人気ブログランキング |

2015年釜山旅その6 ハルメチプでタコと牛モツの辛い鍋、ナクチポックンならぬナッコプポックン。

釜山3日目。
ナクチポックン屋さんでお昼ご飯にしました。
2015年釜山旅その6 ハルメチプでタコと牛モツの辛い鍋、ナクチポックンならぬナッコプポックン。_a0223786_14563388.jpg

釜山名物の辛いタコのお鍋、ナクチポックン。
タコと言っても真ダコではなく手長ダコという小ぶりのタコのお鍋です。

そしてこのナクチポックン、名前はタコ炒めというお料理ながら、釜山式はソウルのそれとはちがい、たっぷりの出汁の効いた辛いスープでタコや野菜をグツグツ煮立てて食べる辛いお鍋。

前回、ケミチプでナクチポックン!ホルモン入りがとってもおいしかったので、是非是非またナクチポックン食べたくなりまして。

今回はこれまたナクチポックンの老舗中の老舗、ハルメチプ(할매집)に行ってみました。
凡一駅(ポミルドン)の10番出口を出て、すぐ左に曲がって少し歩いた右手にあるお店。

おおっ、元祖ハルメナクチという堂々たる看板。
45年の歴史あるナクチポックンの味を期待しつつ扉を開けると、お昼前なのにすでに1Fは満席。

ということで2Fに上がると、ずらっとならんだ机にガスコンロがセットされてます。
このあと、瞬く間にこの広い店内も満席になりました。

2015年釜山旅その6 ハルメチプでタコと牛モツの辛い鍋、ナクチポックンならぬナッコプポックン。_a0223786_14554135.jpg


お店に行くまではナクチポックンを頼むつもりにしていたのですが、店内のメニューを見て、
낙지(ナクチ)+ 곱창(コプチャン)+ 밥(パプ)という、ナクチポックンにコプチャン(牛もつ)も入った鍋にご飯がついてるのに眼がいって、こちらを注文。
2015年釜山旅その6 ハルメチプでタコと牛モツの辛い鍋、ナクチポックンならぬナッコプポックン。_a0223786_14555022.jpg


お値段は、ナクチ+パッというナクチポックンと、ナクチ+セウ+パッというナクチポックンエビ入りが6500ウォン、我々が頼んだナクチ+コプチャン+パッと、ナクチ+セウ+コプチャン+パッという全部入りが7000ウォン、それに追加のご飯と、うどんやラーメンなどの麺類がそれぞれ1000ウォン。

平日のお昼時でしたので、12時を過ぎるとお昼休みに来た会社勤めの男女で大にぎわいです。
お客は、席に座った途端にお店のおばちゃんにそれぞれ食べたいものを注文するのですが、その注文の仕方が「ナッコプセ、ハナ、ナッセ、ハナ!」とか呪文のような頼み方です。

つまり ナッコプセがナクチコプチャンセウ、ナッセはナクチセウの略語で、「ナクチポックン、コプチャンエビ入りをひとつと、ナクチポックンエビ入りをひとつ。」という意味なんですね。

今度来たら常連ぶってそう言おう。

お鍋はお店のおばちゃんが全部やってくれますからね。
おばちゃんのOKが出るまでは、じっと待ちます。
2015年釜山旅その6 ハルメチプでタコと牛モツの辛い鍋、ナクチポックンならぬナッコプポックン。_a0223786_14555567.jpg


さ〜、そろそろできましたよ。
うわぁ、食べたくて食べたくて、もう待てない!
2015年釜山旅その6 ハルメチプでタコと牛モツの辛い鍋、ナクチポックンならぬナッコプポックン。_a0223786_14555735.jpg


ギョエ〜、うま〜い!
見た目は辛くてこってり、って感じですけど、一口目は意外なほどさっぱりした感じ。
これを食べつつビールグイッとすると、もうシアワセ感じます。

ソジュ(韓国焼酎)も追加でお酒飲みつつ食べ進むと、だんだん煮詰まったスープがさらに旨味を増します。
これをご飯にのっけて食べるとまたおいしい。

まわりの皆さんは、うどんを追加したり、ご飯をポックンパにしたりして楽しんでました。

2015年釜山旅その6 ハルメチプでタコと牛モツの辛い鍋、ナクチポックンならぬナッコプポックン。_a0223786_1456233.jpg


「ハルメチプ(할매집)」
住所:釜山市釜山鎮区(プサンジング)凡川1洞(ポムチョンイルドン)837−43
Tel:051-634-9618
営業時間:10:00-21:00
休日:秋夕、旧正月の当日
コネストに地図が載ってました。

