら、メインの焼き魚待ってるワクワク感、好きだなぁ。


<< 済州島とソウル 郷土料理と民族... 済州島とソウル 郷土料理と民族... >>