2015年釜山旅その6 ハルメチプでタコと牛モツの辛い鍋、ナクチポックンならぬナッコプポックン。_a0223786_14564361.jpg

by mickimchi | 2015-08-14 09:22 | 韓国のおいしい所 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://mickimchi.exblog.jp/tb/21476081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lapie-fr at 2015-08-14 12:41
いや~ぁ、この鍋もの、美味しそっ!!
ご飯、ほしい~
この暑さの中で見ても、椿ごっくんっです
(ごめんね、ビロウな話し…、1000ウォンって日本円で?
 値段表、見事にすべて…、せめてお値段だけでも…)

Commented by love-t_k at 2015-08-14 16:58
タコの鍋?
美味しそうですね。
味的にはチゲにタコって感じですか?
食べた~い!
Commented by mkokochiki at 2015-08-14 22:57
おぉ~長期韓国旅攻めですね~~~(>▽<;)
もう騙されませんよ~~~!!見てわかります、うん、日本じゃない!(笑。
わたしは夫の夏休みで大変大変。。。
なんとか乗り切っております、食べまくり、呑みまくり。
あーダイエットは明日からって感じで明日っていつー!?!?です・・・orz
Commented by ビョン at 2015-08-15 05:44 x
ナクチだけだとどうも物足りなく感じていましたが、コプチャン入りならコクも深まるしいいですね。
絶対ビールにも焼酎にも合う合う!!!(笑)
パンチャンは少なめのように見えますが、お鍋の赤さ具合が程良さそう(笑)
大敵な炭素化物をうっかり投入しちゃいそうです。
Xday(人間ドック)まであと2週間、お腹周りに付いた脂肪を落とすのに間に合いそうもありません(泣)
Commented by mickimchi at 2015-08-15 09:17
>La pieさん、
1ウォンが0.11円くらいだから1,000ウォンは110円くらいかなぁ。
だいたい700〜800円くらいで食べれるお鍋です。
呑兵衛の我々は、追加のご飯や麺類までいきつく事ができませんけど、韓国の人たちは食欲旺盛ですからみなさん、思いっきり頼んでました。
煮えたぎった真っ赤な辛いタコのブイヤベースってイメージ?かな?


Commented by mickimchi at 2015-08-15 09:28
>けいこさん、
そうそう、ソウルのナクチポックンは炒めものですけど、釜山のはスープたっぷり。
手長ダコの食感は真蛸よりもイカゲソに近いかなぁ。
というわけで、イカゲソで真似してイカゲソのナクチポックン風を時々うちで作ってます。
Commented by mickimchi at 2015-08-15 09:29
>ここちきさん、
よだれ垂れそうになりながら見てますよ!
小籠包連チャンに、タイ料理から中華でピザっていうすごいセレクション。
なんだか、東横線で世界旅行行っちゃってる感じ。
うらやましいです。
Commented by mickimchi at 2015-08-15 09:34
>ビョンさん、
コプチャン入ると本来のナクチの風味が薄まるっていう説もあるようですが、確かにコプチャン入ってコクが深まる気がします。
ま、プリン体もですが...
私も人間ドック、再来週です。
どこかにプリン体少なくするプリンかなんかないかしら。
お互いの無事を祈りましょう。
Commented by mylifestyle-n at 2015-08-18 11:58
mickimchiさん、こんにちは♪
ああ、元祖ハルメナクチ〜!!
お写真見ながら、めちゃ食べたくなりました〜!
こちらには何度か行ってますが、ナッチとコプチャンの
組み合わせだけは食べそびれておりまして^^;
(なぜかこちらにはお腹がはちきれそうな状態で行くことが多く、
コプチャンはボリュームがありそうで泣く泣く諦めてました)
やっぱり次回はコプチャン入りにしたいと思いました♪
そろそろ韓国行きたいのですが…まだ未定です^^;
Commented by mickimchi at 2015-08-20 09:21
>naoさん、
naoさんもブログに載せてらっしゃいましたよね。
同じく写真を見ながらまた行きたくなりました〜!
私も〆の追加ご飯かおうどん、頼みたいって思いながらお腹がいっぱいでたどり着けず...
韓国の方はよくお食べになりますね。
OLさん達のグループももれなくおうどん追加されてました。



<< 真夏のイタリアンブランチ 2015年釜山旅その5 タルマ... >>